最近のトラックバック

« 仁志さん引退 | トップページ | メロンカレー!? »

2010年6月30日 (水)

もう1つの「Don Juan」

 先日我が土浦交響楽団は、設立34年にして、初めてRichad Straussの作品を演奏。オーケストラ作品の中でも、難しい部類に入るRichard作品ですが、その中では比較的簡単な交響詩「Don Juan」。あくまで「比較的」ですがね。同名のオペラがMozartにあって、そちらは言語の読み方の都合で「Don Giovanni(イタリア語)」です。

 実はアルゼンチン・タンゴにも「Don Juan」という曲があるのですよ。そもそも「Don Juan」とは、17世紀スペインの伝説上の放蕩児のことで、プレイボーイの代名詞として使われます。つまりはRichardの交響詩もMozartのオペラも、同じテーマって事。そしてこのTangoも。

Donjuan2  作曲したのはErnesto Ponzioという、

Violin奏者なのですが、

タンゴ創世記の人で、

生没年などのデータははっきりしていませんが、作曲された年が1898年と言われています。これは現在よく演奏されるタンゴの曲としては、2番目に古いのですが(1番目は1897年作曲の「El Entrerriano」)、何とRichartdの交響詩のほぼ10年後なのです。Richardはこの曲を20代半ばで書いたので、下手すればPonzioと同世代である可能性もゼロではありませぬ。

 さすがにRichardがPonzioの「Don Juan」を聞いたとは思えませんが、その逆はあり得ます。当時ブエノスアイレスは、南米の中にあって、かなり欧州色が濃く、また港町という事もあり、文化、経済、いろいろな面で欧州のものが入ってきました。ちなみにBandoneonがドイツからブエノスに伝わったのも、20世紀初めと言われています。

 またブエノスは世界3大オペラ・ハウスの1つ、テアトル・コロンがありますし、その後Daniel BaremboimやMartha Argerichを生む土壌を考えると、Richardの「Don Juan」も、初演後すぐではないにしろ、取り敢えず南米初演はブエノスでやった可能性は高いですな。

 さてテーマを同じくし、ほぼ同時代に出来たこれらの曲。国やジャンルが違うとは言え、曲のキャラクターは全く正反対。Richardの方は精悍な曲で、勇ましい第1テーマに第2テーマも開放的な明るさがあり、簡単に言うと「カッチョイー」曲です。

 そしてTangoのPonzioの方はと言うと、かなりすっとぼけた感じで、編曲者によっては、其れを更に強調し、間抜けな雰囲気にしたりも。一言で言えば「楽しい」曲です。

 まぁ、この違いはRichardの方は、「Don Juan」の筋書きを音楽にしているもの、Ponzioの方は「プレイボーイの代名詞」という事でのものでしょう。ちなみにPonzioはこの曲を当初違う題名を付けていたのですが、ファン・カベージョという人に捧げるときに、今の題名に改題したそうな。カベちゃんは余程のプレイボーイだったんだろうね。

 ここで付け足し考。今回のように、クラシックとタンゴのような大衆音楽で、同じタイトルの作品って、どれくらいあるのでしょうか。もちろん探せばたくさんあるのでしょうけど、そのジャンル内ではそこそこ有名になっているものに限れば、あまり見あたらないのかも知れませぬ。ちなみにTangoにおける「Don Juan」はそこそこ有名どころか、スタンダード曲です。

« 仁志さん引退 | トップページ | メロンカレー!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/48762760

この記事へのトラックバック一覧です: もう1つの「Don Juan」:

« 仁志さん引退 | トップページ | メロンカレー!? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ