最近のトラックバック

« ご当地もの? | トップページ | アンサンブルフラヴィア第12回定期演奏会 »

2006年2月11日 (土)

Violin Summit 2006を終えて

 サントリー3公演、シンフォニー2公演。大変な企画でしたね。御来場下さった皆様、有り難うございました。そしてたっぷり堪能された事と思います。
 今回私が編曲を担当したのは以下の曲。

 ●愛のよろこび/奥村愛&葉加瀬太郎
 ●バンジョーとフィドル/高嶋ちさ子
 ●タイスの瞑想曲/高嶋ちさ子
 ●ウィーンの森の物語/葉加瀬太郎

 そして演奏した楽器達。
vs06set
 今回意外と多かったのがClarinet。プログラム(アンコール含む)中5曲。Bandoneonも5曲。「ウィーン~」の冒頭で吹いたHornに、ちびっ子達と演奏したViola。
cembalo2
 その他Cembaloも。これはサントリー・ホールで演奏したもので、モモセハープシコード製。調律も百瀬さんに来て頂きました。
cembalo3
 こちらはザ・シンフォニー・ホールで演奏したもの。鍵盤がPianoと同じ白と黒のCembaloは初めて見ました。
 そんな訳で今回のViolin Summit 2006で私が演奏した楽器は、全部で5つ。そして編曲。良い仕事をさせて頂きました。

« ご当地もの? | トップページ | アンサンブルフラヴィア第12回定期演奏会 »

コメント

わ~い!!
すごく気になってた情報、早速ありがとうございます♪
子供達と一緒に弾いてらっしゃったのはビオラだったんですね?バイオリンかと思ってました。
楽器といえば、最近“なおてい”で「楽器」のコーナーがないような…?「タンゴ」や「コラム」のコーナーはあるのだけれど…
大きなホールではなかなか手元がしっかり見えなかったりするので、また“なおてい”でもいろんな楽器を披露してくださいね!

またまたりりこさんの次ですね~ビオラ分かりましたよ!あとT氏のお父上も。また、来年がN氏にとってぜひ参観したいと思わなくても(笑)ていほうさんといっぽんさんでみんなに会いに来て下さい!沢山楽しませて頂いてありがとうございます!

啼鵬さん、こんばんは。お疲れさまです。
Violin Summit千秋楽は最高に盛り上がりましたね。
世界でも稀にみるマルチプレーヤーで天才!
アレンジ、オーケストレーションも、と主催者さん
にも絶賛され、あの満場の拍手は、わたしもとても
嬉しかったんです。
カンフースタイルもよくお似合いでしたね。
長時間に渡る演奏を自然に聴かせ、啼鵬さんの編曲
だと紹介されて成る程と唸らせるコンセプト、
大成功でしたね!心に残る素晴らしいコンサートを
ありがとうございました。お躰に気をつけて明日も
これからもがんばってくださいね。またのご来阪を
心待ちにしています。

演奏、編曲とお疲れさまでした。
楽器を変えて演奏するのも難しいですよね。私なんかクラとサックスの持ち替えでヒーヒーゆってました。
ていほうさんのオウチにはチェンバロもあるのですか?いつも謎だったのですが、ていほうさん宅には一体いくつの楽器があるのでしょう・・・。そこらの楽器屋さんより充実してそうです。

本当にいくつ楽器が出てくるのかと、最後の最後まで楽しめました♪
クラリネットが大活躍したのがとっても嬉しかったです。
あんなお高い音を、綺麗に、事も無げに吹いている啼鵬さんを
目がハートになって、聴きほれていました♪

カンフースタイル、ちゃんと気付いてましたよ^^
黒を基調としているとはいえ、みなさんそれぞれの個性の出た
お衣装で、そちらのほうも楽しませて頂きました!

> りりこさん
 そうなんですよ。最近はなおていの定番コーナーも疎かになってしまって...。次回こそは!

> ふ~さん
 本当は、最後Violaを弾くときは、T氏のお父上様の隣で一緒に弾きたかったのですが(笑)。千秋楽はViolinを弾いていた西嶋君と、雛壇で立ちました。

> 美樹さん
 いやはや、日に日に褒め言葉が増えていったような...。私の事をとても評価して下さるアーティストの元で仕事が出来るのは幸せです。

> じゅねさん
 さすがにCembaloはありません(笑)。楽器の数は数えた事が無いですね。しかも多くは契約プレイヤーをしているメーカーさんからの借り物だったりしますし。

> うささん
 今回のClarinetの曲は、#系が多く、それをBb管で吹いているので、指使いは大変な事になっていました(笑)。
 「情熱大陸」のイントロ・ソロなどは吹いていて気持ちよかったですね。

編曲もされていたのですねぇ~
素敵な曲でした~
かなり忙しかったのですね~
本当にお疲れ様!
そしてそんなコンサートを聴けたことを今更ながらとても嬉しいです☆彡

啼鵬さんの演奏でチェンバロをゆっくり聴きたいです~バッハがいいですねぇ~
シンフォニーホールのパイプオルガンを啼鵬さんが奏でてくれはるのを聴けたら最高に幸せですd(^-^)ネ!

啼鵬さん、お疲れさまでした!
終わっちゃいましたね。
編曲された曲教えてくださりありがとうございます。
もはや太郎さんには、頼もしい助っ人!欠かせない存在ですね。
本当にあの3日間が夢のようです。
そして大阪でのチェンバロのお写真にはビックリ(*_*)あるんですね〜白黒逆ではないものが…
もともとクラシックも大好きな私はこの素敵な演奏会、来年も開催していただきたい気持ちでいっぱいです。
今日も本番ですね。残念ですが先約があり聴きに行けないんです(;_;)
ではまだまだ寒い日が続きますが風邪には気を付けてくださいね。
応援しています。

3日間本当にお疲れ様でした!そして有難う御座居ました!!

千秋楽は幸いにも

『天才マルチプレイヤー』

様がよく見える位置で拝見させて頂き
啼鵬さんが楽器を変える度二人でコソコソきゃあきゃあしてました(笑
あ、母は洋装でしたよ?10日はお留守番。くやしがってましたが(笑


本当に本当に素敵な時間を有難う御座居ました!
あの空間に居られてほんっとに幸せでした!!

5曲も編曲されてたんですね!すごいです。
大活躍、お疲れ様でした!

来年にむけて、今度は帰り道にすんなり環状線に乗れるよう予習しなければ!

今回は、さんざん迷った揚げ句適当に曲がった道が、たまたま当たりだったんです。
(^-^;

カンフーシューズ、成龍(ジャッキー・チェン)が大好きで、昔すごく履きたい!って憧れていたんです!
啼鵬さんはどちらで買われたんですか?
出来れば手にいれたいです。

今日の吹奏楽団との共演、頑張ってください!

楽器&編曲の紹介ありがとうございます。
Summitでは啼鵬さんが演奏される楽器を数えていましたが
編曲された曲はパンフレットにも記載がなかったので気になっていました。
啼鵬さんの衣装は気付いてましたよ。
でもカンフーシューズとは…私の修業もまだまだのようです(笑)

東京最終日の子供達と演奏した時、N氏が啼鵬さん&西嶋さんをみて吹き出してましたよね。
西嶋さんのViolinを奏でる姿ってレア…だったのでしょうか?!

Summitでの編曲された曲や演奏された楽器のご紹介いただいてありがとうございます♪
お写真を見ていると、その時間や空間へ心が戻りますね。
本当に幸せで楽しい時間でした。

カンフースタイルは分かりましたよ~
とってもお似合いでかっこよかったです♪

余談ですが私が勉強している楽器はシューズひとつで命取りになるので(笑)、自然とそれに合わせた衣装になります。

それから、Cembaloにもいろいろあるのですね!さすがにそこまでは見えなかったので(笑)、鍵盤の色がPianoと同じものがあるなんてすごく驚きです!


東京・大阪公演、本当にお疲れ様でした。
様々な楽器を演奏されてる姿と編曲等、素晴らしかったです!!

ていほうさんや皆さんのコメントを拝見していてもわかりますが、両場所共に大成功だった様ですね。
私は東京公演だけ参加させて頂きましたが、今回の公演に行く事が出来て、良い経験になりました。
こんなに素敵なコンサートはないですね!来年のViolin Summitには、友人も連れて行ってあげたいなぁとすごく思いましたし、1人で楽しむのはもったいないなと聴きながらずっと思っていましたよ。

私が居た席はステージの後ろ(大石さん)側だったので、Violinの肩当て?や、皆さんの演奏されてる時の表情、あと視力が良いので楽譜のおたまじゃくし等々・・正面側からは見られないモノをたくさん見ることが出来て、楽しかったです。

もちろん、ていほうさんの素敵な衣装もばっちり拝見しました!

今回1番印象深く残っていることはコンサート終盤で、最前列にいたご夫妻が目に涙を浮かべながらスタンディングオべーションで皆さんを見送っていて、人は本当に感動するとあんな表情になるんだなと見ながらもらい泣きしそうになりました。
アーティスト、人を感動させることの出来る職業は素敵だなぁって心から思いました。

これからもていほうさんのマルチな活躍ぶりに期待しつつ、ぜひライブにも足を運びたいと思います♪ありがとうございました!!

summitお疲れ様でした。
サントリーホール、ていほうさんに一番近い席から拝見させていただきました。
楽器を変えられるたびに、今度はどんな音が出て来るんだろう!?とドキドキしながら聴かせて頂きました。
特に最後のviolaはとっても素敵でした。席が近くということで、ていほうさんの音がダイレクトに聴き取れて、独りで喜んでおりました。ていほうさんのviolaを初めて拝見させていただいたのですが、とても綺麗な色ですね☆

啼鵬さん、こんばんわ。
Violin Summitお疲れ様でした。
10日の千秋楽を見に行くことができて、とても素敵でいい時間と空間を感じることができて嬉しかったです。
2階席前列でしたが、自分の真横に設置されていたテレビカメラで啼鵬さんのマルチプレーヤーなお姿はきっちり隠されてしまってました・・なので何度も身を乗り出して拝見させていただいてました(笑)
カンフースタイルがよくお似合いでシューズまで徹底されていて素敵でした。
本当にすごいコンサートでしたね。
隣の席に座っていた女性の方の優しい柔らかい笑顔が印象的で、みんな同じ気持ちになってるんだろうな・・なんて思ってました。
私も涙ぐんでしまいましたよ。
来年も開催されることを願って、楽しみにしています。
本当にありがとうございました。
これからも頑張ってください。

> eikoさん
 いいですねぇ。CembaloはPianoの様に音のボリュームが自在では無いのですが、実は奥が深く、魅せられた私の友人は、Cembaloを作る職人さんになってしまったくらいです。

> chihiroさん
 開催前にはなかなか言えなかった曲目ですが、そうなんです、クラシックが多かったのです。これは太郎さんの無類のクラシック好きのためで、その点では私も相当なクラシック・ヲタクです。
 ポッパーさんは苦笑していたみたいですが...。

> あいえさん
 何だか東京のときよりも、大阪での私の紹介が、大袈裟になっていったような...。ちなみにアメリカでは音楽に限らず、マルチな人は多いですね。医大を出て、弁護士の資格もあり、それでいてミュージシャンなんて人もいます!

> よっかさん
 功夫靴(カンフーシューズ)は、松たか子主演「VOYAGE」をやったときに支給されました。もう6年くらい前ですが、未だに履いています(笑)。

> 美佳さん
 真っ黒の衣装だったので、気付かれないかなと思っていましたが、意外と分かるものですね。西嶋君のViolinは、榊原大さんのツアーでも見ました(笑)。そのときの大さんはSax!

> rikoさん
 シューズと言えば、同じくペダルが命取りになるHarp。朝川さんも練習のときから違う靴に履き替えていました。

> はやのさん
 思えば、スタンディング・オベーションを経験したのは、あまり記憶にありません。ポップなライブならともかく、クラシック系の多かった、少々厳かなステージなので、嬉しかったですね。

> マキさん
 Violaを弾いたときは、恐らく弦楽器が大勢なので、誰にも聞こえていないだろうと思っていましたが、音の届いていた方もいるのですね。実は前でContrabassを弾いていた一本君も、私の音は聞こえていたと言っていました。

> まりのさん
 千秋楽はテレビ収録が入ったのです。放送エリアの関係で、残念ながら私自身は見る事が出来ませんが、もし見られたらご報告下さい。確か3月12日の深夜だったと思います。

私も、Violin Summit 2006 堪能させていただきました!!
いいですねぇ~、小さい頃から慣れ親しんだ曲ばかりで一緒に行った、バンドのバイオイリン相方と、感動しっぱなしでしたっっ
あと、クギヅケだったのが、啼鵬さんが次何の楽器に持ち変えるのかっっ
ホルンまで出てくるとは思ってませんでしたっっ
凄く楽しく、素敵なコンサートでした。
来年も楽しみにしています!!

> hidekaさん
 毎回思うのですが、自分の定位置の周りに楽器が並ぶと、「こんなセッティングする人、私くらいだなぁ」と(笑)。
 またいつか、持ち替えの多いコンサートに出演したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/8614177

この記事へのトラックバック一覧です: Violin Summit 2006を終えて:

« ご当地もの? | トップページ | アンサンブルフラヴィア第12回定期演奏会 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ