最近のトラックバック

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

暑いときには

 旅中に出会った逸品。某高速道路のSAで入手したそうな。

Mazuiramne  カレー味とわさび味のラムネです。

わさびの方は、普通のラムネとたいして変わりません。

問題はカレーです。

ラムネとカレーの味が全く混ざらず、

これはこのカテゴリの中でも上位にランクインですわ。

2007年8月29日 (水)

白くま

 昨年の鹿児島公演のときにも食べた白くま。しかしそれは、テイクアウトのもので、お店で食べるものとは、全く違うのだと古澤巌さんに言われたのが印象的でした。

Shirokuma2  確かにこのデカさはハンパじゃない!

1つ¥630という値段もさる事ながら、

メニューには「1つは2人までシェア出来る」ような事が書いてありました。

つまりは、最低でも2人で1個。3人で1個はダメですよと。

 う~む、確かに3人で1個でも平気かも。

Shirokuma3  さすがの一本君も記念撮影。

ちなみに彼のはソフト白くま。

ソフト・クリームがのっています。

葉加瀬太郎ツアー2007九州の部も、かなり食べ歩きましたねぇ。

2007年8月28日 (火)

長崎名物

 やはり長崎に来たならばと、グルメ隊長に連れられ、近くの中華屋さんに。もちろん最初はお断りしたんですよ、OOSAKI病の症状が出ないとも限らないしねぇ。

Kouzanrou  ホールから徒歩数分のところにあるお店。

ここで皿うどんとチャンポンを頂きました。

もちろん美味しかったですが、

それよりも何よりも、店が開いていた事の方が重要。少しは免疫がついたかネ。

2007年8月27日 (月)

Oriental Air Bridge

 長崎から宮崎の移動。陸地を行くと大変な時間がかかるので、飛行機での移動でした。

Orc  それがこんなに小さなプロペラ機。

かつて大島~羽田で乗った国産機YS11よりも小さいです。

やはり結構揺れました。

しかし何と飛んでいる時間はたったの35分。いやはや、たいしたもんです。

2007年8月26日 (日)

ご当地駅そば

 葉加瀬太郎ツアー2007九州の部。福岡からの移動で、駅の立ち食いそばを食べました。

Kashiwasoba  その名も「かしわそば」。

いわゆるご当地ものです。

駅そばにそういうのがあると、私のような貧乏性は、それだけで旅を満喫という感じですよ。

Kamome  そして例によってこの電車「かもめ」。

ロゴマークが、某自動車メーカーの似ています。

この列車、出入り口が車両の真中辺りにあるのも面白い。

まぁ、写真だと影になって、少々見えにくいですけどね。相変わらず揺れましたが、かまわず車内ではノートPCで仕事。

 約2時間かけて長崎へ向かいました。

2007年8月23日 (木)

山形で印度料理

 話は葉加瀬太郎ツアー2007東北の部、山形公演にさかのぼります。メンバーはグルメ隊長に連れられ、おそば屋さんに行ったようですが、私は一匹狼。独り怪しいものを求めてふらふらと。

 すると細い路地の奥にカレー屋さんが! この日はとても暑く、「東北の夏って暑いんだなぁ」と、へろへろになっていたところでした。「よっしゃ、こういうときはカレーっしょ」ってな訳で入店。

 開けっ放しの玄関をくぐると、何と席はカウンターの5席のみ。更に冷房もつけず、扇風機。かなり混沌とした店内。まぁ、こだわりというのか、何と言うのか...。客は私1人。ランチのカレーをオーダー。「こりゃ大変な所に来たわい」と、まずサラダが出てくる。案の定レタスは傷んでいるし、それでも完食。

Jay_lunch_2  そして問題のカレー。

2種類のカレーがかかっているもので、

お味の方は、かなり本格的なインド料理という感じ。数種類のスパイスがきいていて、また酸味が何とも言えませぬ。ただ日本人の口にフィットするかというと、それに関しては少々疑問が...。

 人の良さそうなマスターと少しお喋りもして帰ってきました。

 ちなみにこの日の公演ですよ、もう2度と見られない、某曲でのマンゴー・ダンス・ソロがあったのは(しかも16小節も)。

2007年8月21日 (火)

Sonorのチラシ

 先日の葉加瀬太郎ツアー2007「風林火山の部」。伊那では10月に共演するSonor Clarinet Ensembleの人達が大所帯でいらっしゃいました。

Sonor_ina  長野とは何かとご縁が出来た私ですが、

この日のコンサートは太郎さんに、

Bandoneon教室の事やら、木曽青峰高校の校歌を作った話をしてもらいました。

Sonor7a  いえね、Sonorとの共演の事も、

太郎さんに言ってもらおうかと思ったのですが、

そんなにたくさん言ってもらうのも気が引けて...。

そしたら、コンサートにチラシを挟み込みしてあったみたい。

Sonor7b_2 いやはや、分かっていたら話がしやすかったのにねぇ。

んなわけで、今年のSonorとの共演も、

かなり気合入っています!

2007年8月20日 (月)

田んぼ絵

 盛り上がるならば、猫も杓子も! こんなときでないと出来ない企画。八ヶ岳PAで見ました。

Furinkazan1  稲穂での文字。

稲文字とでも言うのでしょうか。

黒いのは観賞用の紫黒稲というもの。

Furinkazan2_2  今、ペルーの地震で、

ナスカの地上絵は大変な事になっていると聞きました。

それに代わる絵として、

この「風林火山」に、是非とも宇宙人との交信をして頂きましょ。

2007年8月19日 (日)

信州の夜

 まるで「葉加瀬太郎ツアー風林火山の部」とも言いたいくらいな道筋。甲府公演を終えて、次は伊那公演。宿泊が松本だったので、終演後バスで移動しました。

Tokuya1  東京から自家用車移動だった

グルメ隊長を尻目に、

我々は労をねぎらう会へ。

要するに「打ち上げ」ですわ。

 ここのお店は鯨専門店。なして松本にそんなお店が!? って感じですが、これまた色々美味しく頂きました。

Tokuya2  それでも何と言っても刺身ですかね。

意地悪な我々は、

グルメ隊長にこれらの料理の写真をメールで送りつけ、渋滞に巻き込まれているらしい隊長の反感をかう事に...。

 ちなみに伊那公演にご来場の皆様。挟み込みしてあった演奏会のチラシで、Sonor Clarinet Ensembleのものがあったでしょう。10月には飯田で私も共演しますので、是非いらして下さい。もちろんその他の皆様も。

2007年8月18日 (土)

名物ラーメン!?

 話は葉加瀬太郎ツアー東北の部にさかのぼります。秋田から青森に移動途中に寄ったSA。そこで食べたラーメン。メンバーやスタッフ、みんな気になっていたにも関わらず、誰もオーダーしなかったので、私が。

Shijimiramen  シジミ・ラーメンです。

これって青森の名物なのでしょうか?

実は高速道路を下りて、街中でも見ました。

 特筆すべきは、この紅白逆のなると。しかも2つも。身体に悪そうだなと思いつつ食べました。そして問題のシジミは...。

 通常シジミ汁は、身を食べる人と残す人がいます。そこがアサリ汁と違うところ。貧乏性の私は、もちろん食べる派なのですが、これが麺を食べ終えてからでないと、シジミを食べているうちに、麺がのびてしまうのですよ。

 隣で私の食べているシジミ・ラーメンが気になってしょうがない太郎さんが一口味見。「まぁ、こんだけシジミ入れれば、こんな味はするわな」と。まずいもの探検隊員らしいコメント。一般的にSAで出されるものは、簡易的なものが多いので、今度は街中で本格的なものを食べてみたいですね。

甲府の夜

 甲府と言えば、現在放映されている大河ドラマ「風林火山」の舞台。それだけでもワクワクするNHKフリークの私。しかも明日はこの甲斐から信濃へ。まるで大河ドラマ・ツアーですよ。

Kofynomiya2  公演を終えて、打ち上げへ。

何とも風情ある商店街!?

入ったお店は普通の居酒屋さん。

しかし炒めモノ系がとても美味しく、

なかなか満足のいくものでした。更にそこにはこんなものが!

Kofunomiya1  我が茨城産の納豆が、

この店でも出されているとはね。

常陸の国から甲斐の国へ輸出!

そもそも冷蔵庫が客席側にあるのも面白い。

  さて公演中には太郎さんが「今回たくさんの楽器を演奏してくれている啼鵬君。昨日パパになりました」と発表。ご来場の方々、スタッフ、バンド・メンバー、皆さんに祝福して頂きました。奇しくもNAOTO君の誕生日の翌日。どうやら日ハムのダルビッシュと同じだとか。

2007年8月16日 (木)

美人コンテスト

 いつの時代にも、どこの地域にも、美への追究はあるものですが、葉加瀬太郎ツアー東北の部は天童市で見つけたコレ。

Lipbijin  趣旨は分からんでも無いですが、

問題はどうやって審査するかですよ。

見た目だけ?

それとも...!?

 まぁ、個人的には物事を外見だけで判断するのは好きでは無いので、この手のコンテストは興味がありませぬ。とは言え、「くちびる美人」ですからねぇ。何をもってして「美人」と言うのか...。

2007年8月15日 (水)

東北の肉、日本の夏

 葉加瀬バンドは、エンゲル係数の高いバンドと言われています(ご本人が)。ちなみにその食費に占める炭水化物の割合が、第2エンゲル係数というものだそうで。

 では其れに占める肉の割合を指す言葉は無いのでしょうか?

Shabusen  山形公演の後は、

かなりの量の肉を頂きました。

しゃぶしゃぶですが、

思えば昨年の鹿児島以来(2006年10月11日参照)、

食べていなかったような気が...。

2007年8月14日 (火)

NHKメニュー!?

 青森から山形へ移動したときの事。途中で寄った岩手山SA。とても暑い日で、みんなは冷房のきいた建物の中で食事をしましたが、私はこういう時こそと、外で焼きそばを。

Iwatesan1  しかし食べ終えてコレを見つけました。

何と現在放映中の

NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の特別メニューではないか!

まあ、普通の冷麺て言えばそれまでなんですが...。

それでも大のNHKフリークの私からすれば生唾モノ。しかもスイカ・バージョン。

 あ~ぁ、これを早く見つけていれば良かった。しかも更にこんなメニューも。

Iwatesan2  1つ頼めば、3種類の麺ですよ。

これ1つで盛岡の魅力満載!

更におにぎり(だと思う)付き。

 こういう所のメニューは、ちゃんと全部チェックしてからオーダーするものですな。

2007年8月12日 (日)

中打ち上げ in 天童

 秋田~青森とやってきた葉加瀬太郎ツアー東北の部。まだ東北公演はありますが、ツアー全体をみると、割りと半分くらいきた感じです。そこで移動日にスタッフの皆さんも交えての中打ち上げ。

Nakauchi07a  みんなラフな格好でのこの場所。

何ともちぐはぐですが...。

温泉と美味しいお料理を頂きました。

Nakauchi07b  更にこんなサプライズも。

って、ホントにコレ、驚きました。

花火云々では無く、この館がどうにかなってしまったのかと(笑)。

 実は青森からバスで約6時間かけての移動。前の晩は午前4時半まで仕事をしていたので、バスでは熟睡すると決めていたのに、映画を2本鑑賞。宿でもすぐには眠れず、何でこんなにテンション高いのかと思えば、寒冷地仕様で東北フリークの私が、まだ行った事もない東北の地へ行けば、そりゃ興奮もするわね。

 でも今日も36℃の猛暑ですケド。やっぱ東北は冬よ。

2007年8月11日 (土)

青森食紀行2007

 秋田に上陸して始まった葉加瀬太郎ツアー2007東北の部。次は青森。秋田からバス移動でした。

Sennari  将君とマチェックとで入ったお店。

まぁ、普通の食堂です。

何故か鰻が食べたくなり、オーダー。

マチェックは日本に来て日常的に食べているらしい生姜焼き定食。

Aomoridaruma  打ち上げではやはり魚!

こんなでかいきんきん(関東で言うきんき)は、

見たことがありませぬ。

不細工な魚ほど美味しいとグルメ隊長がおっしゃっていましたが、ホントこれ美味しかったです。

Bonkura2  そして更に締めはラーメン。

太郎さんが制覇したいと宣言した青森ラーメン。

まぁ、真夜中のラーメンなので、

不健康この上無いんですがね。ちなみにこの日の青森公演、このお2人の組み合わせが最後の日でした。っつーか一本君、のっぺら坊になってしもうた。

 さてこの青森食紀行、私的にはかなり興味深いもので、いくつかのカテゴリに分類出来るネタがありました。いずれアップ致します。

2007年8月 9日 (木)

追悼:松村禎三先生

 今月6日、作曲家の松村禎三先生が亡くなられました。私は直接習った事は無いのですが、私の音楽を語る上では、絶対に外せない作曲家です。

 芸大在学中に私が在籍していた講座の試演会で、松村先生は聞きにいらして、批評会で私の拙い曲に対してコメントして下さいました。先生との接点はそれくらいでしたし、私自身「現代音楽」というジャンルには身をおく事が出来ませんでしたが、先生の音楽はそれまで私が出会った音楽とはまるで違うもので、大変な衝撃を受けました。特に「弦楽四重奏とピアノのための音楽」を初めて聞いたときの感動は、未だに記憶に残っています。その後の私の作品は、先生の影響を強く受けたものになりました。ジャンルは違っても、根底に流れるものは今でも変わっていません。

 心からご冥福をお祈り致します。

秋田食紀行2007

 北海道から飛行機で秋田へ。早速稲庭うどんですわ。

Inaniwasato  手前は私が頼んだ、

かやくご飯とうどんのセットですが、

奥はさるお方がオーダーした、2人前。

いやはや、スケールが違いまする。この細身のうどん、あっと言う間にお腹の中へ。

Akitaumi  今回のツアー、太郎さんのMCで、

「うちのバンドは○○○○係数が高く...」と紹介していますが、

打ち上げでは我々が口にした事の無い逸品が。

「鯨のかやき」だそうで。鯨の脂身や茄子などが入った味噌汁のような感じです。打ち上げではGuitarの長澤紀仁さんの卒業式!? 今回のツアー3本の本番を終えました。

Akitahanamaru  そして翌朝の朝食。

駅にある某うどん屋さん。

しかも讃岐うどん。

何となくカレーが食べたくて入り、朝からこのボリューム。そう言えばこのところ毎日うどんを食べているねぇ。

 さて今日は青森へ移動。東北紀行のはじまり。

2007年8月 7日 (火)

北海道食紀行2007

 葉加瀬太郎ツアーも後半戦。その始まりは北海道。前半戦最後は台風に泣かされましたが、取り合えず今回は大丈夫そう。

Daruma07  そこでお約束の食レポート。

北海道ではお馴染みのジンギスカンですが、

何とこの店に行ったのは、二次会!

まず最初の店で散々お肉を食べた後です。

太郎さんにマチェック、一本君と私で行きました。このとき既に0時を越えていたような...。

Sapporosanuki  さすがに翌日は胃がもたれ、

午前中はずっとダウン。

お昼にようやくうどんですよ。

しかも札幌に来ているのに讃岐うどん。この日は札幌オフですが、私は部屋で仕事。何しろツアー後半戦の最初は、6日に家を出て、帰るのが14日。実に1週間以上も家を空けるので、ノートPC2台にKeyboardを持ち歩き、行った先で仕事をせにゃいかんのですよ。

Buzznatto  夜になるとお腹の方も戻り、

これまたお約束のスープカレー。

ホテルの近くの店でした。

当然納豆がトッピング。奥はマチェックが頼んだネギ豚。更にマチェックの話によると、近くでビール祭りをやっているというので、みんなでそっちへ。

Beerfesta  と言っても、

私自身はアルコールを飲まないので、

ご覧の健康飲料を。

ただ少しして雨が降ってきたために退散。明日は秋田へ移動して公演。まだ後半戦は始まったばかり。

2007年8月 5日 (日)

阿波踊りin目黒銀座

 中目黒楽屋でのライブは実に2年ぶり。前回も七海良美さんのバンドで出演致しました。何とこの日、商店街のお祭りとぶつかりました。

Meguroginza  私のような田舎暮らしですと、

お祭りは夏の風物詩として、

当たり前のような感があるのですが、

こういった都会で目にすると、とても新鮮。

 しかもこの日は阿波踊り大会だったそうな。我々がライブをやっているときも、表では賑やかに行列を作っていました。

 今年に入って七海良美さんとは、六本木ヒルズ・マドラウンジ、赤坂レッドシアター、東京丸ビルと、結構ご一緒させて頂いております。彼女のバンドでは、Pianoの鍛錬の場ですわ。とても勉強になります。

 今回のライブでの特筆記事は、Tablaの吉見征樹(芸名・タブラ正和)さんとの、叩きモノ・バトル。私もCajonを持ち込み、丁々発止。しかもいつもはBandoneonの椅子として持っていくCajonですが、今回はPianoの椅子としても持っていったため、大小2台も持ち込みました。

 Cajonを叩いた直後にPianoを弾くと、手が痛いです(笑)。

2007年8月 2日 (木)

岩のり!

 私の行きつけの店と同じ名前の店。場所は遠く離れた神栖市。想像するに、本店で修行してのれん分けしたのでは? いつもその店では、大根おろしと梅干しがのっている「みぞれラーメン」を頼みますが、今回は味噌味で、しかも岩のりをトッピング。

Gankokinsho  まぁ、トッピングならばこれくらいはしないと。

決して大袈裟では無いですよ、コレ。

岩のりならではの風味は抜群。

ただ面白いのは、岩のりはあくまでトッピング。写真でも確認出来ますが、よく見ると普通の海苔ものっています。こちらはデフォルト。

 ところでこの店舗にも「みぞれラーメン」があたのですが、私がよく行く店とは値段が違いました。でも「みぞれ~」なんてネーミングは、ラーメンには滅多にしないだろうし、やはり同系列?

2007年8月 1日 (水)

韓流食感

 こんな暑い日が続いても、食べたいものは食べたい。何故かチゲ鍋が食べたくなり、カーナビで検索して行った店。そう言えば先日の鰻もカーナビ検索で見つけました。

Myondon  2人前を1つの鍋で頼んだので、

何だか鍋物としてはスカスカですが、

味の方は本格的...、いや韓国で食べたことは無いので、あくまで「的」です。

 そんでもって今度は日を改めて冷麺。盛岡冷麺フリークの私、何とか地元で美味しい冷麺を探そうとするものの...。

Han_ari_remen  何だか味が薄く(氷がはいっていたせい?)、

麺も「盛岡麺」と「韓国麺」が選べるのですが、

その「盛岡麺」も私の知るものとは違いました。まぁ、リンゴが入っていたのでよしとしますか。そもそも韓国料理店で「盛岡冷麺」を注文する方がおかしいと言われそうですな。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ