最近のトラックバック

« NAOTO君の新譜 | トップページ | ていすけ旗揚げ公演 »

2006年8月 1日 (火)

まずいもの探検記【其の六】

 ようやくまずいもの本編。何故か麺類が多いこのカテゴリー。実のところ、今回のメニューは、載せるのが悔しくてたまらないのです。というのもここのラーメン、以前はとても美味しく、しかも週に1度は¥250になるため、かなり足繁く通っていました。

Kinyouramen  まず入店して「作っている人が違う!」。まぁそれは良いとして、出てきたら「スープの色が違う! それにこんなに余計なもん入っていたっけ?」。う~む、それでも美味しければ...。スープを1口飲んでみて、「ありゃ、味が同じで出汁が違うのか、出汁が同じで味が違うのか、とにかく何かが違う!」。更に麺が最悪。はっきり言って生茹でです。通はコレを「固め」と言うのでしょうか。

 それでも食べ終えて、すぐに実家に電話。「最近あの店行った?」どうやらご無沙汰のようで、その理由が味なのかどうかは分からないものの、取り分けここの¥250ラーメンの大ファンだった父親には、また食べてもらいたいですわ。

 それにしても、普段の値段が¥450から¥500に値上げされていたし、少し来ないうちに、色々な事が変わっていました。初めて入店する人は「美味しい」と思うのかも知れませんが、以前の凄く美味しかった頃を知っているファンとしては、がっかりです。しかも時間が経てば経つほど、「まずい」と思う気持ちが高ぶってきました。

 どうしちまったんでしょう。まずいもの探検隊的には大歓迎の逸品ですが、以前美味しかったのがちょっとねぇ。

« NAOTO君の新譜 | トップページ | ていすけ旗揚げ公演 »

コメント

画像で見ても麺は固そうですね~
そんなに不味いのですか?
前と味が変わっているのはショックすぎますね~
一番近くでラーメンが食べれるのは
「バーミヤン」です
結構美味しく感じる私は味音痴なのかなァ?
でもチャーハンとラーメン以外は美味しくないかも。。。
大阪は暑いので冷麺を食べたいですね~
私は冷やし中華が好きです!
啼鵬さんもお好きでしょうか?

いつもの味がいつもの味でなくなっていたら、ショックですね・・


そのお店に何が起きたのでしょう?
気になります・・
(?_?)


久しく行っていないお店に行く時は、心の準備が必要ですね。

探検隊長のていほうさんが、「まずいもの」のカテゴリーに入れたくなかったほど美味しくて、¥250という破格のお値段で満足させてくれていたお店なら、なおさら悔しいですね・・。
なぜそうなっちゃったのか、すごく気になるところです。

私もここのところ行ってないお店が気になってきました・・
マスターの姿を見ないと不安になるぐらい他の人には出せない味を提供してくれる場所なんですよ。

写真で見ても微妙な感じですね。
‘バリ固’の麺なんですかね?。
地元の駅の近くに、居酒屋系のラーメン屋が
あります。ここの麺は、「固め」と注文して、
普通の固さが出てきます。
何も指示を出さないと、かなり伸び気味の
麺が出てきます。
探検隊長のていほうさんに、味わってほしい
お店です(笑)

探検隊活動の中では、一番悔しく悲しいまずいもの発見のパターンですね。

私も同じような体験があります。
幼い頃から馴染みだったラーメン屋の味が変わっていたことが…。
馴染みなだけにちょっとした味の変化に気付いてしまいます。
やっぱり代替わりのときが危険なようです。
作り手の求めている味に変えてしまうお店が多いのでしょうね…。
今ではそのお店も閉店したため、幼い頃に親しんだ味を求めて
いろんなラーメン屋を渡り歩いてる日々です(笑)


Violin Summit やっと手に入れました。
…啼鵬さん、かなり美味しい出来上がりになってますよ!

あの店ですな。
250円の値段としては、かなりのレベルの店でした。
悲しいお話ですなぁ。

美味しい、美味しく無いには「基準」があります。
特に1度美味しいと感じた基準が崩されると....。
僕の大好きなカレーでも同じ事が言えます。
今ブームに乗って、札幌のスープカレー屋さんのいくつかが東京を初め、
全国に支店を出しています。
全店舗、全メニュー食べた訳ではないので、ほんとはあまり偉そうな事は言えませんし、
スープカレーと言う物は水、野菜、によって味が変わるというのも理解しているつもりです。
がしかし、それにしても本店と味が違いすぎる店が多すぎる!
そうなると、僕はマズい!と感じてしまうのです。

誤解が無い様に書いておきます。
決して実際にはマズく無いんです。
きっと、本店の味を知らなければ、僕も
「おっ、東京にしては美味しいスープカレー屋さんが出来たんだね。」
とコメントするに違いないでしょう。
しかし!その店の名前を使うと言う事は、その店の味を背負うと言う事です。
もう一度、お店には考えて欲しいものです。
ブームで終わらせたく無いんだよなぁ。

マジスパも、東京支店が出来た頃、1回説教した事がありました。
すると、コストの事、水の事、色々事情があると教えてくれましたが、
すぐに反省をしてくれ、ウン百万もするアルカリイオン水を作る機械を入れ、
野菜、チキンの種類を札幌と同じ物にして今の味に戻りました。
他の店、そんな努力してないんだろうなぁ。
っていうか、札幌本店の味を知らないやつが厨房に
いたりするもんなぁ。

啼鵬さん、おはようございます。
美味しかった思い出が壊されるのは辛いですね。
いっそ全く別ものになった、そう割り切るまでが......。
ところで、さすがにカレーの皇太子様ですね。
"Splendid Yellow"への愛情とこだわりは
並々ならぬものがおありのようです。
素晴らしい!!

以前は美味しかったのに今は…っていうのは寂しいですね…。
私は幸運にもそういう経験はないのですが、近いうちに久しぶりに行く店があるので、味が変わっていないよう祈るばかりです(^^;)

以前は美味しかったのに今は…っていうのは寂しいですね…。
私は幸運にもそういう経験はないのですが、近いうちに久しぶりに行く店があるので、味が変わっていないよう祈るばかりです(^^;)

私は、マズいものに殆ど当たったことがなくて、ありがたい悩みですが、働いてるお店の味は落とさないように心がけていますね。まさに、ていほうさんの言う「前と違う!」が一番怖いです。
毎日買いに来られる方もいらっしゃるので、緊張感を持って仕事しなくちゃですね!
金髪様のように…
意見をくださる方はなお、ありがたいです。ていほうさんも一度感想をさっくり言ってみてはいかがですか?

私もそんな思いした事あります。
ほぼ毎日通ってたイタメシ屋さん…
ある日突然!普通の味になちゃったんですね~
あれ~?と感じ2日目3日目…気づきました。
オーナーがお留守だったんですよ。
2週間経ってオーナーが戻ってきたとたん味が戻りました♪
そのお店も人が変わってたって事ですから、それが原因では?同じ材料・水を使っても、同じ分量・行程で作っても味って変わります!!
入ってる物も変わったって事は…悲しい話ですがもう昔の味には決して戻らないでしょうね…
寂しいですね~

> eikoさん
 実は冷やし中華は、そんなに食べた事が無く、これからの課題です。家でインスタントのものを食べていただけでは、判断が出来ませんよね。
 本格的な冷やし中華を食べてみたいです。

> よっかさん
 単純に作り手が変わった、という訳でも無さそうです。そもそも¥250ラーメンの日だったのに、お客さんは少なかったですし。今までだと、近くの高校生がたくさん来ていました。

> rikoさん
 大体において、飲食店に求めるものは個性かも知れません。その店にしか出せない味が食べたくて行くんですよね。もちろんそれは美味しいのですが。
 ある意味このお店も、ただの美味しいラーメンでは無かったのですが...。ホント残念です。

> こまこさん
 恐らく博多とんこつに於ける「バリ固」と今回のは違って、こちらは「エセバリ固」かも知れません(涙)。
 せめてスープだけでも美味しければ良かったのですが。

> 美佳さん
 私もようやくDVDを見ました。やはり黒い功夫着では怪しいですよね(笑)。Hornのアップが笑えました。

> 金髪。さん
 おぉ、覚えていましたか。みんなで食べに行ったもんね。ショックだよ。
 カレーなんか特にそうなんだろうね。チェーン店となる以上は、味をキープするのは大前提でしょう。ある意味ファミレスはシステム的にそれが出来る訳よ。
 もっと飲食店業者としての誇りと探求心、向上心をもって欲しいね。

> 美樹さん
 そう、美味しい時代を知っているからこそ、悔しいのです。まぁ別のものになって、それがまたとても美味しいならば良いのですが...。

> 雅代さん
 実は最近、盛りが少なくなったと思った店に再び行ってみると、もとの盛りに戻っていました。今回の騒動のショックが少し癒えました。

> ふ~さん
 いやぁ、文句を言えるほどたくさん通っていた訳では無いので...。¥250の日にしかね(笑)。
 そう言えば店の雰囲気も変わったような。周りの人も「美味しいものを食べている」という感じでは無く、ただラーメンをすすっているという感じでした(涙)。

> りりこさん
 逆に作り手が変わっても、全然味が変わらない店もありました。このBlogでも何度か紹介している店なんですが、支店も出し、そこの味も本店と全く同じです。
 ここまで徹底して欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/11177307

この記事へのトラックバック一覧です: まずいもの探検記【其の六】 :

« NAOTO君の新譜 | トップページ | ていすけ旗揚げ公演 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ