最近のトラックバック

« 傳田高廣クラリネットリサイタル「絆」 | トップページ | 渡英の理由 »

2010年12月12日 (日)

葉加瀬博士の助手

 収録したのは随分と前なので(2010年10月26日参照)、もうお忘れの方も多かったかと。ようやく放映されました「題名のない音楽会」。

Hakase1_15 このコスプレに驚かれた方も

多いかと思いますが、

ノーベル音楽賞を狙っている博士と、

優秀な助手という設定。いやはや、何とも...。

Hakase1_20  しかし司会者のマエストロ、

佐渡裕先生もこの眼鏡!?

もしかして地毛カツラが羨ましかったのかも...。

今年最後の衝撃画像でしょうなぁ。

 ところで私が今回演奏した楽器群(というほどのものでもないですが)、管弦打と制覇。前回この番組に出演させて頂いたときは、Bandoneonでしたので、毎回違うわけですよ。とくれば次回は!?

 ちなみに私のテレビ初仕事が、この局がかつてやっていた、ちびっ子のオリジナル作品を演奏する、某大手音楽教室のコンサート番組。伴奏するシエナウィンドオーケストラのElectric Bass奏者として。今回は原点回帰(!?)みたいな感じで、Contrabassを弾かせて頂きました。

« 傳田高廣クラリネットリサイタル「絆」 | トップページ | 渡英の理由 »

コメント

こんにちは、ご無沙汰しております。今日は夜勤入りなので、朝普通に起きて見ました。なかなか見事なお姿でしたね!さっき録画したのをまた見てしまいました。

葉加瀬博士には、先日ツアーで松山に来られたのを見に行きましたが、結局今年は啼鵬さんには会えませんでしたね。来年はどこかで!

見ましたよ!!
葉加瀬博士の実験、面白かったです(笑)
啼鵬さんもたくさん映ってましたね。

「ひまわり」のStrings、1st Vn.は牛山玲名ちゃんですか?

録画ですがもちろん見ました!!!
「題名のない音楽会」ってこんなカンジの番組だったっけ?と、みなさんの姿には少し驚きましたが、とても面白かったです。
啼鵬さんの編曲、さすがだな~と関心!
啼鵬さんのまわり、沢山の楽器が置いてありましたね~。
コミカルなコスプレから一転、「ひまわり」の凛々しいみなさんのお姿にはグッときました。

今日の日を首を長ーくして待っていました。

なんとも楽しい内容でしたね。
ていほうさん、學ラン似合ってましたよ。
葉加瀬さんの額の♪には笑いました。

毎朝聞いている「ひまわり」ですが、今日はいつもに増して
感動的でした。

こちらの告知より、すぐさま手帳に書いたのに…危うく忘れそうになりました;


助手姿を拝見し、「あー、ていほうさんだ♪」と何の抵抗もなく…
それでも最後には素敵なお姿と、最後の一音がジーンと心にしみたのでした。

想像以上の内容でした。是非シリーズ化を熱望いたします。

見ました~^0^
コントラバスかっこよかったです。
ていほうさんは本当になんでも弾きこなすんですね~。

しかし題名のない音楽会・・・。最近、趣向が変わっていますか?

おもしろいですよね!
またのご出演、楽しみにしております。

珍しく早起きして(笑)リアルタイムで拝見しました。
コスプレ、楽しかったです。またどこかでやって頂きたいです(笑)

ていほうさんこんばんは。
今日の放送観ましたよ~。いやー葉加瀬博士の助手でしたか。
楽しかったです。ていほうさんなかなかお似合いでしたよ。

それにしても、うれしそうに博士になりきっていた葉加瀬さん、
やっぱり凄い人ですわ!彼のライブもある意味、実験的な楽しいこと
よくやってますもんね。

演奏会お疲れ様でした。連日ハードなスケジュールなんですね。本当にすごい。

私は帰ってきてから今録画を歯磨きをしながら見ました。楽しかったです。あの、ミニホルンがかわいい。他にもピアニカとかいろいろ置いてあったけど(銅鑼も?)、あれは使わなくて予備だったのかしら?

ていほうさん、こんばんは。
先程録画で拝見しました。
中々楽しげな内容で、でも多分かなり高度な事をされていたのではないでしょうか。
ていほうさんのマルチプレイヤーぶりに改めて感動致しました。
マエストロも、いつもよりリラックスしていらっしゃったようで(^^)
番組全体がアットホームな雰囲気で良かったです。
是非シリーズ化して欲しいですね。
因みに学ラン姿のていほうさんが、
一瞬某テレビ局のマスコットに入っていた頃の
Y田さんに見えたのは私だけ…ですよね(^^;)

待ちに待ったこの日がやっと来たって感じです。
めっちゃ楽しかったです。編曲次第であんなに変わるなんて、ホントすごいなぁと、朝から感動しました。

ていほうさんは、初仕事で出たというあの番組、今日の美人秘書も子供のころ出られたはずですよ…天才の少年少女の出ていたJOCで間違いなければですが…。

> 律子さん
 何しろ今年は、劇伴などの裏方作業が多かったですからね。来年はどんな年になるのでしょう。

> 里沙さん
 そう、牛山さんです。恐らくViolin Summit以来かしら。

> 北海道在住希望さん
 黛先生時代では考えられない企画ですよ。墓前でお詫びしなくては...!?

> umi(Rヶ崎)さん
 学ランは中学以来です。もう一生着ないかと思っていました。

> 智子さん
 サイトの方には告知する余裕が無かったので...。よく覚えていて下さいましたね。

> ゴルゴさん
 問題は内容だな。あくまで「実験室」だから、実験の要素があるテーマでないといかん。

> Hiromiさん
 趣向と言えば、黛先生が亡くなられてからは、結構いろいろな方向にいったかと。

> 芝さん
 シリーズ化すれば当然衣装も定着するのですが...。

> こまこさん
 ノーベル主演男優賞ですな!

> HIROKOさん
 そう、ディスプレイです。いろいろあった方が良いかと。

> michiさん
 実際には濃い内容だったんですが、そこまでどれくらいの人に分かって頂けたか...。

> ののさん
 おぉ、そうですか。私の友人も出た事があります。多いんですよ、この業界ソコ出身の方が。

番組中、爆笑しっぱなしでしたw
再放送も見よう!

> かんおさん
 おぉ!そちらでも見て下さいましたか。これでまた1つ、生き証人のネタが増えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/50279202

この記事へのトラックバック一覧です: 葉加瀬博士の助手:

« 傳田高廣クラリネットリサイタル「絆」 | トップページ | 渡英の理由 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ