最近のトラックバック

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

2007年の締めは!?

 やはり私らしく、この話題でしょう。

葉加瀬太郎ツアー2007千秋楽の翌日、「命の色鉛筆」というドラマのテーマを録音しました。この話題はコンサートの中で触れました。そう、納品がまだだったのですよ。

 東京駅からスタジオへ直行。録音を一段落させ、さて底入れでもと、近くの飲食店を当たってみると、軒並みOOSAKI病。

Onkyo_oosaki  っつーか、行ってないんですよ!

注文するために電話しただけで、

「ごめんなさい、今日はお昼の部だけなんですよ」だの、

「年内営業時間が終わりました」とかね。それでも何とかありつけましたが。

 今年も大いにこの病魔に泣かされた1年でした。もしお暇でしたら、今年のOOSAKI病カテゴリを読み返し、一票投じて下さい。2007年OOSAKIアワードを決めたいと思いまする。

葉加瀬太郎ツアーの締め

 今年の大きかった仕事の1つ。葉加瀬太郎ツアーも終わりました。打ち上げの後は、やはり去年同様、締めのラーメン(2006年12月30日参照)。尤も、そのときのカテゴリは「心と体」でしたが。

Benkei_w  しかも今年は、

打ち上げ会場の1階がラーメン屋という、

何とも好都合。

Guitarの将君と一緒に食べました。

 こういう不健康な事をするために、日々健康的な暮らしをしている訳ですよ。そう言えば今年も、たくさん不健康な事をしました。

2007年12月28日 (金)

大阪名物!?

 葉加瀬太郎ツアー2007も大詰め。空き時間にちょっとなんばまで足をのばしました。そう言えばせっかく大阪に来たので、何からしいものを。

Milkyway  お好み焼き定食です。

関東では殆ど見かけませんねぇ。

何しろ穀類をおかずにご飯を食べるんですから。

もちろん、そうしなくても大丈夫なように、小鉢も付いていますけどね。以前来たときはやきそば定食を食べたので、今回は是非とも食べたかったのです。

 ただお好み焼きの具が少なく、ホットケーキのような感じでした...。

ケータリングらーめん

 葉加瀬太郎ツアー、日本各地に行きますので、楽屋のケータリングは様々。四国ではうどんもありましたし、宮崎では冷汁もありました。

16ban1  そして大阪でコレ。

ラーメンですよ。

これには驚きました。

ただ私にまわってきたのが開演10分前! メンバーは衣装を着ているので、汁がはねないように食べるのに大変そうでしたが、私はたいてい1ベル後に着替えるので、へっちゃら。2分で食べ終え、悠々と着替え。

16ban2  しかし更に楽屋にもう1杯届きました。

さすがに開演3分前でしたので、

誰も手をつけられず、私とGuitarの将君で。

かなり行儀が悪いですがね。汁がはねないように。あと1分あれば麺だけでも食べられたのですが、舞台袖で待機しなくてはいけませんからねぇ。残念。

 今回私は開演直前に、ラーメン1.5杯を底入れして迎えたのでした。

2007年12月26日 (水)

イブの夜の発病

 今年のクリスマス・イブは、葉加瀬太郎ツアー横須賀公演。本番を終えて行った店で、OOSAKI病発病! しゃぶしゃぶ食べ放題の店なのですが、「本日の受付は終了しました」と...(泣)。

Gyutaoosaki  結局翌日のランチタイムに行き、

リベンジは出来ました。

そのときも結構満席でしたけどね。

人気店なのでしょう。

2007年12月24日 (月)

ケロミン

 クリスマス・イブの日に、葉加瀬太郎ツアー一行は、横須賀公演。すると楽屋にカエルが!? 西嶋徹君のペットと思いきや、なんと楽器なんだそうで。

Keromin  ケロミンという楽器。

腕に音を出すタイミングのボタンが付いていて、

口の開き具合で音程を作ります。

音色や音程の設定が出来るそうで、バリエーションも意外とありそうです。楽屋では越田太郎丸さんとセッションをしていました。2人して「今度この演奏をYouTubeにアップしようか」と言っていましたので、期待しましょう。と言いつつ、まだ販売されていないんですがね。

 ちなみに西嶋君はこのケロミンの「里親の会」に出席したそうです。

2007年12月23日 (日)

行きずりの...!?

 先日成田に買い物に行った帰り。昼時だったので、特に当てもなくラーメン屋へ。外観はよくある感じで、店内も「中華屋さん」とは違う雰囲気。麺のメニューは4種類のみ。あとはサイド・メニュー。

Tanimatsu  この店の名前が冠してあるメニューをオーダー。

濃厚とんこつ系とメニューにはありましたが、

見た目、そんなに濃厚でも無いです。

相当濃厚なものも知っていますから(笑)。

 んでもって果たしてお味は? これがある意味期待外れ。美味しいんですよ。正直店の感じからして、何か奇をてらう意図がみえて、そんなところで勝負せんでも...。と思い、●いものが出てくる事を期待していたくらいですから!

 これはあとの3種類を食べたくなりましたが、如何せん成田は遠い。

2007年12月22日 (土)

いぬのガードマン

 傑作わんこです。コンビニでコピーしていたところ、奥の方で何かの気配を感じ、見てみるとガードマンが!? いや、ガードわん。

Sparwanko  ずっと店内を見守っていました。

おかしいのはこの手。

扉は押さえておかないと、

すぐに閉まってしまうので、

こうして手で押さえているみたいです。

 ちょうど私がコピーを終える頃に、駐在さんが見回りに来ましたが、ここではガードわんが長い事見守っているので、大丈夫でしょう。

2007年12月21日 (金)

MACミニオケ第7回定演

 今回で7回目を迎える、我がマックコーポレーションの社内オケ定期演奏会。

Mac7th1  何しろ毎回社員の皆さんは、

担当楽器が違うのです!

これは社長の意向で、なるべく自社の楽器に馴染むためで、やはり商売をする以上、当然の事かも知れませぬ。今回は全員合奏もさることながら、社員有志のアンサンブルも充実。

Mac7th2  私も加わり、結構イイ感じに演奏出来ました。

それにしても会場となった愛知厚生年金会館は、

来年に閉館予定。MAC Mini Orchestraの本拠地(!?)が無くなるのは少々寂しいですな。来年はどこの場所になるのでしょうか。

Illumi_nagoya  帰りに名古屋駅で見た光景。

このシーズン、やはりこれが無くてはね。

2007年12月20日 (木)

飽くなき戦い

 思えばこのカテゴリも、かなりの記事数になってしまいました。

Idumiyaoosaki  茨城県北部にある、

と或るうどん屋さん。

案内されて行ってみると、コレですよ。

そんなに遅い時間に行った訳では無いのですがね。そこで行ったのが水戸のおそば屋さん。佇まいからして風情ある感じで、かなりこだわりの店主がやっている模様。

Mito_mikawa  まず風味の濃いそば茶が出てきて、

このしゃも南そば。

鴨南はよくありますが、しゃもはあまり見ないでしょう。

そして勧められてとろろご飯も頂きましたが、これがかなり強い粘り気。どうやら自然薯を使っているのだそうで。ちなみにこの日、我々が最後の客だったようです。

 芸術も料理も同じだと思いますが、表現するというのは、ある意味「こだわり」を出す事。こういう店はとても清々しい気持ちにさせてくれます。

 それにしても、まだ今年もあるんだろうなぁ、OOSAKI病...。

2007年12月19日 (水)

初日&千秋楽!?

 葉加瀬太郎ツアー2007の12月の部、2日目。Bassは鳥越啓介さん。密かに私は尊敬しています。普段はニコニコでひょうきんな感じなのですが、実は彼の辿ってきた経歴を考えると、「この人の人間力とは何ぞや?」と考えさせられるんですよ。それに比べ、私なんぞはお話にならん!

 さてその鳥越さんは、12月の部はこれ1本のみ。初日で千秋楽なのでした。

Cyuncyun  その送別会(!?)の後、

お約束の真夜中ラーメンですわ。

大阪では定番のお店。

並んでいましたが回転も良く、すぐに座れました。

 やはり笑顔の似合う男は、ラーメンも似合う!

 次回彼とご一緒出来るのはいつになるでしょう。楽しみです。

N700系グリーン車

 幸運にもN700系のグリーン車に乗る機会に恵まれました。

N700green  基本的には700系と思いながらも、

やはりこの空間。

なかなか高級感を醸し出しておりまする。

ブラウンはそういう色なのでしょう。

ちなみにコンセントは肘掛けにありました。コレ、みんなでドライヤーとか使ったら、新幹線止まってしまうんかなとか、馬鹿な事を考えたりして...。

Hotyakiniku  そんな中、

こんな庶民的なものを食べるのも気が引けるのですが、

温かいご飯が付くとの事で、

この焼き肉弁当にしました。やはりグリーン車には似合わんなぁ。

2007年12月17日 (月)

N700系

 今年7月1日にデビューしたN700系。ついに乗車しました。

N700  私自身は鉄ちゃんでは無いのですが、

やはり新しもん好きなので、

嬉しいものです。

 車内もシートなどの色合いが違い、新鮮な感じがしました。窓の形も違うのかしらねぇ。その日は、新大阪から名古屋の移動と、名古屋から東京の移動と、2回新幹線に乗ったのですが、2回ともN700系でした。

2007年12月16日 (日)

超大物と遭遇!?

 葉加瀬太郎ツアー2007の12月の部(!?)初日。新大阪駅に下り立つと、何と世界的Violin奏者のXX氏が居るではないか!? 太郎さんが電話をしている外人を見て、

太「あれ、XXだよな?」

て「へぇ?まさかぁ。じゃ、見てきますよ」

(何気なくその人を確認)

て「やっぱ本人っす!」

太「だろ? 話したいけど、今電話してるなぁ」

て「あ、終わりました。行きましょ」

 ってな訳でそのXX氏と、数分くらい会話を。どうやらバケーションで日本へ。そもそも楽器を持っていなかったので、本人だとはなかなか思えなかったんですよ。お友達と温泉に行くのだそうで。いやはや、とんでもない人に遭遇したもんです。

Ohmonocd  帰宅してから、

XX氏のCDを改めて眺めて、

そのときの場面を思い出しているの図です(笑)。

 さすがにご本人のプライベートな事でしょうし、モザイクで勘弁して下さい。

2007年12月15日 (土)

ダブル「まさ」のトリプル・バースデー

 日付が変わってしまいましたが、12月14日は先のBlogでお伝えした通り、雅兄こと大和田雅洋さんの誕生日。加えて同日誕生日の方、3人でのコンサートをすると。

Taroreh2007  この日私は葉加瀬太郎ツアーのリハーサル。

それを終えて誕生日コンサートへ。

私の曲は2曲演奏して下さるのですが、

1曲は冒頭。2曲目は2部の2曲目。車で移動すると、間に合いました。着いたのが2部の始まり。そして拙作「Rhapsody」を演奏して頂いたのですが、紹介されて舞台に上がったときに、雅兄に飛びつき、彼のSoprano Saxのリードを壊してしまいました。申し訳ござらぬ。

2masas  アンコールの2曲目も私の編曲した、

「主は雀を見守り給う」。

これは大好きな映画「天使にラブソングを2」の挿入歌です。

 まあ楽器を持っての乱入も有りだなどと言われていましたが、そんな余地は全くありませなんだ。一応Guitarは持っていきましたけどね。

 それにしても今回の演奏会。白眉は何と言ってもプログラム最後に演奏された、三宅裕人さん編曲の「カルメンの主題によるファンタジー」。元はアレクサンドル・ローゼンブラッドという人の、Clarinet & Piano、もしくは2台Pianoの作品のようなのですが、これがかなり緻密に編曲され、単なるトランスクリプトの域を越えていて、とても聞き応えのあるものでした。

 その三宅さん。私から何度か楽譜をレンタルした事もある、中央大学の学生さん。もう卒業したのかしら? 私も数あるレンタル楽譜利用者から、何度も利用する彼の名を覚え、数年前に会う機会を得ました。立場としてはアマチュアという事になりますが、内容はかなりハイレベルで、どこに出しても恥ずかしくない作品に仕上がっておりました。

 こういう方の存在が我々には大いなる脅威になるのですよ。他にも石毛里佳さんの新曲を演奏。彼女は私の後輩にあたります。それに比べ、私の作品など「Rhapsody」は10年前のもの。編成を変えただけ。常に新しいものを生み出さなくてはならない「作曲家」としては、情けない限りですわ。

 そんな訳でおめでたい日ではありましたが、何とも自戒した日でもありました。

2007年12月13日 (木)

ダブル「まさ」のトリプル・イヴ

 OTSでお馴染みの大和田雅洋氏。10年ほど前、と或るチラシの写真が私に似ている事から、彼を兄と慕い、「雅兄(まさにぃ)」と呼ぶ仲になりました(笑)。

2masa  さてその雅兄。

明日(12月14日)が誕生日で、

ご覧のようなコンサートを開催。

しかも何と共演者も「まさひろ」さん。

そして出演者全員が同じ誕生日なのだそうな!! 更にココでは明かせないような事まで共通点があるとか、無いとか...。

 実は私の曲も演奏して頂くのですよ。編曲したものも。私自身は葉加瀬太郎ツアーのリハーサルが終わり次第駆けつける予定。間に合えば良いのですが。楽器を持ち込んでの乱入も有りだと言われましたが、あくまで間に合っての事。

 さぁて、どんな夜になるやら。

2007年12月12日 (水)

本家OOSAKI病!?

 そもそもOOSAKI病とは、ラーメン用語。このところ病状は治まっていると思っていたところ、やはり甘かったですわ。

Tetsuoosaki  品川駅から少しのところに、

ラーメン屋さんが密集している地区があります。

その目当ての店だけがこの有様。

尤も閉店20分前なので、少々予想していた事でもありますがね。

一緒に行った友人達にも迷惑をかけました。

Asahikawasio  その代わりに入った、

と言うとこちらのお店に失礼ですが、

たくさんお店が集まっていると、

メリットもあるものです。ちなみにOOSAKI病の症状が現れるときは、何故かふと事前に頭を過ぎる事が多く、今回も行く前に話題にしていました。

 恐るべし。

2007年12月10日 (月)

追悼:津村亀吉さん

 9日未明、Guitar奏者の津村亀吉さんが亡くなられました。まだ49歳という若さでした。るりちゃんのレコーディングやライブで御一緒させて頂きました。私のViolinを評価して下さった、数少ない方で、本当に良くして頂きました。

 津村さんはギター・スクールを主宰され、数多くの門下生を輩出。るりちゃんもその1人で、彼女のようにプロになった人も何人もおられます。次のるりちゃんのライブも御一緒出来るものと思っていたので、未だに信じられません。

 心からご冥福をお祈り致します。

2007年12月 9日 (日)

誤診!?

 来年1月27日に共演させて頂く、かるがもブラスアンサンブル。今日はその本拠地、三重県は鈴鹿市にお邪魔したのですが、そこでまさかのOOSAKI病!?

 最近流行っている店らしく、行ってみると店員さん「本日のランチは終了しました」と。...ってまだ12時半じゃないの! すると団のスタッフの方「いえ、予約しているんですが」、して店員さん「申し訳ありません。それでしたらどうぞ」...ったく、三重まで来て、OOSAKI病発病かと思ったじゃないの。

Kuu1  とは言え、

もうメニューもこんなに歯抜け。

まだお昼の時間も半ばでコレですよ。

余程流行っているのでしょう。

いつもだと、13時くらいにはもう駐車場も車がスカスカらしいです。つまり食事を終えてしまうのだそうな。

Kuu2  さすが出てきたランチもゴージャス。

かなりのボリュームでした。

これにデザートと飲み物が付きます。

 それにしても「予約」というのは、或る意味OOSAKI病回避の大きな武器になるかも知れませぬ。と思ったのもつかの間、そもそもOOSAKI病はラーメン用語。予約が出来るラーメン屋など、そうそうありませんからねぇ。

 さて肝心のリハーサルの方は、写真を撮るのを忘れ、報告が出来ませんが、なかなか楽しい演奏会になりそうです。ちなみに新編曲もあり!

2007年12月 8日 (土)

星野!?

 情けない事に、アンテナをつけたまま、洗車機で車を洗い、挙げ句の果てに、ご覧の通り。茨城弁で言うところの「おっかけた!」ですよ。これが通じなかったとき、すっごいショックでしたケド。

Antena1  洗車機が戻ってくる際に、

とんでもない角度に曲がってしまった訳ですわ。

まあ、これでもアンテナの機能はしているんですがね。

 そこで滅多に買わないドレスアップ・パーツを、カー用品店で購入。

Antena2  結果こんな感じになりましたが、

何だか「おじゃる丸」に出てくる、

星野一家の角みたいですねぇ。

ちなみにおっかけたのは我が愛車のでは無く、家族のMAZDA Demioのでした...。

2007年12月 6日 (木)

K'sデンキひたち野うしく本店開店!

 テレビCFでも流れていた、K'sデンキひたち野うしく本店の開店。数日前、建設中のときに通り過ぎました。やけに大きな...と思っていましたが。前日にこれまた随分と大きな折り込みチラシが入り、これは行かなきゃいかんと。ちなみにK'sデンキはまだカトーデンキの頃、20年以上も前からのお付き合い。1985年に、ビデオカメラがオートフォーカスになった直後、我が家はカトーデンキから買い、その後も数々の電化製品を買いました。

Ks_open1 まずR6から学園西大通りに入る時点で、もうK's渋滞。

ようやく辿り着いたものの、

店内に入るまでにこの有様。

玄関前に区切られた蛇行に従って、並んでから30分くらいして、ようやく入店出来ました。笑えたのが、その蛇行を区切ってあるコーン。ジョイフル本田の値札がつけっぱなし(爆笑)。

Ks_open2 もちろん田舎の店舗らしく、

駐車場の広さも伊達じゃありませぬ。

それでも足らず、臨時駐車場が付近に出来ていました。

ちなみに1フロア売り場面積は、県下随一。サッカーコートよりも広いそうな。

 まあ日替わり台数制限品は、行った時点で全部売り切れ。そりゃそうでしょ。恐らくそれを目当てに、朝はまだ暗いうちから並んだ方もおられるでしょう。私も一昔前は、そんな事もしました。しかし日替わり品以外にも、安売り品はたくさんあり、行った甲斐がありました。

 この混雑、コジマ電気土浦店の開店時を思い出しまする。私がまだ中学生の頃。やはり多くの人出で、¥500のワープロ(懐かしい単語)などを目当てに、行列は店の駐車場では収まりきらず、町内一周のような勢いでした。

Ks_open3  今回の戦利品はコレ。

先着2000名に配られるのですが、

何故か赤んぼの分まで!?

 それにしても平日であれだけの人出なので、土日だったらもっと大変な事になるのでは...。たださすがに多くの人出を見込んでか、レジも(臨時の)かなりの台数を揃え、行列は出来てはいるものの、スムーズに精算も済ませられました。更にバイトのお兄ちゃんが、商品を車まで運んでくれましたし。サービスはいつも通り。

2007年12月 5日 (水)

真夜中に!?

 マルチな自分を遺憾なく発揮出来たコンサート「Dear Friend's」(2007年10月26日参照)の打ち上げがようやく行われました。場所は都内某所で、国賓なども来ると言うレストラン。サイトも無いし、本物を追求する人のためのレストランかも...。

Appia1 恐らく生涯にこういった店は、

何回行くのでしょうか。

まずアンティパストから大変。

20~30種類の中から選ぶんですよ。

もうそれだけで満足してしまうくらい。まるでデパ地下の試食コーナー。

Appia2  パスタもこの通りです。

大衆食堂で食べるような、

1人前大盛りなんてこたぁ、ありませぬ。

高級な店では、それぞれが1~2口分なんでしょう。

何だか育ちが分かってしまいますが、もちろん美味しかったですよ。

Appia3  そしてメインディッシュも、

様々な魚や肉から素材と調理法を、

その場で注文。

私はラムを網焼きにして頂きました。

 デザートがまた凄く、何を選んで良いか迷うくらい。たまちゃんは全部食べたかったのでしょうねぇ(Blogにデザートの全貌写真有り)。

 会食を終えたのが22時半くらい。そして私はここからが本番なのでした。何と美味しいものをたらふく頂いた後に仕事! 愛車で横浜はランドマーク・スタジオに移動。そこでは古澤巌さんの曲の録音がありました。編曲は羽毛田丈史さん。

 スタジオ入りしたのが23時半ちょっと前。既に録音を終えた一本君がいました。そう言えば羽毛田さんにお会いするのもかなり久しぶり。Violin Summit以来かも。何だかお痩せになられていました。そう言うと、彼はマネージャーさんに向かって「ほら、会った人みんなそう言うじゃないか!」と自慢げ。

Landmarkst 少々の待ち時間があり、

私の録音が始まったのが午前1時。

終わったのは2時半くらいでした。

 スタジオを出たのが3時ちょっと前。

そこから土浦の自宅へ。最近はエコ運転にご執心なので、首都高はともかく、常磐道もずっと80km/hでのろのろと。帰宅したのが4時過ぎです。渋滞が無ければ横浜から土浦は、そんなもんで着くんですねぇ。

 もう新聞受けには朝刊が入っていました。

2007年12月 3日 (月)

ナット・挽肉ベジタブル

 敢えて納豆カテゴリでいきます。

北海道滞在中は、当然の事ながらカレーを食べます。この店は以前にも行った事があるのですが、この納豆が入ったカレーがたまらんのですわ。

Pulpulnatto  今回はチーズをトッピング。

納豆カレーというと、

ただ納豆が載せてあるだけのカレーが多いのですが、

これは全く違い、ご覧の通り。納豆は明らかにカレー・ルーの一部でしょう。もしこれに納豆が入っていなかったら、相当違う味になると思われます。

 そう言えば土浦カレーフェスには、納豆を使ったカレーはあったのかしら...。

2007年12月 1日 (土)

薩摩の守

 北海道からの帰途。新千歳空港で、何やらカードを配っていて受け取ると、スクラッチで当たると電車にタダで乗れると。

Keikyu_a  私とNAOTO君、そしてスタッフのカードを、

それぞれコインで削ってみると...!?

当たりましたよ。

このA賞というのが、

羽田空港から品川がタダになるのです。そう電車は京急線。ちなみに当たるように、スクラッチしたコインは、500円玉。なるべく高額硬貨でこすれば当たるかと(笑)。

 ただ賞はA賞とB賞の2つのみ。しかも必ずどちらかが当たる(らしい)。どんな割合かは分かりませんが、せっかく当たったので、品川まで薩摩の守で!

 ただ多くの方がご存知の通り、私は土浦在住。品川はビミョーに逆方向じゃん!! まあ山手線に乗るのに、浜松町からか品川からかの差なんですがね。

 そう言えば今年に入って、宝くじが当たって(2007年1月1日参照)、そして今回コレ。もう今年のツキは尽きもうした。

 え?ナニ、薩摩の守を知らない...!? 今は通じないかネ。

納豆焼き

 今年最後の北海道。巡り合った逸品と言えば「納豆焼き」。

Nattoyaki  少々大粒の納豆に、

ネギや小女子を混ぜ、

焼いたものです。

 これが香ばしく、なかなかの美味。私が出会った納豆モノの中では、長野県は飯田で出会った「あつあつ納豆」とツートップ。

 これはまた北海道に来たら食べたいですな。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ