最近のトラックバック

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

小澤幹雄さんと松本家

 私がまだ高校生の頃。当時カザルス・ホール(現・日本大学カザルス・ホール)で、毎年開催されていた「アマチュア室内楽フェスティバル」。我が家が出演したのは第4回でした。まだやっているようで、今年は20回だそうな。そのときの司会者が先日再会した小澤幹雄さんでした。

Pepers116 そこで秘蔵写真。

これは1991年のPIPERS誌APRIL号No.116に掲載された記事。

よく見てください。

なんと普段着ですよ。あの神聖なるカザルス・ホールで! 記事では私の作曲した弦楽四重奏を演奏とありますが、それを1曲目に演奏し、2曲目は家族全員で父の編曲した「グリーンスリーブス」を演奏。ゲストの作曲家西村朗先生からもお言葉を頂き、この年最も印象に残ったグループという事になったようです。そりゃそうだわね、こんな格好で出演すれば...。

Yawaclassic  その後、小澤さんは著書の中で、

そのときの模様を書いて下さいました。

さすがに実名は出ていませんが。

ちなみに我が家のアンサンブル団体名は、

「ダサイ・クサイ・クィンテット」。

命名の由来は、我がたくみスタジオに通っていた生徒の何気ない一言から。更にフェスティバルの日には、皇太子殿下もお見えになられていて、休憩時間に我が家のところへ。

「ダサイ・クサイのお父さんですか」

と、やんごとなき雅な方の口から、

ダサイだのクサイだのと言わせてしまいました!!

 小澤さんとはその後、奥志賀高原で再会。私が音楽家としてスタートした数年後の事でした。「ダサイ・クサイ」を覚えていて下さり、やはり先日のSTBと同じくらいの再会の喜びがありました。小澤さんが皇太子殿下とロンドンで会われたときも「ダサイ・クサイは良かったですね」とおっしゃられたようで。名前のインパクトが記憶につながりましたか(笑)。

 まあ家族で音楽をやっているという事で注目を浴びたのですが、1994年には国連が「世界家族年」なるものを指定。どれくらいの人が知っていたんだろう。当時発行のAERAにも写真は載りませんでしたが、我が家の事が記述され、NAOTO君のお師匠さんから「キミんところのご家族、載っていたねぇ」などと言われました。

 当時は核家族化が問題視され、数年後には少子化が浮き彫り。今後はどんな問題が浮上してくるんでしょ。いやはや、話題が暗くなり、締まらなくなってしまった...。

2008年2月27日 (水)

STBで凄い再会

 ようやく東京進出を果たしたConcertango。そのステージを見に来て下さった方と、私にとってとても嬉しい再会がありました。

Stb_mikiosan かつてラジオ番組「小澤幹雄のやわらかクラシック」でお馴染み、

指揮者、小澤征爾氏の弟さん、

小澤幹雄さんです。

今月彼もSTBでステージがあり、そのときに私の出演を知って、駆けつけて下さったそうです。実はお会いするのは3回目なのですが、2回目のときが衝撃再会。そして初めてお会いしたときが、忘れもしない、カザルス・ホール(現・日本大学カザルス・ホール)の舞台でした。心持ち、以前よりもお兄様に似てきた感じが(笑)。

 その思い出話は次回へ。

2008年2月26日 (火)

Concertango東京進出!

 私のTangoに於ける活動で、Trianguloと並んで力を入れている「Concertango」。とうとう東京進出を果たしました。今まで地元つくばや福島、秋田での公演を積み重ね、ようやくこぎ着けた感があります。しかも場所も六本木スイートベイジル。

Concertango_stb2  今回は弦楽がLugano Quartetでは無いのですが、

もちろんトップは名手木野雅之さん。

更にBassにはかつて

Los Maestritos del TANGOで一緒に活動していた、

田辺和弘君。今や彼は日本有数のTango Bass奏者です。途中稀音家千鶴、芳村孝次女両師匠によるお三味線の演奏も入り、最後は和洋入り乱れての「Libertango」。そう言えば邦楽器とTangoをやるのもかなり久しぶり。何年も前にシンゴ&アスカさんのアルゼンチン・タンゴ・ダンスのショー「タンゴアルポネス」というステージで、津軽三味線の木下伸市(現・木乃下真市)さん、尺八の土井啓輔さん、鼓の田中傳八郎さんと共に演奏しました。

Concertango_stb3_2 さて木野さんと言えば、

パワフルな演奏で聴衆を魅了していますが、

その原動力がコレ。

STB出演者向けのお食事。やはりよく食べないと(笑)。

 ところで今回のConcertango STB公演、私にとって凄い再会が待っていました!?

2008年2月24日 (日)

DIY

 最近よく目にする「DIY」は「Do It Yourself」の略。ようするに自分でしなさいって事ですが、転じて(主に家具等を)自分で作って楽しむというもの。んなもん我が家では何十年も昔からやってるわい、って感じですよ。

 今回は組み立て家具の本棚の3つ注文。そう私、収納関係が下手で、なかなか部屋が片付かんのです。

Hondana2  一応大人2人がかりで40分ほどで組み立て上がるもの。

取り敢えず1つ目は私1人で30分弱で組み立てました。

もちろん最初からカットもされていますし、

ねじ穴だったきちんとありますから。

電動ドライバーもあるし、こういうのはDIYのうちにも入らんでしょう。

 要領を得たので、2つ目、3つ目は15分ほどで組み立てました。はっきり言って余裕、余裕。ちなみに配送と同時に組み立ても有料で頼めるので、そう考えると、コレでバイト出来るなぁと。

Hondana3_2  しかし出来上がってみて、

ありゃ、1つ反対に着けてしまった!

親に言わせれば「オマエらしいなぁ」という感じでしょう。

昔からどこか抜けているんですわ。でもこれで少しは片付くかな。

2008年2月21日 (木)

なおていの後で

 なおてい2デイズをやった翌日、私は録音の仕事。前夜のテンションを断ち切り、一転仕事モードですよ。

Kusakariabaco  今回の録音は、

Marimba奏者、草刈とも子さんのアルバム。

何と内容はTangoです。

私はオリジナル曲も含め、

6曲を編曲し、そのうちの4曲は演奏も担当しています。Marimba、Bandoneonの他に様々な楽器が組み合わされ、バラエティに富んだアルバムになる事でしょう。

 ちなみに今回のスタジオ、仕事場としては定番のスタジオなんですが、昨年某アーティストのアルバム制作で来て以来(2007年5月23日参照)。何とエンジニアのアシスタントさんは、そのときの方でした。ちゃんと覚えていて下さいました。

2008年2月19日 (火)

なおていみんなで不健康!

 なおてい2デイズの1日目。ライブで散々騒いだあと、打ち上げでも盛り上がり、更に締めはお約束のラーメンを。

 実は1軒目が閉店時間を過ぎていたので、今回の店へ。まあ一種のOOSAKI病症候群ですな。

1pudo_shiro  そしてこんなにも美味しそうで脂っこい...。

私はNAOTO君の頼んだ替え玉の半分をもらい、

事実上1人前半食べました。

 さてこんな不健康な事をした翌日には、Trio The なおていが待っておりまする。果たして大丈夫なのだろうか...。

2008年2月18日 (月)

全国納豆鑑評会検証【其ノ壱】

 納豆が生活の一部などと言っておきながら、こういったものがあったのを知りませなんだ。全国納豆協同組合連合会主催のイベント。たまたまニュースでやっていたのを見たのです。対象は市販品なので、簡単に入手出来そうなものが多く、検証する事にしました。

Yukihomare  まずはコレ。

何だか日本酒みたいな名前ですが、

我が茨城のメーカーです。

 今年で13回目を迎えるこの鑑評会ですが、毎年茨城のメーカーは何らかの賞をとっていて、今年は農林水産大臣賞もとりました。今回検証したのは、「大粒・中粒部門」で納親会会長賞を受賞した「雪誉」。ちなみに昨年も受賞していますね。

 納豆好きの私でも、正直大粒納豆は苦手なんですが、さすがに受賞作だけあり、これは美味しいですね。恐らく大豆の質がとても良いのでしょう。ちなみに茨城県のメーカーと言っても、使用している大豆は北海道産。大豆は北海道産が一番良いとされるからです。当然他の受賞作も国産大豆を使っていますが、日本の大豆自給率は、確か一割程度。その多くは納豆に使われる(!?)のかも知れません。

2008年2月16日 (土)

レトルトだってカレー【其ノ弐】

 お店で簡単に手に入るカレーは、たいてい食べた事がある人が多いでしょう。今回のは特定の場所でしか販売されておりません。と書くと、お土産品だってそうじゃないか、という感じですがね。

Gekicurry  自衛隊仕様(!!?)のカレー、

その名も「撃カレー」です。

味は...。某Blogでも取り上げていましたが、普通です。

もしや市販のレトルトカレーのOEMでは?とも思いましたがね。尤もこの手のものは、「普通」である事の難しさもあるので、逆に評価出来る点かも知れません。

 これ、私は自衛隊音楽隊の知人から頂きましたが、一般の人でも広報部に行くと買えます。

2008年2月15日 (金)

縁起物

 私が受験生の頃は、受験に効く縁起物と言えば「(トン)カツ」「伊予柑」「Kit Kat」の3つ。三種の神器でしょうか(笑)。それぞれベタな洒落ですが、今年も我がたくみスタジオには受験生が1人いますので、そのために「Kit Kat」を買いに行きました。

Gokakukitkat  するとこんなパッケージングが!?

合格するように五角形の鉛筆に、

Kit Katを模した消しゴム。

そして本体。いやはや、何とも逞しい商魂というか。これでは絶対合格する事、間違い無し。本人のも頑張ってもらいたいものです。

2008年2月13日 (水)

King of タンメン

 以前にも紹介したタンメン。そう、出来るだけたくさんの店に行きたい性分の私は、リピーターになる事は稀です。ポイントを貯めるとか、そういう理由でも無い限りね。

Makoto_w  今回久しぶりに行きました。

やはり見た目も凄い。

そしてこれが¥500。

更に美味い! と三拍子揃った「King of タンメン」ですわ。心持ち今日のは、肉が少々多かったような気がしますけどね(笑)。ある人曰く、野菜をたくさん食べ過ぎて、顎が疲れたとか。野菜でこんなにも満腹感、満足感を得られるメニューは、そうそう無いかと。我が街茨城の誇りですわ。

 このKing of タンメンに匹敵するタンメン情報募集中。いいですかい、このボリュームで¥500ですからに!

2008年2月12日 (火)

鈴鹿のおもひで【其ノ弐】

 旅先ではご当地ならではというものに触れたいものですが、これは名産品でも入っているのかいなと。

Tamatoji  例え入っていなくても、

この個性にはなかなかのものがありました。

玉子とじラーメン。

ただたんにラーメンに玉子を入れたなんてレベルではありませぬ。このふんわり感、そしてスープのとろみは、かなりの試行錯誤を経てお客さんに出せるようになったと推察しまする。

2008年2月10日 (日)

祝:30周年「コール・ブラウェ・ヒンメル」

 先日から何度かこのBlogに登場しているコール・ブラウェ・ヒンメル。30周年記念演奏会が行われました。女声合唱という制限の中で、かなりバラエティに富んだ内容でした。

Cbh_prg

 ひらけ!ポンキッキ8代目おねえさんの

鈴木もえみ(木の内もえみ)さんの朗読が入ったものや、

私のBandoneonが入ったタンゴ。

更にダンス・カップルも入る演出など、1コーラス団体のコンサートとしては元より、普通のコンサートとしてみても、なかなか楽しめるものでした。今回は創立30周年という節目のコンサートでしたが、色々盛り込みすぎてボリューム過多になりがちな記念行事が多々ある中、非常にバランスも良く、またメリハリのきいた構成だったと思います。

Cbh_party  そしてお約束の打ち上げパーティー。

ここでは意外な人間関係が浮き彫りになったりと、

世間の狭さを実感しました。

先にも触れた通り、地元団体との共演は初めて。たくさんのお客様にお越し頂きました。ブラウェ・ヒンメルがどれくらい愛されているかを実感しましたね。

 恐らく本国でも滅多にやらない合唱とBandoneonの共演。結果としてはなかなか面白かったです。企画勝ちと言ったところですか。そして今後ますますのご発展を。

2008年2月 8日 (金)

生涯学習センター

 最近ではどこの町にもある「生涯学習センター」。我が土浦にも駅前のイトーヨーカドーと同じビルに入っています。今日は2日後に控えた、コール・ブラウェヒンメルとのコンサートのリハーサルで訪れました。

Urarashogai 実のところ、

4階までのイトーヨーカドーには行った事があるのですが、

5階から上の生涯学習センターに入るのは初めて。

あちゃー、みんな勉強してますぜ。受験シーズンだからですかね。驚きました。

Cbh_reh1  もちろん多目的ホールに入るのも初めて。

いやはや、なかなか良いホールではないの。

何十年も前に建てられた市民会館とは大違い。

市民の願いとしては、そろそろそっちも改築して欲しいんですがね。ここのホールは音楽をするにも悪くありません。ただ「多目的」なので、残響が音楽的についている訳ではありませんが。

 合唱団の皆さんで舞台を作り、リハーサルをしました。2日後の本番が楽しみ。入場無料ですので、是非いらして下さい。

2008年2月 7日 (木)

食べ方

 つくばエクスプレスの便利さにも飽き、やはり土浦市民ならば常磐線だ!と、最近では時間を金で買う事はせず、車移動でなければ、のんびり常磐線移動が多い私。当然沿線駅付近の店に寄ったりする事も多々ありまする。

 中でもよく利用する駅近くのショッピングセンター内にあるラーメン屋さん。ふと目にとまったセットメニュー。

Karamen_tsuke  基礎代謝も落ちているし、

セットメニューなんて年では無いんですが、

やはりお得感があって頼んでしまいます。

しかもつけ麺。何となく普通のラーメンよりはカロリーが少ないのではないか、スープが少ない分、摂取量も少なく、ヘルシーではないかと、姑息な考えを持っているので、オーダーしました。

 問題はこのつけ麺。オーダーするときに「熱いのにしますか、冷たいのにしますか」と聞かれ、「では熱い方を」と頼みましたが、届く頃にはそんな事も忘れ、このドロッとしたつけ汁に麺を入れて食べました。

「こ、濃すぎるわ~」(←おじゃる丸のうすいさちよさんみたいに)

 と言うより、汁ではなくてペーストみたいな感じですよ。ふと見ると、きゅうすのようなものが。これに熱いお湯が入っていました。つまりこれで割るようです。アタシャつけ麺は結構食べていますが、こういうシステムは初めてだす。

 つけ麺の汁と言えば、酸味のきいたものが多いし、麺も極太です。ただ広島の辛いつけ麺は違います。これはその広島系なのでしょう。味はともかく、説明くらいして欲しかったな。

2008年2月 6日 (水)

畑の中に

 馴染みのそば屋がなくなってからというもの、新規開拓に目が無い私。今回行ったのは「蕎麦打ち名人が選ぶ50店」にも掲載されている店。

Meotoan_oosaki  しかし行ってみるとこの有様。

工事中でどうやらOOSAKI病ですよ。

まあ今更驚きませんがね。

今回はガイド本も携帯してきたので、そこから近い店へ。

Ichii  そばも美味しかったのですが、

何とも大きな窓から臨む筑波山がね。

先ほどの店もそうでうですが、

この店も畑の中にあり、

茨城の土地の使われ方の妙と言いましょうか、外から来られた方は「えっ!こんなところに何で店が!?」みたいな感じになるんでよ。

 それにしても今回のOOSAKI病、まず行こうとしていた店が定休日なのを知り、それで別の店にしたところ工事中。3軒目にしてようやくそばにありつけた訳ですわ。

 たまらん。

2008年2月 5日 (火)

深夜の密会

 来る2月18日のなおていライブに向けて、打ち合わせをする事になりました。この日はNAOTO君に私、萱君にたかし君、そしてサポートのてっちゃんが参加する事になっていました。

2008ntsin01  あとは一本君だけなのですが、

6人中5人も集まれば、

リハーサルをしても良かったんですがね。

これは一次会もとい、打ち合わせ場所での、アクション演出確認!?

2008ntsin04  更に場所を変えて二次会、もとい、

曲目や曲順を、

念入りに打ち合わせ。

そう、演出の事もあるし。

2008ntsin07  そして三次会、いや、

また店が変わり、

なおていの将来展望について、

熱く語り合いました。ここでは店主に「もうみんな、おうちに帰って寝ましょうね」と言われたくらいですよ。いかに熱かったか!

2008ntsin10  更に勢い余ったメンバーは、

四次会、いや腹ごしらえに。

...っていつの間に一本君が参加!?

なぁんだ、全員揃うんならばリハーサルが出来たじゃん...。

とは言いつつも、一本君が合流した時点で22時。更にこのカウンターに並んでの語らいが、午前3時過ぎ。

Kohrai  しかもこんなにこってり系のものですわ。

夜中に食べるには、

一番不健康な食べ物ですが、

これがたまらなく旨い。後先の事を考えず食べ、翌日メンバーの多くは胃がもたれた事でしょう。

 なおていも正式メンバーは、皆三十路。無茶は出来ないはずですが、4軒も店をはしごし、年を忘れる事甚だしいですよ。今年のなおていは熱いですぜ! みんなついてこられっかな。

2008年2月 3日 (日)

哲啼的に食べてもこの刺激

 先日久しぶりにライブをした哲啼的刺激。出演したBobtailは、カレーが美味しいとのこと。リハーサルを終えて、さて開演までにカレーを頂こうとすると、時間がおした事もあって、スタッフはお客さん対応に忙しい。

Hisashigeki4  仕方無くというと何ですが、

近くのおそば屋さんへ。

後でカレーも食べる事をふまえ、

「かけそば」で我慢!? 最近ではかけそばと言っても、余計なものが入っているケースが多いですが、この店は薬味を除けばホントそばとつゆのみ。やはりかけそばならばこうでなくてはいけませぬ。とは言いつつも、レンゲが付属している事には、賛成しかねますが。だってこのてっちゃんの姿、どうみてもそばを食べているというよりは、ラーメンを食べている感じでしょ。いけませんわ。

Bobtailcurry  そして終演後にBobtail Curryを。

以前はエビが入っていて、

アレルギー体質の私は食べられなかったのですが、

最近はチキンにしているそうです。なかなか美味しかったです。大事ですよ、ライブハウスのフード・メニューが美味しいというのは。

2008年2月 2日 (土)

レトルトだってカレー【其ノ壱】

 昨年の葉加瀬太郎ツアー横須賀公演のときに、宿泊したホテルで買ったカレー。

Kaiguncurry  どこら辺が「海軍」を意味するのか、

よく解説を読まなかったんですが、

やはり一般的に売っているレトルトよりは美味しいですね。

まぁ、私もそんなに食べ比べた訳では無いのですが。

Hayamagyucurry 更に同じときに買ったカレー。

何となく高級そうに見えますが、

ビーフカレーのレトルトとしては、

なかなかの出来ではないかと思います。肉も大きく、食べ応え十分。

 そう言えば我が常陸牛のレトルトカレーはどうなったかしら...。

2008年2月 1日 (金)

こんなところで工人舎

 私Musicians' Mobile Club(略してMMC)なる団体の暫定会長を務めていまする。とは言っても、会員は...!? 要するに音楽業界で、Mobile機器に何らかのこだわりをもっている人のコミュニティなんですが、設立した当時と今とでは世の中の「Mobile」の定義が若干変わっております。

 広義には移動式オフィス関するものの多くを指します。当然ノートPCやPDA、ハンディ・プリンタやスキャナ、私の場合だと携帯するMIDI入力用の小さな鍵盤とかね。しかし今は携帯電話でスケジュール管理から各種ファイル閲覧(もしくは入力も)が出来るので、パームやらハンドヘルドなどを持ち歩く人が少なくなってしまったのです。今ではMobileと言えば携帯電話端末の事でしょうか。

Bobtailkojinsha  それでもまだノートPCは、

持ち運びの点から小さいマシーンが生きていて、

先日のBobtailのスタッフさんが使っていました。

 このマシーン、工人舎というもので、某有名メーカーの創始者が始めたもの。マニアの間ではかなり高い評価を受け、私も欲しかったのですが、取り敢えず今の環境で不満は無かったので、妹に勧めたくらいですよ。

 何が凄いかって、やはり量産出来るという事でしょうか。ノートPC全体から見れば、決してシェアは大きく無いはずですが、開発から生産ラインにのせ、採算をとるというのは、並々ならぬ事です。実は意外と安く、スペックも実用レベルとしては何の問題もありません。今後もモバイラーとしては注目度No.1の企業ですよ。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ