最近のトラックバック

« 閉店!?Blue Note土浦 | トップページ | 埼玉公演終了! »

2006年4月 8日 (土)

新たな楽器

 もう日付が変わってしまったので今日の話ですが、実はFluteの外山友紀子さん、Guitarの金庸太さんとのTrioでは、新しい楽器に挑戦するのです。今日と明日、埼玉は所沢、戸田での本番です。
 今までずっと避けてきた打楽器。今回演奏するのはCajon(カホン)。実はPercussionの大石真理恵さん、もちろん皆さんも良くご存じの方ですが、彼女に紹介して頂いた楽器を入手。何と作っている工房は、この前訪れた旭川にあるんですよ。サイトはココ。私が使うのは一番小さなサイズ。これが何ともBandoneonの椅子と兼用になって良い感じです。そもそもBandoneonを演奏するときの椅子は、なるべく低い方が良くて、何か無いかと探していたところに、このCajon。
Cajon_1
 今回の本番では、そんなにたくさん叩くところはありませんが、でも今後セッションでも使っていきたいと思います。

« 閉店!?Blue Note土浦 | トップページ | 埼玉公演終了! »

コメント

マルチなていほうさんでも避けていた楽器があったのですね!^^;

私がカホンを知ったのは結構最近のことです。
でもカホンっておしりの下じゃないですか…遠くからじゃ良く見えない。
最初はどこから音出てるのかわからず、だから楽器とは思わず、椅子からあんないい音でてるのか?とおバカなこと思ってました^^;

ぜひ私が行くセッションでも聴かせて頂きたいです♪

カホンという楽器知りませんでした。
四角い箱!って感じですね。 工房のサイトを見たら、大石真理恵さんが「ファイト」で使われているんですね。Percussionの方って、色んな楽器を操っていてスゴイな~と思って見ています。
啼鵬さんのカホンが聴ける日を楽しみにしてますね♪

カホンは初めて知りました。
ていほうさんがこれに座って、いつもどおりマルチに演奏されて、最後に丸い穴からハトが出ちゃったりすると大ウケかと・・・

とうとうパーカッションも啼鵬さんのマルチの中に入りましたね!

パーカッションの世界も奥が深いですよねー(リコーダーをしている下の娘の本業は、パーカッションなんですよー、真理恵さんに憧れてます)

カホンって、叩く場所によって色んな音が出るからいいですよね。

これからライブで大活躍させてあげてください!
(^-^)

そういえば、打楽器のていほうさんは見たこと無かったですね。座れる楽器なんて、考えた人は偶然からでしょうか?なおていツアーで必ず聴けることを期待してますよ~かやさんに怒られますか?

ていほうさんの演奏にカホンが加わるのですね!そのマルチぶりには本当に脱帽です♪

いろいろ調べると試聴出来るところがあって音を聴いてみました。
どの楽器でもそうだと思いますが、こちらもなかなか奥が深そうな楽器ですね。私的には心地よい音です。

今日のライブでのカホンデビューはいかがだったでしょうか?
いつか、ていほうさんのカホンが聴ける日を心待ちにしています。

ちょっとご無沙汰をしていました。
毎日楽しく拝見させてはいたのですが…。
この時期は忙しくていけませんね(苦笑)

パーカッションデビューですね!
初ステージはいかがだったのでしょうか。
パーカッションなんてリズムだけ…なんですけど、音色でごまかせない分、難しいですね。
啼鵬さんの勝利宣言を楽しみにしていますよ♪

勇気をだして(?)初書きこみしています。
所沢のコンサートに七歳の娘と伺いました。ピアノのレッスンを休ませましたが、一緒に聴きに行って良かったです!
バンドネオンもしっかり見えましたし、
カホンもばっちり! 皆さんとっても素敵でした。
「エスクワロ」も以前に聴いたのとは又違った印象でした。外山さんのフルートは気品がありますね!
金さんのギターもしんしんと響いてくる感じで、とっても良かったです。
又機会があったら聴きに行きます♪

『・・・箱?』
とか思ってしまった想像力が貧困な自分が
本気でどうかと思う今日この頃。
そう言えば打楽器の啼鵬さんは想像が付かないですね。
・・・銅鑼とかお似合いになりそうですが(失礼?
拝見、拝聴出来る日を楽しみにしてます。
真理恵さん。素敵ですよね!大好きです。

関西の怪しいお店は後日まとめてお教えいたします。
ご期待下さいませ。

> うささん
 私もCajonを知ったのはここ数年ですね。萱君が叩いていたのを見て知りました。まさか自分でも叩くようになるとは...。

> みささん
 そうなんです。私の編曲したオーケストラ版の「ファイト」でも叩いてもらっています。私の場合、Bandoneonを膝の上にのせたまま叩くのは少々大変ですね。

> umi(Rヶ崎)さん
 事実、この楽器を知らなかった人は、スピーカーだと思っていたようです。丸い穴がウーハーで(笑)。

> よっかさん
 娘さんもマルチですね。Cajonは奥が深いです。私もようやく入り口に立った感じなので、これから追求していきたいと思います。

> ふ~さん
 Bandoneonも基本的には座って弾く楽器なので、それで椅子にもなる楽器は?という経緯でCajonに辿り着きました(笑)。しかも高さも丁度良かったので。次はいつ使えるでしょう...。

> rikoさん
 よくよく見てみると、BandoneonとCajonは同じくらいの大きさです。今回は車の移動だったので両方持って行けましたが、電車の移動だと辛いかも知れませんね。間違えてBandoneonだけのときに、Cajonを持っていかないようにしなければ...。

> 美佳さん
 勝利宣言...。う~む、川中島のようなもので、宣言した方が勝利ってところでしょうか(笑)。大変なのは、CajonからBandoneonの演奏に入るときです。Bandoneonは左右の革バンドに手を入れなくてはならないので、間に合わないと音が出せません(涙)。

> momongaさん
 御来場有り難うございました。わざわざレッスンを休まれて来て下さったのですね。教えられている先生に申し訳無いです(笑)。
 3人とも本拠地が離れているので、なかなか集まる機会が少ないですが、また計画したいと思います。

> あいえさん
 いえいえ、実際スペイン語でCajonとは、引き出しとか大箱とか、そんな意味があるのです。
 私の打楽器のイメージは一発モノですかね。オーケストラでも頻繁に出てこないものだと、暇で眠ってしまうかも知れません(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/9480224

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな楽器:

« 閉店!?Blue Note土浦 | トップページ | 埼玉公演終了! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ