最近のトラックバック

« Triangulo 2009年仕事納め | トップページ | といぼっくす2009年 仕事納め »

2009年12月23日 (水)

第16回たくみスタジオ発表会

 私が初めて他人に音楽を教えたのが小学4年生のとき。同級生の妹さんにPianoを教えました。尤もお月謝をお金でもらったのではなく、暮れのお歳暮にジュースの詰め合わせを頂きましたが。それから数えると、四半世紀近くも音楽を教授しているんですわ。今では生徒の数は覚えていませんし、場合によっては、1度だけレッスンしたなどというと、名前すら覚えていない生徒もありますねぇ。

T_studio16th  今日は我が教室、

たくみスタジオの

年に1度の発表会です。

今年は参加した生徒さんも少なく、

少々寂しい感じでしたが、それでも生徒さん同士の合奏や、ゲスト演奏も加わり、形になりました。

 怒濤の本番ラッシュの中では、この日の私はたいした事はありませんが、生徒の演奏には逆に緊張しますねぇ。終わって良かった...。

« Triangulo 2009年仕事納め | トップページ | といぼっくす2009年 仕事納め »

コメント

小学4年生から他人に音楽を教えていたとは!
自分が同じ年の頃は…

発表会は生徒さん以上に先生が緊張されたみたいですね。
緊張の反面、生徒さんの成長を感じられる幸福感もあるんでしょうね〜。

今日は恵比寿ですか!
仕事で残念ながら行けませんが…CD聴きながらがんばります。
素敵なクリスマスイブを♪

ていほうさんこんにちは。
私の師匠も同じことを言っていました。
「自分で演奏したほうが楽だわっ」と。
生徒は自分の出番だけ緊張していればいいですからね。
個人レッスンだとなかなか他の生徒さんと交流がないので、
生徒としても貴重な体験ができる発表会って、
先生に感謝する日なんですよね。

マルチプレイヤーのていほうさんの教室は習っている楽器も様々な楽しい発表会なんでしょうか?
私が最初に発表会に出たのは6歳の時です。多分あれが人生最初のプレッシャーだと思います。そして先生も両親も予想していなかったアクシデントをおこし、ある意味伝説を作ってしまった苦い思い出が…

> 北海道在住希望さん
 まぁ、親が決めた事で、私自身は「は!?」という感じでした。数ヶ月くらい教えましたね。

> こまこさん
 もっと面白いのは、リサイタルをした、と或る先生の奥様が、とても緊張されていた事があります。

> ののさん
 そうですね。ちなみに今回私の生徒は、ViolinとContrabassだけでしたが、他にも作曲とVioloncelloがいます。今までだとClarinetやSaxophoneもいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/47098176

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回たくみスタジオ発表会:

« Triangulo 2009年仕事納め | トップページ | といぼっくす2009年 仕事納め »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ