最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

なおていのシメも

 思えばなおていの面々で、飲み会後のラーメンまで行く人は限られています。わざと不健康をする私は当然のこと、ではあと誰かと言うと、結局はNAOTO君だったりするんですよね。

Koenjihope  なおていQuartetの

東京公演の1回目は、

帰り道にあった某有名店へ。

尤もこの日は、

ライブ後にすぐ解散。

飲み会はせずに翌日からの移動に備えました。私もNAOTO君もライブ前後に食事をしていなかったので、寄ったというワケ。しかし食べた後で「そう言えば新しく出来たY岡家に行けば良かったな」と。珍しく私のまずいもの探検隊に同行しようとしてくれた彼でした。

Nt4raku_2  そして千秋楽は、

彼にしては珍しく、

入った事の無い店へ。

知らない土地ならいざしらず、

知った土地で美味しい店も知っている場合は、当然そちらに行くので、滅多にないケースですな。これでまずければ私のポイント、美味しければNAOTO君のポイントといったところでしょうか。

 結果はNAOTO君が勝ちました。

2009年10月29日 (木)

リハトラ

 我々の業界、代役の事を「トラ」と言います。これは「エキストラ」の略なんですが、私が今まで務めたトラの中で、一番大きな役と言えば、live imageでの小松亮太君のトラ。第1回目の名古屋公演、第2回目の川口リリア公演をやらせて頂きました。アーティストのトラって、考えようによっちゃちょっとねぇ...。

 ところでリハーサルにもトラをたてる事がよくあります。リハトラと言われます。そして今回私が引き受けたのは、新型インフルエンザで、急遽来られなくなったというピアニストのトラ。私もお世話になったピアニストですが、私のような者で務まるかどうか...。

Rehtora  会場に行ってみると、

てつ様や萱谷君がいて、

さながらなおていのリハ会場のよう。

内容は歌の伴奏バンド。

 何が大変かって、私自身はあくまで代役。今日のリハーサルの内容を譜面に書き込んで、本来のピアニストに申し送りしなくてはならない訳です。私の汚い字、読めますかねぇ。

 本番は1ヶ月ほど先なのですが、ピアニストの方、早く快方に向かう事を願ってやみません。

2009年10月28日 (水)

なおてい納豆紀行

 これまた少し前の話。なおていQuartet Tour -2009-では、納豆の出会いがありました。その中でも秀逸だったのが、この納豆の天ぷら。

Hirosimanattoten  メニューを見て、

てっきりころもがたくさんで、

納豆の粒がほんの少しの、

そういったものを想像していたのですが、

出てきたものはご覧の通り。ころもは殆ど無く、というよりも豆粒1つ1つを揚げたのか?と思うほどにポロポロ。そして味は納豆そのもの。つまりは糸を引かなくなった納豆みたいな感じですかね。

Nattotama  そしてこちらは、

納豆入り玉子焼き。

この種のメニューはよく見かけます。

これも他で見たものと大差はありませんでしたが、

このお店は元々美味しいもの揃いなので、この玉子焼きもなかなかでした。

Norinnatto  そして最後はコレ。

...って中身はありませんが。

泊まったホテルで朝食にでた納豆です。

大粒納豆なので、

NAOTO君は少々苦手のようでしたが、このラベルにある全国納豆鑑評会、農林水産大臣賞は、この会の最高賞です。其れを取り寄せているというのはかなりのこだわり。調べるとどうやら2006年の第11回で受賞した納豆でした。大粒なのでかつて私がこのBlogで紹介した、2007年の第12回鑑評会で、大粒・中粒部門で納親会会長賞を受賞した「雪誉」を思い出しました(2008年2月18日参照)。

 大粒納豆は好みの別れるところですが、それこそ前述のような天ぷらにすると良いかも知れません。いや、農林水産大臣賞までとっているような納豆を、油で揚げるなどとは、「豆そのものの味を何だと思ってんだ!」と、マニアに叱られそうですな。

2009年10月26日 (月)

ソノールの夜、前と後

 ソノールの夜と言えば、演奏会後の打ち上げもさることながら、前夜祭も重要。取り分け昨年の前夜祭は、ソノール史に残る盛り上がりをみせ、こんなに盛り上がり過ぎて、明日の本番大丈夫かネ、というレベルに。

Sonor9th_eve2  今年は指揮の先生が、

前夜にいらっしゃらなかった事もあり、

普通に盛り上がった前夜祭。

それでもやはり、

ソノール史に残るエピソードはありましたけどね。

Sonor9th_p1  そして演奏会後の、

本当の本番!?

長テーブルだと、

盛り上がるグループ毎に

別れるのですが、

私の居たブロックでは、専ら若者の恋の悩みを...。

Sonor9th_p2  更に二次会。

このお店もお馴染み。

私は毎年食べている、

「あつあつ納豆(2008年12月1日参照)」を

今年も食べました。ここでも若者の恋の悩みを扱いました。

Sonor9th_p3  そしてこれもソノール風物詩。

ステージマネージャー殿は、

酔いつぶれてこの有様。

しかし普段だと、

一次会で既にこうなっている事が多いのですが、

今回は少々踏ん張ったようです。

 それにしても、今回はあって然るべきはずの、指揮者や音楽監督の「お言葉頂戴」コーナーがなく、逆に言えば其れを忘れるくらい盛り上がったのかも知れませぬ。

 そうなると来年の10周年では!?

2009年10月25日 (日)

ソノール第9回定期演奏会

 第5回定期演奏会からお邪魔して、今や私もレギュラーの座を頂いたSonor Clarinette Ensemble。この度9回目の定期演奏会を迎えました。

Sonor9th7  まぁ、来年の10周年を、

今から意識しているソノール。

今年は其れへの序曲といった感じの

プログラム構成でした。

もちろんそれでもかなり充実しているんですがね。

そして私はと言えば、この楽器と格闘。

Sonor9th2  メイン・プログラムの

カバレフスキー作曲

組曲「道化師」で、

Tambourineをやらなくてはならない事に。

こちらもレギュラー的に打楽器で参加している

渡辺光先生にご指導頂き、何とかやったものの、今回の演奏で一番緊張しました。案の定1発目は外してしまいました(涙)。

Sonor9th8  終演後も、

こしてロビーで見送り演奏。

最後までフレンドリーな演奏会でした。

 そして来年。

どこまでやってくれるでしょうか、ソノール。日取りも決まっていますし、ゲストもほぼ決定。レギュラーの私も頑張らなくては!

2009年10月24日 (土)

朝9時半開演!

 休みの日でも演奏会というのは、たいてい午後にあるもの。それでも桂米助師匠とのコラボレーションは、平日の午前11時開演という、滅多にない開演時間でした(2009年5月30日参照)。

Tsuwafes2009_2  そして今回は、

地域の児童館での演奏。

何とオープニング・アクトとして、

9時半からの演奏でした。

出演は弟と2人、松本ブラザーズとして。

 児童館ですので、聞いているお客様は、小さなお子様からその親御さんまで、幅広い年齢層。30分の演奏をして他のイベントに移りました。

Tsuwafes2009b  ちょっと曇り空だったのですが、

雨男の私が本領発揮しなくて、

良かったですよ。

こうしてお庭では、

イベントを楽しむ子ども達でいっぱい。

 思えば自宅から一番近い本番会場。歩いても行ける距離です。そういった意味でも記録更新!? 先月やった、子どもの通う保育所での演奏に続き、フレッシュなお客さんの前での演奏。なかなか楽しかったです。

 そして私は、一路飯田市へ!

2009年10月23日 (金)

濃厚塩ラーメン

 話はいろいろ前後していますが、なおていQuartet Tour -2009-での、グルメの話。

 今回はカレーよりもラーメンを食べた印象の残る、北海道紀行。

Sapporoken  最初に入った店は、

ただ「開いていた」という理由で

入ったようなもの。

みんなで飲み食いし、

足らなかった私は更に焼き肉、

そしてこのラーメンなのですが、最初目にした店を通り過ぎ、ホテルまでの帰途で、店が何も無かったら、食べずに帰ろうという事で歩きました。そこにこの店があった訳です。

1tetsu  こちらは、

OOSAKI病の末に(2009年10月11日参照)

たどり着いた店。

何年も前から

入りたかった店ですが、

入ってみると夢がかなってしまった後の脱力感というか...。

 後者はお昼ご飯で食べたのですが、どうも私の中でラーメンは、夜遅くに「不健康」なものとして食べるのが一番のように思えまする。

 この2つは塩ラーメンなのに、濃厚な感じ。味も悪くありませんが、取り分け後者は上記の理由で、思い出の味にはなりませなんだ。

 結局今回のなおていQuartet Tour -2009-での、ラーメン一等賞は、まずいもの探検隊の検証として訪れた店でした(2009年10月15日参照)。つまるところ、料理とは「味」だけが命ではなく、シチュエーションや食べる人の精神状態など、様々な要素が絡むもの。美味しければ盛り付けなど、どうでも良いなどという料理人はいないはずですし、同じおにぎりを食べるにも、大自然の中でゴザを広げて食べる方が、絶対良いハズ。

2009年10月22日 (木)

嵐の前の!?

 福島のMoire Saxophone Ensembleと並び、私にとってはいわゆる季節モノに分類できるSonor Clarinette Ensembleとの共演。モアレが終わると秋だなぁと思い、ソノールが終わると冬だなぁと思うのです。

Sonor9th_rh  今度の日曜日に

本番を控えたソノール。

今回は指揮をする先生が、

本番前日のリハーサルに来られないため、

この日が最終リハーサル。

 来年が10周年なので、今年は少し軽めのプログラムですが、それはソノールにとっての話。一般的な話で言えば、かなり充実したプログラムです。そもそも今回のメイン・プログラムも、昨年の定期演奏会のときには、既に決定していました。

 んなわけで、来年の10周年に向けての準備は、まだ今年の本番が終わらないうちから動いています。私もソノールのレギュラー入りして5年目。10周年にはどんな...!?

 いやその前に、まずは今度の定期を成功させなければ。

2009年10月21日 (水)

眠れる車のてつ様

 なおていQuartet Tour -2009-では主に車移動でした。運転を交代でしたのですが、1人だけ交代出来ない方がいらっしゃいました。

Sleeptetsu  なので、

こうして後部座席で、

英気を養っていたようです。

まぁ、そのおかげで、

ツアーも成功し、

皆様と共に、楽しいライブが繰り広げられたというもの。

Nt4reh04  尤もこの方、

リハーサルを終えたときも、

こうしてなおていの事を熟慮。

お陰で素晴らしいサポートを

して下さいました。

 今後も大いに頼りにしております。

2009年10月20日 (火)

なおていカレー紀行

 今回に限らず、やはりツアーと言えば「食」。特に北海道ならばスープカレー。なおていが初めて北海道に上陸したときなど、毎食のようにスープカレー屋さんに行ったものです。

Nt4obicurry  今回はと言うと、

恐らくメンバー揃っての、

カレー屋さんは、

ココだけだったかしら。

このお店の味、

私的にはとても気に入りました。ええ、もちろん「美味しいもの」としてね。まぁ、NAOTO君についていけば、美味しいものにたどり着くのは当然で、逆に言えば「普通」です。

Miyoshinoset  そして私1人離脱し、

前から行きたかったお店へ。

北海道では人気の、

このカレーと餃子を食べさせるお店。

またこのセットでも500円でお釣りがくるというリーズナブルさ。B級グルメとしては満点ですわ。

2009年10月18日 (日)

広島でブルーノート

 なおていQuartet Tour 2009では、拙作「B.N.T.」を演奏したために、ライブMCではブルーノート土浦の話で盛り上がりました。

Bluenotehirosima  そして広島で見つけた

ブルーノートです。

「唄うナイトラウンジ」

だそうです。

今度てつ様に連れて行って頂きましょうか。

彼は広島に詳しいので。

2009年10月17日 (土)

めでたい日に!?

 なおていQuartet Tour 2009の千秋楽を終え、翌日には早朝の新幹線で仙台へ。内輪のコンサートなので、インフォメーションはしませんでしたが、Out of The Standardでの公演。

Otswaka1  考えてみれば、

このユニットも長いです。

確か10周年くらい経つかしら。

 場所は若林文化センター。

少々新曲も交えた演奏会でした。今年のOTSは、大船渡での公演もありました。随分と昔の事のように感じてしまうのは、歳のせいかしらねぇ。

 そしてこのカテゴリが、何故「スポーツ」かって?

Rakuten2nd 同じ時間に、

ここ仙台では、

楽天とソフトバンクの、

クライマックスシリーズ

第2戦が行われていたのですよ。

そして私が帰るときに、仙台駅の楽天イーグルスショップを通ると、この朗報!駅前も応援を終えた人達で賑わっていました。居酒屋さんが勝利割り引きなどもしていたり。

Rakutengoods  私も勢い余って、

このようなものを買ってしまったり!

同い年で個人的に応援している、

中村紀洋選手の背番号タオル。

¥1,000で売られていたカレー。「たけぇなぁ」と思いきや、2袋入りでした(笑)。

 かつて1998年の長野五輪。スキージャンプ団体で日本が金メダルを獲った日に私も長野にいて、号外を受け取りました。そのときに同じ土地に居るというのは、理由なく嬉しいものです。今回もそうでした。仙台市民じゃないケド。

2009年10月16日 (金)

ACCSに出演

 日本のTango界では殆ど知られていない割に、昨年はTangoのアルバムを2つも発表した私。今年は何と新たにTangoバンドを立ち上げる事になりました。しかも久しぶりのPianoを入れた編成。リーダーは私が学んだ土浦音楽院の先輩、Violin奏者の石沢美都さん。

 メンバーは皆茨城県在住という、ローカル色の濃いもの。いかにも私が組みそうなコンセプトです。しかもみんな県南地区に住んでいるので、グループ名も県南四重奏団としました(Cuarteto Provincia de Sur)。

Accskennan  今回PRのために、

リーダーと2人、

つくばのCATVである

ACCSに出演してきました。

告知をするコーナーで放映されます。

 とは言え、私の地域では見られませぬ。どういう風に編集されているのか...。しばらくすると放映開始ですが、ご覧になられた方、目撃情報求む!

2009年10月15日 (木)

まずいもの探検記【其の弐拾六】

 久しぶりにあの店です。帯広店に入りました。NAOTO君には「帯広に来てまで...」と渋い顔をされましたが、探検隊員としては、せっかくのこのチャンスを逃す手はありませぬ。

Yamaokaobihiro  まぁ、時間帯も遅いですし、

意気地無しの私としては、

やはり「脂少なめ」で注文。

しかし同行して下さった、

地元の方はデフォルト。

しかもスープを飲み干していました!

 結果はマル。やはりあの味で、スープはアリかと思いつつも、麺がどうしようも無いので、ややこしい言い方ですが、不味かったので私の勝ちです。その麺。何となくいつもの極太ストレートというよりも、スーパーで3袋¥XXXで売っている、焼きそばの麺のような感じでした。ようするにダメです。

 スープはというと、これはいつも感心しますが、各店舗で味の差は零コンマのレベル。これはチェーン店としては全く正しいあり方です。ちなみにこの店舗でどうやら私は10店舗目だったようで、記念すべき検証でした。

 ご一緒下さったK田さん、有り難うございました。

2009年10月14日 (水)

なおてい難道中

 札幌2日間を終え、今回なおてい初となる、幕別へ。何が「初」かって?まず札幌以外での北海道公演。そして主催がなおてい以外である事。なおていもとうとうツアーに、会館自主公演(主催者から依頼されて演奏するもの)を組み込めるくらいになったのかねぇ!

 移動はレンタカーで。しかしこの移動が難儀致しました。いくら目的地を設定しても、初期画面(エンジン始動時の画面)になってしまい、現在位置を表示するのみ。全くナビゲートしてくれません。

Gathernavi  挙げ句の果てには、

このようにシステムが起動出来ないと。

レンタカー会社にこちらの状況を伝えるも、

全くらちがあかず。

 またこのカーナビのメーカーに問い合わせようとすると、土日祝日が休み。思うにこういったカーナビを操作するのは、休日の方が多いと思うんですけどね。

 そこで思い立ったのが「初期化」。ただこの初期化には一旦エンジンを止めなくてはならず、これがなかなか機会がありませんでした。何しろ高速道路であろうが、一般道であろうが、北海道の道は殆ど停車する事がありませぬ。

 またよくよく取り扱い説明書を読むと、「○○、××、○×、△×~...は初期化されません」と、一体何が初期化されるのかネってなくらい、初期化されないものが多いんですわ。そしてようやくあった信号で、エンジンを始動しなおすと、ちゃんと目的地も設定され、ナビゲーションを始めたではありませんか。音声ナビの女性の声も!

 知らない土地でのカーナビは、ある意味「命綱」ですよ。これがもしずっと、動作しなかったら...。

2009年10月12日 (月)

セレブガチャガチャ

 なおていQuartet Tour 2009のみならず、今までにもNAOTO君にたくさんの借りを作っているてつ様。その借りを少しでも返そうと試みたのが、中央自動車道談合坂SAにあった、セレブガチャガチャ。

Nt4celegacha1  1回¥1,000という、

子どもではおおよそやらない、

ガチャポンです。

1回¥1,000ともなると、

賞品が凄いです。売れているゲーム機だったり、サブノートPC、MP3プレイヤーなど、例えば10回挑戦して当たれば、それでもお得だったりするものです。

Nt4celegacha3  てつ様は4回やって、

1つも当たりませんでした。

当然「借り」も全然消滅しませんでした。

NAOTO君の怒りは冷め遣らずですが、

次にこのセレブガチャガチャに遭遇すれば、またチャンスはあります。ある意味「借り」を返せる場面が広がり、てつ様には有利になったのでは!?

2009年10月11日 (日)

OOSAKI病ツアー

 実は今回のなおていQuartet Tour 2009。何度かOOSAKI病にかかっております。とは言っても、行ったら定休日だったという程度で、そういうのは症状のうちには入らないのですが、これには参りました。

Hiragioosaki  宿泊しているホテルの

近くにあるカレー屋さん。

お昼に行きました。

しかもこのお店、

これが初めての症状ではないんですわ。

 以前行ったときは、「営業中」の看板がかかっていて、鍵も開いているのに、中は真っ暗。何て無用心なんだと思いつつ諦めた店です。

 このお店はNAOTO君もあまり良く知らないようなので、味の方は未知数ですが、こんな看板まで掲げられると、やはり期待しますよ、美味しくても不味くても。

2009年10月10日 (土)

アマチュアは自分達で

 インストバンド「なおとくんとていほうくん」は、プロ・ミュージシャンによるアマチュア・バンド。なのでツアーをするにあたって発生する様々な仕事は、全て自分達でやります。会場のブッキング(交渉)、(てつ様のための)移動の手配、諸々の印刷物の制作、そして今回初のグッズ制作(販売も!)など、やらなくてはならない事はまだまだあります。

Nt4self  会場によっては、

こうしてチラシやアンケートを、

1つ1つの席に並べていったり。

今までに「スタッフとしてお手伝いを」

といったお申し出を、ファンの方から頂いた事もありましたが、逆にアマチュアはこういった雑務を自分達でやる事が楽しいのです。それでも会場が大きくなると、身内に手伝わせたりしますがね。なおていライブに来られた方は、私に良く似たスタッフを見かけた事があるかも知れませぬ。

 ファンの方で、アマチュアの音楽団体に所属されている方は、ご想像がつくかと思いますが、つまるところ演奏する事自体は、最後の作業で、その他の仕事が割合として大きく、水面下では2時間ほどのライブのために、膨大な時間と労力が費やされているんですよ。

 なので「ツアーをしよう」と決めたときから、最後の会場の精算が終わるまでがイベントです。よく子どもの頃の遠足で、先生に「家に帰るまでが遠足です。最後まで気を抜かないように」と言われました。

 そう考えると随分と長いイベントですが、これだからアマチュア・バンドはやめられない!

2009年10月 9日 (金)

台風を追って

 ライブ当日に大阪から東京に移動という強行軍。しかも車で。そしてご存じの通り、10年に1度と言われた台風も接近。しかしながら、振り返ると全てがラッキーとしか言いようの無い行程になりました。

Nt4dochu09  朝7時に大阪を出発した、

なおていQuartet一行。

雨はさほどでもありませんでしたが、

やはり風が。

地理に明るいNAOTO君が運転し、かなりのキロ数を稼ぎました。

Nt4achi  東名高速道路が

通行止めになっている事は、

予め分かっていたので、

中央道を選択。

私は阿智PAから運転を交代。そう言えば今年は阿智高校の生徒さんと共演しました。愛しい地、飯田を通過して更に東へ。途中など晴れ間もあり、台風の話題など嘘のよう。

Nt4suwako  温泉もある有名SA、

諏訪SAで諏訪湖をバックに食事。

さすがに温泉に入る余裕は

ありませんでしたけどね。

私は談合坂SAまで運転。そこからは萱谷君が運転。

Nt4dochu12  八王子ICが見えたときは、

ホッと一安心。

しかも全く渋滞はなく、

このまま会場であるStar Pine's Cafeに直行。

14時過ぎには到着。

 この晴れ空とは裏腹に、東京の午前中は、首都交通麻痺とも言える状態。我々も新幹線移動だったら、逆にライブに間に合ったかどうか...。

 車内ではテレビを見る事は無かったのですが、今回の台風、関東での目立った被害は、我が茨城の土浦や竜ヶ崎。その模様がずっと放映されていたと聞き、びっくり。更に「オマエんとこ大丈夫か?」というメールが殺到。被害のあった宍塚は結構離れていますので、我が家は大丈夫だったのですが、かつて東海村の原発事故のときに、同じようにメールがたくさんきたときの事を思い出しました。

 うちの被害は、エアコンの室外機の日除け簾が倒れたのと、洗濯干しのポールが倒れたくらいかな。

2009年10月 8日 (木)

本場でニタモノ!?

 金沢からずっと食べたがっていた広島風お好み焼き(正確には広島風モダン焼き)。広島で本物を食べてからも、やはり亜流が忘れられず、結局お好み焼きの本場、大阪で其れを食べる事に!

Nt4chibo  麺がかなり太かった事と、

使っているソースが、

カープやオタフクでは無かったりと、

見た目は広島風でも、

味は全く違いました。

 こういうのも食べたいんですわ。研究のためには。

2009年10月 7日 (水)

なおていQ.T.2009安全祈願

 半分を折り返したなおていQuartet Tour -2009-ですが、ここにきて10年に1度とも言われている台風18号接近。ここで頭をよぎるのが、2004年に行ったツアーの札幌公演。

 このときも台風に見舞われ、交通機関が寸断。機材が届かない、予約キャンセルが相次ぎ、自腹ツアーとしては、散々な結果でした。

 しかしながら今回、台風が10年に1度ならば、こちらは10周年記念。自腹ゆえに、お店側から「やめてくれ」と言われない限り、我々に「中止」などという選択肢は無く、お客様が1人でもいらっしゃれば、その1人のお客様のために、我々は精一杯ライブをするまで。

 仕事でのツアーならば、天変地異での保障がきちんとしていますが、なおていはアマチュアバンド。趣味による自腹ツアーです。一緒にライブを楽しんで下さるお客様と運命を共に!?

Nt4kigan  んなワケで、

ツアーが恙無く終わるよう、

みんなで祈願。

2009年10月 6日 (火)

遠山“LILY”哲朗襲名披露

 なおていQuartet Tourで、何かと話題を提供して下さる遠山のてっちゃん。ここ広島では彼の人生のレジェンドとなり得るエピソードを!

 ほんの数週間前、仕事で広島を訪れたてつ様。スタッフとの打ち上げは二次会まで参加。その時点でベロンベロンに酔っていたのですが、更に自分の楽器係をしてくれているスタッフを連れて「もう1軒行こう!」と。

 早速馴染みのイベンターさんに電話。残念ながら話せず(恐らくここが運命の分かれ道)、自分で探すことに。某紹介所の前で運命的な出会いをし、そのままお店へ。

 そこからが記憶の糸がプツンプツンと...。先のイベンターさんとも電話で話せたようですが、彼は覚えていません。行ったお店でも何を注文したのか、どうだったのかも覚えていません。ただ一緒に行ったスタッフによると「全然酔っているようには見えませんでしたよ」だって。

 ホテルに帰った彼は、17階に泊まっているにも関わらず、何故か12階の廊下で睡眠。そこにたまたま通りかかったバンド仲間(この方も17階に泊まっているのに、何故か12階で降りたらしい)。彼を部屋まで運んでくれました。と言っても「引きずって」ですが。

 その際に鞄の中身がぶちまけられ、多分そのときに飛行機に乗るためのカードがなくなったのでは?と(2009年10月3日参照)。

 さて話しはそのお店。どうやら記憶のないまま、てつ様が使った金額は、一般的な若者の月収ほど。翌日領収書をもらいにお店に行くと、店長の手が摩擦で火傷するほどのもみ手で現れたそうな。

Lilytohyama  そのお店にちなんで彼は、

遠山“LILY”哲朗と名乗る事に。

...って、広島限定ですがね。

これで彼は、

広島での人気が爆発的にでるかも!

 次回の「●点XX」のテーマはリリーが担当するんじゃ?

2009年10月 5日 (月)

ようやくお好み焼き

 金沢から始まった「なおていQuartet Tour -2009-」。その金沢の地で「広島風モダン焼き」をオーダーしようとすると大反対にあい、京都でも福岡でも結局入れなかったお好み焼き屋さん。

Isimune1  ようやく広島入りして、

行く事が出来ました。

しかも日曜の夜なので、

やっている店も限られています。

今回入ったのは、

行った事の無い店。まぁ、広島に来れば味はともかく、「本物」に出会えるワケで、そうなると私が食べたかった「金沢での」広島風モダン焼きとは、全く別モノです。

Isimune2  もちろん本物は良いですが、

広島でニセモノを探すのは、

至難の業。

次の公演地では是非、

ニセモノを。

2009年10月 4日 (日)

せんぱぁい!

 今回のなおていQuartet Tour -2009-では、再会の楽しみがありました。NAOTO君と私が1年生のときの3年生。Fluteの先輩で福岡にお住まい。

Yanaisan  とてもお綺麗な方なので、

私なんぞは、

在学中には

全く接触が無かったんですが、

NAOTO君はとても仲良しだったようです。と言っても先輩後輩の縦社会。彼女の言う事には全く逆らえなかったようです(笑)。

Yamachan2  その先輩と共に、

飲み、食べちらかした図。

いやはや、

バイタリティーあふれる先輩でした。

2009年10月 3日 (土)

なおていQuartet珍道中

 なおていQuartetのツアー中、1人別行動をとる遠山のてっちゃん。彼のために京都を早く発ち、伊丹空港へ。

Nt4itami1  高速道路にのるまでに、

予想外の渋滞にあい、

それでも何とか

予定の時間に空港に着き、

ホッと一息。

と思いきや!

Nt4itami2 「無い!無い!!」と、

てっちゃんが

会員カードを探している図。

カードが無くても会員番号を覚えていれば...って、

んなもん覚えているワケも無く、予約をとったNAOTO君が「車の中に置いてあるPCを見れば分かる」と、雨の中を猛ダッシュ。もちろんその間もカードを探すてっちゃんですが、

Nt4itami3 手伝う事も出来ない萱君は、

近くで試食を。

その間NAOTO君は、

自分のスーツケースが、車の荷物の一番下にあるので、それらを全部下ろし、ノートPC抜き取り、当然それらを元に戻して、雨の中また猛ダッシュ。てっちゃんが「NAOTOさん怒ってるんだろうなぁ」と心配そうにしているところに戻ってきました。

 そしてようやく発券。

 そのカードをなくしたてっちゃん。恐らくベロンベロンに酔って、ホテルの廊下で寝ているときになくした可能性が大。しかも全く記憶が無いので、確かめようもありませぬ。

 そんなこんなで、てっちゃん自身は飛行機に間に合ったものの、我々はとんだ足止め。

Nt4itami4  おかげで普段は全然渋滞しない所で

事故渋滞にあい、

これまたロスタイム。

3人とも「てつろーのせいだ!」と騒ぎながら、

今度はガス欠の恐怖。何と給油が出来るPAに行ってみると閉鎖されているではないか!これってOOSAKI病かネ!?

 んでもって私が培ったエコ運転の技術で、100kmほど先のSAへ。そこで無事給油。事なきを得たものの、「これもてつろーのせいだ!」と、全部彼に罪をきせ、無事に本州を抜ける事が出来ました。

Nt4kanmon1  とうとうなおてい、

九州上陸ですよ。

まずは3人で。

フルメンバーでの九州上陸はいつに?

Nt4kanmon2

2009年10月 2日 (金)

金沢ラーメン!?

 博多もつ鍋ともんじゃ焼きを食べた金沢滞在(広島風モダン焼きも食べたかったですが)。限られた時間(と食事数!?)の中で、どうやって「金沢」を感じるか...。

8banramen  んなワケでNAOTO君に、

「コレを食べなきゃ、

金沢に来た甲斐がないっしょ」

と言われて寄った店。

 このラーメンにトッピングされている数字の蒲鉾で、分かる人には分かるのでしょう。更に「唐揚げも美味いよ」という情報も入り、食べました。

 このお店、何が凄いかって、海外進出している点。もちろん国内もたくさんの店舗があるのですが、関東には埼玉に1店舗あるのみ。しかしながら、はてどこかで目にしたような...。そうですよ、私が準レギュラー入りしているSonor Clarinette Ensembleの本拠地、長野県は飯田市で見たのでした。

2009年10月 1日 (木)

食って充電

 順調に滑り出したなおていツアー。第2夜の名古屋公演を終えました。

Yabamisen  打ち上げでは、

体力のつく食べ物をたくさん。

当然ライブが終わってからですから、

健康的な時間に食べているものではありませぬ。

 まぁ、こういった飲み食いが、次への活力になれば良いのですが...。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ