最近のトラックバック

« 午前様明け | トップページ | 納豆チップル »

2011年1月16日 (日)

「てっぱん」最終セッション

 その午前様になった仕事とは、NHK連続テレビ小説「てっぱん」の最終録音の事でした。番組はご存じの通り、半年間やっていますが、録音は3回行っています。

Teppanlast1  最初の録音が一番曲数が多く(2010年7月22日参照)、

2回目(2010年10月15日参照)、3回目と

新たに必要になってきた曲を録音するのですが、

今回はもう最後の方に使われるであろう、ドラマの収束方向のためのもの。と思いきや、意外にそうでもなく、新たにメイン・テーマ級の曲も書いたり。

Teppanlast4  録音は夕方から始まり、

終わったのが深夜零時半を過ぎていました。

曲数でいけば1回目が一番多いのですが、

内容的には2回目、3回目と経る毎に大変でしたねぇ。

Teppanlast2  今回のセッション、

影の功労者はContrabassの赤池光治さん。

彼はほんの数個の低い音のために、

弦が5本あるContrabassを持ってきて下さいました。

 大編成のOrchestraには、ContrafagottoやTubaのように、(4本弦の)Contrabassよりも低い音が出る楽器はあるのですが、大体において、Orchestraで最低音を受け持つのはContrabass。その一番低い音よりも、更に低い音を奏するために5本弦のContrabassがあるのですが、これがまたスゴい。普段聞いていない音域の重低音という感じで、その音1つ出ただけで「おぉ!」って感じです。番組のどこかで使われれば、皆さんも「おぉ!」ってなりますぜ。でも、低音が良く聞こえるスピーカーの付いたテレビでね。

Teppanlast5  またこの方が、

今回ストリングスに参加。

お馴染み芸大首席君。

昨年はSwing Cityで何度もセッションさせて頂きました。またセッションしたいね。

Teppanlast6  そしてこのお二方。

1回目のセッションから、

ずっとお付き合い頂きました。

劇中、スバラシイSoloを聞かせてくれている、Violoncelloの江口心一さんと、ストリングスのリーダーも務めているViolin、今野均さん。彼らのお陰で、私の思い描くストリングスが、現実のサウンドとなり、劇中の音楽の核になっていた事は、言うまでもありませぬ。

 録音もこれで終わり、長かった私の仕事もオシマイです。何と、今度うちの近所の学校(重要文化財)では次の朝ドラの撮影も行われると言うし、もう制作側はどんどん先へ先へ。

 そうねぇ、あとはよく原作者などが番組に登場するってのがあったらね。原作者が最終回でエキストラ的な出演をしたり、このBlogの読者の大半は、榊原大さんが「ファイト」に出演したのも覚えている事でしょう。

 例えば富司純子さん演じるおばあちゃんが、あかりに「大阪やったら、この人のViolin聞かなあかんで」と言って、太郎さんが本人役で出演。ワタシは演奏会の切符もぎり役とかね。あとはハマショーバンドに参加。岩崎センセが「今日はね、強烈な助っ人がいるよ」と言って、学ランに白衣、瓶底眼鏡姿のワタシが、ポケットホルンを吹く!...って、局が違うぢゃないか、局が!

 以上、ワタシ個人の妄想で、NHKサイドとは全く関係無い独り言ですので、誤解の無いように。

« 午前様明け | トップページ | 納豆チップル »

コメント

回答出てから言うのもなんですが・・・「てっぱん」のRec.かな?と思ってました(汗

啼鵬さんの妄想ストーリー楽しいですね!
最終回でハマショーバンドとなおていが対バンとか、あかりの本当の父親は(トレンチコート着た)太郎さん扮するトランペッターだったとか・・・。

いやいや冗談はさておき、今後のストーリーも音楽もとても楽しみです。
サントラ、1枚組じゃ収まらんじゃろうなー。

私も『おのみっちゃん』のお客で…、などと妄想してます。尾道焼美味しそうですものねぇ。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

午前様お疲れ様でした!
こういった長期ドラマになると、ドラマの途中で新しい曲が追加されていくのですね。初めて知りました。
ところで2枚目の二枚目にお仕事されてるていほうさんのお写真はどなたに撮っていただいたのですか?すみません、ふいに撮られたのか、頼んで撮ってもらったのか、細かいことが気になっただけなんですが。

「てっぱん」は次第に私たちの脳髄を侵しつつあります。
当社の取引先の某大手印刷会社様からの電話を「てっぱん印刷の○○さんからお電話でーす」と取り次いでしまったのは私です。
大変困っています。
そういえば、昨夜はあれから筑波大に立ち寄ったりしたので、「新日曜名作座」も途中まで聞きました。竹下景子さんがあんなに多様に演じ分けられる女優さんだったと初めて知りました・・・じゃなくて、もはや今の日本は啼鵬さん無しでは夜も日も明けぬ有様なのを改めて認識しました。

NHKフリークのていほうさんとしてはとっても名誉なお仕事だったのではないでしょうか?月9に某金髪さんもセリフ付きでお出になられたことですし、ていほうさんも是非ともセリフ付きで出演して下さ~い!

> 北海道在住希望さん
 いやホント、何で1枚しか出さんのだ!って感じですよ。最低でも2枚組でしょう。それくらい採用されなかった名曲名演があります。

> あさみすとさん
 おぉ、おのみっちゃんで背中をまるめて食べている一般客ね。やりたい。

> ジーナさん
 撮ったのは私のアシスタントです。いつ撮ったか分かりませんでした。今回の写真は、全て彼に撮ってももらいました。

> ほーほさん
 いやぁ、たまたま朝ドラと夜のラジオと重なっただけです。竹下景子さんのあの気っぷの良い深川芸者の感じ、好きです。ナレーションは竹下さんと西田さんが交替でやっていますが、さすがベテランだなぁと思いました。

> 芝さん
 昔演劇にもミュージシャン兼役者という事で出演しましたが、台詞自体にはたいして興味ななくて、逆に台詞無しで存在感のあるキャラの方が凄くないですか?ワタシの目指すのは其れです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/50600506

この記事へのトラックバック一覧です: 「てっぱん」最終セッション:

« 午前様明け | トップページ | 納豆チップル »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ