最近のトラックバック

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

おそば屋さんのカツカレー

 カレーファンにとっては、おそば屋さんで食べるカレーは、また1つのカテゴリと言えましょう。今回のは其れ。

Sobakatsucurry カツカレーです。

しかしどうやらこれは、

ランチのためのメニューで、本メニューには載っていませんでした。

そのランチ・メニューですが、日替わりで色々変わるようです。と言うのも実はこの店、以前にも入った事があったのです。その模様はこの「限りなく啼鵬」の2007年1月2日をご覧下さい。そのときのランチはセットメニューでした。

 う~む、これはこれでなかなか良いです。割と濃厚な感じで、決して簡単には出せない味です。「熟成」という言葉が似合いそうです。やはりおそば屋さんのカレー!

 ちなみに私、コーヒーが少々苦手なので、今回は日本茶にしてもらいました。

2007年5月29日 (火)

カレーのチェーン店

 何とつくば市内に3店舗ももつカレー屋さん。インド人がやっていて本格的。いや、本物と言ったら良いのでしょうか。その3店舗目に行ってきました。先日オープンしたばかり。

Mira3c  まあこのカウンターはともかく、

何と私が撮影しているこの場所は、

畳敷きのお座敷です。

つまり元々ラーメン屋か何かだったのでしょう。

Mira3a  インド料理となれば、

お約束のタンドリー・チキン。

カレーの前にはこれでしょ。

前菜ってところですね。

そしていつも迷うのですが、今回はほうれん草とチーズのカレー。

Mira3b  それにガーリック・ナンを付けてもらいました。

まだ厨房の使い勝手が慣れていないのか、

少々煙がモクモク出ていましたが...。

これでこの店の店舗は全て制覇したのですが、実のところBlogに載せたのは、この新店舗が初めて。つまり以前の店舗には相当ご無沙汰してしまっているのよねぇ。

 知人のインド人が深く関わっている(に違いない)このカレー屋さん。次は是非土浦に進出して欲しいものです。

2007年5月28日 (月)

仙台の夜【OTS打ち上げ】

 話は前後しますが、350kmオーバーのダブル・ヘッダーの末路は、韓国料理屋で打ち上げ。スタッフやら地元の教え子さんなど、たくさんの人が参加しました。

Daishogun1   肉を焼く事に関しては、

私と牛渡克之親分のフィーリングが合っているようで、

こちらの七輪はコンスタントに肉を焼き、

美味しく頂きました。ちなみに隣の七輪はキャンプ・ファイヤーのようでした...。

Daishogun2_1   そしてシメには冷麺を。

隣には盛岡から来てくれた友人がいて、

「盛岡以外で食べる冷麺はねぇ...」と。

その気持ちよく分かりますよ。店には韓国冷麺と盛岡冷麺の2種類があって、当然私は盛岡冷麺をオーダー。まあ、盛岡以外で食べる冷麺としては、及第点といったところでしょうか。ただ果物がオレンジというのが少々不満。やはりスイカかリンゴでしょう。

 ただ、韓国冷麺もちょっと味見させてもらいましたが、そこで「!?」。「なんじゃ、汁が同じじゃないかぁ!」。それってアリなんでしょうか。韓国冷麺は滅多に食べないし、食べたとしても、盛岡冷麺とその場で比較したのは初めて。どっちかが嘘をついているんでしょう。そう考えると、この冷麺、汁の色がちょっと濃いような気が...。

 まぁ、美味しけりゃ何でもイイんですがね。

2007年5月27日 (日)

大啼奥義第弐章

 連日の本番続き。何が大変かって、並行してやらなくてはならない仕事が大変です。そしてまたもや3連チャンだった本番の最後は、「大啼奥義4手176鍵法」のつくば公演。昨年6月にTANGO OGNATの会場になったMarzeminoにて。

Dtougi05  ここでは、いつもマスターがチケットを作ってくれるんですよ。

しかも当日制作!

今回は榊原大さんにレッスンを受けている様子と、

いばちばとちぎ限定「MAX COFFEE」です。尤も最近では都内でも見かけるようになりましたが。

Birthcake1  そして驚いたのがコレ。

実際には1週間先なのですが、

私の誕生日をお祝いしてくれたバースデーケーキ!!

 いやはや、何ともリアルな似顔絵と、マルチな私になぞらえ、たくさんの楽器。ClarinetのKeyや、Bandoneonの模様まで、かなり細やかに再現されていますよ。食べるのがもったいない。

 それにしても私の似顔絵。そんなに書いてもらった事はありませんが、かなり似ていますねぇ。葉加瀬太郎さんに書いてもらった、私のサイト表紙の絵と、1985年の筑波科学博覧会松下館のロボットに書いてもらったものと良い勝負です。

2007年5月26日 (土)

300kmを越えてのダブルヘッダー

 1日に2つの公演。体力がもてば、入れてしまうんですよね。今回は何と350kmも離れた場所。

Eikyuji  まずは谷中の某寺。

恐らく檀家の人の集まりで、

そこでGuitarの金庸太さんと、

お昼のひとときを、本堂で演奏しました。

何とも不思議な空間でした。

 そして新幹線で移動する事350km以上。宮城県は仙台市のCafe Mozartで、Out of The Standardの公演をしました。

Cafemozart  実はこの日の仙台市、

学会やら音楽コンクールやらで、

宿をとるのが困難なくらい。しかも現地入りしてリハーサルをしようと準備をしていると、いきなり若い外人が「Pianoを弾いても良いか?」と。もちろん日本語じゃぁありませんよ。

 思えばOTS。メンバーの過半数(と言っても3人中2人)が仙台近郊出身。結成して8年、仙台公演をした事が無かったんですよ。今回はVol.1という事なので、Vol.2以降も企画しなくてはなりませんね。

 たくさんの方にご来場頂き、本当に有り難うございました。

2007年5月23日 (水)

現場指揮

 CDのブックレットを見ると、Producerの他に、Directorというのがあるでしょ。前者は文字通り企画した人。後者はその現場指揮という感じでしょうか。

 今日は久しぶりにそのDirectorとしての仕事。と言いつつ、何故そんな事をしたかと言うと、編曲をしたからですわ。実は以前もやってましてね。

Avacotaro  今回は室内楽編成。

しかもみんなで「せーの」で一発録り!

一番手っ取り早い方法ですが、何しろ1人が間違えたらやり直し。とても緊張感のあるやり方ですよ。果たして名手揃いの室内楽、なかなか良いものが出来ました。数ヶ月後にはリリースされるでしょう。

 さて、誰の?

2007年5月22日 (火)

カレーを求めて【其ノ壱拾六】

 話は前後します。本番3連チャンの初日。柏Nardisから少し歩いたところにあるカレー屋さん。

Rumbini Pianoの野本晴美さんお奨めの店。

チキン・バターをオーダーしました。

もちろんナンもありました。お奨めの店だけあって、なかなか美味しかったですよ。それでパワーを得て、いざライブへ。

 話によると、柏は密かにカレー屋さんが充実しているらしく、穴場だとか。我がカレーの街土浦もあやかりたいものです。

2007年5月21日 (月)

宮城県民会館で

 今年最初の吹奏楽との共演。仙台高等学校吹奏楽部の第43回定期演奏会に出演させて頂きました。思えばここ宮城県民会館は、「東北吹奏楽の日」で古川高校、岩出山高校、宮城学院の合同バンドと共演。そして昨年は葉加瀬太郎ツアーで、2度ステージを踏んでいます。

Senkorgcon1  割り当てられた楽屋に入ると、

あれ、このタイム・テーブルは...。

何で貼ったままなんだ。

剥がすのももったいないので、

そのままにしておきました。

 演奏をして早速MC。「独眼竜政宗が放映されたときは中学生でした」と言っても、現役生徒さんは誰も分からん。何故ならば、「独眼竜政宗」は昭和62年の放送なので、平成生まれの今の高校生には何の事やら。ちなみに「独眼竜政宗」は、大河ドラマ視聴率歴代1位。ご当地大河ドラマの代表で、放映当時、日曜の夜8時は、仙台から人が消えたと言われるくらい、仙台人はみんな見たんですよ(当時のNHK仙台支局勤務の方談)。

Senkorgcon2  それはともかく、

アンコールでは私も生徒さんと同じTシャツを着て演奏。

しかもViolin。

 るりちゃんのライブ以外で、Violinを弾く事はあまり無いのですが、しかも吹奏楽との共演。今までこんなにたくさんの人をバックにViolinを弾いた事はありませなんだ。アンコール最後の曲ともあって、生徒さん達は感動の渦。涙目で一生懸命合唱し、楽器も吹いていました。普段ならば涙もろい私、それらにつられて、ビィビィ泣くのですが、それよりも千数百人級のホールで吹奏楽バックにViolin Soloをとる事に、胸の鼓動が高まり、もらい泣きどころではありませんでしたわ。

 今回の共演。1年越しの企画で、ようやく実現。演奏した「Adios NONINO」は、高校生が吹くのは初めて。一緒に良いプレイが出来たと思います。

 有り難う、本当にアリガトウ。

2007年5月20日 (日)

カレーを求めて【其ノ壱拾五】

 OOSAKI病が発病してしまったNAOTO君。やはり山口公演のシメはカレーだなと。居酒屋さんで一通り騒いだ後、カレー屋へ。遅い時間でしたが、某有名チェーン店はやっているようで、行ってみると、若い人達で賑わっていました。

Yamacoco  私は野菜カレーを。

NAOTO君は感涙にむせんで食べていました。

禁断症状も出かかっていましたしね。

 それにしてもこういったチェーン店は裏切りませぬ。どこで食べても変わらぬ味。大事なコトです。

2007年5月19日 (土)

瓦そば

 大雨、OOSAKI病と、幾多の災難を乗り越えたNAOTO君ご一行が、打ち上げで行った店。そこで食べたのが山口の郷土料理、瓦そば。何でも瓦でそばを焼くんだそうで。

Kawarasoba  もちろんエビは食べませんでしたが、

このおそば、茶そばなんですが、

何ともジャンキーな感じもあって、美味しかったですよ。

瓦で焼くという発想、どうやら明治10年の西南の役の薩摩軍のものらしいですが、例えば「すき焼き」も農具の鋤(すき)を火ひかざして、肉などを焼いて食べた事がルーツの1つである事を考えると、人間は生活の中で、様々なものを応用するんだなと。

2007年5月18日 (金)

本番3連チャン:船橋公演

 山口の夜から明けて、翌日は千葉は船橋へ。Out of The Standardのよりみちライブでした。3連チャンの1夜目が柏、最後が船橋。不思議なつながりですよ。

 「よりみちライブ」は船橋市民文化創造館の自主事業。月に1度開催。約5年も続いています。それにしても船橋駅前はとても開けていますね。さすが3本も電車が乗り入れをしていると、人が集まります。「よりみちライブ」には、固定のお客さんがいらっしゃるようで、今回もたくさんの方にお出で頂きました。有り難うございました。

Davidmasa_1  そして打ち上げのお店にあった写真。

このくわえ煙草、まさかSaxの●ヴィッド・●ンボーン!?

んなわけない。

この写真を気に入った大和田の雅兄が、一緒に写りたいと。

2007年5月17日 (木)

本番3連チャン:山口公演

 2日目の本番は山口は湯田温泉。NAOTO君のアコライブツアーのお手伝い。そう、お手伝い、サポートであって、今日は「なおてい」では無いんですよ、そことっても重要(のはずだった...)。それにしても雨、雨、雨。いや大雨。私は中国地方へ来ると雨男に豹変するのは周知の事実ですが、それはモダン・タンゴ五重奏団のGuitarの徳武正和さんとのコンビによるもの。まさか今日、彼が聞きに来る!?

Yamasen1_1  宇部山口空港から新山口駅へ。

そして乗った山口線が1両電車。

「快速」ですよ! いや、電車の速さと両編成は関係ないね。1両電車に乗るのはかなり久しぶりかも。

Yamasen2  何故か車内にはごみ箱が。

って、ここは待合室かいな。

駅を下りると、会場はすぐそこでした。

こぢんまりした良い雰囲気。

Guitarの中村太知さんとは初共演。まぁ、私はサポートですし、今夜は大人しくしていようとしましたが、NAOTO君から「仕事しないさい」と。つまり今晩は「おしゃべり」がギャランティーの重要な要素なんだわ。

 どうやらNAOTO君はOOSAKI病にかかったらしいですが、私のせいではありませぬ。そして山口で食べたものは...。

2007年5月16日 (水)

本番3連チャン

 このところ音楽の話題が少なかったですが、あったらあったで、本番3日続きですよ。

Nardis5  大学の同期でJazz Pianistの野本晴美さん。

彼女と1年ほど前に、大学以来の再会を果たし、

そして今回セッションに誘って頂きました。

いやはや噂には聞いていましたが、凄い。

こんな良いプレイヤーと同期だなんて、誇らしいですねぇ。そしてご一緒したSaxの池田篤さんも素晴らしい! 私がかつて、初めて本格的なJazzを聞いたときの感動がよみがえった感じでした。

 さて今日は山口は湯田温泉へ。...ってご存じの通り、金髪先生との本番です。

2007年5月14日 (月)

同じもの!?

 ファミリー・レストランなどの、大きなネットワークのチェーン店は、セントラル・キッチンで予め調理されたものを温めるだけ、という場合が殆ど。はさみとレンジさえ使えればOKというのが実際です。

 しかしながら全てのメニューがそうかと言うと、若干例外もあります。その実例がコレ。

Dashimaki  広島滞在中に入った、

と或る居酒屋チェーン店。

実は卵料理は実際にその店で作っている事も多く、今回のこれは、どうやら作った人が違うのか、同じ人が作って失敗したか...。同じだし巻き玉子なんですが、別の皿にあったものを比較して撮っています。いやはや、揚げ足をとる訳じゃぁ、ありませんが、これらどちらかだけ届いたのならば、Blogには載らなかったでしょうね。2皿頼んでコレですよ。

 もちろん味は同じでした。

2007年5月13日 (日)

生徒の結婚式

 そんなに頻繁にではありませんが、結婚式に出席する事もありまする。たいていは演奏をしますがね。今回新郎新婦、双方を良く知っているのですが、特に新婦は私の生徒。現役生徒が結婚するのは初めてですよ。

Maruwed02  チャペルでの式を終え、披露宴。

う~む、ウェディング・ドレスも似合っているね。

思えば今教えている生徒の中でも、古株になってしまったねぇ。彼女は式から始終泣いていて、クライマックスの新婦から家族への手紙では、もう声にならないくらい。またその文章も感動的! まるで秋元康の文章みたいだったわ。

 そして場所を変えて二次会。ここではお約束のビンゴ・ゲーム。この手のものは全然当たらんのよ。そんでもって、同じく呼ばれた私の生徒に、当たった事も無いくせに、ビンゴ・ゲームの極意を伝授。

 「いいか、こういうのはな、無欲なのがイイんだよ。ほれ、貸してみぃ」と生徒からカードを取り上げると「おいらがやっておいてあげるさ」 最初のうちはたいして当たりませんでしたが、いつの間にか「リーチ!」、更に続けて「17出ろ、17出ろ~」と念力を使っていると、「はい、17番」「うぉりゃ!出たぁ!!ビンゴだぜ」って。

Maruwed12  凄いのはココから。

2人目のビンゴだったんですが、

賞品獲得のくじを引く権利を得た生徒は、何と今回の賞品で最高のものをゲット。デジカメですわ。更に新婦が●●●デンキで値引き交渉の末、オマケに付けてもらったメモリ・カードとレザー・ケースまでもらいました。

 やっぱビンゴ・ゲームの極意は「無欲」

2007年5月12日 (土)

やはり塩

 実は以前にも食べた事のあるラーメンなのですが、今回も食べました。

8choramen  大きな通り沿いの店。

恐らく広島では有名かも。

味は塩と醤油しかありません。塩好きの私は、更にねぎの入ったものをオーダーしました。私の経験だと、ねぎラーメンの葱は、たいてい白髪葱。コレの切り方は、少々笹がき風ですが、それでいて大きい訳でもなく、葱の臭みも抑え、かなり食べやすかったです。

 コレを食べてライブに臨みました。

2007年5月11日 (金)

トッピングは!?

 広島と言えばお好み焼き。私も訪れたときは、必ず食べます。

Henkutsu2  今回は昼に行ったので、

やっているお店が限定されていましたが、

ようやく入店。

しかしトッピング・メニューには納豆が無く、チーズを。んでもこの写真で分かる通り、チーズ乗ってないじゃん。中に入っているのかなと、3分の1くらい食べて、やはり無い!

 店員に言うと「スミマセン!」って、そのときから乗せてくれました。

2007年5月10日 (木)

また広島で

 もうお約束のパターン。自分で第二の本拠地とまで言っている広島で、症状が出ないワケが無い...。

Oosakihiroshima  モダン・タンゴ五重奏団のリハーサルの日、

メンバーみんなで食事に。

この店が休みでした。

写真は翌日撮ったもの。そう言えば前回の広島でも症状が出ましたわ(2005年10月9日参照)。今更驚きませぬ。いや、逆に安心するかも。ここまでくると。

2007年5月 9日 (水)

復活:モダン・タンゴ五重奏団

 一昨年に解散したモダン・タンゴ五重奏団。今年結成から10周年を迎え、復活致しました。広島を第二の本拠地とまでしていた私にとって、嬉しい限り。

Mtq10th  今回はCafe Jiveでの2回公演のみでしたが、

今後また活動を再開出来るとなると、

各方面に進出したいですね。

 広島と言えば、私とGuitarの徳武正和さんのコンビによる「超雨男」。なのに今回は晴れました。ちなみに前日は豪雨だったんです。今後は晴れ男コンビになるかも知れませぬ。

2007年5月 6日 (日)

安住の地

 ここ最近、食べ物系のネタが多かったのですが、それも表立った音楽関係のネタが無いせいです。もちろん仕事としては相変わらず忙しくしていますが。

Vegimash  そんな中、久しぶりに行った、某カレー店。

まぁ、コレを見れば一目瞭然ですが、

我らがカレー王子の推薦する店です。

最後に行ったのはいつだったか...。今回は遠方より来る友人を連れて行ってきました。スープカレーは初体験だったようで、どんな風に感じたことやら。

 私個人的には、何やら最近有耶無耶していたものが、ようやく晴れた気分でした。

2007年5月 4日 (金)

仙台高校吹奏楽部第43回定期

 昨日の仙台行きは、来る5月20日に行われる、仙台高等学校吹奏楽部第43回定期演奏会のリハーサル。久しぶりの高校生との共演です。

Sendaiko43s  思い返すと、

高校生との共演の大半は、

東北地方で行われました。

仙台高校で5校目です。

今回の演奏曲「Adios NONINO」は、数年前に新たに書き下ろした編曲ですが、高校生が演奏するのは初めて。私も若いパワーに負けず、頑張らなくては!

2007年5月 3日 (木)

しょうがない

 B級グルメで外せないもの。立ち食いそばですよ。最近でこそ都内には車で行く事もありますが、基本的に電車を頻繁に使う私は、食事は●●い、安い、早いの立ち食いそばが基本。もちろん¥500前後でしたら定食ものもお気に入りの店はありますがね。

 さてその立ちそばフリークの私が3本指に入れている店の1つが、JR仙台駅の仙山線ホームのそば。もう何年も前に食べましたが、そのときの味が忘れられず、今日久しぶりに食べました。当時は店の名前も知りませんでしたが、よく見るとJRと提携しているチェーン店。なぁんだ...。

Mekabusoba1  メニューも当時のまま。

めかぶそばなんですが、

ありゃ、足らない。おろし生姜が入っているはずなんすよ。

 はっきり言いますが、おろし生姜が入っていなければ、何の変哲もないただのそばです。このランクのそばはコストの問題もあり、素材や手間にあまり投資出来ませぬ。なので調理の一工夫で彩りをつけなくてはならないのですわ。その点で、数多く食べ歩いた立ち食いそばの中で、おろし生姜が入っていたのはココだけ。

Mekabusoba2 しかも、メニューの写真にはちゃんと入っているではないか!

あれぇ、単に入れ忘れたのか、廃止されたのか。

もしや他のホームのそば屋だったかしらと、

常磐線や東北本線も確認。

さすがに仙石線ホームまでは時間がなくていけませんでしたが、元々そこで無い事は分かっていまする。やはりおろし生姜入りのめかぶそばがあるのは仙山線ホームのみ。

 このおろし生姜のおかげで、私の中の立ち食いそばランキング・ベスト3に入っていたのに、非常に残念。それだって手でおろしたものではなく、恐らくチューブ入りのおろし生姜なんでしょうけど、その一工夫が味覚の可能性を大いに引き出していたのであります。

 何だか最近食べ物に対しての文句が多くなったな。年のせいかしら。

2007年5月 2日 (水)

餃子不毛の地

 餃子と言えば宇都宮。これは別に歴史的に何かあるワケでは無く、町おこしとして企画され、全国区になったとか。我が土浦もかくありたいものです。

 そして今回の店は餃子専門店。最近出来た店のようで、まだ開店祝いのお花がたくさんありました。

Daikichi  手前がお店の定番、普通の餃子。

向こうが野菜餃子。

そしてそれぞれが「焼き餃子」「水餃子」「揚げ餃子」としてメニューに連ねています。文字通り餃子で勝負の店。実は私餃子は結構好きで、しばしば食べまする。中には不味いのもありましたが(笑)。そういったランキングからすると、今回の餃子は取り立てて美味しい、という程のものではありませなんだ。及第点といったところ。

 実はここ数年、土浦では私が知るだけで、餃子専門店は3つ姿を消しています。中には開店して1年ともたなかったのも。餃子好きなので、それらは全部食べ歩きました。何故なんでしょうねぇ。思い返せばそのどれもが、今回の味と似たり寄ったり。

 いや、1つは違った。中の具を色々選べるという店がありました。ステーキ餃子など、肉のかたまりが入っていたのには驚きましたわ。楽しい店ではありましたが、思いつきの域を出ていませぬ。

 話を戻しましょう。何故定着しない、餃子専門店。実はここの地域、某ラーメンチェーン店に美味しい餃子があるのです。その店は犬も歩けば状態で県内各地に点在し、県民の殆どは必ず入った事はあるでしょう。ただ私に言わせれば、ラーメンは「まずいもの探検隊」のカテゴリですが。これはいつか取り上げましょうね。しかし餃子と定食ものに関しては、なかなかのものです。私も時々お土産餃子を買うくらいですし。

 その店にかなう餃子専門店の出現を求む!

2007年5月 1日 (火)

カレーを求めて【其ノ壱拾四】

 札幌に本店があるスープカレーの店。思えば私が初めて食べたスープカレーは、ここの店だったような。あの味は今でも忘れられませぬ。その店が千葉の某ショッピングモールに出店。早速検証へ。

 ゴールデンウィークの前半ともあって、人出はなかなか。とは言っても、東京の新丸ビルなどと違ってとにかく広いので、芋洗いの混雑ほどではありませんでした。その一角に店舗を発見。

Rarakokoro  実のところ我らがカレー王子に問い合わせ、

少々予習をしていったのであります。

あまり良い前評判ではありませなんだ。

 案の定本店の味を知っている者としては「ムムム...」。まずメニュー写真と本物が違い過ぎる!? まぁ、それは盛り付け方のせいなので仕方無いにしても、味はねぇ...。段々数を食べていると、満足するレベルが上がってしまうのはしょうがないにしても、「不味い」とは言いませんが、例えるならばカウンターで握ってもらうお寿司屋さんと、回転寿司くらい違うかな。もちろん回転寿司にも美味しいお店はたくさんある訳で、もう少し何とかならんかなと。

 そんな事を考えていると、この先割れスプーンさえも少々嫌みに思えてきまする。生のままのトマトも、深い意味があるのか、ただ入れてみただけなのか、うっかり入れてしまったのか...。トッピングの挽き割り納豆も、その場で叩いたものでは無く、スーパーで売っている、元から挽き割りになっているもの。

 地域性から考えて、ここに来る大半の人は初めてスープカレーを食べるでしょう。大事ですよ、「初めて」は。

 気分を変えてショッピングモール内を散策。実は以前ここに来たときはまだ建設中で、パーキングさえも無く、唖然としました(2007年3月8日参照)。ペットと入れるお店や、テーブルを共有している飲食店コーナーなど、見ているだけでも楽しいものですわ。

 買い物と言えばNAOTO君を連れて千代田ショッピングセンターに行きましたっけ。もちろん東京都千代田区じゃぁありませんぜ。かすみがうら市千代田町ですわ。なおていFC限定ライブの日。広大な無料駐車場に、普通のスーパー、ドラッグストア、ホームセンター、服屋、本屋などが建ち並び、大喜びのNAOTO君は「へぇ、こんなもんも置いてある!」「安い、安い」などと言いながら、色々なものを買い込んでいきました。

 買い物は物質的な豊かさよりも、心の豊かさの象徴ですな。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ