最近のトラックバック

« ソノールの夜、前と後 | トップページ | リハトラ »

2009年10月28日 (水)

なおてい納豆紀行

 これまた少し前の話。なおていQuartet Tour -2009-では、納豆の出会いがありました。その中でも秀逸だったのが、この納豆の天ぷら。

Hirosimanattoten  メニューを見て、

てっきりころもがたくさんで、

納豆の粒がほんの少しの、

そういったものを想像していたのですが、

出てきたものはご覧の通り。ころもは殆ど無く、というよりも豆粒1つ1つを揚げたのか?と思うほどにポロポロ。そして味は納豆そのもの。つまりは糸を引かなくなった納豆みたいな感じですかね。

Nattotama  そしてこちらは、

納豆入り玉子焼き。

この種のメニューはよく見かけます。

これも他で見たものと大差はありませんでしたが、

このお店は元々美味しいもの揃いなので、この玉子焼きもなかなかでした。

Norinnatto  そして最後はコレ。

...って中身はありませんが。

泊まったホテルで朝食にでた納豆です。

大粒納豆なので、

NAOTO君は少々苦手のようでしたが、このラベルにある全国納豆鑑評会、農林水産大臣賞は、この会の最高賞です。其れを取り寄せているというのはかなりのこだわり。調べるとどうやら2006年の第11回で受賞した納豆でした。大粒なのでかつて私がこのBlogで紹介した、2007年の第12回鑑評会で、大粒・中粒部門で納親会会長賞を受賞した「雪誉」を思い出しました(2008年2月18日参照)。

 大粒納豆は好みの別れるところですが、それこそ前述のような天ぷらにすると良いかも知れません。いや、農林水産大臣賞までとっているような納豆を、油で揚げるなどとは、「豆そのものの味を何だと思ってんだ!」と、マニアに叱られそうですな。

« ソノールの夜、前と後 | トップページ | リハトラ »

コメント

納豆のてんぶらは、写真を見ただけでも美味しそうですね。でも、納豆を揚げた後の油がどうなのか、すごく気になります。

ていほうさんこんばんは。
納豆っていろんな料理にできるんですね。
私はていほうさんの影響で、納豆料理を
家で試してますよ。
でも天ぷらは難しそうです。

納豆がニガテな人でも食べやすそうですね。

臭いはどうなったか、気になります。

納豆大好き!
最近はもっぱら大粒国産納豆を好んで食べます。"北海道大豆使用"って書かれていたら迷わずソレを手にとってしまいますね。
(名前でわかるとおり、北海道好きなもので・・・)
大粒で豆の味を楽しむ為にも、最近はごはんにかけるというより、納豆のみを食べたりもします。

写真にもある納豆の玉子焼き。
我が家では20年以上前から「納豆オムレツ」なるネーミングで定番化していました。
最初は卵に納豆を混ぜて醤油で味付けして焼いたものでしたが、今では長ネギ、かつおぶし、ウィンナーも一緒に混ぜて焼き、とろけるチーズを挟むようにして焼き上げます。
これが美味しいんです。
どうしても納豆は温かくすると臭くなってしまうのですが、関係ありません!

あ、ついつい熱く語ってしまいました。
今度茨城行ったら美味しい納豆探してきます。
なおていまで日持ちすればお土産として渡せるのですがね。。。
(食べ物渡すのはよくないですね)

乾燥した納豆のお菓子が売ってますよね?
納豆の天ぷらもそんな感じなんでしょうか?


納豆好きなので、食べたくなってしまいました。。
なので、明日の朝は写真を参考に、納豆の玉子焼きつくります☆

> あさみすとさん
 さすがに油に臭いが移る事はないと思いますが、他のものも其れで揚げるんですよねぇ!?

> こまこさん
 いやぁ、納豆は加熱すると更に臭いが増します。元々納豆が苦手な人は、更にダメかも知れませぬ。

> にこさん
 取り敢えず天ぷらに関しては、通常の倍は匂っていました。

> 北海道在住希望さん
 ちなみに納豆の原料である大豆は、北海道産のものが最も良いとされているとか。納豆の本場である茨城も、なかなかそこには勝てませぬ。

> くぅさん
 納豆の天ぷらは乾燥していませんから、其れとは別モノですね。乾燥納豆はこのBlogでも紹介していますし、私自身食べた事もありますが、当然糸を引かないなので、果たして「納豆」と呼んで良いのやら。

私は納豆は極小粒派です。
King of小粒納豆はやはり毎日の食卓のお供
たかのフーズさんのおかめ極小粒。
勝田出身の父の影響(たかのフーズさんの今の社長さんは父のクラスメートです)で我が家は小さい頃から朝はおかめ納豆。
素材にこだわって作ったものや高い納豆も食べましたがやはり慣れているからなのかおかめ納豆は安心して食べれて好き。庶民なので(^-^;
家を出て今は福岡にいますが今でもおかめ納豆は常備です。
おいしい安定した納豆が日本中で手に入れられることってすごいと思います。

納豆トーストはよくしますが糸が切れない程度にしぼった鬼おろし(時々ネギも)を一緒に和えておもちに絡ませて食べるのも大好き。
納豆の天ぷら…やってみたことはありませんがいつか食べてみたいですね。

> 三保さん
 私も結局はおかめ納豆の極小粒ですね。単純にスーパーで安く売られているから、という理由ですが、これが食べ慣れると、他に冒険したいとは思わなくなるのが不思議です。
 当然茨城県民なので、くめ納豆も食べていましたが、ミツカン傘下になってしまった今、手が出にくくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/46609926

この記事へのトラックバック一覧です: なおてい納豆紀行:

« ソノールの夜、前と後 | トップページ | リハトラ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ