« 驚愕の記録更新 | トップページ | 松本兄妹+助っ人 »

2007年9月25日 (火)

謎のPC

 某社の事務室にあったPC。いや、もうそこは物置のように使われているので、恐らく現役を退いたPCでしょう。

Nazopc  見た目は国民機NEC98のようですが、Panasonic製。

PC業界に於けるPanasonicは、

今ではLet's Noteで有名な感じですが、

その昔は据え置き型のディスプレイ一体型タイプのものを販売していたり。WOODYなんて覚えている方、どれくらいいるでしょう...。しかもPDドライブという、今では死滅してしまったメディアを搭載。Let's Noteを販売した当時は、その光学式トラック・ボール(黒い斑模様)の、使い易さに驚いたものです。現在では工事現場でも使える、タフなPCを作るなど、或る意味不思議なPCメーカーですな。

 話を戻しましょう。私が想像するにこのPC、中小企業向けの経理等の専門PCではないかと。写真には写っていませんが、KeyboardもOADGのタイプとも違いました。

 写真では見づらいですが、40MBのHDDもとても懐かしく思います。40GBじゃありませんよ! 40MBの、しかもメモリではなくHDDです。当然オプションでしょうけど、この容量からすると、恐らく1980年代末に出たモデルで、「大容量」をうたわれ、このオプションだけで10万以上はしたものと思われます。

 昔のHDDは壊れやすく、しかもとても高価でした。OSやソフトをFDDで起動して使っていた時代の、最先端のシステムだったのでしょう。

 この退役マシーンを拝んでいると、PCに夢を抱き、使いこなすために「勉強」していた頃を思い出し、目柱が熱くなる思いでございます。

« 驚愕の記録更新 | トップページ | 松本兄妹+助っ人 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うわわー、懐かしいデザインですねー。

40MBのHDD、うちの父がPC98に入れて
ましたが、数十万したって聞きました!

インクリボン式のプリンタだって数十万
したらしいですねぇー。しかも印刷が
ものすごく遅い上に机がガタガタ揺れて
ました(笑)。

先日、一太郎の最新版を買いました!PCを
新調したのですが、Officeと決別したのです。
やっぱり使いよいですねー♪最高です☆

> やすこさん
 うちもドットインパクトのプリンターがありました。音もうるさいんですが、逆に「ちゃんと印刷している!」って感じで、意外と好きでした。
 一太郎が使いやすいのは当然の事。Officeは元々英語用のものを日本語版として移植しているのですが、一太郎は最初から日本語ワープロ・ソフトとして開発しているんですから。これからもお互い、ずっと使い続けましょう!

パソコンて十年ひと昔どころか一年も過ぎれば浦島太郎気分ですよね。
確か上記のPanaの頃ってHDDが1Mあたり1万円の相場じゃなかったかなぁ?
あれ....???

遥か昔は16bit, 8086系のCPUで640KBもあれば十分なメモリで、
1Mの2HDフロッピだったら最高、普通は2DDで...てな感じだったなぁ。
さらに昔に遡るとメモリも8KB, 16KBが当たり前、
64KBってそんなにたくさんどうするの?の世界だったような気が。
画面表示もカラー8色、フルグラフィックができたら最高機種で、
下手するとテキストだけのモノクロ表示が当たり前の世界だったかなぁ。
もちろんフロッピードライブなんて高嶺の花、
みんなカセットテープでデ−タ保存をやってたんですわ。
今でこそ雑誌にCD, DVDが付くのもよく見かけるけど、確かあの頃は
雑誌にソノシートがくっついていたような...

ウチの相方にこの事話したらキョトンとしてて。
ドコの世界の何の話?てな感じに流されてしまいました...(T-T)

> 響酒さん
 うちはさすがにカセット世代ではありませんが、友達はSHARP MZ-8でゲームをプログラミングしていましたよ。
 ちなみにうちは、国民機PC98が現役なために、1.2MBフォーマットの2HDと、720KBフォーマットの2DDを、未だに使わざるを得ませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎のPC:

« 驚愕の記録更新 | トップページ | 松本兄妹+助っ人 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ