最近のトラックバック

« 粘り気、硬め!? | トップページ | Trianguloのランチ&ナイト »

2008年11月12日 (水)

書き込みの嵐!

 地域によってはまだのようですが、茨城ではもう吹奏楽連盟によるアンサンブル・コンテストのシーズンです。今年も私の作品で出場するチームがあります。

Hasakibrass8  先日指導に行ったのですが、

その楽譜の書き込みたるや、

凄いのなんのって。

とても勉強している様子が伺えました。

 自分の作品を他人が演奏する場合、作品意図をきちんと伝えなくてはなりません。それは本来、楽譜上だけで行われる事です。何故ならば、もう亡くなっている作曲家の作品の場合は、本人に質問出来ませんからね(笑)。作曲者本人が生きている場合は、口頭でも伝えられるので、今回も精一杯彼らに伝えてきました。

 コンクールで自分達ならではの演奏が出来る事を、心から祈っております。

« 粘り気、硬め!? | トップページ | Trianguloのランチ&ナイト »

コメント

タイトルを見てびっくりしちゃいました。ここのコメント欄の書き込みががすごいことになっちゃっているのかと・・・coldsweats02
楽譜のことだったんですねcoldsweats01

私は聞くだけで演奏しないのでよくわかりませんがクラシックなどは譜面に書いてあるとはいえ作曲者の皆さんはすでにnightになられている方達なので作曲者の意図を理解するのは大変なんでしょうね。

良い結果が出るといいですね。

こんばんは。はじめまして。

15日の酒蔵コンサート、高田さんとの演奏をとても楽しみにしております。
四国の果てまでお越しいただくのは恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

> 芝さん
 まあClassic音楽でよく演奏される作品の大半は、もう亡くなっている作曲家のものばかりですからね。作者の生きた時代、国、音楽的な部分など、いろいろ学び、ようやく「この作曲家の作品はこのように...」といったスタイルが分かってきます。

> ono嫁さん
 こちらこそ、よろしくお願い致します。愛媛は葉加瀬太郎ツアーの西予市以来です。今回で4度目になりますね。楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/43089511

この記事へのトラックバック一覧です: 書き込みの嵐!:

« 粘り気、硬め!? | トップページ | Trianguloのランチ&ナイト »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ