最近のトラックバック

« 土浦カリーマスターへの道【第八歩】 | トップページ | つくば電気街が...。 »

2010年3月 7日 (日)

初めてのリヒャルト

 所属する土浦交響楽団の練習に、今年になって初めての参加。しかも曲は、土響史30余年にして初めて取り組む、Richard Straussの作品。彼の作品はオーケストラの曲としては、難易度の高い方に入る曲が多いのですが、その中では比較的取り上げやすいとされる「Don Juan」。とは言っても難しい事には変わりありませぬ。

Tso2010  ただし私の担当する

Contrabassは、

ViolinやViola,Violoncelloに比べれば、

簡単な方なのでしょう。我々がブンと1つ音を鳴らしたり、ブーと長くのばしている間に、彼らは蟻んこのような数の音符で以て動き回ります。何となく申し訳ない気持ちにもなりますがね。

 例えるならばこのRichard作品。色とりどりのブロックを組み合わせてオブジェを作るようなもの。この組み合わせるのが一苦労。逆にMozartやBeethoven,Brahmsなどは、取り敢えずブロックを組み立てます。その組み立て自体は比較的簡単ですが、それに色をつけていく作業が少々大変。

 どっちみち1つの作品を演奏し、仕上げていくのは大変という事です。では啼鵬作品は!?

« 土浦カリーマスターへの道【第八歩】 | トップページ | つくば電気街が...。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/47752426

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのリヒャルト:

« 土浦カリーマスターへの道【第八歩】 | トップページ | つくば電気街が...。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ