最近のトラックバック

« 地元で世界初演 | トップページ | 広島天を自分で »

2010年10月18日 (月)

弦楽合奏講習会講師【下】

 7月に1回目の講習会を行った弦楽合奏講習会(2010年7月8日参照)。その2回目が行われました。

Strseminer2  いや、正確には3回目のようで、

2回目は各楽器の講師でパートごと、

そして3回目の今日は、

私の全体合奏という形のようでした。

 7月のときにも全体合奏はみたのですが、そのときと比べると、格段に上達していて、合奏の集合体としても、まとまりがでてきました。惜しむらくは編成の人数配分。Violoncelloが多いのは人気のせいか仕方ないですが、なんとViolaも多いのです。Violinが1st、2ndとも少なく、それぞれ今の倍は欲しい、というくらいの人数。

 それでもViolinは幼い頃からの経験者が多く、何とか合奏の全体を牽引出来ています。そう、逆に言うとViola、Violoncello、Contrabassは、高校生になってから始めた、という人が大半。管楽器に比べれば上達のカーブが緩やかな弦楽器。初めて半年という人も多いというのに、私の要求にもよく応え、Mozartの名曲「Eine kleine Nachtmusik」の1楽章と終楽章を演奏していました。

 土浦第一高校、勝田高校、下妻第一高校の合同弦楽合奏団。各学校、普段では味わえない、大編成の弦楽合奏団だと思います。生徒の皆さん、弦楽合奏の、そしてMozartの魅力を十分に堪能してきて下さい。

« 地元で世界初演 | トップページ | 広島天を自分で »

コメント

誘ってくれれば、臨時講師で行ったのに。w)

嘗て私が関わった(関わらざるを得なかった?)某高校ONGK科の弦楽合奏はここまで完成はしなかったですヨ・・・

ていほうさんこんにちは。
楽器はじめて半年でMozartを演奏するなんてすごいですね♪
Vnを子供の頃に経験していたとしても凄い。
合同弦楽合奏団の練習は勉強になるでしょうね。
数ヶ月で目に見えて上達しているってことは、本番はますます楽しみですね。

あれ?臨時講師のコメント(笑)

初めて半年でってすごいですね!
もちろん相当な努力も必要でしょうけど。
刺激しあえて良い経験ですね。
私も習ってればな…

臨時講師の方、ブリッジとか教えちゃダメですよ(笑)

> ぽっぱぁさん
 おりょ、そうかネ。実はViolinは経験者が多いのに比べ、Viola以下は初心者が大半。そっちを指導して頂く事になるが...。

> ゴルゴさん
 要はやる気さ。この生徒さん達は、楽器を弾く事を特別な事と考えずに、運動部に入るのと同じレベルで弦楽部に入部しているからネ。Violaの男の子が「弦楽器をやるって、格好良いと思って入部しました」と聞いて感心したものだ。

> こまこさん
 そう、Mozartの凄いのは、初心者は初心者の、プロ級にはプロの、それぞれに対応しうる曲だって事。彼らは彼らで良い音楽を奏でていました。

> 北海道在住希望さん
 今からでも全然遅くないですよ。何しろ私のBandoneon教室の生徒さんは、六十を過ぎた人も何人もいましたから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/49782615

この記事へのトラックバック一覧です: 弦楽合奏講習会講師【下】:

« 地元で世界初演 | トップページ | 広島天を自分で »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ