最近のトラックバック

« 現役CDラジカセ!?【上】 | トップページ | 千代田の味!? »

2008年3月 5日 (水)

現役CDラジカセ!?【下】

 我が家がSONYマニアというのは、特に新しいもん好きの父の影響。例えばビデオカメラも、初めてオートフォーカスになったときに買いました。今ではAFなんて言葉すら見かけませんが、当時のカメラはピントを自分で合わせるのが普通だったんです。ビデオカメラは、その後4~5台SONY製品を買いました。またDATレコーダー(通称デンスケ)も生録の凄さに惹かれ買いました。当時はその道のパイオニア的メーカーだったんですよ。

 まあそれが仇になる場合もあって、SONYが提唱した企画で、他のメーカーがついてこなかったものも結構あります。ビデオではβ方式、メディアではMD-DATA、同様のHS、Memory Stickもグローバルと言うには少々厳しいでしょう。SONYの場合、性能的には優れているにも関わらず、販売戦略等で普及しないパターンが殆ど。最近ようやく勝ち組に入ったBlu-ray Discは稀なケースです。

 さて前置きが長くなりましたが、前回のDoDeCa HORNをさしおいて、何故SHARP製品を買ったかです。

Sharp_cd1_2 これが現物。

今も現役...と言いたいところですが、

残念ながらCD部が再生不能。

今更テープは殆ど聴きませんし、ラジオも部屋では聞きませんので、AUX端子に何かをつないでスピーカー代わりに使っているくらいです。

 まあ角張ったデザインは賛否両論ありますが、私個人的には好きなんですよ。車も同じで流線型よりは角張ったものの方がね。両サイドにはサラウンド用スピーカーも付いて、なかなかの音質でした。33Wの大出力も良かったのですが、一番のキメ手となったのがコレ。

Sharp_cd2  ダブル・カセットなのですが、

横並びでなく、

重なる形で2枚のカセットが入ります。

当時、かなり話題になりました。

変なモノ好きな私としては、これがたまらなく、購入のキメ手となった訳ですわ。

 しかしよ~く考えてみると、実は不便なのです。当時はCDよりもカセットの方が主流でした。何しろCDはまだ¥3,000以上していた時代ですし、新譜もまだレコードで出ていました。例えば横並びのダブル・カセットだと、聞きたい曲を探すときに、片方のデッキで再生しながら、もう片方のデッキで巻き戻し、早送りが出来ます。これはそれが出来ません。2つのカセットを同時に動かす事が出来ないのです。

 つまりこの頃は「巻き戻し」「早送り」が重要な時代だったんですよねぇ。そう言えばカセットなんてここ何年も使っていないし、聞いてもいないなぁ。

« 現役CDラジカセ!?【上】 | トップページ | 千代田の味!? »

コメント

いや〜懐かしい。持ってましたが。
電子機器も骨董的な価値の再検討をすべきですね。(笑)

> は~いド~ンさん
 やはり持っている方がいましたか。ちなみに私は、未だにシンセサイザー等の電子楽器も、ハードそのものが欲しい人です。最近ではソフト・シンセ(サンプラー)で、PC上で全てまかなえるのですが、やはり機器のデザインや、質感がたまらなく良いんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/40388350

この記事へのトラックバック一覧です: 現役CDラジカセ!?【下】:

« 現役CDラジカセ!?【上】 | トップページ | 千代田の味!? »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ