最近のトラックバック

« 秋田で不健康万歳! | トップページ | 神栖市民音楽祭2010 »

2010年12月25日 (土)

松本兄弟の原点

 「松本兄弟」と書いて、「マツモトブラザーズ」と読む。そう、松本兄弟は実際に血の繋がった兄弟ですが、ユニット名でもあります。その松本兄弟の原点とも言える仕事場(お店)に行ってきました。

Meine2  東京は台東区寿町にある、

ドイツビアレストランです。

我々は21年前、

レギュラーで出演されている演奏家の方の、急遽代役として、3日間だけ出演しました。私も弟もネット上で公言出来るような年齢ではありませんでしたが、まぁ今となってはね。そう、まだ「啼鵬」を名乗る前です。と言っても、この少し後には、「啼鵬」が誕生するはこびとなるのですが。

Meine4  21年ぶりに訪れたのですが、

店内はあの頃と全く変わっていませんでした。

変わったのは、

店の近くに大江戸線が通った事くらい。当時は御徒町からバスに乗って、この店に通いました。

Meineduo_2  今回は内輪のパーティー演奏でしたが、

演奏した内容は、

当時も似たようなものでした。

 っつーか、Pianoの音も21年前と同じまま!?

Meine6 いやはや、

ピッチが何とも筆舌に尽くしがたく、

逆にこういった場には似合っていましたが、

この状態では調律も出来んだろうなぁ。

 演奏の合間に食べたソーセージの味も、21年前と全く変わっていません。実はそのときの写真を、店長さんが持っていて、よくよく見ると、弟の使っているViolinは、まだ身体が小さかったため、何となく4分の3の大きさだった感じもします。

 有名クラシック曲からライトなもの、歌伴奏まで何でもやりましたが、「何かナツメロやってくれ」とお客さんに言われ、弟は「えーと、ナツメロ、ナツメロ...」と、楽譜の中から「ナツメロ」というタイトルの曲を探していたのを思い出します。そんなレベルで仕事をしました。

Meine7  そして変わっていなかったのが、

店長さん。

21年前から全く。

彼も我々の事を覚えていて下さり、写真までずっととってあった訳です。

 幼い弟とまだ未成年の兄。兄弟が「社会」を学んだ貴重な場で、「松本兄弟」の原点と言える店。文字通り「全てはココから始まった」と言うべきでしょう。職業音楽家啼鵬の始まりです...って、まだ学生でしたが。それも高校生!

 涙無しには語れない、松本兄弟の原点。今度は純粋に客として来よう。

« 秋田で不健康万歳! | トップページ | 神栖市民音楽祭2010 »

コメント

どんどん世の中が変化していく中、21年変わらない思い出の場所が残っているって素敵ですね。
 「松本兄弟」の原点とも言える場所が"ビアレストラン"だったとは!
なかなか幼い兄弟が演奏する場所ではないですよね(笑)

店長さんと再会した時は涙が出てきましたですよ・・・。それにしても店内はまったく変わっていなかったですね。タバスコの瓶のでかいのが目に付いたくらいですよ。今度は客として行きましょう。

> 北海道在住希望さん
 もちろん一緒に演奏する事自体は、ガキの頃からやっていますが、2人で仕事を始めたのはコレ。バブリーな時代でした。

> ゴルゴさん
 私なんぞは、店の階段を見ただけで涙が溢れてきそうだった。今から思えば、凄い事をしていたもんだ。

見つけちゃいましたぁ。

先日は本当に有り難う御座いました!
本当に、本当に嬉しかったです。
まさかまたお二人の演奏を聴けるなんて思ってもいませんでしたから・・・
しかも同じ場所で!

お陰様でマイネクライネも今年の10月で30歳になりました。
幾度となくピンチを迎えた事もありましたが、諦めないで続けていて良かったと、今回初めて本気で思いました。

どうぞお二人共、お身体には気を付けて、益々のご活躍を台東区の片隅からお祈りしています。

> マイネクライネさん
 おぉ!これはこれは。先日はお世話になりました。お店の飾りからテーブル、椅子まで何も変わっていなくて、あの頃にタイムスリップしたようでした。
 我々兄弟の出発点です。一生涯忘れる事が出来ない場です。また顔を出しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/50400022

この記事へのトラックバック一覧です: 松本兄弟の原点:

« 秋田で不健康万歳! | トップページ | 神栖市民音楽祭2010 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ