最近のトラックバック

« 2008年最後の北海道 | トップページ | 2008年はTango Year »

2008年12月30日 (火)

まずいもの探検記【其の弐拾弐】

 思えば今年は結構検証しました、このお店。ふと狸小路を歩いていると、新しい店舗と思しき、この店が! 札幌での検証は2店舗目。1店舗目の話は2008年10月30日参照。

Tanukiyamaoka1_2  しかも驚いたのは、

このサンプルの入った、

ショウケース。

これ、私の入った茨城の店舗にはありませなんだ。

まあ、サンプルと本物が少々違うのはご愛嬌。

 入店すると「う~む、たいして臭わない」 恐らくまだ新しいせいでしょう。しかも券売機が最新式!? 今までの店舗は、券を買ってから、店員に渡すときに、麺のかたさや脂の量を指定しますが、この店舗の券売機は、発券のときに指定します。

Tanukiyamaoka2  そして出てきたのは、

やはり変わらぬもの。

何だか食べているうちに、

美味しいのか不味いのか、

だんだん判断が出来なくなってきました。まぁ、検証という名目でこうして食べている時点で、ある種のマインド・コントロールというのでしょうか、お店側にとっては有り難いはずで、そんな自分に、少々嫌気もさしておりまする。

 ちなみに茨城の店舗と同じく、特定のメニューのフェアをやっていました。店内アナウンスでそれを知ったのですが、んならば其れを頼めば良かったかなと。ちなみに知人の印度人の方は、そのメニューがお気に入りです。

 それにしても何とかならんかな、この麺。この麺である以上は、やはりこのカテゴリからは抜け出せませぬ。

« 2008年最後の北海道 | トップページ | 2008年はTango Year »

コメント

鈴鹿の店舗も最近行ったら臭いませんでした。

春頃に行った時の方が臭いが気になったのですが…


初めて食べた娘が、麺の太さに引いてました(笑)

> よっかさん
 つまるところ、そういう事です。あの麺で台無しにしているという評価はよく聞きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/43580300

この記事へのトラックバック一覧です: まずいもの探検記【其の弐拾弐】:

« 2008年最後の北海道 | トップページ | 2008年はTango Year »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ