最近のトラックバック

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

北海道型!?

 まさかこの地に来てまで発病するとは...。

 そもそも事の始まりは1本の電話。Celloの柏木さんからでした。

か「おぅ、一緒にラーメン食べに行かない?」

て「いいですねぇ。お供つかまつります」

そして移動の車内。

て「あまり言いたくないですけど、まさかOOSAKI病って事はないですよねぇ」

か「おいおい、やな事言うなよ」

 果たして現地に到着すると、行列しているはずのお客がいない。のれんが店内にしまってある。そして「木曜定休」の札が。まあ定休日に間違えて行ってしまうというのは、OOSAKI病のうちには入らないんですけどね。

か「ていほうのせいだ!」

て「柏木さんだって、この前福岡で発病したじゃないですか」

か「それもていほうのせいだ! 車から下りなさい」

て「勘弁して下さいよぅ」

Ohkami  そして行った2軒目は営業していました。

ちなみにそこは水曜日と、第2、第4木曜日が定休日。

危ない! 間一髪でした...。

 そこは基本的に味噌ラーメンしか無い店。さすが1本勝負という感じで、とても美味しかったです。

 ちなみに柏木さんもOOSAKI病にかかっています。グルメの彼にとっては、致命傷ですなぁ。

OTS札幌公演終了

 東北出身者が大半を占めるOTS。それが何故か北海道公演を企画。二夜連続公演を終えました。

Kuu_saikai  くうでは、私が駆け出しの頃からの活動を知る、

友人夫妻が来てくれました。

そう言えば彼がまだ大阪にいた頃、

私は初めて参加した葉加瀬太郎ツアーの合間をぬって、彼の所属する吹奏楽団の演奏会を聞きに行った事もありました。懐かしいですよ。

Ngc2006  そしてドイツ風レストランのノイ・ガーデン・コートでの公演。

そう言えば「ノイ」はドイツ語、

あとは英語。

何故そんな名前になったかの経緯を聞くのを忘れました。

2日間、多くのお客様にお越し頂き、誠に有り難うございました。

 次回のOTSはポンすけとの夢のコラボレーション! こちらも頑張ります。是非皆様、世紀の共演に、歴史の証人としてお越し下さいませ。

2006年11月28日 (火)

札幌上陸!

 葉加瀬太郎ツアー札幌公演に先立ち、2日前にやって来ました。こちらでOut of The Standardのライブを2つやります。

Bagbag  ひとまずホテルにチェックインし、

お腹が空いたなぁと、

何と隣がスープカレー屋さん。

やはりカレー王子の影響でしょうか。食べたくなってしまい、取り敢えず札幌第1食目はスープカレー。なかなか美味しかったです。

 ちなみにここには「納豆カレー」もあったので、滞在中にまた行くかも知れませんねぇ。

2006年11月27日 (月)

帰京

 Sonor Clarinet Ensembleとの共演を終え、来年の再会を約束。またしてもメンバーの方に比較的アクセスの良い駅まで送って頂きました。

Suwafukin_1  高速道路から見える山々は、

紅葉が良い感じでした。

しかし中には、もう落葉してしまったものも...。

 茅野駅から電車に乗る事にしたのですが、少し時間が早かったため、近くのおぎのやへ。

Oginoya24  ご存じ「峠の釜飯」のおぎのやです。

本店は横川にありますが、

何とこの諏訪店は24時間営業。

お土産類も充実しています。ここでは更に凄いものを買ったので、それは後ほど。

 ようやく東京に戻り、リハーサルに直行しました。明日から北海です。

あつあつ納豆

 久しぶりにこのカテゴリです。

 千葉県印西市から、長野県は飯田市に移動し、Sonor Clarinet Ensembleと共演をしました。今回はBandoneonとPiano。取り分けPianoの方は大作に挑んだので、なかなか充実しました。

Atsuatsu  そして本題へ。

打ち上げの二次会で行った店で出た、

「あつあつ納豆」というメニュー。

納豆を温めてどうすんだ? という感じではありますが、

これが想像するのと実際の味は大違い。半熟に近い玉子がのっていて、味は何も加えずに、このままたくさんかき混ぜて食べました。

 はっきり言って美味しかったです。何故こんなに美味しいのだろうと考えさせられました。単に温かいだけの納豆では、ここまでの味は出せないだろうに...。

2006年11月26日 (日)

瓦屋根の駅

 今年の下半期は旅続きですが、葉加瀬太郎ツアーだけではありません。今日など、何県をまたいだ事か...。

Kioroshi  松野迅さんとの本番。

そのホールの最寄駅です。

実は私がかつて利用していた、

実家から一番近い駅にそっくりなんですよ。この瓦屋根辺りも。

 今日はそんな訳で、千葉県は印西市で本番を終えた後、長野の飯田に移動しました。明日はこの地でSonor Clarinet Ensembleと本番です。

 さてどんな事になるやら。

2006年11月23日 (木)

まずいもの探検記【其の壱拾壱】

 またしてもツアーで巡り合った素晴らしいもの。

Toyamablack  何故かこのカテゴリは、麺類が多いんですよ。

これも見た通りの味がします。

そう、しょっぱいです。

しかしそのしょっぱさを凌駕する何かがあるんですよねぇ。やくみの葱が小口切りだったり、しなちくが更に輪をかけてしょっぱいというのもあるんですが、その魅力とは...!?

 それがこの「まずいもの探検隊」の永遠のテーマです。

2006年11月22日 (水)

富山へ

 また怒涛の1週間が始まっております。月曜日、午前中に自宅レッスンを終え、長野県は飯田に移動。Sonor Clarinet Ensembleとのリハーサルをしました。何しろ本番は次の日曜日。

Hiruganosa  次の日には富山へ移動。Sonorのメンバーに車で送って頂きました。まだカーナビには無い、東海環状という高速道路にのりました。

 写真はひるがの高原SAからの眺め。なかなかの眺望で、とても気持ちよかったです。ホント、Sonorのメンバーには感謝です。何しろ葉加瀬太郎ツアー長野公演のときは、ダブルヘッダーだったのを、彼女らに公演地まで送ってもらい、彼女らの働き無くしては、私の出演が成り立たなかったくらいですよ。今回の富山で2回目です。

Japanmap  富山に着くと、楽屋に新しいものが!

日本地図です。

Pianoのマチェックに、各公演地の場所を分かってもらうために、スタッフが用意してくれました。今行ったところにシールを貼っているところです。

 こうして見ると、どこが密で、どこが疎か一目瞭然。それにしても多い...。

2006年11月20日 (月)

土浦交響楽団創立30周年!

 今年で創立30周年を迎える、我が土浦交響楽団。定期演奏会を終えました。

Tso30th  プログラムもメジャーなところをおさえた、

かなり大変なもので、

しかも私は仕事で、殆ど練習には出られませんでした。

 今回は1曲目を、

団の創立者で私のViolinの師匠でもある、桑田晶先生が指揮をされました。先生の指揮で演奏するのは何年ぶりでしょう。

Tso30th1  何しろ今回は、交響曲を2つやるという、体力勝負。

前日の練習では、

スタミナがもつかどうか、心配でした。

まあ不思議なもので、やってみると何とか大丈夫でした。

そして今回、アンコールには私のオーケストラ作品を演奏。今回のために書き下ろした新作です。「Festival Overture 2006」と、タイトルは平凡ですが、20周年のときに書いた「20年の軌跡」以来のオーケストラ作品。お陰様で、無事終えました。

Tso30th2  そしてお約束の打ち上げ。

ちなみにコレはもう二次会で、

騒ぎたい人が残りました。

これのために、

翌日仕事をお休みする人もいるくらいです。

2006年11月18日 (土)

ごま麺

 福岡と言えば美味しいものがたくさんありますが、今回は特に「福岡」ならではのもの、という訳でも無く、Celloの柏木さんのお奨めの店へ。もつ鍋の店でした。もつ鍋自体は、他の地域でも容易に食べられますが、今回食べたものはかなりスペシャル。

Gomamen  何しろもつ特有の臭さが無く、とても食べやすい。もちろん私なんぞは、もつの臭さは全然平気で、むしろそれを楽しむくらいなんですが、コレは特別でした。

 更にこの写真のように、もつ鍋を終えてから、長崎ちゃんぽんの麺を入れ、何とごまをふんだんに入れ、スープが無くなるようにします。まだ調理途中の写真なので、何とか見られますが、完成品はかなり「食べ物らしからぬ」見た目になっています。

 これが何とも味わい深い麺で、よく考えついたなぁ、という感じですよ。あまり良いものばかり食べていると、そろそろ体重計が...。

2006年11月16日 (木)

ドラマの舞台

 今最も話題性のある学園ドラマの、撮影場所となっている大学に行ってきました。原作漫画は音楽大学が舞台で、野外のときはこの大学を使っています。

Senzoku  とは言いつつ、これは夜の写真ですし、

しかもこの場所はドラマでは映っていないんですよ。

電飾が綺麗だったので撮りました。

ちなみにこの向かって左の方に、主人公の女の子が乗っかっていた、球形のモニュメントがあります。

 この日は平日にも関わらず撮影があったとかで、スケジュールのタイトさを伺わせます。学内の掲示板には、「ドラマ○○の撮影ご協力のお願い」などのお知らせも貼ってありました。

 そう言えば東京G大も、私が在学中に撮影に使われました。門だけ。

2006年11月15日 (水)

京都の夜

 京都の夜の話。公演後の打ち上げを終えて、Guitarの中山将章君、Pianoのマチェック君を連れてラーメン屋へ。

Akaoni_2  私が頼んだこのラーメン。

お店の看板メニューのようです。

見た目ほどは辛くないんです。

よく見ると、盛り付けが何かの顔に似ているでしょ。それが特徴です。

 真夜中のラーメンなど、不健康極まりないですが、不健康な事をするには、健康でなくてはいけません。

 自分の健康を実感した夜でした。

2006年11月14日 (火)

ポンすけに参加

 バンドにゲスト出演は久しぶりでした。葉加瀬太郎ツアーの合間をぬって、Bassの西嶋君と参加。あと京都を拠点に活動されている、Trumpetの寺内さんも。
Pon_bn_2
 そして1部の最後にハプニングが! 私のSoloの最後の音で、何と楽器が壊れたのです。音が鳴りっぱなしになったのを、お気づきになりました? 仕方なく曲の後半はClarinetを演奏しました。
 休憩中、楽屋で急遽修理を。無事済み、2部の出番までには復活。
 それにしても、本番中に楽器が壊れるとは...。楽しいライブでした。ツアーでは壊れない事を祈って。

2006年11月11日 (土)

さんかく

 昨晩は大塚グレコで、Trianguloのライブでした。出演させて頂くのは2回目なのですが、前回気が付かなかったものがありました。

Sankaku  「さんかく」と言えば「Triangulo」。

近くの居酒屋さんです。

これも何かの縁でしょうかねぇ。

2006年11月 9日 (木)

まずいもの探検記【其の拾】

 葉加瀬太郎ツアーで美味しいものばかり食べている私。とうとう本分であるこのカテゴリに当たりました!

Italian  まぁパッと見、色々な味が想像出来ると思いますが、

焼きそばのようで、パスタのような感じの麺に、

思い思いの味がのっています。

もやしなども入っている辺りに、少々焼きそば寄りの感がありますが、

店舗には完全にオリジナルである事が明記されています。

 はっきり申し上げましょう。私は大絶賛派です。「素晴らしい!」の一言に尽きます。特に左側真中の黒ごま、左下のカレーなどは絶品。

 差し入れて下さった太郎さん、有り難うございます。

2006年11月 8日 (水)

今年もSonorと

 昨年ご一緒したSonor Clarinet Ensemble。今年も共演する事になりました。

Sonor_pf  相変わらず元気の良い彼女達とリハーサル。

今回はまた新しい編曲を携え、気合が入っています。

しかもPianoとBandoneonでの共演。

 リハーサル終了後、一緒に食事をしましたが、彼女達のバイタリティーには圧倒されっぱなし。

Sonor_kyabetsu  今月末の本番が楽しみです。

2006年11月 7日 (火)

Daichi君

 クラシック・ブームを作ったとも言われている「のだめカンタービレ」。現在ドラマが放映中ですが、その中に登場するSオケのメンバー役で出演しているのが、かつての私の弟子、Daichi君。昨晩も結構映っていましたねぇ。

Daichikun  彼が初めて「たくみスタジオ」の門を叩いたのが中学生のとき。それから音楽高校、音大と進み、今は音楽関係の仕事に携わっています。

 写真は昨年のたくみスタジオ発表会に出演してもらったときのもの。「のだめ~」では音楽アドバイザーをしたり、楽器フェアではデモンストレーターをしたりという彼ですが、少し前には某ビジュアル系(!?)雑誌にも登場。

 これからも彼の活動を見守っていきたいと思います。

2006年11月 6日 (月)

Musicians' Mobile Club

 私「Musicians' Mobile Club」なるものを主宰しているのですが、現在メンバーはたったの2名。暫定会長の私と副会長の磯田健一郎氏。そして今回会員に名乗りを上げた人が! しかも女性!!

Mmc02  彼女は葉加瀬太郎ツアーの郡山公演、大宮公演をご一緒した、PercussionのYoshieさん。私の所有するモバイル機器に、やけに反応するなぁと思っていたら、何と私が殆ど肌身離さず持っているHP 200LXに飛びついてきました。

 私はこの名機が生産完了するときに、反対の署名運動に賛同して購入したのですが、彼女は発売当初から所有。日本語化もせず、しばらく使っていたとか。写真で彼女が手にしているのは私のマシーンですが、このマシーン、日本にはコアなファンが多く、愛用者は未だに多いですね。コレが無くなると仕事にならない、というレベルの人はたくさんいると思われます。かく言う私もその1人。

 聖地と呼ばれる、新宿紀伊國屋書店アドホック店で1999年購入。その道では知らない人がいないU木氏にもお世話になりました。私がモバイラーになった原点では無いですが、間違いなくこのマシーンから、ドツボにはまっていったのは事実です。

 ちなみにこのHP 200LXを持っているという女性は2人しか知りませぬ。

2006年11月 3日 (金)

広島へ

 長崎公演を終えて、広島へ。

Kamome02  今回は陸路で移動。

この在来線特急「かもめ」での移動です。

コレ、ホームにありました。

Kamome03  座席はレザー風シート。

グリーン車だけかと思ったら、普通車もそうでした。

新幹線と違い、お手ふきの他に、

飲み物サービスまで付いていました。

Kamome04  とは言いつつ、やはり在来線特急。

列車の揺れが酷く、

しかも私なんぞはノートPCで作業をしていたものですから、

博多に着いた頃は、青くなっていました。

 私にとって第2の本拠地とも言える広島での公演。1年ぶりの広島は懐かしい感じがしました。

2006年11月 2日 (木)

おにぎり屋さん

 再び九州上陸。昨夜は長崎公演でした。個人的には安寿ミラさんの公演以来の長崎。そして打ち上げの二次会で訪れたのが、おにぎり屋さん。

Onigiri  カウンターに座り、何種類もある中味の中から自分で注文。定番の梅や鮭から豚角煮まで多種彩々。お店の一番人気は塩さばだそうな。

 熟練の手つきの親父さんが素早く握ってくれ、待つ事ほんの数秒。何とも職人技を感じます。その美味しいのなんのって! ついつい食べてしまい、気が付くと以下の成績表。

優勝:中山将章(Guitar)/8個

準優勝:小杉将央(Staff)/7個

第3位:啼鵬(Multi)/6個

------------

第4位:一本茂樹(Bass)/5個

 ちなみに二次会で行った店で、すでに一次会で飲み食いした後の成績です。お店の記録としては、23個というのが最高だそうです。

注)写真は参考写真で、今回行ったお店の商品とは何の関係もありません!

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ