最近のトラックバック

« 人吉のおもひで | トップページ | マエストロの椅子 »

2008年8月29日 (金)

謎の食堂

 今のところに引っ越してきて8年。未だに町内には分からないものがあります。今回訪れたのもその1つ。住宅街の中にぽつんとある食堂。前から気になって気になって、仕方が無かったのですが、なかなか入る機会を得ませんでした。というよりも、こういう店は「今日こそは入ってやる!」とでも思わないと入れないものかも。

 立地場所の地名を冠した食堂で、はっきり言って「この店やってんの?」というレベルです。ただ暖簾は新しくしていたり、近くの看板には「出前迅速」とあったり、一応やっている感じでした。

Itaya  入店すると、店内は暗かったです。

更に半分は電気すらつけていません。

これはエコというのでしょうか...。

昼時というのに、客は私1人。どこに座ってよいか、迷うくらいでした。

一応カテゴリとしては中華屋さんという事らしいですが、メニューは「中華」「丼もの」「日本そば」という感じに別れ、それぞれ多くもなく、少なくもない品数でした。目に止まったのが「タンメン」。しかも¥450。手始めにここら辺からね。

 客が私しかいないのに、作るのに少し時間がかかっているな、という印象。いつかこの「飲食店での待ち時間」てのを統計をとって、論文でも書こうかと思っている程の私なので、待ち時間は気になりますよ。

Itayatanmen_2  果たして運ばれてきたものは、

まごう事なきタンメンでした。

肉が結構入っているのが少々驚き。

少し前に載せた中途半端なタンメンよりは、よほどきちんとしていますぜ。さすがにKing of タンメンを越えるものではありませんが、野菜の量も悪くないし。

 肝心の味ですが、「家庭の味系」で、タンメンの基本はおさえているため、「普通」です。いや、店の雰囲気やら色々な事を総合すれば、相対的には良い評価が与えられるかも知れませぬ。あくまで相対的な話ですが。

 ただ面白いもので、食べた後は寂しい気持ちになりました。何しろこの店内で1人ぽつんとタンメンをすするのですから。同じ1人で食べるにも、例の家系もどきの店は、オヤジさんとの会話があり、居心地という点では、とても良い店でした。やはり食堂、レストランというのは、赤の他人であれ、人がある程度入っていて、テーブルこそ違えど一緒に食事の時間を過ごしている、というのは結構大事かもね。

 「手始めに」と書いた通り、私は今後もこの店を追求します。寂しい気持ちにも負けずに。

« 人吉のおもひで | トップページ | マエストロの椅子 »

コメント

ていほうさんこんばんは。
寂しくなる気持ち凄くわかります。
以前、流行っていたラーメン屋さんに、
一人で入り、食券を買ってテーブルに着くと
私一人だったことがありました。
並んで食べたこともあったのに・・・
雑誌やテレビでも紹介されていたのに・・

かなりブルーな気持ちで、食べた記憶があります。

あはは〜私にも似た経験ありますcoldsweats01
入ってしまって注文した時点でただでさえ不安なのに、時間がかかると余計に不安がつのりますよね。noodle
はてさて、空いているのはこの待ち時間のせいだったのかなぁ?...なんて食べながら無駄なことに思いを馳せた覚えがありますsweat02

初めまして啼鵬さん。
いつもBlog見させてもらってます。私も誰も入ってないお店に入ったことがありますbearing
最初は,知り合いと入ったのですが用事があるので。と1人その店においていかれたことがありますcoldsweats02
店には私とオヤジさんだけ..。
まだ中学生なのでうまくコミュニケーションもとれず気まずい感じになりましたbearing

> こまこさん
 そうなるともう、味はあまり関係ないでしょ(笑)。

> にゃんこさん
 人はどのくらい待つと「遅いなぁ」と感じるのか、それが研究のきっかけでした。いつか突き詰めたいと思います。

> 祥子さん
 えっ! 中学生で友達同士で飲食店ですか。今はどうか分かりませんが、私が中学生の頃は、すぐ補導モノでした。田舎ですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/42321088

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の食堂:

« 人吉のおもひで | トップページ | マエストロの椅子 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ