最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

呉でもお好み焼き

 広島に通って10年近く経つ私は、毎回お好み焼きを食べています。そう連日連夜というときもありました。

Takozen  そして今回、

滞在は呉市だったのですが、

やはりお好み焼きは外せません。

しかもトッピングに納豆があったので、オーダーしました。

若いお姉さん2人でやっている店でした。恐らく私が食べた広島のお好み焼きで、一番若い人が作ったものかも知れません!?

2008年9月28日 (日)

足止め!

 地方に住んでいる私は、電車は重要な足です。そもそも公共の乗り物が好きなので、荷物が(かなり)多いか、夜遅くなる、といった事でもない限り、努めて電車を使うようにしています。ちなみに荷物は少し多いくらいでは、たいした事はありませぬ。Bandoneon,ViolaにClarinetを持ち、他に楽譜類を持って電車移動もしていましたから。

Uenoshinkansen  そして今日、

テレビのニュースでもやっていましたが、

上野~大宮の信号機トラブルで、

東北、上越、長野の各新幹線が運転見合わせ。

長野バンドネオン倶楽部に行かなくてはならないこの日。参りました。上野駅の新幹線改札口に、こんなに人がいるのは初めて見ましたよ。高崎くらいならば、鈍行でも行けますが、長野へは上野からだと、直接つながっている電車はありませんしね。

 結局レッスンはなくなりました。切符の払い戻しのために、みどりの窓口は長蛇の列。一計を案じた私は、日暮里駅のみどりの窓口で切符を払い戻し、そのまま常磐線で帰りました。

 そう言えばこの前、18日にも電車に泣かされました。常磐線が架線トラブルで止まっていた日ですよ。朝6時59分荒川沖発の電車に乗ろうとしたところ、電車が不通だという事を確認。そのままパーキングから車を出し、常磐道を走って谷和原ICで下り、守谷からつくばエクスプレスに乗って秋葉原へ。この日の秋葉原駅は、これまた大変な人出でした。改札に入るだけでもかなりの列。それでも何とか突破し、9時からの渋谷でのリハーサルに間に合いました。

 おかげで電車内での睡眠時間が無くなってしまいました(泣)。

2008年9月27日 (土)

海上自衛隊呉音楽隊ファミリーコンサート2008

 今回広島県は呉市に来たのは、海上自衛隊呉音楽隊と共演するため。この団体とのご縁はと言うと、現在の隊長さんと14年あまりのお付き合いなんですよ。

Kurefamicon 私が大学在学中に、

彼は聴講生として来ていました。

毎年自衛隊音楽隊や、

警視庁音楽隊、

消防庁音楽隊など、

各方面から聴講生の方々がいらっしゃるのですが、不思議とこの年は、聴講生と学生が仲良くなり、以来挨拶状を交わしたり、私のコンサートにも聞きに来て頂いたりと。

 そして実現した今回のコンサート。

Kureongakutai  満員のホールに、

ラテンの名曲の数々が響きました。

吹奏楽ではラテン・ナンバーは珍しくありませんが、

今回はかなり徹底して並べたような感じで、

会場もかなり熱くなりましたねぇ。

アンコールにはこれまた私が吹奏楽との共演で、最も多くやっている「情熱大陸」を。お客さんのアンコール拍手に合わせてBass Drumが鳴り、そして最後にはパ~ン!と...。あれ、この演出は!?

 今回のプログラムで特記事項と言えば、「Oblivion(忘却)」をやった事。吹奏楽との共演でレパートリーにはリストアップされているものの、これを選ぶ団体は無く、Bandoneonがソロをとる形としては、本邦初公開でした。

 ところで海上自衛隊の夏制服は白。靴まで。こりゃぁ、やはり王子に着てもらうしかないなぁ!

2008年9月25日 (木)

広島市以外の広島!

 私も広島に毎年通い始めて、もう10年。しかしそれはいつも広島市での活動で、廿日市やお隣山口県は徳山に足をのばしたくらいです。

 今回は初めて呉市にやって参りました。明日本番がある海上自衛隊呉音楽隊との共演で来ました。もうリハーサルなどを済ませたのですが、呉に住んでいる友人と食事に。

Seiryuken2  川沿いに屋台が出るんですって。

屋台は博多で入って以来かしら。

今日は屋台の数は少なかったです。

ここにたどり着くまでに、

「あれ、今日は屋台は出ていないのかな」と不安になり、もしやOOSAKI病!?とも思ったりね。

Seiryuken1  ところで何故このカテゴリが「芸能・アイドル」かって?

実は私が座っていた隣に、

何と大物俳優のO氏が!?

マネージャーさんと思われる方と2人でいらっしゃいました。

感心したのは、氏の着ていた皮ジャン。夏ですよ、今日は少し涼しかったかも知れませんが、それでも季節でいけば皮ジャンではないでしょ。

 そこです。これが非常に似合っているどころか、不可欠という感じのファッション。私が常々言っている事ですが、男子たるもの、暑い寒いで着るものを選んではいけないのですよ。似合う、似合わないで衣服を選ばなくては。

 ますます以って、冬でも半袖でいる意義を確認した感がありました。

2008年9月23日 (火)

真島先生と荒木さん

 吹奏楽の世界で真島俊夫先生と言ったら、もう神様です。実は先に少し紹介した荒木玉緒さんの新譜。真島先生の作品も収録されるのです。私自身は真島先生と最後に御一緒したのは、10年前。私の編曲した曲を録音する際に、指揮をして下さいました。

Arakimashima  先生の曲のレッスンを受ける荒木玉緒さん。

私も見学させて頂きました。

実はこの新譜、

私の曲も収録されるのですが、

こういった大御所先生と同じ盤に御一緒させて頂けるのは、

何ともおこがましいですよ。

 それにしても先生、ピンクのシャツはお洒落ですね。

2008年9月22日 (月)

関東鉄道竜ヶ崎線【佐貫駅】

 いつも常磐線で通り過ぎる佐貫駅。先日のサプラ公演も、車での移動なので、駅自体は使いませんでした。ただGuitarの高田元太郎さんを迎えに行ったときに、少々時間があったので、少し見て歩きました。

Kantetsusanuki  関東鉄道竜ヶ崎線の佐貫駅です。

どうやら今工事中で、

何と駅ビルが建つんだそうな。

我が土浦駅の駅ビルは、WINGという商業施設が7月に営業終了してしまい、今はからっぽ。それを考えると、これから建つというので、夢がありますな。

Kantesuryu  そしてこれが主役。

1両編成ですが、

何とも凛々しいですねぇ。

また、どうやら日本の鉄道で、

初めてワンマン運転をした路線のようです。写真を見ても分かる通り、上に電線がありません。ディーゼル車です。

 いつかこの竜ヶ崎線の「ぶらり途中下車の旅」をしてみようかしら。と言いつつ、駅の数が...。

2008年9月21日 (日)

サプラオータムフェスティバル(2008)

 昨年も出演させて頂いた竜ヶ崎サプラ。今年も登場です。

Sapla2008  チラシを良く見ると、

どうやら音楽関係はうちらだけみたいね。

中央のフェスタコートで2回演奏をしました。

たくさんの方のご来場、有り難うございました。

 ところで今は運動会シーズン。今日も来る途中の学校が運動会をしていましたが、ご存じ今日の茨城県南地域は、午後から雨。いささか、もといかなり雨男の私は、少々心苦しく思いつつ、今日の演奏を終えました。

 先日のむっしゅも雨でしたし、そう言えばSymphonic Liveは晴れていたなぁ。

2008年9月20日 (土)

そう言えば飯田のわんこ

 飯田の合宿所と言えば、やはりこのわんこ。

Iidawan05  何故か興奮気味でした。

そんな様子をみせたのは初めてでしたが。

なので写真を撮るのが一苦労。

 恐らくこの宿舎は、Sonor Clarinet Ensemble以外の音楽団体も使っているかも知れないので、このわんこ、飯田一の音楽事情通かも知れません。

2008年9月19日 (金)

Euphoniumのアルバムに参加

 今までもEuphoniumと言えば、Out of The Standardを一緒にやっている、牛渡克之さん、外園祥一郎さん(こちらははアンコールでちょこっと)、そして同級生の佐藤信之君など、割と共演があったんですよね。

 今回は荒木玉緒さんです。彼のアルバムに参加するのですが、これがかなり私の編曲や演奏が占めていまして、一応「啼鵬との共作」という感じのコンセプトのようです。

Arakieupho  彼と初めてお会いしたのは、

福島の某居酒屋さん。

私は仙台での演奏会を終え、

福島の友人達と会っていたところに、

演奏会を終えた荒木さんが乱入。

そこで「今度何かやろうよ」という話になりました。

 私の彼への興味と言えば、写真に写っている自転車。彼の重要な移動手段です。外国からの輸入品で、お値段の方もちょっと考えさせられるもの。その代わりレール&チャリという移動手段としては、かなり便利に出来ていて、そそられるものがありますねぇ。

 そう言えば昔、レール&キックスケーターで移動した事があったな...。

2008年9月17日 (水)

カレー3連チャン

 カレーは好きです。が、何故こうも続いたのか...。事の始まりはThe Symphonic Liveの日。早朝家を出て、常磐道守谷SAで朝食。ここでカレーを食べたのが始まりですよ。そのときはまさか続くとは思わなかったので、写真は撮っていませんでした。

 そしてThe Symphonic Liveのお昼ご飯。楽屋に用意されていたものはカレー。「あちゃー、朝カレーだったんですよ」と言いつつも、本番前に食べました。このときも写真は撮りませんでしたよ。そして「こうなったら今夜、打ち上げのシメにはカレーを食べてやる!」くらいの勢いでしたが、打ち上げが終わる頃には忘れていました。

 そして翌日は茨城ゴルフ倶楽部での本番。ここでは食事は1人1人オーダー出来るのですが、「ここのカレーは美味しいんですよ」と言われ、「んでは、其れ1つ」と。

Ibarakigccurry2  キャベツと生玉子が特徴。

生玉子だと自由軒を思い出しますな。

ようやく写真を撮る事を思い出し、

「そう言えば昨日はカレーだった」という事も頭には...。

 そして深夜行軍を経て長野県は飯田市に。Sonor Clarinet Ensembleの合宿ですが、その朝食。「ていほうさん、朝ご飯はカレーと納豆どちらにします?」と。「そりゃカ...」と言いかけて、「納豆でしょ、茨城人だし」。Sonorのカレーも食べたかったんですがね。

 そして合宿も終わり、指導の先生と一緒に松本駅へ。特急の発車まで時間があったので、どういうワケか、ここでも。

Kineyacurryudon  カレーうどんですよ。

もちろん食べたかったからなので、

いいんですがね。

 しかし不思議なもんです。

こうしてカレーが続いても、やはりまた食べたい。まさか皇子の影響ではあるまいに。続くと「もうイヤ!」というメニューだってあるでしょう。

 やっぱカレーでしょ。

2008年9月16日 (火)

深夜行軍

 茨城ゴルフ倶楽部でのConcertango IIを終えて、ここからが本番!? 実はもう毎年恒例となった、Sonor Clarinet Ensembleの共演、いんやもう私、レギュラー入りしていますから、共演とは言わないですな。その合宿に参加するために、深夜移動をしたのです。

Baydreamyokohama_2 連休なので、臨時列車が走っていました。

八王子からこの電車に乗り換えたのですが、

乗った時間が深夜0時40分。

終点が白馬のせいか、

大きなリュックを背負った人が結構乗り込みました。

Shinyachino  下りたのが茅野駅。

3時35分。

改札には駅員はいませんし、

この通り自動改札も開きませぬ。

迎えに来ていたメンバーの車で、1時間以上かけて、目的地の飯田市へたどり着きました。メンバーの殆どは起きて出迎えてくれました。まぁ、ファミリーですからね...。

2008年9月15日 (月)

Concertango in 茨城GC

 私のTangoにおける活動で、重要な位置を占める「Concertango」。今回は名門茨城ゴルフ倶楽部での演奏でした。思えばここで演奏するのも3回目なんですよね。初めて演奏したときは、何と早起きして自宅のウッドデッキを作って、その後演奏に出掛けました(2005年8月27日参照)。

Ibarakigc_a  今回は三味線の、

稀音家千鶴師匠も参加。

師匠とはアンコールの「Libertango」で競演。

実は今年STBでやったときも、

三味線との「Libertango」をやりました。

Ibarakigccontan  それにしても、

私は「The Symphonic Live」に続いての、

二夜連続本番。

9月頭にはNAOTO君の公演もありましたし、

何だか9月に集中してしまいました。

 そしてこの夜から更に...!?

2008年9月14日 (日)

打ち上げ指揮者!?

 どちらかというと平均年齢の若い明音交響楽団。打ち上げも大変なもんです。学生ノリの人達から、大人の香り(!?)の人達まで様々。

Akanesl7  そしてこの方も。

何だか指揮者みたいです(笑)。

残念ながら美人チェリストの団長は、

一次会には不参加。

何しろ翌日に大きな本番を控えていて、

そちらの練習に参加したのです。それって凄い事ですよ。だってSymphonic Liveで、取り敢えず自分を出し尽くし、そのまま休む間もなく次のリハーサルに直行。そして翌日また本番なんですから。忙しさはプロもアマも同じって事ですわ。

 思い返すと、今回の演目は「初めて」がたくさんありました。初演というのもそうですが、例えばBandoneonの弾き振り。PianoやViolinではときおり見かけますけどね。あとアルゼンチンにはブエノスアイレス市立タンゴ・オーケストラというのがあって、そこでは指揮者がBandoneon弾き振りというのをやったりもしていますが、日本では初めてだったと思います。

 そして何よりも、指揮者デビューをしてはや15年。吹奏楽や単一楽器のアンサンブル、室内オーケストラしか振っていなかった私。練習指揮ではフル・オーケストラを振っていたものの、本番で初めて指揮したのが、この明音交響楽団でした。

 そんな「初めて」にお付き合い下さった、団員の皆様、観客の皆様、そして舞台スタッフの皆様、その他公演のために色々お手伝い下さった皆様と共に、今公演の無事終了を喜びたいと思います。有り難うございました。

2008年9月13日 (土)

明音交響楽団 The Symphonic Live

 とうとうこの日を迎えました。間違いなく今年、私にとっても最も大きな本番の1つ。明音交響楽団とのSymphonic Liveです。

Akanesl1  朝9時入りしたメンバーは、

舞台設営を。

アマチュア・オーケストラの本番では、

たいてい自分達で舞台を組みます。

タイム・テーブルがタイトだったのですが、リハーサルは割とちゃんとできました。

Akanesl5  後から知ったのですが、

この炎天下、

入り口では行列が出来ていたみたいで、

今回、集客にご尽力下さった方々に、大いに感謝です!

Akanesode  今回はあくまでライブ。

思い思いの衣装を着ての本番。

どうやら私の功夫(カンフー)着を受けてか、

チャイナ系を着てくれた女性が何人かいました。

男性の衣装もなかなか面白く、白衣の○○や、大きな蝶ネクタイを揃えたセクション、かりゆしウェア、派手なプリントがされているシャツなど、逆に榊原大さんの衣装が普通に見えましたねぇ(笑)。

 足をお運び頂いた、Audienceの皆様、誠に有り難うございました。20年近くアマチュア・オーケストラをやっている私も経験した事の無い、オーケストラの本番でした。何しろオーケストラを使ってのライブなんですから!

2008年9月12日 (金)

Trianguloの撮影

 この炎天下、14時半に上野公園集合。Trianguloの3人が何をするかというと、ジャケットに使う写真の撮影です。ジャケットと言えば、当然アルバムです。取り敢えず発売に向けて、急ピッチで色々やらなくてはなりません。

 プライベートでは全く会うことの無い3人が、「もー、暑いから歩きたくない」だの、「ここで撮りましょ」「...だってココ、駅でしょ!?」なんて感じで、大変でしたよ。

Tragjakect1_2  ジャケット表面に、

顔写真を使う事はやめようと、

珍しく3人一致した意見なので、

人物の写真は、

ジャケットを開いた内側になるでしょう。楽器を主体にした素材も撮りました。

 アルバムを作るという事は、やはり多くの人に聞いてもらうために、売らなくてはなりませぬ。ツアー組みますよ、たくさん。乞うご期待!

2008年9月11日 (木)

つくばでもんじゃ

 もんじゃ焼きと言えば、現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説「瞳」にも登場します。ふと考えたのですが、「もんじゃ焼き」はどれくらい有名なんでしょうか。基本的には東京の下町で、おやつ代わりに食べられているものです。我が茨城では、その名は知られていても、では普段から食べるかというと、そうでも無いですねぇ。ちなみに私も、今までで食べたもんじゃの回数と言えば、今回で3回目ですから。地元で食べるのは初めてです。

1taromonja  割と流行っている店で、

1度は入ってみたいと思っていました。

しかし入店してみると、

あれれ「本場大阪」と言ううたい文句。

そいでもんじゃ焼きですかい。って事は大阪風もんじゃを食べさせるのかいな。いや、あくまでお好み焼き屋さんとして大阪って事で、もんじゃはオマケ...。まぁ、考えてもはじまりませぬ。

 してもんじゃ焼きをやってみましたが、自分でやるのは、ほぼ初めてに近い! 昨年だったか、友人と月島のお店に入ったときは、彼が作ってくれましたから。

 んなわけで、とてもじゃないですが、写真で掲載出来るような結果にはなりませなんだ。ちなみに写真は左が「梅もんじゃ」で、右が「ピザもんじゃ」でした。

2008年9月10日 (水)

森本拓陶展 ~創楽 SORA~2008

 また今年もやってきました。森本拓氏の陶展です。今回は場所を牛久に変えての、約2週間の個展。しかもその場所ときたら、タカシサイトウギャラリーときた。もちろんうちのバンドのじゃありませんよ、よくある名前ですから。

Tsgallery_2  駅からも近いのですが、

なかなか雰囲気のあるところです。

カフェの方にも行きましたが、

モダンな空間でした。

オーナーさんもまだ若く、何かクリエイティブな事を発信しているといった、気概を感じましたねぇ。

Sora2008_2  森本さんの作風も、

かなり定着した感じで、

昨年のときよりも熟成されています。

今回はスープ皿のセットを買いました。

いつかオリジナル・スープカレーを作って、そのお皿で食べましょう。

2008年9月 9日 (火)

川辺の山羊

 自宅からつくばへアクセスする道はいくつかありますが、中でも田園風景バージョンの道。途中に川があり、そのほとりには、たいてい山羊がいます。これがいつも気になって仕方がなかったのですが、ようやく挨拶しました。

Riveryagi2  ここにいるのは、

どうやら日中だけで、

あとはどこにいるやら。

向こうにもお一方いらっしゃいます。

 つくばの、どちらかというと北の方に行く際に通る道で、殆ど毎回見かけますね。次回はもう少し親密になりたいですな。

2008年9月 8日 (月)

明音交響楽団最後の練習

 一週間後に本番を控えた、明音交響楽団。最後の練習をしました。思えばこのオーケストラの団長と共演した「ダメダメ・サラリーマン・ライブ」は、2006年7月のこと。その頃はまだこのオーケストラは構想段階のようでした。

Akanereh2_2  そもそもこのオーケストラは、

一発オケという事で編成したものです。

命名は私。

団長の名前を当て字にしました。

 団長は公私共に忙しい人ですが、それにも関わらずオケをよくまとめて下さいました。練習は少ない日数で集中的にという事で、さすがは百戦錬磨のプレイヤー達。既にそれぞれの所属団体で、かなりの経験を積んだ人達ばかりですから。更に大さんの強力なPianoとの共演ですからね。

 こりゃすんごい事になりますぜ。

2008年9月 7日 (日)

オーチャードの夜【下】

 そして9月5日と言えば、この人の誕生日。

Tetsu30th1  ウサイン・ボルトのようなポーズをして、

ノリノリのてっちゃんですが、

そんな彼のために、

NAOTO君がポケットマネーをつぎ込んで、こんなプレゼントを。

Tetsu30th3  そう、バースデー・ケーキですよ。

ここまでしてもらっているんだから、

そろそろ「なおてい」の正式メンバーにならにゃいかんでしょ。

今年辺り受験してみたら?

芸大。

2008年9月 6日 (土)

オーチャードの夜【上】

 大阪いづみホールに続き、今度は東京は渋谷Bunkamuraオーチャードホール。私が初めてこのホールに行ったのは、高校生のとき。エフゲニー・スヴェトラーノフ率いるロシア国立交響楽団の演奏会。大好きなTschaikovskyの「Symphony No.5」を聞きました。

 仕事をするようになってからも、オーチャードの10周年記念イベントでは「Libertango」等をオーケストラに編曲。鉄腕アトムのコンサートでも東京フィルハーモニー交響楽団に混じって演奏するなど、地味に関わってきました。

 そして今回はNAOTO君のコンサートの音楽監督。いや、何の権限もありませんがね。

Naoto_cs2  メンバーも気心知れた連中なので、

この有様。

おおよそ演奏会中のシチュエーションとは思えないでしょ。

この人は後半からの出番なので、

こうして私をからかっているワケ。

Naoto_cs3  尤も、

オージも自分のコンサートなのに、

またしても降り番の曲が有り。

まぁ、この日の冒頭の曲は、ホント圧巻でしたから、主賓も一休みってところですわ。

2008年9月 5日 (金)

幻のアンコール

 日本を代表するEuphonium奏者の牛渡克之氏。昨日5回目のリサイタルを開催。実は私、毎回何らかの形で参加させて頂いております。そう、皆勤賞。

 杉並公会堂小ホールでやったのですが、お客が超満員。急遽ステージ上に椅子を並べて座って頂きました。そんなこんなで開演時間がおし、用意しておいたアンコールが...。

Ushi5thrc  今回私はシークレット・ゲストという事で、

アンコールのみの参加。

しかも楽器はPianoとViolin!

 結局アンコールは1曲となり、Pianoで自作「The Owl's Mind」を演奏しました。いつかリベンジしたいですなぁ。

2008年9月 3日 (水)

再びいづみホール

 今年3月に演奏したいづみホール。まさか年内に同じ場所で演奏出来るとは、思いませんでした。前回はホール企画のコンサートでした(2008年3月28日参照)。

Naoto_cs_ohsaka  そして今回も乗り番、降り番制!?

楽屋ではモニターに映ったステージを見ながら、

自分の出番のときにスタンバイ。

NAOTO君自身も出番の無いときは、前回同様楽屋に来ていました。

 多くのお客様にご来場頂き、有り難うございました。舞台上ではやり残した事がありましたケド...。

2008年9月 1日 (月)

転身(場)!?

 最近開店した中華屋さん。某有名ラーメン店のお向かいなのですが、何と元々コンビニだった建物。

 入店してみると、コンビニの広さそのものに、厨房を仕切り、椅子とテーブルが出ていました。ただ何となく部屋の面積からして、少し「スカスカ」感があります。と言っても、テーブルを増やすと、今度は逆に狭くなる感じで、文字通り微妙な広さです。

Chinmaset  今回オーダーしたのは、

お店のお奨めメニューで、

麻婆丼と担々麺のセットです。

辛目の味付けなのですが、

なかなか美味しかったです。

ちなみに手前が普通のセット、奥がそのハーフ版。

 笑えたのがメニューに「研修中」というシールが貼ってあるものがいくつかあった事。もともと数は多いので、研修中のメニューが加われば、かなりの種類になるでしょう。

 逆に「!?」だったのが、「封印」というシールの貼られたメニュー。「封印」という言葉の印象としては、もともとやっていたものを止めるイメージがあるので、開店早々もうやらないメニューがあるのかぁ、という感じですよ。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ