最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

いつもの前夜祭が...!?

 この季節がやってきました。福島のMoire Saxophone Ensemble、飯田のSonor Clarinet Ensembleとの共演は、もう毎年の恒例行事です。この2つの共演を終えると、「もう冬だなぁ」と思うんですよね。

Sonor2008eve  それにしても、

今年のSonorは前夜祭が凄い!

まぁ、いつもの事と言えばそうですが、

今年は前夜祭でかなり盛り上がり、

解散したのが午前2時くらいでしたから。8回目を迎える定期演奏会ですが、もしや本番で何かあるのかも!?

2008年11月28日 (金)

まずいもの探検記【其の弐拾壱】

 また懲りずにこのお店です。しかも新店舗。これで茨城県内は6店舗制覇ですよ。加えて言うと、札幌店もね。

Yamaokaya_newgakuen  いつも通り脂少なめで注文しました。

やはり新店舗のせいか、

店内の臭いは、

そんなにこの店独特の臭いではありませんでした。

何しろ凄い店舗は、敷居を跨いだだけで「うっ」ときますから。何となく去年の新店舗に入ったときの事を思い出しました(2007年3月25日参照)。似ている、状況が! 店内を見渡すと、お客さん割と入っているし...。

 そしてあのときと同じ、「まずい感動」を得られぬまま、完食。「なんだよ、普通に旨いじゃねぇかよ」と。

 つまるところ、やはり開店したばかりで、まだまだこの店のカラーが出ていないとみました。恐らくこの店のフリークにしてみれば、「まだまだだな。あと数ヶ月もすれば、鍋もこなれてきて、店内も脂まみれになるだろ。それからがこの店のスタートだぜ」と言うかも知れませぬ。

 とは言え、麺は相変わらずバタープリッツでした。

2008年11月27日 (木)

宮崎のガソリン!?

 これまた宮崎で発見したもの。

Highoku  コレって、

関東にありましたっけ?

ハイオクって事は、

燃費も良くなるのかな、

身体の。

 目撃情報求む。

2008年11月25日 (火)

路地裏のカレー

 そう言えば宮崎でのこと。以前から気になって仕方が無かったカレー屋さんに、ようやく入りました。●年越しって事になりますな。

Papacurry 場所は目立たないところです。

文字通り路地裏という感じですが、

お昼に行くと、

相席になったほど、お客さんは来ていました。

とは言いつつ、そんなに大きな店では無いんですがね。結構なボリュームで、私と相席になったおばちゃんが、一生懸命食べていたのが印象的!

2008年11月24日 (月)

座り食いそば!?

 私がB級グルメ好きなのは、周知の事実。とりわけ立ち食いそばに関しては、かなり方々で食べていますし、わざわざ入るくらいですから。

 そんな私の立ち食いそばランキングに異変が起こる、新たなそばを発見。

Kaisobagyuset  それもそのハズ。

このお店、ちゃんと生のそばを茹でるんですよ。

マイベスト3に入っているお店で、

生そばを茹でる店が他にもありました。

やはり生は違いますね。いや逆に立ち食いレベルでこんなに美味しくて良いのだろうか、と思ってしまったりもしますね。

 とは言えこのお店、表の幟には「立ち食いそば」とあるものの、店内はカウンターやテーブルに、全部椅子が!

 立ってものを食べるのは行儀が悪いです。なので「立ち食い~」の幟を見ただけで、「いや、ほか行こっ」という人もいるハズ。せっかく美味しいのにね。

 うんにゃ? それで来客数をセーブしているのかも!? でないと行列が...。

2008年11月23日 (日)

第5回土浦カレーフェスティバル

 今年もやってまいりました、カレーフェスティバル。このBlogの熱心な読者なら、我が土浦市はカレーのまちとして売り出し中なのは、ご存じのハズ。

Curryfes5th5 とは言え、

市内の知人に言っても、

「えっ、そうなの?」と言われる始末。

なんだ、内輪ウケすらしてないじゃん。

Curryfes5th1  ちょうど着いたときは、

土浦出身のスター2人組、

神楽がライブをやっていました。

実は生で聞くのは初めてでしたよ。

彼らの母校も出店していました。

Curryfes5th2  前回から行っている、

C-1グランプリ。

そう、カレー王者を決める祭典です。

見事グランプリを獲得したのは、

この行列の店。行列が苦手な私は、結局食べませんでしたが。

Curryfes5th4  今回目をひいたのがコレ。

ジャンボカレーバナナ餃子。

バナナなのは見た目だけじゃございませんよ、

中の具にもバナナが入っていました(笑)。

残り2つのうちの1つでした。市内にある店なんですが、行った事はありません。コレ、いつものメニューなのかしらねぇ。

Curryfes5th6  そして今回の目玉(!?)は、

カレー五大都市

カレーサミット!

って言っても、どこの都市か分からないですよねぇ。

横浜市、横須賀市、郡上市、鳥取市、土浦市の5つです。この中でカレーで全国区なのは横須賀だけじゃないですか? 海軍カレーで。横浜にいたっては「もう既に日本有数の大都市なんだから、今更カレーで町おこしでもないっしょ」という感じですよ。土浦市は必死なんですから!

2008年11月22日 (土)

おとぎサーカス音楽隊

 1年と10ヶ月ぶりになるそうで。るりちゃんのライブ。大阪公演は私の妹が担当。

Otogicircus2  相変わらずお衣装が凝っています。

とりわけライオンメリーさん。

彼の衣装には驚かされる事が多いです。

女装とかね。

今回は短いネクタイがキュートでした。

Otogi1  るりちゃんの衣装も、

2分間(実際にはもっとかかった!?)という、

短い間でのお色直しにも関わらず、

手の込んだものでした。

それにしてもBassの松永孝義さんは渋い! 何となく我らがなおていの一本君も同じ路線をいっているような...。

Otogi2  今回私が担当した楽器は、

メインの(!?)Violinに加え、

Alto RecorderにPocket Trumpet、

そして座っていたCajon。

今回は「おとぎサーカス音楽隊」という団体名で出演しましたが、

その「おとぎサーカス」という曲をやっているときには、ダンスをするわんこも登場。ただお客さんの中には、わんこかどうかが分からなかった方もいらっしゃったようですが(笑)。

 本当はこういう方です。

2008年11月21日 (金)

新旧食器洗い機

 食器洗い機と言えば、最近急激に普及したのではないでしょうか。かくいう我が家にも数年前から導入。かなり重宝しております。しかも最近買収騒ぎのあったメーカー製...。

Shokusenki1  実は食器洗い機の歴史は意外と古く、

日本でも昭和30年代にはもう販売されていました。

実家にはその初期型があって、

写真下に写っているのが其れ。

見た目は業務用っぽいね。

私が生まれる前に我が家にやってきたそうな。

 お気付きでしょうけど、上に写っているのが、現在普及しているタイプ。当然こちらは乾燥機能まで付いています。

Shokusenki2 私が物心ついたときには、

もう食器洗い機としては役目を終え、

食器収納庫として使っていました。

実は我が家、

当時(40年くらい前)としては新しい考えの家庭で、

母が外で働き、父がハウスワークと音楽活動をするという、ユニークなスタイル。また新しもん好きの父、この食器洗い機の他、電子レンジも発売後すぐ購入。私が実家にいる頃、20年以上にわたって、その初期型電子レンジが活躍しておりました。

 ちなみにビデオカメラも、AF(オートフォーカス)機種が発表された直後、即購入。1985年のこと。もう四半世紀近く前なんですねぇ。その後も新しもん好き病は治らず、色々購入する事に。今も治っていないかナ。

2008年11月20日 (木)

スパイシーなデザート

 久々のヒット。某チェーン店のメニューで、「スパイシー黒バニラ」なるデザートです。

Spicykuro  想像していたのは、

バニラアイスの上に黒コショウでもかかっているのかと。

しかし違いました。

かかっていたのは、

何と一味唐辛子。

 「~黒~」とあったのは、恐らくチョコソースの事かしら。恐らくコンセプトとしては、甘さを辛味で定着させるような感じでしょう。しかしかなりビミョーでした。「アイスだけでもいいのに」とも思いました。

 しかしコレ、また食べたいです。いや、もっと味わって食べて、考案者のコンセプトを、もっと理解したいですねぇ。セオリー通りだとすると、絶賛者もいるのかしら...。

2008年11月19日 (水)

省スペース!?

 鉄道ファンにはお馴染みなんでしょうけど、私のようなにわか鉄には、かなり衝撃でした。

Uwakai4  先日松山~宇和島で乗った電車の、

松山駅ホーム。

同じホームで、

別々の行き先の電車がいるんですよ。

 この発想、何かに応用出来ないかネ。

2008年11月18日 (火)

Sonorの秋

 合宿以来の私とのリハーサル。今年もSonor Clarinet Ensembleとの本番が近付いて参りました。

Sonordance  今年はPiazzollaの、

「ブエノスアイレスの四季」をやるなど、

どちらかというと、

私との共演を原点に戻った感じです。

 この曲は元々Trombone Ensembleとの共演のために編曲し、その後Sax Ensembleや、吹奏楽にもなおしました。今回はそれに少し手を加え、改訂版初演です。

 今年のSonorも大いに期待できますね。本番が楽しみです。

2008年11月17日 (月)

親の●光り

 Classic Guitarの世界に身をおいていた私の父。現役だったのはもう30年以上も前の話ですが、Classic Guitar奏者との共演をしていると、昔からのファンの人は、私の父を知っていたりするんですよ。

Tehoguitarduo1  そして今回のエピソードがコレ。

父が現役時代に出版した、

Guitar二重奏曲集です。

今回の津島町でのコンサートの主催者は、

Guitarを弾かれる人で、

大事に持っていて下さいました。当然もう絶版ですし、この出版社もあるのか、無いのか...。というレベルです。また彼は他の出版社から出ている、父の作品も持っていたようです。以前会った人では、父の作品を暗譜しているという奇特な方も...。

 私の知らない父親像ですわ。

2008年11月16日 (日)

醸 酒蔵コンサート

 愛媛県は宇和島から、更に車で数十分。津島町に行ってコンサートをしてきました。高田元太郎さんとの二重奏です。

Tsushimajou2  場所は酒蔵。

冷暖房が無いので、

室温は外とほぼ一緒。

しかも究極の雨男である私。この日も雨でした(涙)。

 このコンサートは、津島町の「若者塾」という人達が主催。年1回コンサートを開催して、何と今年で20回目を迎えました。

Tsushimajou3  町の商店街にも、

こうしてポスターが貼られ、

当日も(雨にもかかわらず)、

たくさんのお客様にお越し頂きました。

有り難うございました。

Miyoshiryokan  宿泊した三好旅館ですが、

何となくこの風情、

木曽福島の街並みを思い出しました。

 今回は20回目という節目でしたが、

何とGuitarの高田元太郎さんも、デビュー20周年だとか。では私はというと、何か20年経つものはないかと...。「啼鵬」と名乗り始めたのが高校時代。もしやと思い、帰宅してから調べると、「啼鵬襲名20周年」は来年でした(笑)。

2008年11月14日 (金)

川崎は...。

 先日ミューザ川崎で演奏しましたが、空いた時間に、ちょっと街中を散策してきました。実はコンサートのMCでも触れましたが、この川崎の地は、私が若い頃にやっていたバンドの練習場があったのです。

Kamiyou  Pianoが置いてある床屋さんで、

今でもお店はやっていました。

懐かしかったです。

ここに集まっては練習をしていました。

特に本番があるという事でもなく、練習を重ねていました。今となっては良い思い出です。

 思えばここ川崎は、私が駆け出しの頃からお世話になっている、歌手の紫村千恵子さんが在住という事もあり、高津を初め、溝ノ口、宮前、この前の新百合ヶ丘など、地域別でみれば、私が最も演奏している場所かも知れませぬ。

 凄いコトよ、これは。

Trianguloのランチ&ナイト

 2006年に引き続き出演させて頂いた、ミューザ川崎のランチタイム・コンサート。我が茨城県民の日(関係無いか...)に行われました。

Trian_lunch  今回はContrabass奏者の、

田辺和弘君をゲストに迎え、

パワーアップしての演奏。

またランチ・タイムに加え、

ナイト・タイムも演奏。1日2公演をやりました。

 そして何よりも特記事項は、結成7年にしてようやく作ったアルバム「三人寄れば...」の発売です!

 個人的には徳武正和さんとのDuo Fuerdaによる「TANTI ANNI PRIMA」も今年リリース。同じ年に2つもアルバムをリリースとは、大変な年だったなぁと思わざるを得ませぬ。

Trian_night  このミューザ川崎のシリーズは、

常連さんがいまして、

今回もたくさんのお客様に足を運んで頂きました。

合わせてアルバムをお買い上げの皆様にも、

心から御礼申し上げます。

 何しろ完全な自主制作で、普通のCDショップ等では売っていませんので、特定のショップや通販でしか買えません。またサイン会も兼ねた発売ライブを行いますので、まだお持ちでない方、是非ともライブでお買い求め下さい。

2008年11月12日 (水)

書き込みの嵐!

 地域によってはまだのようですが、茨城ではもう吹奏楽連盟によるアンサンブル・コンテストのシーズンです。今年も私の作品で出場するチームがあります。

Hasakibrass8  先日指導に行ったのですが、

その楽譜の書き込みたるや、

凄いのなんのって。

とても勉強している様子が伺えました。

 自分の作品を他人が演奏する場合、作品意図をきちんと伝えなくてはなりません。それは本来、楽譜上だけで行われる事です。何故ならば、もう亡くなっている作曲家の作品の場合は、本人に質問出来ませんからね(笑)。作曲者本人が生きている場合は、口頭でも伝えられるので、今回も精一杯彼らに伝えてきました。

 コンクールで自分達ならではの演奏が出来る事を、心から祈っております。

2008年11月10日 (月)

粘り気、硬め!?

 久しぶりにこのカテゴリ。日本で最も大きなサービスエリアで購入しました。

Kamakurayama  値段が、普段スーパーで買って食べる納豆の、

5~6倍もするのは、

お土産品だから仕方無いとしても、

その高いだけの事はあります。

まず粘り気(これは値段には関係無いかナ)。

そうとう硬い(?)粘り気で、かき混ぜるのにパキパキと音がします。相当力も必要でした。昔某メーカーでも、粘り気が強い事を強調した商品もありましたけどね。

 そしてやはり味。段違いに美味しかったです。よくタレなどの付属品で味を誤魔化すものが多いですが、これは豆そのものが美味しい、という感じでした。

 ちなみに写真のは茨城産大豆を使用。北海道産大豆を使用したものは¥100安かったです。味にも¥100の差があるのかネ?

2008年11月 9日 (日)

宮崎の不健康な夜

 やはり旅先ではコレ。「不健康な夜」ですよ。

Horai3  本番を終えて、

打ち上げ終了後、

お約束のラーメンへ。

今回は地元の方が、

「啼鵬サンに、是非とも行ってもらいたい店が!」と言う事で、このお店へ。繁華街の中なのに、まるで一軒家のようなこの佇まい。お客さんは吸い込まれるように、ひっきりなしに入っていきます。

Horai1  更に感心したのは、

オヤジさんの手際の良さ。

たくさんの注文を受けながらも、

テキパキとした仕事ぶりは、

見ていて気持ちが良いですよ。

それに人柄も(コレ、かなり大事!)。我々一行の中で「アタイ、そんなに食べられなぁい」という女性陣に、4人で1つという、お店にとっては、あまり有り難くない注文も、快く受けていました。

Horai2  更に味も文句なし。

もちろん不味くても私的には大歓迎ですがネ。

お客さんが途切れないのも分かりますわ。

今回は演奏会よりも、

コレがメインだったりして...!?

 今年最後の九州の夜は、とても充実しました。ちなみにこの後も、三次会ティーに繰り出しました!

2008年11月 8日 (土)

みやざきアートフェスティバル2008

 詳細を知ったのが直前で、気がつくともうチケットも完売していたので、自身のサイトに載せる間もありませんでした。今宮崎に来ております。

 みやざきアートフェスティバル2008で演奏するためです。実は昨年も参加しました。場所は日高時計店の2階特設会場。

Maf2008  会場は平面なので、

ステージを運び込みました。

これがまた大変。

何しろ2階とは言え、階段ですから。

 宮崎在住のFlute奏者、外山友紀子(芸大で1つ上の先輩)さんと、Guitar界のヨン様、金庸太(キム・ヨンテ)さんとのTrio。結成から6年で、ようやく名前を付けました。Viento del Sur(南の風)と題したグループ名での、初めての公演となりました。

 今年最後の九州行きとなりましたが、夏の熊本と言い、今回の宮崎と言い、なかなか充実した演奏会でした。

 更に宮崎で食べたものと言えば...!?

2008年11月 6日 (木)

神立スープカレー!?

 私の実家から一番近いJR常磐線神立(かんだつ)駅。町は違えど、同じ中学校に通う地区なので、庭みたいなものです。その神立に、本格的なジンギスカンを食べさせるお店があるんですよ。ランチではスープカレーのメニューもあって、ようやく食べる機会に恵まれました。

Kandatsusoupcurry  実は昨年行った土浦カレー・フェスティバル。

そのときに、この店も出店していて、

食べた事がありました(2007年11月24日参照)。

そのときは少量でしたし、

カレーがご飯にかかっていたので、あまり味わえませんでした。今回食べてみると、なかなかでした。

Hitsujinokoya  またランチのバリエーションも豊富。

ジンギスカンとの組み合わせなど、

値段の割には、ボリュームたっぷり。

よくよく聞いてみると、

私の中学時代からの友人の知り合いの店だとか。

 まあ何より嬉しいのは、こういった店が地元にあるっていう事ですよ。遠くまで行かなくてはならない、となるとなかなか行く機会も難しいですが、近くならばね。

 そして何よりも店員さんの対応が素晴らしい! 実のところ味もさることながら、こちらの方が大きいかも知れませぬ。

2008年11月 5日 (水)

るり「オトギサーカス」ライブリハーサル

 私がViolin奏者として参加するアーティスト、るりちゃん。もう彼女とのお付き合いも、何年になる事やら。今月は彼女の新譜ナンバーを中心にしたライブ「オトギサーカス」が行われます。

Rurimosorh2  リハーサルが始まったのですが、

久しぶりに会ったるりちゃんは、

少々髪の色が光り(!?)、

見た目の印象が変わったものの、

中味は以前と全く同じでした(笑)。私がBandoneonやPianoを全く弾かないライブは稀少ですが、Violinを弾いていると、何故か心が落ち着くのがこの現場です。

 私は東京公演のみの参加ですが、今から楽しみですね。

2008年11月 4日 (火)

昭和音大でTriangulo

 今月は何気にTriangulo月間です。何しろ待望のアルバム発売も控えておりますからね。そのTrianguloが、昭和音楽大学で演奏をしました。何しろGuitarの高田元太郎さんが教鞭をとっている学校ですからね。

Showatriangulo  まず昼間のコンサート。

平日にも関わらず、

たくさんのお客さんにご来場頂きました。

同業者もいたり(笑)。

有り難うございました。

そして夕方からは、学生向けにレクチャー・コンサートを。

こちらは少々学術的な話も交え、Tangoを生演奏と共に紹介致しました。

 帰り道、新百合ヶ丘駅前の掲示板に、このチラシが貼ってありました。ありゃ、こんなところでも宣伝しているんですねぇ。音大が2つもある音楽の町川崎。なかなか素敵なところでした。奇しくも、来週も川崎で演奏ですよ!

2008年11月 3日 (月)

たこ焼きうどん

 大阪で食べたうどん。

Takoudon  そう、たこ焼きがのっていました。

ちなみに奥のは納豆かき揚げうどん。

たこ焼きがのっているので思い出されるのは、

「たこ焼きラーメン」というカップ麺。

未だに「食べてみたかった」カップ麺ですよ。

しかも当時、プロレスラーのダンプ松本を起用したテレビCFが凄かったです。

2008年11月 2日 (日)

花鳥風月

 小田原に在住の、私の大先輩にあたるViolin奏者、舟山千秋さん。「花鳥風月」と題したコンサートで、それぞれの章をやっているとの事。私との共演は、「風」でした。そう、Bandoneonの蛇腹は鞴(ふいご)ですからね。

Kacyofugetsu3  また場所が凄い!

国府津にある寶金剛寺

どうやらご住職が音楽好きで、

結構コンサートが開催されているようです。

 私はお寺でのコンサートは初めてではありませんが、外気と室温の差が全く無い環境で、お客さんは大丈夫だったのだろうかと心配になりました。ワタシ?そりゃ全然へっちゃらですよ。年がら年中半袖でいるくらいですから。

 本当にたくさんのお客様にお出で頂き、とても楽しかったです。Tangoもそうですが、ラテン・ナンバーもなかなか良かったと思います。

 開催にあたりご尽力下さったスタッフの皆様、有り難うございました。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ