最近のトラックバック

« 手作り万年筆 | トップページ | 首席のセッション »

2010年5月10日 (月)

FinePix S5700

 今まで所有したデジカメの中で、大きい割合を占めるFinePix。かつてデジカメ群雄割拠時代に「果たして今後生き残るのはどのブランドか?」という雑誌の特集でも、そのブランド力を示していたのを覚えています。例えば現在EPSON、東芝、SANYOなどは、当時に比べれば部門を縮小、もしくは撤退という結果になっています。ちなみに「デジカメ」という言葉は、SANYOが商標登録しているというのを雑誌で読んだ事があります。

Fps5700b  さて私のFinePix。

今、現役で使っている機種は、

S5700というもので、

実は日本のカタログに載っていません。海外向け機種だという事で、基本的に日本での販売はありませんでしたが、恐らく発売から随分経ってから、ジャパネットたかたでのみ、販売されたようです。私もそこで買いました。

 当然同等のモデルも日本では発売されました。ただ購入しようと思ったときに色々調べましたが、どうやらこのS5700は、日本向けの機種より、少し機能、性能を落とした感じです。そして何よりも価格が安かったこと。¥19,800。その日本向け機種はスペックが少し良いですが、当時台数限定品の大安売りでも¥29,800していたのを覚えています。

 更にFinePixの弱点ともとられていた記録メディアも、xDピクチャーカードの他、SDカードも使え、更に(決定打!)単三電池4本で駆動するという優れもの。マシーンに機能や性能を追い求めない私にとっては、格好の機種でした。

Fps5700c  日本向けよりも、

スペックが低いと言っても、

レンズ一体型「ネオ一眼レフ」としては、

標準的なものですし、何よりも使っている私が不都合を感じた事はありませぬ。またデジカメであろうが、「カメラはファインダーを覗いて撮るもの!」という信念がある私なので、この液晶は撮影には使う事は無く、結果電池のもちが非常に良いです。

 そして「海外向け」というのが、逆に「日本では一般的で無い」という、人と違うものを持ちたいヲタク心をくすぐり、購入に至ったわけですよ。マニュアルが外国語なのではないかと心配しましたが、ちゃんと日本語のものでした。尤も、たいして読みませんでしたが。

 マシーン系の道具というのは、機能はともかく、性能を追い求めるとキリがありません。「今欲しいけど、少ししたら新機種がでる」の繰り返しです。そして普通のユーザーは、メーカー側の商戦に踊らされます。

 ただ売る側、作る側も、スペックばかりを追求していては、頭打ちになるわけで、そこで例えばデザイン等のファッション性、持っているだけで嬉しくなる、所有する喜び。そういった方向にいくべきなのです。そうなると買う側、使う側も、ただ闇雲にスペックの高いもの、安いものを、という訳にもいかなくなるでしょう。

 生来のメカ好き、アキバ歴30年近くの私が思うに、一部ではスペック以外重視の動きがあるものの、まだまだですな。例えば木製筐体のウッディーPC、握る毎に味がでてくる本革巻き携帯、縫いぐるみのような掃除機、回帰TV(!?)開き戸付き液晶TV等、アイディア商品の域から、インテリアとして、芸術作品として(!!)、まだまだ余地は残されているのでは?

« 手作り万年筆 | トップページ | 首席のセッション »

コメント

> 「カメラはファインダーを覗いて撮るもの!」
激しく同意!体から離して構えればブレるし、室内はいいですが晴天日中の屋外では液晶が見えません。昔の写真屋さんみたいに、頭から黒い布をかぶりたくなります。

海外発売の日本製カメラは、たとえ同一モデルが国内発売されても、表示される型番が違ったり細部(パーツの色とか形とか)が微妙に違ったりしてコレクターズアイテムになることもありますし、まして海外専用モデルで性能・価格比が国内向けよりリーズナブルだったら、これはもう「買い」でしょう。

啼鵬さんの「スペック以外重視」製品群は商品化の予定はありますか?その節には私が去年から夢想している「キートップと表示が漢数字の電卓」などもいかがでしょうか、仕事じゃ使えませんが(爆)。通常の3桁区切りに加えて「億」「万」を挿入して表示する「億万長者モード」付きで、いかが?
通常モード:「一二三、四五六、七八九」
億万長者モード:「一億二三四五万六七八九」←桁の多い数が読みやすい(かも)

> ほーほさん
 マニアはどこに価値を見出すかですよね。尤も高スペックに価値を見出す人をマニアとは言わないと思いますが。
 その電卓、tanomi.comでは実現しそうな企画ですね。でももしかすると中国には存在するかも!?

「スペック以外重視」といへば...
福島の会津には漆塗りの自動車があるそうです。

で、「滅多に誰も持ってない」のは私のデジカメもそうかも。
その理由と妙に安い価格設定だけで買ったシロモノで
FujiFilmの同業他社、黄色い箱のフィルムメーカーのヤツです。
...写りはいぃのだけど、めぼしい機能はなんにもない...

> 響酒@最近タルみ気味さん
 写りがいいのが一番。ちなみにそのメーカー、後輩のマニアがフィルムカメラを持っていて、殆どシャッター音がしないもの。デザインも渋く、逸品でした。マニア向けメーカーかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/48326234

この記事へのトラックバック一覧です: FinePix S5700:

« 手作り万年筆 | トップページ | 首席のセッション »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ