« 食べるラー油 | トップページ | 渡英前夜 »

2010年9月16日 (木)

2枚の新譜

 昨日発売されたNAOTO君のアルバム。私も編曲をして制作に携わったので、手元に届きました。

Naotokashiwagi ...って、封筒を開けると、

もう1枚、柏木さんのも。

何かやったっけ?と、

取り敢えずプレイヤーにかけると、聞いたような曲。

おぉ、これ私が弦楽の編曲をしたんだ。しかもアルバム・オープニング!...いや、編曲するときにご本人から聞いたかも...。すみましぇん、すっかり忘れていました。そもそも楽譜を納品しただけで、録音には立ち会っていないんですよ。

 しかもオープニングって事は、前回の「Deja vu」に引き続きですか。そんな大役を忘れるとはねぇ。

 そしてNAOTO君の方は赤いジャケット。いや、オレンジかな。白~青~緑~赤と、国旗の色リレーみたいな感じですが、次は黒でゲルマン系にいくか、黄色でラテン系にいくか、それとも...!?

« 食べるラー油 | トップページ | 渡英前夜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

柏木さんの新譜、「何かやったっけ?」って・・・啼鵬さんの本気で悩んでいる表情が眼に浮かびます(笑)

NAOTOさん新譜聴きました♪
全体を通して良い作品でした。
「Etude for Children No.1 "Spanish"」は特に気に入ってしまいましたよ!
年末のJCBホールが楽しみです。
もちろん啼鵬さんも観に行きますよね???(あ、答えなくていいです・笑)

ていほうさんこんにちは。
金髪さんのアルバムはオレンジですよ。ちなみに、
2009年のコンサート・サイドのアルバムが黒のジャケットでした。
CDの宣伝文句のアレンジャーさん名前の中に、しっかり、ていほうさんの
お名前ありますもんね。
大きいバイオリニストさんのFC会報にも、スーパーアレンジャーさんとして、
お写真載ってましたよ。お忙しいわけですね。

柏木さんのアルバムはブルーソファレコーズの記念すべき第一弾アルバムですよね♪そのオープニング曲をアレンジされたのですね。
NAOTOさんもデビュー5周年アルバムようですね♪

2枚ともおめでたいアルバムですね。

ていほうさん、こんばんは。
NAOTOさんのPrism、本当にどれも素敵な曲ばかりですが、
ていほうさんがアレンジに参加された
Etude for children No.1"Spanish"は
最初聴いた時凄すぎて鳥肌が立ちました。
実は福太郎さんのヒーリングライブで一度聴いているのですが
それでも鳥肌でした。
Kaleidoscopeも可愛くて幸せな気持ちになる曲ですよね。
ていほうさんのアレンジはNAOTOさんの温かい部分を
すごくひきだしておられるような気がします。
ちなみに今回のジャケットには、黒も…(笑)。
それでは長々失礼致しました。

> 北海道在住希望さん
 JCBホールって...。知りません。Classic系のホールならば、都内は元より、地方でもかなり回りましたけどね。
 そんなレベルです。

> こまこさん
 確かに黒っぽいですが、他のアルバムは明らかに背景色としての色だと考えると、単にホールの客席が暗いだけ、という印象です。尤も録音した場所はClassicのホールだし、その部分だけでも十分ゲルマン系かな。でも曲目はラテンやスラブでしたが...。

> 幸子さん
 そう、前回の仕事はbluesofa Recordsの第一弾。あのときは正に同じ科の先輩がPianoだったので、緊張しましたね。

> michiさん
 編曲は元の曲あってのもの。生かすも殺すも編曲次第ではありますが、そもそも原曲がなければ始まりません。料理で言えば曲は材料。編曲は料理をするという行為です。
 NAOTO君の作曲の才能が羨ましいですよ。

料理に料理方法や下ごしらえ、スパイスは欠かせないわけで、
それら次第でどんな料理にも変身できるわけで。
NAOTOさんの骨格で啼鵬さんのスパイス、素敵な相乗効果です☆
初めて聞いた時本当に「やられた」と思いました。
いつか自分で弾けるまで…

> みほさん
 有り難うございます。今後も精進せねば。
 料理の方は...!? 最近は千切りキャベツをいかに細く切るかに凝っています。

柏木さんの新譜を聴いて、「またまた柏木さんネタで恐縮ですが・・・」と曲の感想なんぞコメントさせていただこうと思っておりましたら、しっかり ていほうさん の元にも、新譜が届いたのですね^^
そうですよ!アルバムトップの曲。しかもタイトルはアルバム自体のサブタイトル『relation』と同名です。
すばらしいストリングスアレンジですね!
この曲、25弦琴が入っているわけですが、カバキーニョとかキーボードとかNAOTOストリングスとフルートに、そして柏木さんのチェロ。みなさんのコーラス。なんと!多彩なそして心地よい、でも未知の異空間にでもいるような、そんな気分にさせられる曲です。
すごく元気をもらえる、まさにrelation=つながり=絆を感じさせる曲です。

ていほうさんは今日からイギリスとか。お気をつけて。天気がいいといいですね!

> Hiromiさん
 ちなみにその25弦を弾いている中川かりんちゃんは、かつて同じ茨城県民。お父上様のFlute奏者中川昌三先生には大変お世話になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2枚の新譜:

« 食べるラー油 | トップページ | 渡英前夜 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ