最近のトラックバック

« 農場主!? | トップページ | 文豪の命日 »

2008年8月 3日 (日)

バンマス渡辺等さん

 遊佐未森さんのコンサートからもう1ヶ月。この事は書かなくてはと思いつつ、今まで紹介出来ずにいました。

 今回のバックバンドのマスター、バンマスは渡辺等さん。私が彼と初めて仕事をしたのは、live imageでした。そう、今では幻(!?)になっている、私が小松亮太君のエキストラで出演した、1回目(名古屋公演)と2回目(川口公演)ですよ。

 それから等さんはマルチ・プレイヤーだと知り、もとい、彼の名を知ったのはもっと前。何とVioloncelloを弾いているクレジットでした。槇原敬之の1st Album「君が笑うとき君の胸が痛まないように」に収録されている「Answer」、おっと2nd Singleと言った方が良いのかな。とにかくこの人はBassなのかCelloなのかと。

 私もマルチ・プレイヤーという肩書きを名乗ろうとしてる身なので、この「渡辺等」というアーティストが気になって仕方なく、彼のアルバムも購入。ライブにも出掛けたりと。そして遊佐未森さんのAlbum「スヰート檸檬」の録音で、久しぶりに再会。今回のコンサートへと。

Whitoshi3  一番驚いたのは、

その綿密な編曲。

そしてそのしっかりした譜面のおかげで、

リハーサルもスムーズ。越田太郎丸もおっしゃっていましたが、「今回のリハーサルは、?という部分が殆ど無いね」と。それだけ等さんの意図するところが譜面に表れていて、我々はそれを読み取り、音にする。同じ編曲をする者として、楽譜とはどうあるべきかという事を考えさせられました。

Cbcase  更に感動したのはコレ。

我がマックコーポレーションがかつて販売した、

Contrabassのセミ・ハードケースをお使いなんですよ。

ちなみにContrabassは多くの場合、

ソフトケースに入れて持ち運びします。

プレイヤー以外が運送を担当するときは、でかいハードケースに入れます。飛行機で移動するときもそうです。このハードケースは、個人で持っている人は殆どいません。なのでその中間をという企画でセミ・ハードケースを作ったのですが、これが全く売れませんでした。その貴重な買い手が等さんだったんですよねぇ。

 話がそれましたが、これからもマルチ・プレイヤー渡辺等さんの活動には目が離せませぬ。

« 農場主!? | トップページ | 文豪の命日 »

コメント

そういえば何故ソフトケースなのでしょう?
大きいから?←単純思考。

以前空港でContrabass用の保護(?)ケースを見ましたが
周りの方々は揃って

「・・・棺桶?」

と遠巻きに見てました。。。

> あいえさん
 やはりでかいからでしょう。セミ・ハードケースはかろうじて1人で運べますが、ハードケースになると、1人では難しいです。容積でいくと棺おけ2~3個分では?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンマス渡辺等さん:

« 農場主!? | トップページ | 文豪の命日 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ