最近のトラックバック

« コンクールを終えて | トップページ | まずいもの探検記【其の六】 »

2006年7月31日 (月)

NAOTO君の新譜

 もう発売から1週間以上経ちましたが、NAOTO君の新譜「Blue 'G'」のタイトル曲は、既にご存じの通り、私の編曲。これまでのMusician Worksの中でも、5本の指に入るものと自負しております。

Blue_g  正直言って、彼から編曲を頼まれたときに、「こりゃ手強いな」と思いました。曲自体はなおていでもたくさん演奏していますし、隅々まで知っている訳ですが、そう言った事では無く、私が芸高に入学してからの音楽家としての成長過程を、殆ど知っているNAOTO君からの依頼で、しかも「全部任せるから」と...。

 これは変な話、可能性を試されているのでは無く、きちんとしたものが出来上がる事が前提、という仕事でした。

 例えば葉加瀬太郎さんの「流転の王妃」。これは私の編曲手腕を殆ど知らなかった太郎さんの大抜擢で、「ヤツならやってくれるだろう」という事で成立した仕事です。結果的に太郎さんにも満足して頂けたので良かったです。ある意味私の出世作かも知れません。

 榊原大さんの「ファイト」は、その前例を踏まえて、更に彼自身も土浦交響楽団との共演なども通して、私との共同作業的な印象があったと思います。

 今回はNAOTO君「ていほうに頼んだ時点で、85点は確実だからな」と。これは私を過大評価してはいますが、それに応えるべく、腕によりをかけて料理致しました。さてお味の方は...!?

 それにしてもこの写真集は美味しい過ぎる!

« コンクールを終えて | トップページ | まずいもの探検記【其の六】 »

コメント

私も今回のアルバムバージョンの「Blue 'G'」すっごい好きです。
バイオリンのメロディに対して、主張し過ぎることのないオーボエやホルンのハーモニー。初めて聴いた時、泣けちゃいました。
編曲する人次第で随分、雰囲気が変わるんですね。
今後も期待大ですよ(笑)

職場で1日8回ぐらい(CD1枚1時間ぐらいなので)
流れてますが、その度に(゜ーÅ) ホロリですよ。
あうんの呼吸とかかゆいところに手が届くとか
ツーカーの仲というのはこういうことを言うん
だなぁと思います。それと…学校時代のお友達と
お仕事できるなんてほんとうらやましい限りです。

はじめまして!
Blue‘G’を聴いた時、アレンジは誰??と思いました。

さすがです!良い仕事されてますね!!
Hr.をはじめとするオブリガートの美しさに、引き込まれました。
素晴らしい!ブラボー!!

このアルバムを手にした時一番最初に聴いたのが、ていほうさん編曲の「Blue 'G'」。

切なく美しいメロディーが、ていほうさんの見事な才能によって、Bandneonをはじめオーケストラのやわらかくどこまでも広く暖かい音と溶け合って、穏やかな気持ちで最後は感動の波に飲み込まれていました。。

ていほうさんの作曲された曲は勿論のこと、今回の「Blue 'G'」や「流転の王妃」など数え切れないほどの編曲・・素敵な宝物をこの世に送り出して下さって感謝しています。

ていほうさんの生み出される素晴らしい作品と出会う事が出来て私は本当に幸せです。

めっちゃ広げてますね、写真集(笑)
私も全部広げて眺めちゃいました。
「Blue 'G'」すごくいいですよ。
さすがていほうさん。
人の心に残る、素敵な音がたくさん、
あふれてますね。
何回もリピートして、聴き込んでます。

まずはコンクールお疲れさまでした。
啼鵬さんと生徒さん達の流した悔し涙は、次への前進の第一歩になる事と思います。
頑張って下さい。

そして『Blue‘G’』
素晴らしいの一言につきます。
今まで、何回も聴いてきましたが、Clarinet、Oboe、Horn、Fagotが加わるとこうも生まれ変わるのかと…。
もちろん、なおていのロックっぽいバージョンもTrio The NAOTEIで聴いたアコースティックバージョンも大好きです。
でも今回は、壮大であり、かつ切なく淡い気持ちが、より表れ、名曲のいい所がさらに引き出されており、大感動でした。
さすが啼鵬さん。
こんなに素敵なオケバージョンも聴くことができて幸せです。
人生の半分を共にしているNAOTOさんからの信頼も厚いだけにアレンジ作業も大変だったとお察しします。
なおていコンビのお二人に心から「ありがとう」と言いたいです。

写真集は昔から知っているだけに、感慨もひとしおでは?笑

いやぁ本当にこのBlue'G'のアレンジは秀逸だと思います。隅々まで持て余すところがないです。
「五指に入る」と読んで、やっぱりそうだよな、と深く頷きました。

ていほうさんこんばんは。暑い中、熱い戦いや充実したお仕事されてますね。
blue‘G‘の第一印象は、「お金かかってるな」でした(すいません)今まで聞いた中で、一番たくさん楽器の音がしたもので。
Vl.の曲と言うより、Vl.との曲という印象を持った私です。また、お2人ご一緒の演奏を楽しみにしています。
写真集・・・広げて見ると、かなり危険です。いつか破りそうで。

Blue’G’
素敵です!
凄く奥行きがあって、
ていほうさんのバンドネオンの意外なからみも素敵!

なおていさんやNAOTOさんの曲を聴く時はいつもウキウキしてしまうのですが、
この曲、ウキウキした上でこう、気持ちが膨らむような感じ。
そんな感じです。
うまく言えないけど、本当にをありがとうございます。

NAOTOさんのHP内 セルフライナーノーツにて
「ロックバラード→オーケストラVer.にアレンジ」と書いてあるのを読みました。
ライブでの曲調というものを知らないので、比べられなくて残念なのですが、大変気に入っており、アルバム内で「Blue 'G'」は特に聞き惚れております。
こんな曲を仕上げていらっしゃる啼鵬さんの演奏を是非聴きたいと思い、こちらの地域にもいらっしゃる予定の某コンサートのチケットを入手します。楽しみにしています。
お体を大切に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

NAOTOさんと啼鵬さんの友情は凄く素敵ですね
Blue’G'は代表曲ですよね~
何時も聞惚れていますヨォ~

流転の王妃も買いました~
DVDつきのCDですね~
みんな宝物ですね~

写真集も美味しいですが、啼鵬さんアレンジの「Blue 'G'」も実に美味しいです♪きっとお二人の信頼、絆が最高のバランスで味わいを深めているんでしょうね!その上、啼鵬さんのバンドネオンも入っていて、もう一味美味しかったです♪

遅ればせながら、今日やっとViolin summitのDVDが届き、そちらでもお二人の演奏、そして葉加瀬さんとの共演を楽しませていただきました。あの時の感動が再びよみがえってきました♪
次回のViolin summitではぜひ「Blue 'G'」をお二人の共演で聴いてみたいですね!

啼鵬さん、こんばんは。
待望の「Blue'G'」を手にして最初にしたことは
幻想的に青く美しいブックレットにある文字を
隅から隅まで読むことでした。
標題曲のアレンジとBandoneonの演奏を啼鵬さんが..!!
もう、そこで目が釘付けになりました。
果たして、想像を遥かに凌ぐこれまでとは全く異なる
新しいバージョン。
壮麗な交響詩を聴いているようです。
啼鵬さん、いつか生でこの素晴らしいアレンジで
聴かせてくださいね。楽しみにしております。

Blue'G'とっても素敵な曲で大好きです。
先日某TV番組のBGMにかかっていて感動しました。
まさにあうんの呼吸ですね。仕事ですべてを任せられる友人がいるNAOTOさんもていほうさんもうらやましいです。
それにしてもレベルアップした写真集つきCD、最高ですね!

間違えた~写真集つきCDじゃなくてCDつき写真集だった~!

Blue’G’ほんとに素敵です!

どんな時でもすっと心に染み込んできて、癒してくれるような曲ですね。


子供の友達(娘と同じHorn吹き)にBlue’G’を聞かせてあげた時に、4曲目を特によく聞いてね!と言って勧めておきました。

啼鵬さんの名前は鈴鹿の高校生にも広まりつつありますよ。(今の所、とある高校のHornパートだけですが・・)


写真集(?)最初出した時にあまりの長さに困りました。(買って直ぐにうさちゃんとお店の外で開けてしまったので(^-^;))

みなさん大絶賛のBlue’G’,
大急ぎで入手しなくっちゃ!
わくわく・・・!

> さきさん
 今回の特徴は管楽器が入っている事です。それによって、割とシンフォニックな感じになっているのです。

> やすこさん
 職場でそんなにたくさん流れるとは! 有線放送以上ですねぇ。でも他の曲は全く系統が違うので、仕事の波も出来るのでは?

> ♪ゆみこさん
 StringsにHornを加えるのが実は好きなんです。「ファイト」のときもやった手法です。今回も取り分けHornは位置づけを工夫しました。

> rikoさん
 曲にはそれぞれイメージがあります。今回の「Blue 'G'」も、当然皆さんが聞いた事の無い編曲ですが、私としては自然にわき上がったイメージですね。

> こまこさん
 ここまで広げると、何かストーリーがあるのではと思い、色々考えました(笑)。

> chihiroさん
 そう言われるとこの曲は、なおていだけでもたくさんバージョンがありますね。ノーマルのものから、柏木さんが入ったもの、Tiro The NAOTEI、そして2人だけでアンコールにやったりもしました。

> coさん
 いつの日か、このまま生演奏で出来たらと思いますね。

> ふ~さん
 確かに(笑)。どうしても人数が増えるとゴージャスにも聞こえますが、先立つものもね。と言いつつ、管楽器は少ししか入っていませんし、聞こえている程に大所帯では無いのですが。

> hidekaさん
 私のBandoneonも末席に加えてもらったのですが、それだけはNAOTO君の指示でした。
 今回の編曲には、様々な感情がわき上がってくるようですね。

> 潤さん
 そもそも「Blue 'G'」が円盤になるのは、ファンクラブ向けのCDを除けば、今回が初めてですからね。いつかなおていバージョンも聞いて下さい。

> eikoさん
 「流転の王妃」のDVDは傑作。私が巨匠風に、椅子に寝そべっているんですよ! 思えばスタッフの中では最年少でしたから。

> うささん
 うちにもようやく「Violin Summit」のDVDが届きました。見るのが楽しみです。こちらは美味しいのかどうか...。

> 美樹さん
 録音しているときから、今回の編曲は成功するんじゃないかと、胸に思い描いていました。皆さんにも感動して頂けて嬉しいです。

> 芝さん
 早速流れていましたか。私も遭遇したいものです。
 もし私がリーダー・アルバムを作るとなると、写真集は無理ですねぇ。

> よっかさん
 もしかすると、私が所蔵しているCDの中でも、1番長いブックレットかも知れません(笑)。

> けび丸さん
 ちなみに福島ではSax Quartet & Piano版をMoire Sax Ensembleと私で演奏しています。是非とも今回のアルバム、堪能して下さい。

コンクールお疲れ様でした。
読みながら、胸が熱く一杯にこみあげてきました。
啼鵬さんのような教育者が一人でも多くいてくれたら・・・・・一親の願いです。

「Blue'G'」 とっても素敵な曲ですね。
皆さん、ライブで何回も聴かれていたのですね。
私は今回初めて聴きました。
「なんて切なく美しいの♪♪」、啼鵬さんの素敵なアレンジに聞き惚れてしまいました。

何時の日か、お二人揃っての演奏が聴ける日を夢見ながら、聴いています。


さすがにこの話題は書き込みが多いですね。
私もBlue Gには脳内麻痺状態でクラクラしました。
私が最初にていほうさんを知ったのは、葉加瀬さんのコンサートでのMC『ていほうと言う男が編曲を・・・』。

まさかここまでていほうさんフリーク
になるとは思いもしませんでした。

Blue'G'…いい曲ですね。
車の中、大音量で聴いています。
壮大なオケver.になっていて、感動のあまり涙ぐんでしまったほどです。

NAOTOさんの言葉では少年の恋心を…ってことでしたが
曲を聴いている間、『青春』という言葉が浮かんで消えません。
お二人の関係そのものが顕れた曲…だと勝手に感じてるせいかもしれませんね。

NAOTOさんの信頼に120%応えた啼鵬さんのお料理
大変美味しくいただいていますよ!

いつも思ってた事ですが、啼鵬さんって、本当に細やかですね。
お忙しいなか、コメントひとつひとつ、丁寧に答えておられる姿に感心させられます。
皆さん大絶賛の『Blue‘G’』・・
アナリーゼでもすれば、きっといい勉強になるんだろうなぁ〜と思いつつ、
まだまだ純粋に聴き惚れています。

Blue'G' とっても素晴らしかったです!
心に染み入るって感じ...
是非生演奏でも聴いてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/11168441

この記事へのトラックバック一覧です: NAOTO君の新譜:

« コンクールを終えて | トップページ | まずいもの探検記【其の六】 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ