最近のトラックバック

« 80,000km突破 | トップページ | 2008年最後の北海道 »

2008年12月28日 (日)

Victor製のPiano

 旅先の公演地でお目にかかった、珍しい楽器。何とVictor製のPianoですよ。

Victorpiano2  Victorと言えば、

音響機器や映像機器、

レコード事業といった、

言ってみれば音楽に関係する会社ですから、

楽器の1つや2つ作っていても、不思議ではありません。私もVictor製の電子オルガン「ビクトロン」の存在は知っていました。とは言え電子楽器なので、今回見つけた、まるっきりのAcousticの楽器は、初めてです。

Victorpiano1  キーカバーには、

トレードマークの、

蓄音機に耳を傾けるワンちゃん、

ニッパー君もいるではありませんか。

このHis Master's Voice(HMV)を見るまでは、同じ名前の別メーカーではないかと思いましたがね。なのでカテゴリも「わんこ」に入れました(笑)。

 Victorは、1958年に楽器事業に参入して以来、30年以上にわたって楽器を作り続けていましたが、もう撤退して久しいです。少し前に話題にしたβビデオ。そのSONY陣営と、VHS陣営の中心とも言うべきVictorの競争は、歴史的なものでした。

 ちなみにVictorは、アルゼンチン・タンゴにおいても、歴史的な関係があります。20世紀前半、当時2大レーベルと言われたオデオンとRCA(Victor)。そのオデオンに対抗してRCAのアーティストでオルケスタを組み、オルケスタ・ティピカ・ビクトルという楽団名でレコードを残したのです。今でもその音源は入手可能で、私もこういった古い時代のTangoは好きで、時折聞いていますね。

« 80,000km突破 | トップページ | 2008年最後の北海道 »

コメント

啼鵬さんお久しぶりです!
すごいですね!!全然知りませんでしたimpact私も小さいころから11年近くピアノをやっていますが.本当に初めて見ました!!

> 祥子さん
 「へぇ、こんな事してたんだ」というのは、色々な所で発見します。そういう我々も同じようなもの。変なところで名前を見つけられ「てーほーサン、こんな事してたん!?」と言われる事もね。

ていほうさん
あけましておめでとうございます♪
今年も更なるご活躍をお祈り致します。

のんびりとしたお正月、久しぶりにていほうさんのブログを読んでいたところです。
じつは私のピアノも写真と同じビクター製です。めずらしいんですね。確かに他で見たことはありません。
今でも時々私の相手をしてくれてます♪大事にしないとですね。

> ぴちかーとさん
 ただ思うに、Victorが独自の生産ラインをもってPianoを作っていたとも思えないので、恐らく中身はどこかの製品と同じでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/43559544

この記事へのトラックバック一覧です: Victor製のPiano:

« 80,000km突破 | トップページ | 2008年最後の北海道 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ