2022年12月 3日 (土)

茨城県議選無投票

 結構衝撃を受けました。何となく「無投票」というのは、ニュースでは目にするものの、自分の住む町には縁が無いと思っていたので。

2022ibarakikengisen 今回の茨城県議会議員選挙、土浦市を含む6つの選挙区で無投票だそうな。つまりこの券も必要なくなったってワケか。

 う~む、コレってどうなんだろう。無投票で決まった地区は、現状でイイという表れって事ですか。いや、仮に立候補したいと思った人がいたとしても、志だけでは実際ムリ。お金も時間も、恐らく体力も必要でしょう。そうやって水面下で諦めた人がいたのか、いなかったのかも分かりませんが。

 有権者としては複雑な気持ちですな。

2022年12月 2日 (金)

カレーどうふ

 メニューを見たときにはよく分からず、取り敢えず「カレー」と付いているのでオーダー。

Img_20221119_202623820 まさかカレーがかかった(だけの)豆腐がくるとは思いませなんだ。ま、もしかするとこのカレーが、この店ならではの、じっくり熟成カレーとか!? なんて淡い期待を抱きながら口に運ぶと...。

 う〜む、コレって客に出すようなものなのか。カレー自体もレトルトじゃね?というレベル。メインの料理が爆裂に美味かっただけに、ざんね〜ん!という落差が。

 ま、話題作りには一役買いました。

2022年12月 1日 (木)

ここにもスープカレー

 店名からするとフレンチの店なのか。

Escargotkoji レストランとパン屋とお菓子屋、それぞれのコーナーがある店のようで、果たして行ってみると工事中!? そしてやたら駐車場には車が多い! ありゃ、こんなに混むなら予約しておいて良かった、と思いきや、レストランはガラ空きで、我々がランチ1バンのりか。

 メニューを見ると、スープカレーがあるではないか!

Escargotlunch 少しとろみがある感じのスープカレー。なかなか美味しかったです。地方のレストランにもメニュー入りしているという事は、市民権を得たという事ですか。

 とは言え、一方で先日お話しした人などは「え?スープカレーって、ただうすいだけじゃないの?」と。あぁ、王子の仕事もなかなか実を結ばないなぁ。協会の理事の方も頑張って下さい。

2022年11月30日 (水)

子どもたちに囲まれて

 この企画は3回目。演奏場所は2回目同様に(2021年10月26日参照)。メンバーもてっちぃずの3人で。

Corp2022a 今回はお子さんの参加が多かったです。というのも、ちょうどこの日、学校が午前中で終わったという地区があったようで。なのでBandoneonも人気者に! コロナ禍でもなければ、体験コーナーとか出来たかしら。

 そして赤ちゃんもOKのコンサートなので、お母さんと一緒に。

Corp2022b お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。そしてPiano移動をしてくれたB君も。

2022年11月29日 (火)

久しぶりのスタジオ仕事は指揮

 スタジオでの仕事は当然、録音ですが、思い返せば最後にスタジオに入ったのはいつだったか...。

Img_20221129_194525936 まぁ、編曲をしたので立ち会った、というのは数ヶ月前にあったのですが、今回は何と小編成オケの指揮。う~む、これも大分久しぶりだな。これまでにもスタジオでの指揮は何度もやっておりますが、久しぶりな上に、スゴ腕ミュージシャン達のオケなので、プレッシャーが...。

 それでも無事終わりました。この仕事は後ほどご報告致します。

2022年11月28日 (月)

半分緑

 先日乗った特急Viento del Sur、もとい特急南風(2022年11月24日参照)。

Img_20221119_135708277_hdr そのグリーン車がなんと、1両の半分。今まで見たグリーン車は、其れだけでグリーン車両になっていましたが、普通席とグリーン席が1つの車両の中で半分ずつ!? 当然ドアで仕切られております。

 あくまでテーホー、にわかテツなので、そんなに沢山の車両を目にしたワケではないので、これは珍しいケースだとは思うのですが、意外とあるのかしら?

 ま、ホームが分かれているものはありました(2022年5月29日参照)。そう言えば駅のおそば屋さんで、入口が改札外と改札内と2つあり、店内も分かれている店舗がありました(2017年5月19日参照)。

 昔、婆ちゃんが緑の事を青と言っていました。ならば今回は「半分青い」。かつてのNHK朝ドラのタイトルだにゃ。

2022年11月27日 (日)

栃仲啼dolceツアー【大阪】

 まさか2ヶ月あまりの間に、2度もこの会場に足を運ぶ事になろうとは。9月末の牛渡克之さんの演奏会(2022年9月24日参照)。そして今回の栃仲啼のツアー千秋楽は、やはりdolce楽器本店で。

Img_20221127_133247590 実は初めてこのホールを訪れた2ヶ月前、このサイズ感に愛着が湧きました。こういうところで、TrianguloやViento del SurといったTango Trioが出来たらなぁ、なんて思ったり。

 そして今回のTrio。リハから本番まで、あっという間でした。メンバー中最年少の啼鵬は、先輩方から学ぶ事が山ほどあり、正直時間が足りませんでした。

 お誘い下さった栃尾克樹さん、そしてご自身でも沢山の編曲をされている仲田守さん。お二方の啼鵬のスコアに対する信頼を強く感じ、スコアラーとして、これほど幸せな事はありませぬ。こんな若輩に選曲、編曲を任せて下さった懐の深さには、感謝感激雨霰。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2022年11月26日 (土)

栃仲啼dolceツアー【名古屋】

 ツアー中日。かつてOut of The Standardでも演奏させて頂いた(2016年5月3日参照)、dolce楽器名古屋店。

Img_20221126_134155879 ここにもPianoの他に、Rolandの電子Cembaloがあるので、東京店同様Vivaldiはこの楽器で。

 それにしても所変わればなんとやら。オーディエンスの反応は東京公演とは大分違って、それはそれで楽しかったです。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2022年11月25日 (金)

トモアタンゴ祭2022

 このタンゴ祭、本来ならば昨年行われていたはずでした(2021年8月13日参照)。メンツは変わったものの、編成も拡大してオルケスタとして実現!

Img_20221125_165439034 コンサートMCでも触れましたが、人数が増えればそれだけ調整が大変。にも関わらず、弦楽はセクション練習を敢行したり、今回の公演にかける情熱は、並々ならぬものがありました。

 そして啼鵬にとっては、久しぶりの2台Bandoneon。まぁ、久しぶりもそうですが、そもそも啼鵬のキャリアの中で、Bandoneonが複数でなんて、極めて稀。教室である長野Bandoneon倶楽部の本番はともかく、NHK「ときめき夢サウンド」に京谷弘司さんと出演したのを皮切りに、ほんの数えるくらい。

 その相方となった清川宏樹氏、啼鵬よりも一回り以上若く、それでいて知識や技術面はアタシを遥かに超えていて、非常に頼もしい演奏家でした。

Img_0423 育っているんですね、そうやって若手が。これは日本タンゴ界には大きな希望です。弦セクションもトップが代わる代わる若手も経験。外薗美穂さんの指導の賜物なのでしょう。今アタシの背中でSoloを奏でているのは誰かな、と想像しつつ演奏していました。

 更に個人的には西嶋徹君と久しぶりにTangoでご一緒出来たのが嬉しかったな。何年ぶりでしょう。弓組や笹本玲奈さんといった他のジャンルではときどき。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2022年11月24日 (木)

特急Viento del Sur

 Viento del Surの丸亀公演。啼鵬は陸路でもって移動。岡山から瀬戸大橋を渡った列車は、JR予讃線特急南風。

Img_20221119_135311713 え?「南風」だって!?...ってオイ、そりゃ我々のための特急ではないか! Viento del Surとは何を隠そう、南風ってことよ。

 初めて乗ったのですが、ディーゼル車なんですね。岡山から丸亀は40分弱。瀬戸大橋から見える瀬戸内海。なかなか素敵な旅になりました。

«栃仲啼dolceツアー【東京】

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ