2021年3月 1日 (月)

ライブハウスのC7

 中くらいのライブハウスには、このサイズくらいが丁度良いかも知れません。

Gates7piano 先月のYaeさんとの福岡公演(2021年2月19日参照)。YAMAHA C7。コンサートホールならば珍しくありませんが、ライブハウスにC7はあまり記憶がありませぬ。

 実は結構使い込まれた楽器だったので、アタシが弾きこなすには、ちょっと時間が足らなかった感じ。多くの人、それも様々な弾き方をするプレイヤーが弾いているワケで、そこがコンサート・ホールのPianoとライブハウスの其れの違いか。

 ホールにもよりますが、前者は多くがClassicのプレイヤー。後者はClassicも含むでしょうけど、様々なジャンルのプレイヤーが弾いているかと。老舗のJazzオンリーとかでもなければ。

 そうなると多くのスタイルを吸収しているこの楽器は、手に馴染むまで少し時間がかかるわね。テーホーの場合は。本職のピアニストだったら、すぐに楽器の特性を感じ取って弾きこなせるでしょうけど。

 とは言え、基本的にはCなので、弾き手のフィーリングをそのまま受け入れてくれまする。ライブの終わりの頃に、ようやく馴染んできたかしら。また会いたい楽器です。

2021年2月28日 (日)

平らなマンドリン

 久しぶりに使いました。Yaeさんの福岡ライブ(2021年2月19日参照)。いつものステージで使っているMandolinは、ボディーが膨らんでいて、其れに伴いケースも大きいので、持ち運びが大変。何しろ福岡なので飛行機移動。Mandolinだけならば良いですが、Bandoneonもあるので。

Bordergates7b_20210228233201 そこで家に眠っていたFlat Mandolin。その名の通りボディは薄っぺたくて、セミアコ・ギターくらいの厚さ。当然ケースも小さく、これならばフライトもスムーズに。

 う~む、最後に使ったのはいつだったか。案の定切れている弦もあったので、新たに張りましたが、やはり弾いていない楽器は弾きにくい。あ、これだと日本語として不十分か。普段使われていない楽器は弾きにくい、と言った方が正解か。

 加えてお隣の太鼓(っぽいモノ)。ライブ中に叩きました。楽しかったです。

2021年2月27日 (土)

復旧から引っ越し【其の弐】

 取り敢えず電源は入り、HDDの中身も何とかなりそうと確認(2021年2月16日参照)。では次にする事は、データの救出と環境の引っ越し。

Dellw で、まず新しい(中古)パソコンを購入。スペックも以前よりは少し上ですが、そんなにお金もかけられないのでCore i3でメモリは8GB。ま、メール中心だし、十分かネ。

 スペック重視で機種を選びましたが、偶然今回もDELL。別にデザインはどうでも良いのですが、昔(左)のは何となく宇宙っぽい外観の割りに、ドライブ関係が黒いのがざんねーんという感じだったナ。

 そう言えばこれまでのマシーンは、秋葉原のジャンク屋で買ったっけ(2014年6月9日参照)。しかも雨の中。買った時点で中古で、ウチにきてから6年以上も働いたのは、十分元を取った感じ。

Optiplex1 取り敢えずHDDは新品に入れ替えた方がと、まず筐体の中を確認したのですが、もしやコレ、HDDは新しいヤツか? 今回は通販の中古を買ったのですが、Windows10がプリインストール(←この単語も大分使わなくなった)。HDDはPCの中で最も消耗する部分なので、新しいHDDに付け替えてWin10をインストールしている事は十分に考えられる。Western Digital製というのも、たまたまアタシが前回付け替えたモノという偶然。

 だったらもう、このままOSをインストールしても問題は無さそうだわ。と分かれば早速、ubuntuの最新版を入手。そう、今回もこのメール用PCにはLinuxのubuntuを導入する事に。そのままWindows10でもイイじゃん、というツッコミも分かるんだけど。

Optiplex2 雑誌の付録にあったubuntu20.10日本語版DVDを挿入し、電源を入れると...!? Windows10が立ち上がってしまった。どうやら起動優先ドライブがHDD。これをBIOS画面でDVDに。

 すると立ち上がったではないか。プリインストールのWin10はいらないので、新たにubuntuを上書き。ここからは楽チン。あぁ、手軽にインストール出来るのは便利ですが、インストール・ヲタクとしては、苦労しながらヒトの使っていない環境を構築して、自分の世界を作るのが喜びなんですが、ま、このところ仕事量も回復。そんな悠長な事も言ってられぬ。

Optiplex5 無事インストール完了。壁紙はともかく、次は環境の引っ越し。問題はメールなんですが、Sylpheedを使っている啼鵬。まずココに最新版をインストールし、これまでのフォルダの中身をまるごとコピー。データ量が大きかったため時間はかかったものの、送受信設定から分類フォルダまで、このコピーだけで全て完了。

 なんだよ、其れが分からずに前回は、サーバーに残っているメールを受信し直し、分類、整理したのだ。あっけなく引っ越し出来ちまった。

 ま、これで当面は使えますが、何年くらい持つかねぇ。

2021年2月25日 (木)

開演前拉麺

 ハナシはラーメンつながりに。Yaeさんの福岡でのライブは、終演後には食べられないので、開演前にラーメンを(2021年2月24日参照)。

Tateshinaduo こちらも開演前に。水戸のGirltalkでのライブ(2021年2月21日参照)。茨城県も独自の緊急事態宣言が出ていますので、やはり20:00でお店は閉まります。ライブハウスもラーメン屋さんも。なのでリハを終えたタイミングで。

 幸い会場の近くに、いや、近くどころの話じゃなくて、会場の真下にラーメン屋さん。越田太郎丸さんとのセッションのときも食べたり(2019年1月14日参照)。

 尤も、このラーメン屋さんは、緊急事態宣言でなくても、昼間しかやっていないお店...。まぁ、深夜までやっていたら、我々いつもライブ後に食べて、不健康まっしぐらだわな。

2021年2月24日 (水)

始まりのラーメン

 話はYaeさんのライブを行った福岡(2021年2月19日参照)に戻ります。何しろここ1週間で九州を2往復!

 この時点で福岡は緊急事態宣言の真っ只中。20:00でお店は閉まるため、ライブも早めに終わらなくてはならない次第。つまり終演後に打ち上げも無ければ、トーゼンみんなで会食!なんてもってのほか。そもそもお店もやっていない。

Dambo1 って事で、ライブが始まる前にシメのラーメンを。いや、シメてないケド。幸いライブ会場周辺にラーメン屋さん。ここで福岡を堪能しなければ、もう今日は...!?

 何年ぶりだろう。博多のラーメンを食べるのは。関東にも其れ系のお店はありますが、其れらも含めて相当久しぶり。まぁ、ライブが終わって、(飲まないケド)打ち上げで騒いで、その後にラーメンという図式の、真逆な状況で食べる、というのも悪くないかしらね。

 そしてこのジャンルのラーメンと言えば「替え玉」。もうそんな年でもないのですが、ここで「替え玉」をしなかったら後悔する(!?)と直感し、恐らく人生最後となるであろう、替え玉を¥150でオーダー。

Dambo2 そう、「人間五十年」も見えてくれば、替え玉なんかしている場合じゃないのですが、滅多に来ない福岡ですし、関東でなく福岡で替え玉をする価値を考えれば、良い思い出に。

2021年2月23日 (火)

情熱のタンゴ:トリアングロ【佐賀公演】

 本来ならば昨年7月に行われるはずのコンサートでした。延期となってようやく開催。Trianguloとしては、昨年の君津公演以来のステージになりました(2020年1月13日参照)。

Triangulosaga しかも行ってみてビックリ! 宣伝カーではないですか。更に電信柱にも縦長のポスターが貼ってあったようです。聞けば市内に200本ほど、電信柱のポスターを。毎回スタッフさん達が貼り替えるそうです。

 Trianguloは九州公演を何度かやらせて頂いておりますが、佐賀県は初めて。Guitarの金庸太さんに至っては、人生初の佐賀上陸だそうで。

1614090425150 今回もダンサーさん達とのステージ。もぅ、演奏だけよりも、俄然盛り上がりまする! そしてこのような状況下で公演をセッティングして下さった主催者様、スタッフの皆様、そしてお越しくださいましたお客様、有り難うございました。 

2021年2月22日 (月)

佐賀入りメシ

 先週福岡でライブをしたばかりですが(2021月2月19日参照)、1週間も経たないうちに佐賀へ。佐賀と言えばどれくらい前かしら。まだ駆け出しの頃、行った記憶が...。

 実は昼間、看護学校で授業をした後の移動。しかもコロナ禍で飛行機は減便。丁度良い時間の佐賀便が無く、まず福岡に行き、列車で移動。かもめに乗るのも葉加瀬太郎ツアー以来(2007年8月26日参照)。

 しかし悲劇が! 羽田空港で空弁を買おうと思ったら売り切れ。減便もしているし、いつもの仕入れ数ではなかったのでしょう。結局メシにありつけたのは佐賀入りしてから。

Img_20210222_220747643 駅前のラーメン屋さん。野菜ラーメンですが、ちくわやかまぼこが入っているのをみると、何となく懐かしくなりますな。ガキの頃、母が作ってくれたラーメンには、よく入っていました。

2021年2月21日 (日)

Tango Duo Live en Girltalk

 最後にGirltalkに出演させて頂いたのが去年の3月(2020年3月8日参照)。世の中も大分コロナ色が濃くなってきつつあった頃。ライブをフツーにやった、という事は、まだ「~きつつあった」という感じだったかと。

Image_50452993 そして今回はピアニストの小林萌里嬢とのDuo。昨年8月のいばらき応援コンサートでも共演しましたので(2020年8月8日参照)、今回は其れをパワーアップ(!?)させて。

 茨城県も独自の緊急事態宣言の最中。お店は20:00までの時短営業。ですので開演時間を早め、ちゃんと演奏も時間内に収まりました。

 そしてこんな状況下、ライブにお越し下さいましたお客様、有り難うございました。楽しんで頂けましたら幸いですが、何よりも我々は、演奏を通して伝えたいメッセージを、同じ空間で表現出来る事が、何よりも幸せです。

 またどこかでお会いしましょう!

2021年2月20日 (土)

再会:川波幸恵さん

 急きょ敢行した福岡でのライブ。そこでは嬉しい再会が。

Yukieteho 福岡を拠点に活動しているBandoneon奏者、川波幸恵さん。小松門下の優等生。しかも彼女は音大のPiano科を卒業。テーホーもそりゃPianoは弾きますが、弾ける弾けないのレベルで言ったら、アタシなんかとは格が違うワケ。

 いや、Bandoneonもだな。そんな名手がライブに聴きに来るというだけで、穴があったら入りたい気分ではありますが、Yaeさんの歌声、彼女の世界観を楽しんで頂けたようです。

 そして狭い世界、啼鵬がよくご一緒させて頂いている、Tangoのピアニスト、小林萌里嬢とも親交が深く、ならばみんなで何かやろうじゃん!みたいなノリで面白い事を企画中。乞うご期待。

2021年2月19日 (金)

- On The Border - in Fukuoka

 急きょ決まったライブでした。しかも場所は福岡。チョー久しぶりの福岡でしたが、実は去年、啼鵬が関わる演奏会が福岡県で開かれる予定でした。しかし残念ながらコロナ禍の影響で断念。

Bordergates7b そんな事もあり、今回の福岡公演は思い入れもありましたね。Yaeさんの「On The Border」。昨年、渋谷で行いましたが(2020年11月10日参照)、プログラムは若干変更。何しろ福岡県は緊急事態宣言の最中。お店も20:00までしか営業出来ませんので、其れに合わせたプログラムも。

 ちなみにこの写真、アタシがポスターを撮ろうとしていると、お店のボスが「撮ってあげましょう」と。すみませぬ。

Bordergates7a 当然、所変われば雰囲気だって変わりまする。同じ曲をやるにしても、そのステージ、ホール、ライブハウスによって、印象も様々。今回のGate's7。YaeさんのようなAcoustic主体の歌にはピッタリの感じ。Guitarでバンマス、越田太郎丸さんとCelloの新井みつこさんと共に、Yae Worldの空間を作る事が出来たと思います。

 この状況下、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

«NAOTO & 清塚信也 アコースティック・デュオ コンサート

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ