最近のトラックバック

« 急遽NHK大阪へ! | トップページ | 武満徹生誕80年 »

2010年10月 3日 (日)

英国の即席食品

 話題はイギリス関係に戻ります。

Inst_english  今回滞在中にも食べたのですが、

お土産にはインスタント食品をいくつか。

そもそもイギリスは食べ物がまずい、

という定説がありますが、

中でもインスタント食品はどうかと。まぁ、滞在中に食べたヌードルは、かなりキビしいもの(2010年9月25日参照)。恐らく日清が初めてこの世に出したカップヌードルの方が、全然良いのではと。

 案の定買ってきたものも、ケミカルな感じとチープな感じはぬぐえませぬ。ちなみに日本のインスタント食品は、チープならチープなりに美味いところがまた凄い!

 さらにパッケージ。日本のものは、半分嘘でもとても美味しそうな写真がパッケージに印刷されていますが、こちらのはあまり美味しそうには見えませぬ。もちろん写真でなくても、いかにも美味しそうな雰囲気を醸し出すデザインとかね。例えば永谷園のお茶漬けのような。デザインで言えば欧州の方が最先端かと思っていましたが...。

 ところでイギリスの食べ物がまずい事。いや、肉も野菜も実は良質のものはあるようで、でなければ今回の滞在時のような、美味しいフレンチやカレーは食べられませぬ。まさか食材まで全部本国から輸入しているワケではないでしょうし。要はレシピです。だってその逆なら十分あるでしょ、残り物や多少品質のよくない材料でも、料理次第で美味しくなるからねぇ。

 まぁ、インスタント食品が不味いって事は、あまり競争や発展が無い事。つまりは本来の食事が美味しいため、不必要で市場が育たない。と解釈したいところですが、そうでもないのでしょう。素材は良いのに...。

« 急遽NHK大阪へ! | トップページ | 武満徹生誕80年 »

コメント

インスタント食品って高カロリーで塩分多くて体に悪そうというイメージがありますが、イギリスのはパッケージからして体に悪そうですね(笑)
日本のものはそれでも美味しいから食べてしまいますが、不味いとなると・・・
でもちょっとどんなだか食べてみたいという興味だけはあります(汗)

いやぁー食べてみましたヨ。自分が日本人だということが良く分かりましたね。もう一つありますので近いうちに食べてみますね。

ちらっとウェブを見たところでは、青い袋に入ったBatchelors super noodleシリーズは本国では「はやい、やすい、うまい」で好評なようです。「スーパーのプライベートブランドの方が安いけど、わたしは絶対バチェラーズ!だってテイストが何種類もあるし、全然おいしいもん!」(かなり意訳あり)というご意見もありましたよ。やはり英国人と日本人の味覚は違うのか、それとも彼らはまだ日本のインスタント食品を知らないからそんなこと言ってられるのか・・・謝罪ラ王でつまずいた日清の次なるターゲットは英国で決まり!?

> 北海道在住希望さん
 逆に「良薬口に苦し」で不味いものにこそ、身体に良いという感じなんでしょうか...!? いやぁ、薬じゃないですからね。もしかすると、英国人はこれを美味しいと思っているのかも知れませぬ。

> ゴルゴさん
 世界各国のインスタント食品は、それぞれの文化を反映しているのかも知れない。日本の其れもな。

> ほーほさん
 やはり味覚の違いか...。そうなると、私が食べた(英国での)美味しいフレンチやカレーは、英国人にとっては!?
 そう言えばこの前ラジオで、日清が各国で売っているカップヌードルの味をレポートしていました。国によってバージョンを変えていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/49642392

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の即席食品:

« 急遽NHK大阪へ! | トップページ | 武満徹生誕80年 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ