最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

この刺激久しぶり

 前日の深夜リハーサルを経て行われた哲啼的刺激の「この刺激久しぶり」。

Hisashigeki01  以前大遅刻した私も、

集合時間の30分くらい前には到着。

仕事で遅くなるはずの一本君もかなり早く到着。

何だかうまくいき過ぎているような気もしましたが、開場開演時間がおしてしまいました。

Hisashigeki02  新曲も何曲かあり、

緊張感あふれる演奏でした。

其れとは裏腹にMCはいつも通り...。

それにしてもこのお2人、やっぱ凄い。私なんぞは圧倒されてしまい、ついていくのが精一杯でしたよ。特に一本君のMCにはねぇ。

Hisashigeki3  ところでライブタイトルは、

私が適当に付けたものでしたが、

こうしてギャラ袋にも記載されていました。

さて次の哲啼的刺激は、どんな刺激を!?

2008年1月30日 (水)

哲啼的刺激リハーサルin茨城

 かなり久しぶりにやる「哲啼的刺激」。そしてこうしたセッションとしては、これまた久しぶりに1日、リハーサルの日を設けました。でなければ、当日ライブハウスに行って、本番前にリハーサルをするだけですから。

Tetteiteki_reh  お二方にわざわざ我が家にお越し頂き、

深夜までリハーサル。

何しろ新曲が結構多く、複雑なものもあるので。

 本番は哲啼的刺激のホームグランドとも言えるBobtailで。そう言えばてっちゃんにとっても、こうした自分で組むセッションは久しぶりとの事。今年はこの哲啼的刺激、どんな展開になるやら。

2008年1月28日 (月)

鈴鹿のおもひで【其ノ壱】

 鈴鹿と言えばサーキット。HONDA党の私にはメッカのような土地です。ですが、今回は前を通っただけ。まぁ、いつか行くときもあるでしょ。

 そんでもって思い出と言えばコレ。

Unbelievable1  小さなバケツくらいの大きさのパフェ。

名付けて「アンビリーバブル(3代目)」。

と言いつつ、実はこのお店、東京にもあって、

特に鈴鹿ならではというものでは無いのですが、何しろ出会ったのがこの地ですから。隣のコップや携帯が小さく見えるでしょ。上に載っているのは角煮ではありませんぜ。

 実のところキャラメルコーンとポテチならばポテチ、プリンと茶碗蒸しならば茶碗蒸し、(デザートに)ケーキとラーメンならばラーメンをとってしまう私。甘いものは人並みなので、初めは威勢よくいったものの、すぐギブアップ。

Unbelievable3_2  ティーネイジャーの女の子を含む6人で、

ここまででおしまい。

当分この手のスウィーツは...。

第13回かるがも演奏会

 2008年の吹奏楽共演は、三重県は鈴鹿市を本拠地とする「かるがもブラスアンサンブル」と。これが今までの吹奏楽共演と違い、発案から構想、制作、本番まで2年近くをようした超大作!?

13thkamo_p  今回の目玉は、

新たに書き下ろした「La Cumparsita」。

アルゼンチン・タンゴを吹奏楽で演奏する事は稀です。

それでもAstor Piazzollaの作品は、

これまで私も編曲したりしましたが、

生粋のアルゼンチン・タンゴとなると、なかなか無いですね。本国ではどうか分かりませんが。

13thkamo_f  その初演も無事に終え、

アンコールを含む4曲を演奏。

来場者数も1150人と、会場はほぼ満席状態。

これはアマチュアの団体としては、凄い数字ですよ!

かるがもがどれくらい地域の方に愛されているか分かりますねぇ。

 今回は20周年という節目の演奏会だったそうで、定期演奏会でゲストを呼ぶのは初めてだったようです。そんな貴重な大役を私のような者に...。

 ところでポスター(上)とチラシ(下)のデザインが違います。しかもポスターにはイメージキャラクターの「がーも君」が描かれ、かなりキャッチー。なかなか素敵でした。

2008年1月26日 (土)

HONDA FCX

 仕事に行くために、首都高を走っていると、何とHONDA FCXに遭遇。ご存じない方も多いと思いますが、これは私の愛するHONDAが作った燃料電池車。簡単に言うと、水素と酸素で電気を作り、発生するのは水のみという、究極のクリーンカーです。

Fcx  まだ日本では一般売りされていないため、

実車を見る機会はあまりありません。

私も初めてですよ。

それでも箱根駅伝では2004年から大会本部車として走っています。

 遭遇したときは興奮し、助手席に乗っていた妹に「おい、アレ撮っておけ!」と。1度は逃し、分岐点でギリギリ撮影に成功。

 先日原油が、今後どのくらいの期間産出されるのかというのを報道していました。いつかは無くなるものです。早く代替えエネルギーの実用化を期待したいところです。

2008年1月25日 (金)

迷い子

 今年に入って2つ目の録音の仕事。しかも今回も映画の音楽です。

 しかしスタジオにたどり着くまでが困難でした。この日天候は曇り空で強風。そのおかげで常磐線はダイヤが乱れ、最寄り駅も20分遅れ。とは言うものの、遠方勤務の私は、絶えず(一応)余裕をもって移動するので、千駄ヶ谷駅に着いたのが16時半。スタジオ入りは17時の約束。なぁんだ、全然余裕。

 と思いきや、徒歩8分のところ、いつまでたってもたどり着かない!?

Victorst  道を間違え、かなり離れた方向に行ってしまったんですわ。

結局スタジオに着いたのが16時55分。

いやはや、そんなに方向音痴でも無いんですがねぇ。

最近は車移動でもカーナビに頼る始末。

土地勘というか、方向感覚が鈍っているのでしょうか。

 しかし録音自体は40分ほどで2曲を終え、次の現場へ。スタジオを出たときにはもう暗かったです。

2008年1月23日 (水)

土浦法人会女性部会15周年

 久しぶりのTrianguloでのコンサート。今回は土浦法人会女性部会15周年記念として、New Year Concertという事でした。

Tri_hojinkai3  今日は東京は雪でしたが、

こちら土浦は雨でした。

天候が悪かったので、お客さんの入りも心配されましたが、

地域情報紙に掲載された案内の効果もあり、一般の方もたくさんご来場頂きました。何しろ無料でしたし(笑)。

 さてこのTriangulo。思えば昨年10月のコレド日本橋公演以来(2007年10月3日参照)です。今年はどんな演奏活動が待っているでしょう。

2008年1月22日 (火)

水戸XXらーめん

 昨年の土浦カレーフェスティバル(2007年11月24日参照)のときに購入したもの。何でカレーフェスティバルなのにラーメン!? まぁ、言ってみれば便乗ですわな。

 そもそも日本で最初にラーメンを食べた人が、かの水戸光圀公というふうに言われますが、実はこれは確証はありません。この製品にも記載があるのですが、先日テレビで専門家が否定していました。もちろん諸国を漫遊していたというのも創作というのはご存じの通り。

Mitohanmen まあそれでも、

日本に伝わった当時のラーメンを再現して、

パッケージングした感じのものです。

 問題はネーミング。別に水戸藩がラーメンに関して、何らかの取り組みをした訳では無いと思われます。本当はこの図案にもあるキャラクターの名前を冠したかったのでしょう。しかし響きが!!

 イメージって大事です。実はおそば屋さんで「●ー●●(もちろん漢字)そば」という店があります。そば屋の方はもっとリアルですわ...。

 すみませぬ、汚い話になってしまって。

2008年1月20日 (日)

今年も吹奏楽と!

 吹奏楽との共演は、毎年いくつか入っていて、今年は三重県は鈴鹿市を本拠地としている、かるがもブラスアンサンブルをはじめ、スクール・バンドとも行います。

 思えば圧倒的にスクール・バンドとの共演が多いですが、一般バンドとは3団体目。しかも、うち2団体はコンクールには出場しないという、純粋に音楽を楽しむためのバンド。今回のかるがもBEも老若男女、根っからの音楽好き。しかも人数が多い!

Karugamo_reh  既に2回のリハーサルを終え、

本番を1週間後に控えました。

今回のケースもそうなんですが、

こういった共演は、ファンの方が企画立案して実現する場合が多く、そのおかげで私も様々な団体と共演が出来ています。

 かるがもBEとの目玉は、新たに書き下ろした新編曲。つまりは世界初演。果たしてどうなるか。とても楽しみです。

2008年1月18日 (金)

華麗の街!?

 久しぶりに入ったカレー屋さん。一応町の名前を冠している店です。って事は建前としては「カレーの街土浦」を代表って事ですか!?

T_currylunch  ランチは食べ放題なんですよ。

3種類のカレーに、何故か焼きそば。

そしてライスはサフランと普通のもの。

ナンもありました。サラダやデザートもあります。まあ¥980という値段は、安くもなく高くもなくという印象ですわ。お客さんの数もビミョー。閑古鳥まではいかないですが...、つまり微妙。

 ただ私が考えるに、「カレーの街土浦」ということで町おこしを、本気で考えるならば、こういった店がじゃんじゃん出来て当然。市内に専門店があるん? いくつ...? っていうレベルじゃはっきり言ってダメっしょ。宇都宮をご覧なさい。別に餃子発祥の地でもない宇都宮が、今では「=餃子」ですよ。私だってわざわざ食べに行ったくらいですもん。当然お店の数もたくさんありましたし。

 宇都宮のような、成功例をもっと勉強すべきです!

2008年1月17日 (木)

2008年初録音

 2008年になり、初めての録音の仕事。映画音楽なのですが、メンバーはほぼといぼっくす。そう言えばといぼっくすの活動も絶えて久しい。今回は編曲も手掛け、自分で言うのも変ですが、正にといぼっくすサウンド! ...と言いつつ、GuitarとSaxは後からの録音なので、私が演奏した時点では、まだ全容は分かりませぬ。

Ayurveda  そして録音メンバーにはこの人も。

世界の齋藤たかしさんですよ。

といぼっくすとたかし君は、

実は縁があり、一緒に鉄腕アトムのサントラもやりました。

今回は小物系のPercussionで参加。根っからのDrumerの彼にしてみると、違和感があるかも知れませんが、思えば哲啼的刺激にもPercussionで参加していましたし。

 私はBandoneonとMandrin。たかし君はCabasaとClaves。サントラの発売が楽しみですわ。

2008年1月16日 (水)

検証【其ノ弐】

 茨城には「犬も歩けば~」状態で点在する某ラーメン屋さん、いや何のカテゴリに入れるか微妙な店です。麺もの以外も充実していて、どちらがメインなのか...。何しろそのラーメンは私の「まずいもの探検隊」の格好のネタです。して麺モノ以外は美味しいのです。特に餃子は大きく食べ応えがあり、味も良いですね。わざわざ持ち帰り用を買う事もあるくらいです。

 さてそのお店。最近看板が変わり、んなら味も変わったのかと、検証に行って参りました。ちなみにこの店は、店舗によって味が違うと言われ(ここら辺、まずいものに共通する何かが!?)、取り敢えず自宅近くで看板が変わった店舗へ。お客さんはみんな炒めもの等の定食を頼むのでしょうけど、昼時は結構混んでいます。

Ibachin  今回は私の好きなタンメンに、

もともと評判の良い餃子。

更にこれまた美味しいレバニラ炒めを。

相変わらずカメラの性能のせいで、あまり美味しそうには写っていません(笑)。レバニラ炒めや餃子は美味しかったので、どうでも良いですが、問題はタンメン。以前食べたときは、油を使いすぎてスープ表面を覆っているため、熱が逃げていかず、食べ終わる頃になっても熱くて味わうどころではないという、何とも「まずいもの」に相応しい結末でした。

 今回麺が少し変わったかなと。かといって味が大きく変わった訳でもなく、まあ言うなれば標準的なタンメン。このBlogの古い読者ならばご存じでしょう、私が「King of タンメン」と絶賛しているもの(2005年10月15日等参照)には、遠く及びませぬ。味も価格も。

 まぁこの店、何と言っても不味かったのは味噌ラーメンなので、今度はそれを検証しに行きたいと思います。ちなみに先に話題になっている店は、絶賛派もいますが、このお店のラーメンを絶賛する人には会った事がありませんな。

2008年1月15日 (火)

三連休は...!?

 世の中は成人の日を含む三連休だったんですよね。私の稼業は普通の人と休日が違いますが、連休中にBlogも連休になってしまいました(泣)。

 私はと言うと、連休初日に大丸ていを牛久のHamona Cafeで行いました。当日はあいにくの雨模様でしたが。2日目は三重県は鈴鹿市へ。月末に共演するかるがもブラスアンサンブルとのリハーサルでした。

 そして成人の日の3日目。この日は地元土浦のコーラス・グループ、コール・ブラウェ・ヒンメルとのリハーサル。

Himmel_reh  思えば土浦に住んで30余年。

所属する土浦交響楽団は別として、

地元団体との共演は初めてですよ。

今回この合唱団は30周年を迎えるにあたり、メインのプログラムにTangoをもってきたのです。Tangoを合唱でやる事自体、とても珍しいのですが、更に伴奏にBandoneonも加わり、なかなか面白いサウンドになっています。振り付けもあったりして。

 その振り付けはマンゴー松本がやっているのではありませんが...。

2008年1月12日 (土)

2008年の初ライブ

 先日ポンすけのゲストで、池袋Miles' Cafeに出演してきました。2008年の初ライブという事になります。

Ponsuketei  相変わらずマルチで、

複数の楽器をやりました。

Bandoneon、Clarinet、Piano、そして特筆すべきはBass Guitar。

今年から土浦交響楽団ではContrabassを弾く事になりましたし、親戚楽器のBass Guitarは高校時代などはよく弾いていました。今回もふと思いつき、「使うかも知れない」という感覚で持っていきましたが、1曲まるまる弾いた「Sleeping Momonga」をはじめ、曲中でも持ち替えたりと、大活躍。もともとBassは好きですから。

 Multi Playerは、年によって頻繁に弾く楽器が変わるものです。さて今年は!?

2008年1月11日 (金)

まずいもの探検記【其の壱拾九】

 少々ご無沙汰のこのカテゴリ。やはりこの店でした。絶賛派もいる反面、店内に入っただけでも「う゛っ!!」とくる程、生理的にNGな方もいらっしゃいます。

 今回は不健康にもライブの帰りに行きました。時刻にして午前1時半近くです。空きっ腹に加え、真夜中のラーメンとくりゃ、少々まずいものでも、かなり美味しいハズ。

Y_okaya_gakuen  相変わらず「脂少なめ」と注文しても、

こんな感じです。

う~む、やはり麺でしょうか。

バタープリッツのようなストレート麺。激戦区北海道で道民の方に「あれはラーメンじゃない」とも言われた強者です。スープも何か違う。と言うのは、県内他店舗で食べた、同じラーメンとは思えないんですわ。絶賛派の方でも「店舗によって味が違う」と言われているので、違和感を感じたのは私だけでは無いのでしょう。

 これで県内5店舗を制覇しました。2007年3月25日の記事の事がありますので、1勝4敗、もとい、このカテゴリの観点では4勝1敗(!?)。

「アタイが不味いと言えばアンタが美味しい、

 アンタが不味いと言えばアタイが美味しい。

 コレ不味いものの極意なり」

 規模としては大きい店で、本州南は三重から北は山形、宮城まで。更に北海道だけで28店舗。食べられるチャンスも多くなりました。是非とも皆様の賛否両論を求ム!

2008年1月 9日 (水)

そば屋開拓

 OOSAKI病アワード2007にもノミネートされた、私のお気に入りの店の閉店。大袈裟な事を言えば、人生の中で出会った最も美味しいそば屋だったので、その後が大変。幸い茨城はそばの名所なので、私の住んでいる周辺にもそば屋はたくさんあります。シーズンになると「常陸の秋そば」を求めて、マニアがうようよするんですよ。

 今回行った店は、引っ越して以来ずっと気になっていた店。何の変哲もないそば屋でしたが...。

Ugetsucurry  無性に食べたかったカレーうどんを注文。

これじゃぁ、そば屋の検証の主旨とは少しズレますがね。

しかしそのカレーうどんがなかなか!

奥が豚肉の出汁、手前が油揚げの出汁。

明らかに味が違い、関東では「●いきつね」でくらいしか脚光を浴びないお揚げの入ったうどんが、関西では当たり前の如く君臨する訳が、何となく分かり申した。

 このBlogでも何度も話題になる通り、そば屋のカレーは美味しいです。このカレーうどんはその王道と言って良いでしょう。

 んでは、次はそばの検証だな。

2008年1月 8日 (火)

納豆ポテトチップス

 この手のものは、すぐに考えつくものですが、やはり商品化となるとそう簡単にはいかないでしょう。最近よく使うJR常磐線の駅で売っていました。

Nattopoteto  もともと常磐線沿線駅は、

納豆ものが充実しておりまする。

Kioskで藁入り納豆が売っていたりしますから。

してこれは、よくあるOEMモノかと思いきや、

一応独自に作っているようです。中は3つの袋に別れていました。もちろん全て同じ味ですけどね。その味が問題。

 開封してすぐ「うぉっ!」とくる納豆風味。かなり期待して1枚食べてみると、「ありゃ、これはXXXのコンソメ●ンチと何が違うんだ?」てな感じですわ。何枚も食べ進むと、ほんのり口の中に納豆のような感じがありますけどね。これならばスティック状のスナック菓子の方が、よほど納豆に近いですよ。

 もちろんコンソメ●ンチは美味しいです。あれが出現したのが、私が小学校低学年のときで、初めて食べたときの衝撃は今でも忘れませぬ。しかし今回は納豆ですから。

 待てよ、少々風邪気味だったので、味が分からなかったかネ。残りの袋は身体が普通のときに食べてみますね。

2008年1月 7日 (月)

DoCoMo PHS最後の日

 このカテゴリは初めてですが、その話題がコレというのも悲しい話です。2008年1月7日でDoCoMoのPHSはサービスを終了するのです。

 何を隠そう私はNTT Personalに加入したのが10年前。それ以前にDDI Pocketに入っていたのですが、実家がエリア外という事で、NTTに変更。それから10年。更に6年前に携帯にも加入し、Doccimoという、携帯とPHSが一体型になった端末に変更。

N821i  これがそのDoccimo端末N821i。

最初にPHSに加入したのが運命で、

番号を変えるのが嫌なため、

携帯に変更せずに、

このDoccimoも、PHSメインで使い、エリア外のときに携帯モードに切り替え(当然Mova)。もちろんPHSにもメリットはあるんですがね。取り分け私のようにPCを用いた通信をする場合、数年前までは携帯よりもPHSの通信速度が速かったので、割とユーザーもいました。使った端末には、カード一体型のものもあり、そのままPCにさして使ったりしました。「みなし音声」という方法でFax送信なんかもしましたねぇ。そんな昔話はいずれまた。

 ちなみにこのN821iは、Doccimoに加入してからずっと使っているので、つまり6年使った事になります。当然カラーではありませんし、写真では分かり辛いですが、緑色のイルミネーションです。晩年はフリップをたたむだけで電源が落ちたりと、このご時世6年も使えば大往生かと。

 NTT PersonalがDoCoMoになり、ずっとサービスが続くと思いきや、経営はかなり赤字だったようで、数年前に腕時計タイプのPHSなど、かなり注目度の高い端末も発表しながら、結局は終焉を迎える事に。

Phspanf  カタログヲタクの私は、

書庫にこんなにもパンフレットが!!

へぇ、こんな人が宣伝していたんだぁ、って感じでしょ。

 さて今後私のモバイルフォンはどうなるかと言いますと、番号がそのままでWILLCOMに引き継がれる事になったのです。これはかなり特別な措置です。2006年から日本でも始まった番号ポータビリティは、携帯だけのサービス。PHSには適用されませんでした。そんな中、DoCoMoがPHS終了をアナウンスした時点で、約100万人いると言われたユーザーはどうなるのか、我々には大変興味のあるところでしたが、結局は同じPHSに落ち着く事が出来たワケ。ちなみに私、既にWILLCOMのW-ZERO3[es]のユーザーなので、WILLCOMを2台持つ事になるのよね。

 携帯の通話品質も向上し、通信速度も上がったので、選択肢の少ないPHSを使う理由はあまり見あたりません。それでも昔はPHSにも、ハード的にかなりのアドバンスがありましたが、今となると...。連続通話時間くらいかしら。今度私が使うWILLCOMの端末は、待ち受け時間が700時間で、通話時間が7.5時間。分じゃありませんよ、時間。あとはサービスですかね。定額で24時間、WILLCOM同士通話料無料。

 思えばDoCoMoは、仕事上でもお世話になりました。DoCoMoコンサートにも出演しましたし、品川のDoCoMoビルの竣工式などのイベントでもたくさん演奏しました。明日はDoCoMoショップへ行き、携帯も解約いたします。

 10年前から始まった(正確にはDDI Pocket時代も入れると12年前)PHS生活ですが、今後更に極め...、いや、極めていたのは通信を頻繁にやっていた頃だしなぁ。何か締まらないですが、先日WILLCOMの社員さんとも友達になった(と自分では思っている)し、また新たな展開が待っているかもね。

2008年1月 6日 (日)

オーケストラのぬし

 私が高校2年生のとき(1990年)に入団した土浦交響楽団。当初はViolinでの入団でしたが、2回目の演奏会ではViolaに転向し、以来17年Violaで在籍しておりましたが、昨年2007は本番の日が仕事と重なり、結局1度も本番には出られませんでした。そうこうしているうちに、Violaの団員も増え、そろそろ身の振り方を考えにゃいかんと。

 そこで今年からContrabassに転向する事にしたのです。Violin→Viola→Contrabassでは、某有名ベーシストN嶋君と同じ軌跡ですよ! 今日はその初めての練習日。Violinの師匠からもらった楽器をもって練習場に行くと...!?

Tsobass2 古株の団員から、

「こりゃ懐かしい楽器だな」と。

聞けばこの楽器。

土浦交響楽団を設立した我が師匠が、その創設時に購入したものではないかと。一昨年30周年を迎えた我が団は、土浦音楽院を主宰されている桑田晶先生によって、1976年に作られました。母体となったのは、土浦音楽院の生徒達の弦楽合奏団。当時10万人都市初のアマチュア・オーケストラというふれこみだったと聞いております。

 つまりこの楽器、オーケストラに帰ってきたってわけね。これも何かの縁。私も存分に弾きこなせるよう頑張りますわ。んな訳で、今年は私のOrchestra Contrabass元年。1から勉強です。

2008年1月 5日 (土)

みんなでカレー

 昨年末につくばはMarzeminoで行った、なおていライブ。スタッフの皆さんと食べたのが、私が時々行く例のカレー店。と言いつつ、ツアーで出っぱなしだったので、少々ご無沙汰でした。

Koshinzanmai_2  以前にもオーダーした事がありましたが、

私はスープカレーを。

スタッフの中には「外食でカレーを食べたのは初めてかも」と。

無理もありませぬ。私も幼い頃、ファミリーレストラン等でカレーを頼もうとすると「そんな家でも食べられるようなものは、頼むんじゃない」と親に言われたものです。

 また今年もこの店の他のメニューを検証していきましょう。

2008年1月 4日 (金)

木の花クリニック移転

 4年前に開院した木の花クリニック。院長先生は私の古くからの知人。かれこれ20年以上も前からのね。同じ土浦交響楽団に所属し、彼女はFluteを吹きます。私はその開院に際して、テーマ曲を進呈しました。世界に数多く診療所あれど、テーマ曲のある診療所など、そうそう無いのでは?

Konohana2  その木の花クリニックが移転し、

今まで雑居ビルだったのが、

広々とした場所になりました。

今日はお披露目会だったのですが、なかなか素敵な環境です。

Konohana1  また何よりも良いのは、この筑波山。

と言いつつ、

少々広角レンズなので、見えにくいですわね。

夜に場所を変えて行われたパーティーでは、

私と妹で演奏をしてきました。もちろん「木の花クリニックのテーマ」も。少し酔った院長先生のFluteと共に(笑)。

2008年1月 3日 (木)

納豆充実!?

 このカテゴリも、どんどん更新したいものです。

今回のは昨年末に出会ったもの。私が名付け親となっているオーケストラ明音(あかね)交響楽団の忘年会での事。

Akanekyoenkai  これまた、どちらかと言うと、

平均年齢の若いオケなので、

宴会の盛り上がり方も尋常ではござらぬ。

まあ、こうして演奏しているうちは大人しいですがね。

ちなみに団長は我が友人、若干30歳の女性チェリストという、特異なオケです。

Staminatto  メニューにあった「スタミナ納豆」。

見た目通り、納豆ととろろ、玉子に海苔、葱、からしです。

味付けは当然自分でしますが、

店のテーブルには醤油くらいしかありませんから、

誰が味付けをしても、そう変わらないでしょう。味も想像の通り、そのままです。んまぁ、工夫が無いというか、素朴と言うか...。ある意味現代において、こういう存在も貴重かと思われます。

Nattoten  こちらは納豆天ぷら。

面白いのは、ころもが無い事。

ならば「から揚げ」とネーミングしても良さそうですが、

代わりに海苔が巻いてあるので、

こちらはお店の独自性もあるかも知れませぬ。

添えてある大根おろしも、少々「?」な感じもしますが、合わせて食べてみると、果たしてマッチングしているのかどうか、私ごときの味覚では判断がつきませぬ。

 実はこのお店、納豆メニューが充実していて、今回紹介した他にも、まだありました。明音響がよく宴会で使う店らしいので、次回は他のメニューも検証してみましょう。

2008年1月 1日 (火)

大行列

明けましておめでとうございます。今年もたくさんBlogを更新して参りますので、よろしくお願い致します。

 やはり「一年の計は元旦にあり」ですから、まずは元朝参り、もとい、朝行った訳では無いので、初詣といったところですか。

Daigyoretsu1  近くの八坂神社に行ったのですが、

この行列には驚きました。

そんなに大きくないどころか、

どちらかと言うと小さな神社ですが、

何でこんなに人が! 私も30年近く、この神社に初詣していますが、こんなに人がいたのは初めてですよ。

Daigyoretsu2  ようやく鳥居のところに来ましたが、

その先もこの有様。

通りがかりのおじさんが、

「これ、お金入れるだけだっぺ?」と。

「んだ、んだ。ちゃんと並ばねけ、ダメだぞ」

 そのじいさん、どう見ても中学のときの校長先生にクリソツ。思わず「失礼だけんど、●●さんですか?」と聞いたのですが、実はその●●が間違っていて、結局校長先生だったんだろうけど、挨拶が出来ませなんだ。名前を思い出せず間違えるとは、私も年ですわ。「むがし土浦五中の校長先生、せでえませんでしたか?」と聞けば良かったのよ。

 んな訳で人違い、いんや忘却から始まった2008年。どんな年になるやら。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ