最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

大岩祥浩先生お別れ会

 私にとっては雲の上の存在だった大岩祥浩先生。著書やNHK FM「世界音楽巡り」等、ラジオのパーソナリティの他、SP盤の復刻など、先生のなさった偉業は数知れず。その先生のお別れ会に行って参りました。

Ohiwaowakare  参加された方々は、

ご年配の方が多く、

私は恐らく最年少だったのでは?

もうタンゴを半世紀以上聞き続けているという方も多かった事でしょう。また日本タンゴアカデミーの会員の方も多かったようで、私なんぞは末端も末端、芥子粒のような感じであります。

Ohiwawakarepro  また先生が初めて

アルゼンチンに渡られたときの

映像も上映。

レコードではお馴染みのアーティストの、若い頃の映像を見ることが出来ました。

 私は小松亮太君のように、Tangoを生業としている訳ではなく、Tango「も」やる音楽家ですが、そういうポジションでもやれる事はあるのではないかと、これまで頑張ってきました。今回の会で、何人か知らない方から声をかけて頂きまして、どうやらTrianguloのCDを聞いて下さっているようでした。そのアルバム「3人よれば...」は、お陰様でかなり好評のようで、「テーホーさんには、是非とも正統派のTangoをやってもらいたい」との激励の言葉も頂きました。

 私のTango人生もようやく四半世紀を越えたばかり。果たして自分に何かが出来るのか。Tango「も」やる、マルチならではのものを追求していきたいと思います。

2010年3月29日 (月)

土浦カリーマスターへの道【達成】

 最後にやった土浦カレーフェスティバル(第6回)が、昨年11月。それから約4ヶ月で、土浦伽哩物語認定メニューを食べ歩き、ようやく15店制覇。いやはや、メニューの消滅や店そのものの消滅にもあい、大変な道のりでした。その最後を飾ったのが、行方不明だったお店。このBlogに目撃情報が寄せられ、見つけた次第です。

Hasden4  ちゃんと認定店の幟もあり、

お店も開いていました。

相手をしてくれたのが、

俳優●とん●さんに似た感じのおじさん。「そう、マップ見て来てくれたんだ。普通の判子でいいの?ちょっと取ってくるね」と、最後の欄に捺印して頂きました。

Hasden1  たこ焼きを買うスタイルとしては、

持ち帰りが多いと思いますが、

せっかくなのでその場で食べて行く事に。

手作り感ただよう食堂。窓の外には常磐線。もしかして「鉄」にはたまらないかも。

Hasden2  壁には古めかしい、

「ラジカセ」です。

中には演歌のテープが入っておりました。

ちなみにこの隣には宿直室のようなおじさんの部屋が。

Hasden3  そして認定メニューのたこ焼き。

まぁ、少々写真と違いますが。

それに食べてみると、

「ありゃ、これもっとカレー味効かせても良いかも」...と言うよりも、あまりカレー味はしませんでしたねぇ。もちろんレンコンは入っていましたが。あと焼きそばと味噌ラーメンを家族で食べましたが、しめて¥1,000!

 さて、ようやく15個集めた判子、もといスタンプ。この日が土曜日だったため、恐らく商工会議所は休みだろうと、週明けの月曜日に行く事にしました。【つづく】

2010年3月28日 (日)

土浦カリーマスターへの道【第十四歩】

 相次ぐ店の消滅(!?)にあったスタンプ・ラリー。ここは手堅くいこうと、昔からある食堂へ。ここは本来中華屋さん。カレー焼売が認定メニューです。

Centralcurryshu  これが単なる

カレー味の焼売と思いきや、

とんでもない!

手作りの焼売で、フワフワ。私は人生でこんなにフワフワな焼売を食べたことがありませぬ。カレー味もさることながら、この焼売としての完成度の高さにビックリ。

 無事14個目のスタンプをゲットしたのですが、それよりもこの美味しい中華屋さんを見つけた事の方が、大収穫でしたよ。外観はとても古めかしく、30年以上土浦に住んでいても、行った事が無かった店なんですがね。

 次はこのお店でタンメンかな。

2010年3月27日 (土)

弦楽合奏団弓組レセプション

 先日宝塚歌劇団の伴奏をしたアルバムが発売された弦楽合奏団弓組。そのレセプションを都内某所で行いました。

Yumigumirec  アルバムの方も

売れ行き好調のようで、

店頭品切れもでている様子。

基本的には

録音のために結成した楽団ですが、話も盛り上がり、弓組公演もやりたいネと。

 個人的には榊原大氏率いる、宝寿司歌劇団とのコラボをしたいですな。

2010年3月26日 (金)

土浦カリーマスターへの道【病重症】

 メニューの消滅、そしてお店も無くなった(!?)、と多難なスタンプ・ラリーを展開していますが、更に追い打ちをかけるように、衝撃的な事が!

Mengenoosaki_2  駅前の商業ビルには、

認定メニューを出しているお店が、

2つあるはずでした。

その2つとも撤退、

いや移転なのか...。

 とにかくここには無く、あと2つで揃うスタンプも、足止め。事と次第によっては、この2店舗で一気に揃えようとまで考えていたんですがね。

 それにしてもこのビル、他にも無くなっている店があって、そこは空っぽになったまま。カレー屋さんの事に限らず、寂しい気持ちになりました。

2010年3月24日 (水)

弦楽合奏団弓組デビュー!

 恐らく2010年の仕事で、最も大きなものに数えられるのが、宝塚の娘役歌姫達の、ジブリ・カバーアルバムのプロデュースでした。プロデュースというと大袈裟ですが、一応中村太知さんとの共同プロデュースです。

 このときの録音の模様は、既にBlogに書きました(2010年2月11日2010年2月14日参照)。編曲の他Piano、Bandoneon、Clarinet、そしてStringsにViolaでも参加しました。

Yumighibli2  そのアルバムが本日発売。

この仕事の最中は、

かなりいっぱいいっぱいで、

凄くタイトなスケジュールの中、何とか終えました。何がタイトかって、それは歌姫達です。彼女達は普通に公演をこなしながら、歌の録音をしたのでした。それらをとりまとめたのが中村太知さん。いやはや、今回の彼の仕事は神業としか言いようがありませぬ。

 ちなみに演奏サイドの特筆事項は、タイトルにもある「弦楽合奏団弓組」。私が以前指揮をした明音交響楽団を軸に、今回のために結成。プロ、アマ混合チームです。まるでかつてのオリンピック野球チームみたい。そのStringsに絡むようにBandoneonやClarinet、そして苦手意識のあるPianoを弾きまくっています(汗)。

 このアルバム、宝塚ファンの方でなくても、ジブリファン、そしてインスト系ファンの方にも楽しめるものかと。聞き慣れたジブリの名曲が、また違った印象で聴けます。

2010年3月23日 (火)

土浦カリーマスターへの道【第十三歩】

 メニューの消滅にもめげず、とにかく一歩一歩最終段階を行く私。ちなみに気が付くと土浦カリー物語のサイトが出来ていました。

Taizancurryball  今回は土浦市外の店。

そしてC-1グランプリの

創作部門を受賞したメニュー。

カレーボールです。

 ごま団子の中身がカレーなのですが、これがなかなかの完成度。当然レンコンも入っていて、歯ごたえが良かったです。

 ここのお店では「凄いですね、こんなに(スタンプを)集めたんですか」と言われました。そしてメニューの感想も聞かれたので答えましたが、このお店にはどれくらいの人がスタンプを求めて来たのでしょうか。

 勢いにのって一気にと、次の店へ。住所を頼りに現地に着くと「!?」

Hasudadoko  おかしいな、

この辺りにたこ焼き屋さんがあるハズ...。

いや、たこ焼き屋さんなんだか、

普通のお店でたこ焼きも扱っているのか、とにかくこの店の認定メニューはたこ焼きでした。

 しかも神社の近くというあたり、何ともビミョーです。もしかして祭典の日などの縁日でしか出店しないとか!? 問い合わせ先の電話番号も携帯番号なので、電話するのも少々勇気がいるし。

 まさかお店が消滅...!? OOSAKI病患者の私ならば有り得ない話ではない。

2010年3月22日 (月)

アンサンブルミールス始動

 顧問を務める楽器メーカーが名古屋にありながら、名古屋で何もしていないのはおかしい。そこで何年も前から構想を練っていた管楽器主体のアンサンブルを、ようやく立ち上げました。

Mirusreh1 その名もensemble mirus。

「mirus(ミールス)」とは、

ラテン語で「不思議な」といった意味。

何しろ編成がFlute,Clarinet,Sax2本、Horn,Trombone,Contrabassと、木管金管混合チームにBass。まるで弱小吹奏楽部の苦肉の策のような編成ですが、当然市販の譜面などなく、自分達で用意しなくてはなりません。

 1回目のリハーサルをしてみて、メンバーはそれぞれ手応えを感じたようです。殆どのメンバーが何らかの団体に所属していますが、今まで体験した事のない感覚のアンサンブルです。私も久し振りにClarinetを吹きまくりましたが「うっ、スタミナが...」 何とも情けない。

 今年中には1回目の演奏会をやりたいですね。中部地区の皆様、乞うご期待!

2010年3月21日 (日)

一番近い交番

 数ヶ月前から、公民館の敷地内に何かを作っていました。何が出来るんだろうと気になっていたのですが、そのベールを脱ぐと、

Tsuwapolice なんと交番。

そう言えば住んでいる区域の、

一番近い交番でも、

割と遠かったなと。

 それにしても最近は交番のデザインも様々。一番凄かったのは、大学に通っていた頃に、上野公園内の交番がリニューアルされた事。かなり斬新なデザインには驚いたものでした。

2010年3月19日 (金)

店のイチオシが!?

 久し振りに入るのに勇気のいる店でした。そもそもこの通りは、かなり怪しい店構えがずらり。もう選り取り見取りという、我が探検隊にとっては、格好の場所。

Shinatora2  実はこの店、

既に隊員が下見に行っています。

しかしそのときは食べず終い。

何でかって? お店は開いているのに、お店の人がいなかった。のか、お店の人が客だった!? とにかく「相当凄いっすよ」と言われて来ました。以前この隊員とは、他の店も検証(2009年8月5日参照)。

 そして今回入店すると、ちゃんと店員さんはいました。そして私はタンメン、同行した学生さんは味噌ラーメン、更にこの店を見つけてきた隊員は、店員に「この店のイチオシは何ですか?」と聞き、「広東麺」というので、其れをオーダー。ついでに餃子も。

Shinatora1  壁にはびっしりと写真。

何故か餃子の写っているものも。

その餃子、

なかなか美味しかったですよ。

そして私のオーダーしたタンメンは、普通。味噌ラーメンも可もなく不可もなく。問題は店イチオシの「広東麺」。

 食べている隊員が困った顔で携帯電話を私に見せました。「味がない」と打ってありました。おかしいな、見た目は味がついていそうなのに、それも濃そうな味が。

 その昔、私が高校に通っている頃。近くのスパゲッティ屋さんでの話。ナポリタンもイタリアンも美味しいのに、店のイチオシのミートソースが不味かったのです。その話を思い出しました。

 これはまずいもの探検隊の探求するテーマの1つです。つまりはお店お奨めのものが「まずい」。しかしお店は美味しいと思っているので奨める。だけど不味い。でも奨める...。

 恐らくいるんだろうね、ミートソースも広東麺も「美味しい!」と思った人が。

2010年3月18日 (木)

土浦カリーマスターへの道【第十一歩と十二歩】

 一気に9個目と10個目のスタンプをゲットし、勢いにのりたい私。10個目にはまた例によって、土浦ツェッペリンカレーDeluxeがもらえるので、まずは其れをもらいに商工会議所へ。

 今回は担当者さんが対応して下さいました。何となく人気お笑い芸人のN倉さんに似ているような...。

 そしてそのまま次の店へ。滅多に来ない場所ですが、確かカレー五大都市サミットの会場にもなっていたような。そして店員さんにつちうら伽哩物語認定店マップを見せ、「このメニューありますか?」と聞くと、しばらくして後「これ、もうやっていないんですよ」と!

 えっ!? 認定メニューが消滅? やっていないものに文句を言ってもしょうがないので、そこは早々に退散。ちなみに普通のカレーはありました。しかし万が一そのカレーを食べて、店員さんのご厚意でスタンプを頂いたとしても、私自身は納得しませんので、他を当たる事に。それにしても分母が減るとはね。

Dragoncurry  今度は地図を見て、

初めて行く店へ。

インドカレーの店です。

入店した時点では、客は私だけでしたが、少しするとかなり入ってきました。どうやら周辺の会社の人達。ランチのセットを頂き、スタンプもゲット。

 店を出て車に戻ろうとすると、隣のパン屋さんに「限定土浦のカレーパン」の文字が!? 「限定モノ」に弱い私、何となく気になり店の看板を見ると、あれ!聞いた事のある名前。おぉ、ここにも認定メニューが!!って、この「土浦のカレーパン」が其れだわ。

Chikatsudopan  ついでにもう1つの認定メニュー、

チキンカレーロールも買い、

おばちゃんにスタンプをもらいました。

ちなみに前の店もこのお店も、スタンプは個人の判子ですが(笑)。

 いやはや、カレー屋をハシゴ出来るとはね。これで12個のスタンプをゲット。あと3つで土浦カリーマスターですよ。とは言いつつ、これからが険しい道のりでしょう。「百里を行くものは九十九里を半ばとす」ですから。現にこれまでもOOSAKI病(2010年1月28日参照)や、メニューの消滅(これも広義にはOOSAKI病)といった災難に遭遇している訳だし。

 N倉さんに似た担当者は「期限はありませんので」と言っていましたが、残された時間は長くはありませんぜ。メニューの無くならないうちに!

2010年3月17日 (水)

打ち上げまで含めて

 先月共演した茨城県立波崎高等学校吹奏楽部(2010年2月8日参照)。もう1ヶ月以上も経ってしまいましたが、その打ち上げパーティーをやりました。

Hasakiparty  場所は音楽室。

こういった生徒さんとのパーティーは、

珍しいものではありません。

これまでも共演した学校の生徒さんと、

打ち上げパーティーをしました。

そして先生も「いいか、打ち上げまで含めて演奏会だぞ」と。そうです、小学校の遠足でも「みんな、家に帰るまでが遠足だからな。気をつけて帰るんだぞ、ハイ解散!」と言っていたでしょう。其れと同じですよ。

2010年3月16日 (火)

100,000km突破

 2006年6月に購入した愛車HONDA HR-Vも(2006年6月25日参照)、とうとう10万キロを突破致しました。

Hrv100000a  購入時は34,000kmでしたから、

もう6万キロ以上乗った事になります。

もともと軽乗用車に乗っていた私。

荷物が多いときに都内へ出掛けるのは元より、福島や長野と、地方にも結構行きました。高速道路での移動が増えたので、普通乗用車に乗り換えたのでした。年間の走行距離を考えると、恐らく普通の人よりは乗っているでしょうか。

 買ったときには10年は乗ると宣言したものの、もちろんその気持ちには変わりはないのですが、こう世の中が「エコ」となってくると、抜群に燃費が良い訳ではないこの車に、ずっと乗り続ける事がエコなのかどうか。それでも通常走行では13km/l前後の燃費ですし、特に不具合もありませぬ。そもそも私は、この車のスタイルの惚れて買ったんですから。

 来年1月が車検ですが、見積もりや車の状態次第ではどうなるやら...。

Hrv99999  ついでに撮っておきました。

2010年3月15日 (月)

変わりゆく秋葉原

 私が物心ついて初めて秋葉原の地を踏んだのが、小学3年生の頃だったか。CASIOのKeyboardを買いに、父親と行きました。それ以来四半世紀、秋葉原の変遷を見てきました。

 その時代によって、売れる商品が移り変わりましたが、大きかったのがパソコン。私が中学の頃は、まだパソコンには「競争」が無く、ようやくPC AT機、いわゆるDOS/V機の台頭で激化。当然秋葉原もパソコンを扱う店が大幅に増えました。その影で密かに店舗数を増やしていったのが、私のようなPC自作派のための、パーツショップ。一時期は大変な数の店がありました。

 その次に迎えたのが、ゲームの時代。いつしか秋葉原の(特に)メイン・ストリートには、ゲームショップが増えました。この辺りからですね、私のような古いアキバ・ウォーカーが違和感を覚えるようになったのは。そして今は着飾ったお嬢さん達が...!?

Kumacas  そして消えていくのは、

何も電気屋さんだけではありませぬ。

こういうお店もね。

2010年3月14日 (日)

5人でクァルテット!?

 弟が主宰する佳秋クァルテット。その前身になるものも含めれば、10年以上の活動歴があります。今回久し振りに自主公演を、つくばで行いました。

K4_2010b  この佳秋クァルテット、

リーダーの松本佳秋と、

Violaを担当する私は固定メンバーで、

あとの2人は流動的。Violoncelloの野村奈美さんは、一番参加回数が多いですね。そして2nd Violinなのですが、スケジュールによって数人が交代でのってもらっていました。今回は中でも参加回数の多かった田代藍さんに頼んだのですが、これまた最も参加して頂いていて、現在ウィーン留学中の松岡麻衣子さんが、一時帰国されているという事で、彼女にも参加して頂きました。なので四重奏団なのに、メンバーは5人。

K4_2010a  そんでもって今回私は、

Violaの他にContrabassも演奏。

5人でやる編成に対応しました。

内容としては佳秋クァルテットらしい、あまり他の弦楽四重奏団では取り上げられない曲(それもポップス)を織り交ぜ、バラエティに富むものでした。そろそろ新曲も欲しいところなので、次回は更にマニアックに!?

Daystwon_aru  ところで会場となった、

デイズタウンの4階。

と言っても屋上なんですが、

駐車場の中にぽつんと建っています。何となく渋谷の、公園通りクラシックスの屋上版のような感じがしました。Pianoがあればねぇ、哲啼的茂樹の会場にも良いんですが...。

2010年3月12日 (金)

土浦カリーマスターへの道【第九歩と十歩】

 この手のものは、あまりダラダラとやるものではありませぬ。今回は1日で2軒行きました。これらの店が近かったというのもあるのですが。

Ja_shichino  1つはOOSAKI病にやられた店です

(2010年1月28日参照)。

今回は大丈夫でした。

尤も以前食べたことがあるカレーなんですがね(2009年7月10日参照)。もう1つも食べた事のある御菓子(2007年4月27日参照)。

 そう、つまりは数年前から、認定メニューの変化はあまり無いのですよ。特記事項と言えば、つくば市のお店が加わった事くらい。

 これでスタンプ・ラリーは3分の1を終えました。また土浦ツェッペリンカレーDeluxをもらわないと。そしてあと5つ。こりゃ一気にいこうかしら。遅くとも年度末までにはね。

2010年3月11日 (木)

知られていない納豆

 全国に納豆好きの方はたくさんいらっしゃるでしょう。私なんぞは給食に納豆が出るくらいの土地柄ですが、ちなみに納豆消費量全国一位は、秋田県だとか。

 その納豆好きの人にこの商品を言っても、茨城以外の人だと「知らない」と言われます。

Shoboronatto  パッと見、普通の納豆に見えるでしょう。

しかしよく見てください。

納豆の粒の他に何かが入っているでしょう。

切り干し大根です。

 しょぼろ納豆とか、そぼろ納豆とかいう名前で出しているメーカーもありますが、我が茨城では普通にスーパーに売られているもので、定番とは言いませんが、珍しいものではありません。

 何故定番ではないかというと、この写真を見ても分かる通り、高いです。普段3パック¥98でも高く感じ、¥78や大安売りだと¥68という納豆を買っている私のような庶民にとっては、「半額」でも無いと買いませんな。

 切り干し大根には味が付いていて、と言うよりも納豆と切り干し大根の漬け物を合わせた感じです。なので醤油などのタレは必要無く、このまま食べます。恐らく納豆が好きな人で、しょぼろ納豆が嫌いな人はいないのでは?と思いますが、納豆好きの方、是非1度食べてみて下され!

2010年3月 9日 (火)

本物のタンメンとは?

 自称タンメン好きの私は、初めて入るラーメン屋でもタンメンをオーダーする事もしばしば。さてその私を、入店する前から魅了したお店が!? 風情ある佇まいに、看板も「湯麺」とあり、これは入るしかない!と。

 果たしてこのお店、私の湯麺食史上、最も重要な店になりました。何がって、ここで出された湯麺が...。

 私は口では湯麺が好きで、と言っておりますが、実のところ知識の方は全くと言って良いほど無く、野菜がたくさんあって、塩味のラーメンだったら「湯麺」と、勝手に思っておりました。

Soupmen  出された湯麺を見て、

なんじゃこりゃ!?

確かに野菜が多く、

塩味の麺ですが、

まるで病人食のように脂分は無く、茹でた野菜と麺を同居させているだけのスープのよう。確かにタンメンは「湯麺」と書くので、これが本来の姿なのでしょうか。もしかすると真の湯麺フリークにしてみれば、「おぅ、コレがホントの湯麺よ。多くの中華屋で出される野菜炒めがのっかってんのは、邪道中の邪道じゃ!」と言われるかも知れませぬ。

Chiyodashirakaba  尤も店によっては、

「タンメン」という単語を避け、

「野菜たっぷりラーメン」など、

当たり障りの無い

ネーミングにしている店もありまする。

 まぁ、肝心の味の方はというと、読者の皆様の想像通りです。茹でた野菜と麺が入った、塩味のスープです。

 私は邪道でも良いから、いつものタンメンが良いなぁ。結局魅了したのは、店の外観だけでした。

2010年3月 8日 (月)

つくば電気街が...。

 私が大学生の頃だったか、つくばの同じ区画に大手電気量販店が出店し「つくば電気街」とまで言われるくらいになりました。その最も象徴的な存在の店が、今月で完全閉店する事になり、事実上「電気街」と呼ぶには寂しい街並みになりました。

Ishimarutsukuba  どうもishimaruという表記には

馴染めませんが、

この石丸電気は、

私が幼少の折から、秋葉原の象徴的存在で、サトームセンとオノデンと並び、秋葉原に行った事が無い人でも、この3店の名前は知っている人は多かった事でしょう。恐らくCMの歌が覚えやすい感じだったからでしょうか。

 ここつくば電気街も最盛期は、

石丸電気

サトームセン

第一家電

コジマ

C-YOU(PCショップ)

KOHNAN(PCショップ、現在のコーナンとは別の店と思われます)

 最後のKOHNANは、恐らく一番最初に撤退したような記憶があります。今ではその場所はRover miniのディーラーとauショップが入っています。C-YOUは地元カスミストア系列のPCショップ。あとは全国区のお店。結局残ったのは道を1本隔てた区画にあるコジマのみ。

 話をishimaruの閉店に戻しますが、私が訪れた日は、完全閉店告知から初めての土日。かなりの混雑でした。買い物を終えて駐車場を出ようとすると、いつもの出入り口が閉鎖。しかし警備員がいるので、出るだけならばと思い声をかけると、「ここからは絶対出られません。上から厳命されているんです」だと。何を馬鹿な事をと、心の中では「そんな事だからつぶれるんだヨ」と思い、狭いところをわざわざ当てつけがましくUターンをし、店を後にしました。

 つくばは車社会ですから、駐車場は混雑するでしょう。そこで入り口を制限するのは当然の事として、何故出口を限定する必要があるのでしょうか。買い物を終えた人は、なるべく早く出て、入店を待っている人達を駐車場に入れた方が良いに決まっています。そこで出口を制限し、決して広くない駐車場をうろうろさせ、事故の可能性も高くなれば、出る時間も遅くなる。全く来店者の立場にたって考えていませんな。

 ちなみに本当に閉鎖したかったら、物理的に入れなくすれば良いのですよ。それを破壊してまで出入りする車などいませんから。それを中途半端に人など配置しているものだから、こちらだって融通がきくものと思うじゃないですか。ま、石丸が悪いのか、下請けの駐車場整備の会社が悪いのか、最後の最後で不愉快な思いをしました。

Satomusencard  気分を変え、オマケ画像。

自分ではかなり貴重だと思っていますが、

サトームセンで使えた、

カセットテープとビデオテープを買うときのみ、割引が適用されたカードです。裏の日付を見ると、「平成5年7月まで有効」とありました。私が高校、大学時代に使いましたが、あるとき秋葉原のサトームセンでテープを買おうと店員に聞くと、

店員「うちには置いてないよ」

ていほう「でも私、カードも持っているんですけど。全店共通って書いてあるし」

店員「はぁ?んなもん知らんよ」

 今はポイントカードが各社から出ていて整理するのも大変な時代。この頃はポイントカードなどヨドバシカメラくらいしか持っていませんでしたし、石丸電気のCDショップでは、毎回売値の1割程度の割引券が出ていたりもしました。

 カセットテープを置いていない店舗は、カードの存在すら知らなかったのか...。

2010年3月 7日 (日)

初めてのリヒャルト

 所属する土浦交響楽団の練習に、今年になって初めての参加。しかも曲は、土響史30余年にして初めて取り組む、Richard Straussの作品。彼の作品はオーケストラの曲としては、難易度の高い方に入る曲が多いのですが、その中では比較的取り上げやすいとされる「Don Juan」。とは言っても難しい事には変わりありませぬ。

Tso2010  ただし私の担当する

Contrabassは、

ViolinやViola,Violoncelloに比べれば、

簡単な方なのでしょう。我々がブンと1つ音を鳴らしたり、ブーと長くのばしている間に、彼らは蟻んこのような数の音符で以て動き回ります。何となく申し訳ない気持ちにもなりますがね。

 例えるならばこのRichard作品。色とりどりのブロックを組み合わせてオブジェを作るようなもの。この組み合わせるのが一苦労。逆にMozartやBeethoven,Brahmsなどは、取り敢えずブロックを組み立てます。その組み立て自体は比較的簡単ですが、それに色をつけていく作業が少々大変。

 どっちみち1つの作品を演奏し、仕上げていくのは大変という事です。では啼鵬作品は!?

2010年3月 6日 (土)

土浦カリーマスターへの道【第八歩】

 恐らくもう称号を得た人もいるのではないかと思われる今日この頃。ようやく私は半分に当たる8個目のスタンプを取得。

Takumicurrygyoza  中華屋さんの、

カレー餃子です。

今までにも食べた事はあるのですが、

その当時はスタンプ・ラリーはやっていませんでしたから。

 このお店では「お客さんで2人目ですよ」と言われました。ちなみに前回訪れた店では、かなりいたようです。その人達はどれくらい残っているのでしょうか。そして、今でも続けているのでしょうか...。

 あ、餃子の方ネ。悪くなかったですよ。ただ「カレー」にする程のものなのか、という問いには少々疑問。もともとの餃子として十分なので、わざわざ数十円高い金を払ってカレー味の方を頼むかというと、私は普通の方で十分です。

2010年3月 4日 (木)

4回目のe-taxで...!?

 毎日毎日、締め切りと睨めっこしながら、馬車馬のように働いている(と自分では思っている)のですが、このBlogの「ビジネス」カテゴリは、1年ぶり。まるで仕事をしていないかのようですが、仕事の中でたくさんカテゴリを作ってしまったので無理もありませぬ。そしてこの「ビジネス」カテゴリで語るのは、確定申告の話が多いようです。

2010kakutei1  さて電子申告元年から数え、

今年で4回目。

もう「楽勝、楽勝~」

とたかをくくっていたのですが、これが大きな落とし穴。4回目にして元年と同じくらい苦労しました。

2010kakutei2  そもそもの格闘の始まりは、

この住民基本台帳ネットカードの、

電子署名が3年で期限が切れていた事。

「えっ!そうなの?」ってな感じですよ。だってカード自体の有効期限は10年間。なのに電子署名は3年間。ちなみにこの割り切れない分はどうするんでしょ...。

 早速自宅近くの支所に行って更新、いや期限切れなので新規取得をしようとしたのですが、「ここは機械が無いんでね、市役所に行って」と言われ、子どもの出生届け以来行っていなかった市役所へ。

 手数料を¥500払い、ようやく取得。はれてパソコンに向かうと、今度は専門用語の応酬で、「コレ何だっけ、この意味何だっけ」と、1年前にやった事を思い出しながら、ようやく進めていきました。

 すると今度は申告書と決算書の値が合っていない!? 「あれ、おかしいなぁ、青色申告会ではチェックしてもらったのに」 どうやら数値を更新した際に「登録」ボタンを押さなかったのか、エラーが出てしまいました。そうこうしているうちに、新たに源泉徴収票が届いたり。「おいおい、コレ源泉扱いだったのかいな、何で今頃くるんだよ」

 すったもんだして、ようやく本日申告が完了しました。う~む、4度目の落とし穴でした。電子申告元年に住基カードを取得されている方ならば、今年は電子署名の更新をしていないと申告が出来ません。意外と多いと思うんですよ、其れ以前に住基カードを取得されている方って、あまりいないと思うし。何しろ普通に生活しているならば、其のカードを使う事はありません。

 まぁ、1年に1度しかやらないから、専門用語なども忘れるし、あたふたするんですわ。取り敢えず来年の申告はそんなに苦労しないと思いますが、果たして次回電子署名の期限が切れるときに、ちゃんとその事を覚えているかどうか...。

2010年3月 2日 (火)

迷曲喫茶あかずの間

 恒例、と言ってもどんなスパンなのか分かりませんが、るりちゃんの単独ライブに出演してきました。

Ruriakazu1  この現場では、

基本Violinを弾きますが、

もう、かれこれ何年になるか...。

彼女の独特な世界に、周りをかためるのは、これまた個性派揃い。もちろん私も含めてネ。また、Bassの松永孝義さんとは、お互いTango奏者でありながら、ここでは全く違う事をするので、それも面白いですよ。

Ruriakazu2  今回の私のブース。

シンプルにViolin,Viola,Cajonです。

そう、Violaを弾いたのは、

ViolinとVioloncelloのゲストがいたので、彼らとの弦楽アンサンブルをするためでした。

 活動するジャンルの違うプレイヤーと共演するのは、とても面白いです。

2010年3月 1日 (月)

20回目の卒業式

 どうやら私の勤務する専門学校。今年で20回目の卒業生を輩出。

Tmu20th1 そう言えば私が勤めてから、

何年になるのかしら...。

最近では学生の中で、

音大卒がいるので、セレモニーでのPiano演奏は、彼に任せています。なのでセレモニーにも、行って参加するだけ。あとお饅頭をもらうか(笑)。ちなみに私自身は年に3日の授業と、~式と付く3日(入学式、戴帽式、卒業式)、合わせて6日しか訪れません。

Tmu20th2  いや、あと卒業式の夜の謝恩会です。

今年は出欠締め切りが、

ちょうど金沢滞在時期だったので、

葉書を出しそびれてしまったのですが、入れてもらえました。

 こういうセレモニーに参加すると、もう春だなぁと感じますね。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ