最近のトラックバック

« 納豆巻き焼き | トップページ | オーケストラの景色 »

2008年4月22日 (火)

久々のカレー丼

 以前カレーを丼ものにする意義をどうのこうのと取り上げましたが、詰まるところ私が言いたいのは、箸で食べる必然性のある調理法かどうかと。「丼」と付くからには、あくまで丼モノとしてのパートナーを、「箸」として欲しい訳ですわ。

Currydonburi  今回の店は地元つくば。

以前別のメニューでテレビにも出演した事のある店。

カレー丼がありました。

 箸、箸と騒いでいましたが、当然今回も箸で食べました。ただ食べているうちに、そんな事はどうでもよくなり、ただただここのお店の、素材を大事にした料理を味わいました。

 そう、ここはオーガニック料理の店で、使う素材はかなり厳選。また離乳食メニューもあり、我が子の初めての外食となりました。子どもは語らないので、はっきりは分かりませんが、美味しそうには食べていましたねぇ。

« 納豆巻き焼き | トップページ | オーケストラの景色 »

コメント

うち(関西)では丼やで普通にありますが・・・・

お子さまランチが食べれる日もあっという間ですね。

箸でカレーって食べにくそうです。

息子の通っていた保育園は、箸の使い方を学ぶために給食は箸のみ。。。カレーもヨーグルトも箸で食べていました。。。

> saekoさん
 問題は「~丼」と名乗るだけの意義があるかどうかです。このBlogの「カレー」カテゴリには、その検証がいくつか載っていますので、是非ご一読を。

> kaoruさん
 ヨーグルトも箸とは! 何か特別な使い方をするのでしょうか(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/40958743

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のカレー丼:

« 納豆巻き焼き | トップページ | オーケストラの景色 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ