最近のトラックバック

« 完結:スタンプラリー | トップページ | リニューアル:京成百貨店 »

2006年3月29日 (水)

故池田光夫先生の楽器

 ここ数年ご一緒させて頂いているタンゴ・バンドのラス・エルマーナス。リーダーでピアニストの池田みさ子さんは、日本のBandoneon奏者の第一人者である、池田光夫先生のお嬢さんです。残念ながら池田先生は3年程前に亡くなられました。
 かく言う私は子供の頃、池田先生の演奏を聞いて育ったのです。父が好きで聞いていたアルゼンチン・タンゴの演奏をしていたのが、早川真平とオルケスタ・ティピカ東京。その楽団のTop Bandoneon奏者が池田先生でした。まさか自分がBandoneon奏者になって、その池田先生のお嬢さんとご一緒するなど、夢にも思いませんでした。奇しくも先生の最後に残された録音が、あがた森魚さんが音楽担当した映画のサントラで、それには私も参加しています。共演はしていないのですが。
Mitsuobn2
 その池田先生の楽器を手にする機会が。先生の息子さん(みさ子さんの弟さん)が今度レストランを開く事になったのです。先日そのプレ・オープン・イベントで演奏してきました。先生が亡くなられて以来誰も弾いていなかった楽器ですが、とても良い音がしました。音を聞いたご家族の方は涙を流されていました。私も胸が熱くなる思いでした。
Mitsuobn3_1
 中央が私の楽器。両端が先生の所有されていた楽器です。模様が違うでしょ。Bandoneonにはいくつかの模様の種類があって、それによって響きも違うと言われています。
Ezara2
 そして運命とも言うべきか、生前の池田先生にお会いする事も、生演奏に接する事も無かったのですが、私が中学生のときに美術の授業で作った絵皿。中央に(まだ持っていなかった)Bandoneonを描き、その周りに古今の名手の名前を書きました。最後には自分の名前も(笑)。Piazzollaの名前を書いていないところを見ると、当時はあまり知らなかったのでしょう。そして本で読んで知った池田先生の名前も書き添えていました。その頃先生は芸術祭賞という、大変栄誉な賞を受賞されていたのでした。
Monsieur
 今回狛江に開店したレストラン「むっしゅ」。月に1度はタンゴのディナー・ショーもする計画があります。そのときは私も池田先生の楽器で参加致します。美味しい料理とタンゴを提供していきたいと思いますので、どうぞよろしく。

« 完結:スタンプラリー | トップページ | リニューアル:京成百貨店 »

コメント

啼鵬さん、
なんて...なんて素敵なお話でしょうか。
先生のご家族が涙を流されてお喜びになられた
その理由がわかる気がいたします。
啼鵬さんの奏でられるBandoneonの音色には
ハートがありますものね。
心弾んで嬉しい時、哀しく切ない時や辛い時、
さまざまな気持ちを抱えて聴いていますと、
それを優しく包み込んでくれるのですよね。
美しく澄んだ音色で素晴らしいテクニックをお持ち
なのは勿論ですが、わたしを含め、
啼鵬さんの、心に訴え掛けて来る包容力のある演奏に
魅了されるファンは多いと思います。
どうか、生演奏を一日も早く聴かせてくださいね。

バンドネオンやタンゴを通して、色々な繋がりが広まって行き、そしてまた原点に戻ってきたって感じですね。

凄く素敵です。

機会があれば、是非そのお店に行ってみたいです。
また色々紹介して下さい!(^-^)

素敵な出会いですね。楽器が自分の人生の一部になるなんて羨ましいです。人生の中で大きな影響があった人はそう多くはないと思います。ていほうさんにもご家族にも素晴らしい出会いだったんでしょうね。写真を拡大できなかったので名前とかよく見えませんが、絵皿は神のお告げがあったのでしょうか?運命を感じますよ!私にも人生において、とても大きな出会いだった先生がいました。去年48歳の若さで突然亡くなりました。大人になってから大切さに気づき、いまだに心に穴が空いたようです。ていほうさんが池田先生のバンドネオンを奏でるように、私も始めたバイオリンを聴いてもらえるようがんばります。なんか、自分と重ねたカキコですいません。

今回のお話何度も読ませていただきました。
素敵なご縁で池田先生とていほうさんは結ばれていたのですね。とても感動しました。。
人や物との出逢いや縁は、不思議なものだと思います。。きっとそれまでのどれ一つかけていても「今の自分」というのはないのでしょうね。

狛江では池田先生の楽器をお使いになられるとのこと。。先生と共に素敵な演奏を皆様に届けて差し上げて下さいね。

ずっと先になっても、いつか機会があれば私も足を運べるといいなと思います。

> 美樹さん
 このラス・エルマーナス、昨年は福島公演をしたのですが、もっと色々な公演地で演奏したいですね。「よみがえる池田光夫の世界」というタイトルでしょうか!

> よっかさん
 シェフの池田さんは長年国際文化会館の厨房におられた方。腕は確かで、この日もとても美味しい料理を頂きました。
 是非遠征に来た夜はむっしゅで。

> ふ~さん
 出会いは色々な形でありますね。とても身近でも縁が無かったりもありますが(笑)。
 写真は何故か拡大出来ませんでしたが、今は大丈夫だと思います。絵皿はあまり絵心がありませんが...。

> rikoさん
 ちなみにラス・エルマナスとは直接池田みさ子さんとつながったのでは無く、そこのメンバーのグロリア米山さん(歌手)の伴奏をした事があって、その関係でご一緒する事になりました。間接的に色々つながるものです。

アクセスしていただきましてありがとうございます。池田光夫の娘で みさ子と申します。今日始めてこのサイトを見せていただき 皆様の温かいお言葉を目にして主技う涙しております。私 ていほう様 グロリア様 他多くの人々に支えられて非力ながら父 池田光夫の遺志を継いでタンゴの世界で頑張ってゆく所存で降ります。このたび開店しました。弟のレストランで毎月コンサートを行う予定出すので 是非足を運んでいただきたいと切に願っております。ご予約は好めるアドでも受け付けておりますのでどうぞよろしく。
池田 みさ子

> みさ子さん
 おぉ! みさ子さんではないですか。このときは、皆さんに心温まるコメントをたくさん頂きました。
 今後はエルマナスでの関西公演も計画したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/9309766

この記事へのトラックバック一覧です: 故池田光夫先生の楽器:

« 完結:スタンプラリー | トップページ | リニューアル:京成百貨店 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ