最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

fourplay in つくば

 少し前の話ですが、人気グループ「fourplay」がつくば公演をしました。私は地元楽器店にあったチラシで知ったのですが、はっきり言って驚きました。「誰が呼んだ!? 何故呼んだ!?」って感じでしたねぇ。

 そもそもつくばは音楽の催し物は結構あって、超の字のつく大物も来たりします。しかし興行的には失敗する公演もあり、難しい地域です。Smooth Jazzの代表的なグループで、日本でも大変人気のある「fourplay」。しかしココつくばでSmooth Jazzの公演が成り立つんかネ?と、個人的には思いましたね。

 そんな私はと言うと、King of Entertainment Guitaristの遠山のてっちゃんの影響でSmoothにハマり、当然fourplayも大ファン。このビッグなグループのライブがつくばで聞けるとは、奇跡としか思えませなんだ。

Fourplaycapio  チケットも¥7,500と、

これは安い!

だってこの後のBlue Note Tokyoは、

チャージ料だけで¥9,450。

更に飲み食いも加算されれば、軽く万札がいくでしょ。私にSmoothの魅力を与えた遠山のてっちゃんを誘い、2人でつくばカピオ公演を見に行って来ました。

 会場は満員御礼。チケットをとるのが遅かった事もあって、我々は下手側3階席。KeyboardのBob Jamesが少々見えにくかったですが、それでもライブの臨場感はバッチリ。「うわー!ホンモノだわ」ってな感じで2人で興奮してライブ観覧しました。

 終演後は勢いでDVDを買ってしまったりしてね。そして「オレ達もライブやりたいっすねぇ」と遠山のてっちゃん。そう言えば「哲啼的茂樹」も最近はやっていない。「是非やろう!」と約束し、私は陸奥路へ。

2009年4月28日 (火)

韓国料理で納豆!?

 先日入った、土浦市内の韓国料理屋さん。土浦に本格的な韓国料理屋があるとは知らず、見つけたときは嬉しかったですね。

Ishiishinatto  そこで出された前菜。

納豆の入った玉子焼きです。

って事は、

韓国料理でも納豆を使うのでしょうか?

 味はかなり納豆色が濃くでていました。

2009年4月26日 (日)

土浦音楽院50周年記念演奏会

 私のViolinの師匠、桑田晶先生がやっている土浦音楽院。今年は創立50周年という、何とも凄い年です。私が先生の門を叩いたのは3歳だったか4歳だったか。それから中学を卒業するまで通いました。途中ブランクはありましたが。

Kuwata50th01  15年前には35周年記念という事で、

つくばノバホールで行われた記念演奏会。

今回は土浦市民会館で行いました。

今では楽器から離れてしまった生徒さんも、

久しぶりに手にしたり、

また遠方から駆けつけてきた生徒さん、OBの方達もたくさんいました。

Kuwata50th03 50年間には音大に進学し、

プロになった人もいます。

私もその1人として、

今回は門下生合奏の指揮を仰せつかりました。更に先生がお作りになった土浦交響楽団としてもContrabassで参加。

Kuwata50th06  何しろ前回の記念行事、

35周年から15年も経っています。

それ以来会ったという門下生同士も多く、

昔話に花が咲きました。

その当時小学生だった子達も、今や大学生になっていたりして、全く月日の流れる早さにため息が出ますねぇ。

 今回参加出来なかった生徒さんは「60周年で呼んで下さい!」という事で、10年後はもっと盛大になるかしら!?

2009年4月25日 (土)

師匠の曲、世界初演

 我が作曲の師匠、浦田健次郎先生の名は、吹奏楽関係者にはお馴染みかと思います。昨年の課題曲「セリオーソ」やマーチ「オーパスワン」などの作品の他、編曲も多くされています。

 先生は今年芸大を退官されました。私は芸高~芸大と先生に師事したのですが、聞くところによると、芸高生は私が最初で最後だったそうな。

 昨日と本日は、その浦田先生の曲の世界初演がありました。不肖の弟子、私も立ち会ってまいりました。

Nichiphill609 演奏は私がよくご一緒する、

木野雅之さんがコンサートマスターを務める、

日本フィルハーモニー交響楽団で、

指揮は小林研一郎先生でした。

師匠にもご挨拶して、

昨年私の出したアルバムを献呈。久しぶりにお会いしましたが、全然変わっていませんでしたねぇ。眼鏡が変わったかナ(笑)。

2009年4月24日 (金)

福島で目撃!

 奥州みちのくを南下。福島に寄って、花見山公園へ。と、これは先のBlogで紹介した通り。そこで久しぶりに目撃!

Fukuchindon2_2  何が写っているか、

非常に分かり辛いですが、

ちんどんやです。

 私が最後にちんどんやを見たのは、

大学の合格発表の日。御徒町の食堂で食事をしていると、外をちんどんやが練り歩いていました。それ以来ですから、17年ぶりですか。

 どうやらパチンコ屋さんの宣伝のようですが、現在ちんどんやで宣伝する企業って、どれくらいあるのでしょう?

2009年4月22日 (水)

途中下車:花見山公園

 盛岡からの帰り、福島で途中下車。少々雨模様だったのですが、花見山公園へ行ってきました。

Hanamiyama6  ピークは過ぎていましたが、

それでもなかなかの花盛り。

また平日にも関わらず、

結構お客さんも来ているのですねぇ。

整備された自然ではなく、そのままの感じが何とも言えず、短い時間ではありましたが、堪能致しました。

Hanamiyama7  当たり前の事ですが、

桜や梅の開花時期のみの、

限られた時間。

これが何らかの自然に逆らった方法で、

年がら年中花盛りというと、全く価値がありませぬ。日本は四季の変化があり、それぞれに楽しみがあります。取り分け冬は雪山とかね。

 だからかな、東北が好きなのは。

2009年4月21日 (火)

盛岡のおもひで【番外編】

 今回のOut of The Standardは、岩手県は大船渡と、盛岡の2公演でした。その大船渡で遭遇したもの。

Beebee1  打ち上げの二次会に、

焼き肉屋に行きました。

このネーミングにグッときたワタシ。

もともとホルモン好きなので、

この「ナイゾー三兄弟」をオーダー。1人で食べてしまいました。

Beebee2  他にもカルビと冷麺で、

「カルメンセット」など、

ありそうで無かった(!?)ネーミングに、

やられました。

ちなみに今回の岩手紀行で冷麺を食べたのは、

この店でした。岩手に来て大船渡で冷麺を食べる!

 やはり盛岡で食べるべきでした。

2009年4月20日 (月)

盛岡のおもひで【デザート編】

 先のBlogで、すんごいソフトクリームを食べてしまった(2009年4月12日参照)ので、そのリベンジを。

Cheezsoft  Out of The Standardの、

盛岡公演の会場になった、

プラザおでっての1階。

ここでチーズソフトなるものを。

味はなかなかでしたが、逆にこのボリューム。

ソフトクリームは某チェーン店の¥100のものから、ご当地ソフトまで、結構食べている私ですが、ここまで「量」でも勝負(!?)しているのは、滅多にありませなんだ。

 他にもいろいろ盛岡のおもひではありますが、取り敢えずこれまで。

2009年4月19日 (日)

盛岡のおもひで【パン編】

 もう「食のおもひで」とした方が良いくらい、盛岡では食べ物の思い出しか...(笑)。

Fukudapan  これは盛岡では有名なパン。

その場ではさむものを指定して、

すぐにやってくれるのだそうな。

何が美味しいって、このパン自体が美味しい。

 更にはさむもののバリエーションもたくさんあって、何となく長崎のおにぎり屋さんを思い出しました(2006年11月2日参照)。またパンは少し大きめ。これは学生さん向けに考えられたそうで、このパン1個でお腹を満たせるようにだそうな。

 その中でもあんバター(あんことバター)は、1個で1,100kcalもあるそうで、逆に今の女性などは、食べるのに躊躇するのでは?

2009年4月18日 (土)

盛岡のおもひで【ごはん編】

 ●●のお店なのに、●●以外のものも美味しい。何て事はよくあるコト。このお店は、かつて私が盛岡サックス・アンサンブルと共演したときに、連れて行って頂いた店。今回も行きました。おそば屋さんですが、カツ丼が美味しいです。

Azumayakatsu_2  メニューをみると、

何と「ソースカツ丼」が!

おいおい、

ソースカツ丼と言えば、長野の伊那だろう、

と思いつつ、今回はそれを注文。野菜好きの私としては、ご飯に千切りキャベツがのっていて、シャキシャキした食感があるのが、何とも言えんのです。

 やはり美味しかったです。そう、オマケで付いているおそばもね。

2009年4月17日 (金)

横浜BLITZのNAOTO君

 昨晩はNAOTO君の「for you...」ツアー最終日。横浜BLITZに行って参りました。純粋に彼のコンサートに(ただ単に)聞きに行くのは、渋谷AX以来かな。

Naototaro  楽屋にはこの方からも、

お花が届いていました。

NAOTO君、

殊の外喜んでいましたねぇ。

 コンサートの方は、圧倒されっぱなし。

「for you...」はこれまでの彼のアルバムで、私が一番好きな盤。かつてなおていでやった曲が1曲も無く、NAOTO君の新たな魅力を感じさせるものでした。

 同期としては嬉しいケド、こりゃ当分なおていは難しいだろうねぇ。

2009年4月16日 (木)

盛岡のおもひで【麺編】

 先に盛岡の締めくくりとして、立ち食いそば屋さんでじゃじゃ麺を食べた話をしました。今回の盛岡滞在では、他にラーメンを2つ。

Yanagiya  地元人気店の、

納豆とキムチのラーメン。

しかも凄いボリュームです。

写真だと大きさの比較が出来ませんが、

どんぶりも相当大きいです。味も悪くないですが、¥920は高いです。私の感覚では、ラーメンを食べるのに千円近くの金を出す、というのは無いですからねぇ。

Rashomon  もう1つは、

夜遅くまでやっているという理由で、

ネット上で見つけました。

塩ラーメンを頼んだら、どう見ても湯麺。

まあ湯麺好きの私には得した気分ですが、塩ラーメンと湯麺は明らかに別物。お客さんによっては、困惑する方もいるのでは? 味は湯麺としては及第点。でも¥700はねぇ。

 もしかして、盛岡って物価高い?

2009年4月14日 (火)

盛岡の締めくくり

 盛岡には「ならでは」の食べ物がいくつかあります。その1つがじゃじゃ麺。少し前に、NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」で、主人公他、登場人物が食べるシーンが何度もあって、結構全国に知れ渡ったのではと思います。

Hayatejaja  今回の滞在中は、

食べる機会がなく、

そして今日は帰京。

前回盛岡を訪れた際は、

葉加瀬太郎さんと一緒に食べました。今回は無理かなぁと思いきや、朝食を食べに外に出て、ふらっと盛岡駅に行くと、何と立ち食いそば屋さんにあるではないですか!

 そこで朝からじゃじゃ麺を食べ、盛岡滞在の締めくくりとしました。さすが、土地柄と言いましょうか、立ち食いそば屋にあるとはね。

2009年4月13日 (月)

OTS盛岡公演終了

 土曜日の大船渡公演を終えたOut of The Standard。今日は盛岡でのライブでした。私自身は葉加瀬太郎ツアー以来の盛岡ですね。

Ots_odette1  何故か案内は縦書き。

会場のプラザおでっては、

残響は全然無いのですが、

大きさは手頃なホールです。

Ots_odette2  実の所、集客が心配だったのですが、

私がかつて共演した

盛岡サックスアンサンブルの面々や、

岩手大学の学生さんなど、

多くの方々に来て頂きました。本当に有り難うございました。

 牛渡さんと大和田さんが東北出身という事で、どうしても東北公演が組みやすいのですが、この岩手県も3公演目でした。大船渡と盛岡で、新曲2曲を含むプログラムでしたが、あっと言う間でしたねぇ。

 ちなみに私、昨日喉を痛めて、ガラガラ声でのMC。いやはや、面目ない。

2009年4月12日 (日)

甘いのか辛いのか

 久しぶりのヒット作です。岩手県は大船渡から盛岡への移動途中。

Wasabisoft わさびのソフトクリームを発見。

これが凄い!

これまでその、

ご当地特産のものを使ったソフトクリームは、

食べた事がありましたが、

今回のわさびソフトは強烈でした。最初の1口と最後の味わいが、明らかに変化します。

 最初は甘いのと、わさびの風味が両方分かりますが、だんだんわさびの辛さの方が勝ってきて、最後の方では甘さは感じなくなります。

 聞く所によると「甘さ」を感じるのは「味覚」で、「辛さ」を感じるのは「痛点」だそうで。これは食べていくうちに、味覚と痛点が逆転します。

 今回はこのカテゴリに入れましたが、「まずい」というよりは「不思議な味」です。しかもまた食べたいです。それは「美味しいのでもう1度」ではなく、「あの体験をまた...」といった感覚でしょうか。

2009年4月11日 (土)

OTS大船渡公演

 久しぶりのOut of The Standardの公演。岩手県は大船渡に来ました。

Ohfunatomap  海岸沿いの町で、

新幹線の水沢江刺から、

車で1時間半くらいかかりました。

昔社会科で習った、

三陸のリアス式海岸の一部です。

Otsrias2  ホールの名も、

リアス・ホール。

このホールは昨年の11月に出来たばかり。

とても素晴らしい響きのするホールでした。

Otsrias3  また客席の設計がユニーク。

札幌のkitaraを思い起こさせる感じです。

ステージはオーチャードかな。

 思えば我がOut of The Standardは、

ホール公演をするのは初めてではないかと。今まで多目的ホールやライブハウスなど、今回のような本格的なコンサート・ホールは、経験の無い事でした。今までと違うOTSの響きが聞けました。

 しかもマチネ。なので本番を終えて、今この時間に更新しているんですがね。1日は長い!大好きな東北の地を堪能出来る時間がまだたっぷりあります。

2009年4月10日 (金)

新川を綺麗に!

 土浦を流れる主な川は、桜川と新川。その新川沿いはこの季節、桜がとても綺麗です。

Shinkawafune  今日たまたま通り掛かったら、

何とその新川に舟がでていて、

花見客(!?)をのせていました。

 何とも風流なと思いつつ、

実はこの新川、悲しい事に水がご覧の通り。昔はここで釣り大会などもして、私も慣れ親しんだ川ですが、河口の霞ヶ浦同様、水質汚染が酷いです。

 せっかく舟もでるんだし、町の風物詩として、この新川を再生したいものです。

2009年4月 9日 (木)

カレーと言えばバイキング?

 先日のアクロスモール新鎌ヶ谷での本番。1回目のステージを終えて、食事をしようと、店内を散策するとカレー屋が!

Royalbengal  更に「バイキング」という、

美しい響き!!

まぁ年を考えれば、

さして量は食べられないのですがね。

そしてリーダー相川さんはバイキングでないものを注文。

やはりセレブは違うなぁ。

 このカレーでお腹を満たし、2回目のステージへと臨みました。

2009年4月 8日 (水)

「終わり」と「始まり」の季節

 卒業と入学が両方ともある季節、それが「春」です。全然意味が違うのですが、最近終わってしまった店が...!?

Sukoyaka  我が家から徒歩圏内にあるおそば屋さん。

この店は以前、

Blogでも紹介しました(2006年5月7日参照)。

 私が今のところに引っ越してきてから、

1度閉店し、2代目の店でしたが、気が付くと「売り店舗」の張り紙が! 先代よりは流行っていたような気がしたんですがね。

Ibadaisakunami  100年に1度の不況と言われる昨今。

製造業を中心に、

外食産業もかなり厳しい模様。

そんな中、私の勤務する看護専門学校も入学式を迎えました。

聞くところによると、入学式で満開の桜が見られるのは、実に5年ぶりだそうで。上の写真は、その学校近くの桜並木。

Tsuwahoikusakura  子どもの通う保育所の桜も、

こんなに綺麗に。

不況は人間世界の事。

植物は景気が良かろうが悪かろうが、

こうして綺麗に花を咲かせます。

 私のようなサービス業も、不況の影響は強く、そろそろ身の振り方を考えにゃいかんかなぁ。

2009年4月 7日 (火)

荒川沖でも安曇野

 行きつけのお蕎麦屋さんがなくなってからというもの、そば自体あまり食べていない気がします。そして最近久しぶりに地元人気店に行って参りました。

Azuminokamo  地元の雑誌、

ミニコミ誌などでは、

かなり宣伝もしているお店。

場所は分かり辛いのですが、

たまたまよく利用する駐車場が近くにあるので、私自身は前から目をつけていました。

 さすが人気店のようで、お昼時は結構お客さんが入っていました。また店員のおばちゃんも、とても気持ちのよい方で、美味しく頂きました。

 どこのそば粉を使っているとか、詳しく調べなかったのですが、今度は常陸の秋そばのシーズンにまた行ってみようと思います。

2009年4月 5日 (日)

Triangulo en Acrossmall

 年度初めのTriangulo。初仕事は、新鎌ヶ谷にあるアクロスモールでの演奏。

Triacross2  思えばTrianguloは、

意外とイベント演奏が多いですね。

場所もビルのオープンスペースから、

ホテル、公民館、工場、店舗など、

いろいろなところで演奏してきました。

 今回もたくさんのお客さんにお出で頂きました。有り難うございました。会場となった新鎌ヶ谷アクロスモール。この新鎌ヶ谷は、東武野田線、北総鉄道北総線、新京成線と、3つの路線が交わるターミナル駅。更に数年後にはもう1本加わるそうな。

 これから注目度がかなり上がる地域ですね。

2009年4月 4日 (土)

ポテトチップス検証

 今やポテトチップスの味の種類は、数え切れないくらい。初めて塩系以外の味「コンソメパンチ」が出たのが、私が小学校低学年の頃だったか。あのときの感動は今でも忘れられませぬ。それから様々な味が出ましたし、味覚の他、歯触りもバリエーションが増えましたが、個人的にはやはりオーソドックスなものに落ち着きますね。

Potekaru  そしてポテトチップスの更なる発展系。

カロリー減のものが、

首都圏限定で発売されました。

私はこのニュースを知ってから、

早く手に入れようと、地元のスーパーやコンビニに足を運びましたが、なかなか見つかりませんでした。一瞬「茨城は首都圏からハズされた!?」とも思いましたが、ようやく入手。今回検証してみました。

 何しろ1袋食べても、たったの138kcalは大変なインパクトがあります。要は油で揚げない製法なので、油分72%カットという、驚異的なポテトチップスです。

 果たして開封。「うっ、薄!」。しゃぶしゃぶでも出来そうなくらい薄いポテトチップス。そして内容量がたった33g。あれ、これってルール違反じゃねぇの? だって従来品は1袋70gとかですよ。半分だったらそりゃカロリーだって減るわな。33gと言ったら、従来品の小さな袋の方ですよ。まぁ、見た目は70g級に見えなくもないですけどね。

 ちなみに某社の定番商品は1袋70gで385kcal。1g当たりに換算すると5.5kcal。今回の新製品は1g当たり4.181818...kcal。この数値って、相当違うのかいな。素人目にはたいして違わないように思えてなりませぬ。要するに食べる量だって事じゃないかネ?

 ちなみに写真中央に写っているモノ。こちらは既に販売されている、やはりノンフライのポテトチップス。メーカー名もよく分からず、恐らくごく一部の地域でしか売っていないかと思われますが、内容量58gで294kcal。1g当たり5.068965...kcal。ビミョーな数値ですが、これは材料を混ぜたものを、型をとって作るタイプなので、比べるにはフィールド違いかも知れませぬ。

 そして重要な事。味、食感ですよ。前述しましたが、ごく薄でしかもノンフライ。パサパサとは言いませんが、麩(ふ)菓子のポテト版とでも言いましょうか...。恐らくファンにしてみれば「食べた気がしない」のでは?

 私は喫煙はしないので、想像でしか言えませんが、多分低タールの煙草のような感じでしょうか。もしくは禁煙パ●ポ(!?)。量を少なくしていって、禁煙へ。

 えっ、辞めてどうする、ポテトチップスを(笑)。

2009年4月 3日 (金)

ギャラリーのわん

 陶芸家森本拓氏の個展が、昨日始まりました。場所はひたち野うしく駅前の、ギャラリーSOSO。

Sosowan1  ここには、

主であるというわんがいます。

私が行ったときも、

大歓迎してくれました。

 今回の個展は、急に決まったらしく、森本さんも作品を完成させるのが大変だったようです。私は前から欲しかった、穴あき取り皿を購入。箸置き兼用でなかなかお洒落ですよ。

Ushikusoso  ギャラリーSOSOは、

昨年末にオープンしたばかり。

牛久はもとより、

県南地区の文化の発信源として、

今後も面白い企画が生まれそうです。

2009年4月 1日 (水)

またしても餃子屋さん

 かつて私はこのBlogで、土浦は餃子不毛の地と書きました(2007年5月2日参照)。その時点で3店舗、出ては消えていましたが、その日に掲載した店も、なくなりました。これで4店舗。そしてまた、餃子専門店が土浦市内に出来ました。

Daikichigyoza  実はこの店、

最後に出来て消えた店と、

同じ店です。

系列には東日本を中心とした、

ラーメン・チェーンがありますが、

そちらの方は閉店した話はあまり聞かないので、根付いているのでしょう。

 この日は雨だったせいか、食事時にもかかわらず、お客さんは少なかったです。ショッピング・モールの一角にある店で、人もたくさん集まる場所ですが、やはりこのお店も、同じ運命を辿るのでしょうか...。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ