« ヴィオリラ | トップページ | 移動手段 »

2009年8月22日 (土)

The Pocket Sax

 楽器の話題ついで。

 新種の楽器では無いのですが、「Xaphoon(ザフーン)」というものがあります。Sax愛好家にはお馴染みでしょう。ポケット・サックスとも呼ばれ、サイズは学校でやったRecorderくらいです。

Xaphoon  ネットオークションで出品されているので、

入手は簡単です。

私は知人からもらいました。

私が入手した頃は黒しか無かったように思いますが、

今ではカラーバリエーションが結構あるようです。

 吹き口にはSaxのリードを付けるのですが、何とこのサイズにしてTenor Saxのリード。吹くのは難しく無いのですが、慣れが必要です。

 実はこの楽器、我が「なおとくんとていほうくん」というバンドの「今日の楽器のコーナー」で披露した事がありました。2004年の話です。曲は殆ど全音符の曲で、タイトルも「KHV」。そう、当時鯉ヘルペスが話題になっていたのですよ。霞ヶ浦などその話題の中心でした。

 音色が何とも不思議で、東儀秀樹さんの吹く「ひちりき」から芯を抜いたような感じ。なのでこの「KHV」という曲も、Wayne Shorter風の知的風味ただよう曲想でした(!?)。

 さすがにサイズ違いを揃えて合奏、という楽器ではありませんが、何らかのバリエーションは期待出来そうな楽器ですね。

« ヴィオリラ | トップページ | 移動手段 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ていほうさんこんにちは。
またまた変わった楽器ですね。
リコーダーサイズなのにテナーサックスのリード?
これまた驚きです。
カラーもたくさんありました。かわいい色もありましたよ♪

リード楽器をやっていた私にはかなり気になる存在です。

> こまこさん
 ただ、音域は狭いです。そもそも何のために使う楽器なんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Pocket Sax:

« ヴィオリラ | トップページ | 移動手段 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ