最近のトラックバック

« 訂正:史上第2位! | トップページ | C1グランプリ受賞店へ »

2009年9月19日 (土)

新潟帰りに

 前の晩から新潟入りして、どちらかと言うと夜を堪能(!?)。

Koshimonaka 大勢のお客さんの前で演奏し、

息つく間も無く移動。

やはりココでしか買えないものをと、

普通ならばアイスを食べるのに

¥250も出さないのですが、

これをかじりながら休憩。

 この日はダブルヘッダーなのですが、2つ目の仕事は録音。

Souprec1 大勢のお客さんを前に演奏するのと、

マイク相手に演奏するのでは、

当然テンションも違ってきます。

え!?マイクだとテンション下がるって?

とんでもない!こちらはこちらで、何度も人に聞かれるものを作るので、また違った大変さがあるのですよ。今回は映画音楽です。しかも既に映像にはBandoneon奏者が演奏していて、その映像に合わせる形で曲を録音するんですわ。

 まぁ、細かく手元まで映っている訳ではないので、Bandoneonの場合は蛇腹の動きが何となく合えば良いのですが、それでも大変なんですよ。映像の奏者も当然同じ曲を弾いているのですが、これがそう簡単にもいかない...。

Souprec2  Violinと一緒の録音だったのですが、

久しぶりの一緒の仕事。

真部裕君です。

彼は私が教育実習に行ったときの生徒。

更に芸大は首席で卒業。しばらくは「首席」のニックネームで呼ばれていましたが、この日私がそう呼んだら、「そんな昔のニックネームを...」と言われました。月日の経つのは早い。

 もちろん彼も、劇中のViolin奏者の振りに合わせて演奏。苦労されていました。

Korakunegisio  録音はトータル5時間、

ほぼぶっ通し。

終電の1つ前で帰途に。

何だかいっぱい働いたなぁ、

ってな感じで「今日は独り打ち上げだ」と、ラーメン屋に入店。恐らく世のお父さん達は「会社帰りの一杯」というのを、こういう心境でやっているんだろうなぁと、ラーメンをすすりました。

 いやホント、よく働いた...。

« 訂正:史上第2位! | トップページ | C1グランプリ受賞店へ »

コメント

ていほうさん、おはようございます。って私が早いだけか・・・(笑)ダブルヘッダーお疲れさまです。映画の吹き替え(って言っていいのかわかりませんが)なんですね。バンドネオンとバイオリンの出てくる映画ってどんな映画なんでしょう?公開されたら是非観に行きます!さて人前でのお仕事3連ちゃんですね。終わったら不健康ラーメンですか(笑)

> 芝さん
 そうです、これは吹き替えですわ。よく考えればそんなに珍しいものでも無いですよね。
 楽器演奏が映る場面は、どちらかと言うとファンタジーの世界のようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/46255061

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟帰りに:

« 訂正:史上第2位! | トップページ | C1グランプリ受賞店へ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ