最近のトラックバック

« つくば電気街が...。 | トップページ | 知られていない納豆 »

2010年3月 9日 (火)

本物のタンメンとは?

 自称タンメン好きの私は、初めて入るラーメン屋でもタンメンをオーダーする事もしばしば。さてその私を、入店する前から魅了したお店が!? 風情ある佇まいに、看板も「湯麺」とあり、これは入るしかない!と。

 果たしてこのお店、私の湯麺食史上、最も重要な店になりました。何がって、ここで出された湯麺が...。

 私は口では湯麺が好きで、と言っておりますが、実のところ知識の方は全くと言って良いほど無く、野菜がたくさんあって、塩味のラーメンだったら「湯麺」と、勝手に思っておりました。

Soupmen  出された湯麺を見て、

なんじゃこりゃ!?

確かに野菜が多く、

塩味の麺ですが、

まるで病人食のように脂分は無く、茹でた野菜と麺を同居させているだけのスープのよう。確かにタンメンは「湯麺」と書くので、これが本来の姿なのでしょうか。もしかすると真の湯麺フリークにしてみれば、「おぅ、コレがホントの湯麺よ。多くの中華屋で出される野菜炒めがのっかってんのは、邪道中の邪道じゃ!」と言われるかも知れませぬ。

Chiyodashirakaba  尤も店によっては、

「タンメン」という単語を避け、

「野菜たっぷりラーメン」など、

当たり障りの無い

ネーミングにしている店もありまする。

 まぁ、肝心の味の方はというと、読者の皆様の想像通りです。茹でた野菜と麺が入った、塩味のスープです。

 私は邪道でも良いから、いつものタンメンが良いなぁ。結局魅了したのは、店の外観だけでした。

« つくば電気街が...。 | トップページ | 知られていない納豆 »

コメント

ていほうさんこんにちは。
やっぱり、スープにコクが必要ですよね。
塩味の麺では残念すぎます。
それでは、完食するのも難しかったのでは?


きっと私の好きなタン麺も、ていほうさんが
好きなものと同じだと思います。
邪道なんですかねぇ?

ある程度、自分の中での定番の味って決まってますよね。それが本当のタンメンだよと言われても…あとは好みの問題でしょうか。
せっかくの食事、物足りなさが残るのはイヤですね。

私はてっきり違うカテゴリーかと・・・。

> こまこさん
 まぁ、まずいもの探検隊をやっているくらいなので、完食が出来ないものはさほど無いですが、何しろ期待外れでしたから。

> 北海道在住希望さん
 量としては標準なので、物足りないという事は無いのですが、この心の隙間をうめてくれるものは...!?

> 芝さん
 いや、まずいわけではないです。もちろん料理としては成立しているものですしね。
 これはもっとちゃんと調べる必要がありそうですわ。

「まるで病人食のように」に思わず爆笑しました。

ていほうさんがこんな記事をお書きになるから、つい好奇心に駆られてウィキってしまいましたわ。書きかけとはいえ、興味深かったです。

> ジーナさん
 一番私が「!?」だったのは、私の好きな「タンメン」、割と地域が限られているようで、例えば名古屋では見かけない、という報告を受けています。

私も見かけたことありませんよ。関東限定じゃないですかね。
同じく野菜たっぷりの五目ラーメンなら知ってますが。

> ジーナさん
 やはりそうですかぁ。ちなみに五目だと野菜の他にも、特に海老が入っている事が多く、私はアレルギーのため食べられませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/47770046

この記事へのトラックバック一覧です: 本物のタンメンとは?:

« つくば電気街が...。 | トップページ | 知られていない納豆 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ