最近のトラックバック

« 田崎瑞博先生 | トップページ | 小さな歌姫 »

2006年4月23日 (日)

人生ラーメン

 前からとても気になっていたラーメン屋さん。茨城のうまいラーメンという本にも掲載され、それを見たNAOTO氏も「やっぱコレでしょ」と言った店です。彼は覚えていないと思いますが...。
 遅くまでやっている店なので、仕事帰りに寄る事にしました。しかもちょっと遠い。
Jinsei1
 まずはコレ。人生らーめん¥400。見ての通り麺、スープ、葱。しかも以前は白ネギだけだったようです。真っ向勝負じゃぁないですか。これがもう、遠いのにまた来たい!と思わせるラーメンでした。「ラーメンは美味しい麺とスープがあれば、それでいいじゃん」という言葉が一番当てはまるものでしたねぇ。
Jinsei2
 そしてスープを飲み干すとこの格言(!?)ですわ。学生時代、すさんだ生活をしていた頃に出会っていたら、食べ終わって号泣していたかも(笑)。もちろん今でもジーンときますわ。私ごとき人間、¥400で幸せが掴めるなんて、良い時代じゃぁありませんか。
 また店主がマイペースで穏やかな方。ラーメンをこよなく愛しているのが、ひしひしと伝わってきます。ちなみに前述の本によると、ラーメン屋の重要な3要素は「豚ガラ」「鶏ガラ」「人柄」だそうな。
Jinsei3
 実のところ、ラーメン屋と言うよりも、飲み屋という感じの店なんですよ。しかもプレハブ。何故か店の前には二宮金次郎の石像が。思わず一緒に記念撮影。初めて行くと、場所が非常に分かり辛いのが難点ですが、行ったら最後、虜になってしまう事請け合い。貴方も人生ラーメンで泣いて下さい。

« 田崎瑞博先生 | トップページ | 小さな歌姫 »

コメント

実は私、最後の晩餐にはラーメンと決めております。
それも支那そばと言う呼ばれ方がしっくり来るような、細麺で澄んだ醤油味スープで具は質素、のいわゆる昔の東京ラーメンを食べる!と固く決意しているのです。
でもなかなかお目にかかれないんですよね、こういうラーメンに。

ぜひぜひ行きたい支那そば人生、でも遠いですね~。
いつか必ず味わいに行きます(きっぱり!)

良いお店が地元にたくさんあるっていいですね。私は今しがた晩ご飯食べたばっかりですが、すごく美味しそうです(笑)。

格言もいいですね~
自分自身が、壁ばっかりぶち当たりながら、山あり谷ありの人生歩いてるので、そもそも昔からこういう言葉に支えられながら生きてるようなものです(笑)。

スープを飲み干せるくらい美味しいラーメン、食べてみたいです。

格言は他にもあるのでしょうか?

茨城のラーメンの本は2冊も出版されているんですね。
茨城の方は美味しいラーメンが沢山食べれていいですねー

> umi(Rヶ崎)さん
 最後の晩餐...。私は何にしましょう。納豆かな。
 支那そばの店は県南地域では何店か行きました。中にはOOSAKI病に2度も泣かされた店もありました。今度ご紹介しましょう。

> rikoさん
 茨城は特にご当地ラーメンはありませんが、この鬼怒川沿いにある人生ラーメン。我が茨城にあって自慢出来る店の1つですねぇ。

> よっかさん
 いやぁ、絶対数でいったら茨城よりも、もっともっとたくさんお店がある地域もあるかと。そして何よりも、「まずいもの探検隊」で取り上げなくてはならない店もあるので(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/9723278

この記事へのトラックバック一覧です: 人生ラーメン:

« 田崎瑞博先生 | トップページ | 小さな歌姫 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ