最近のトラックバック

« 大阪で茨城県民の日 | トップページ | 典型的症状 »

2009年11月14日 (土)

レココン解説

 Tangoではよくレコード・コンサートが開催されます。全国で様々な愛好会、グループがありますが、私は殆どお邪魔した事が無く、そうしているうちに、何とコメンテーターをしてくれと依頼がきました。

 「NOCHERO SOY」という会で、こういったものは普通、愛好家の方や評論家先生が選者となって、解説をするのですが、私のように実際に演奏に携わっている人が選曲、解説をする、というのがミソ。

Nochero0911  今回は

「編曲から見るタンゴの構造」と題し、

小難しい話をしてきました。

何しろ聴いている方々は、

私なんぞよりも、はるかにTangoを知り尽くした人達。

 そして気が付くと、いつも雑誌で拝見している評論家の飯塚久夫先生や、私を高校生のときから知る、中南米音楽のセニョーラ中西さんや、SUIYOUKAI(タンゴの愛好家の集まり)や、菅平タンゴフェスティバルでご一緒した方々など、懐かしい顔ぶれがたくさんいらっしゃいました。

 自分の出番が終わり、他に2人の選者の方のプログラムを拝聴。これらがなかなか勉強になりました。

 Tangoの歴史は約130年。まだまだ知らない事がたくさんです。

« 大阪で茨城県民の日 | トップページ | 典型的症状 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/46763828

この記事へのトラックバック一覧です: レココン解説:

« 大阪で茨城県民の日 | トップページ | 典型的症状 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ