最近のトラックバック

« 北海道の夜食 | トップページ | C-1グランプリ受賞作! »

2009年7月 9日 (木)

今年のNueve de Julioも...。

 7月9日はアルゼンチンの独立記念日。なのでTangoの分野でも其れにちなんだ曲もありますし、その日にイベントやら演奏会をやったり。...のハズですが、私はBandoneon弾きでありながら、たいしてTangoの世界には首を突っ込んでいないため、7月9日であろうが、12月14日(有名アーティストの亡くなった日で、Tangoの日となっている)であろうが、殆ど関係ありませぬ。

 まぁ、3年前の今日、珍しくTangoの仕事をしたくらいでしょうか(2006年7月10日参照)。んでもって今年も何もありませぬ。もっぱら今は映画「ホッタラケの島」の音楽制作が大変。

 とは言え若かりし頃はTangoに心血を注ぎ、「オレはこの道で...!!」なんて血気盛んだった頃もあり、今から思えば音楽的にも人間的にも若かったなぁと。中学時代の話ですわ。結局今の私のTangoの活動は、Trianguloや広島の五重奏団、徳武正和さんとのDuoなど、タンゴ・マニアを対象としたものではなく、一般的な音楽愛好家、もしくはTango「も」好きという感じの方々で、其れは其れで大事な活動だと思っていまする。

 まぁ、せっかく7月9日なので、私のTangoの活動を少しだけ巻き戻ししましょうか。

 実のところ今までレギュラーだったり、1回限りだったりと、様々な方々とTangoを演奏しましたが、そのレギュラーで断ち切れになったグループを1つ。

Cuart03 Trianguloのリーダー、

相川麻里子さんがかつてやっていたバンドです。

こちらはViolin,Bandoneon,Piano,Contrabassの、

四重奏団でした。

楽団名は特に無く、レパートリーはPiazzollaの曲を中心に、スタンダードなTangoを少々。当初組んだときのPiano奏者から代が替わり、2代目は私の尊敬する山田武彦先生。ホール公演から、イベントでの演奏など、結構演奏活動はしていましたが、基本的には仕事用バンドで、自主ライブをする事はありませんでした。そして今は活動していません。

 まぁ、実際にはTrianguloを立ち上げたので、さすがに2つのバンドを並行させてというのも大変ですからね、相川さん。尤もTrianguloの出来た理由が、「Pianoの無いところでの演奏」という条件からなので、もしこれがPianoがある場所だったら、この四重奏団が出演していたワケで、そう考えると、この四重奏の生まれ変わりがTrianguloなのかなと。

 ところでこの写真、何故か山田武彦先生の講義のチラシに使われました(2007年1月19日参照)。

« 北海道の夜食 | トップページ | C-1グランプリ受賞作! »

コメント

山田武彦さんのピアノ、カメラータ・トウキョウから出てる「武満徹 ソングス」で聞きました。「凄い」と言われて、さてどんなピアノだったっけと思い出そうとしても、全然気にならない、どこもひっかかるところのない、とても自然なピアノだったとしか…。歌の方は「ああ、そこはもっと」とか「自分ならそうは歌わないけど」みたいな点も、正直いくつかありましたが、ピアノは…思い浮かばない。全然違和感がない。その自然さが「凄い」んですね、きっと。

ちなみに7月10日は「納豆の日」ですぜ(笑)。

> ほーほさん
 基本伴奏ピアニストというポジションが多い先生です。ただ私が尊敬する先生は「ピアニスト」という肩書きではないですがね。また「人の」作品を普通に演奏する事は、先生の本領発揮ではありません。
 是非とも山田ワールドが堪能出来る演奏会をお奨め致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/45585010

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のNueve de Julioも...。:

« 北海道の夜食 | トップページ | C-1グランプリ受賞作! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ