最近のトラックバック

« それでもシメは | トップページ | 黄色い新幹線 »

2011年1月30日 (日)

生涯一作

 「てっぱん」のサントラの発売日と同じ日に、気になるアルバムが発売されました。このアルバムを知ったのは、先日福岡のnew combo。そのチラシのうたい文句にグッときて、思わずその人の事を何も知らないのに、本人サイトから直接購入。

 その方、Jazz Drumerの田鹿雅裕さん。そして参加したアルバムをみていくと、「平賀マリカ/My Shining Hour」。あれ、コレ私持っているわ。そう、マリカさんは友達なんですよ。なので彼女のアルバムはいくつか持っているのですが、其れに参加されていたとは!知らないうちに田鹿さんのプレイを聞いていたんですねぇ。

Tahjimarica  話を戻します。

田鹿さんのアルバム、

チラシのうたい文句は、

敢えてここには載せませんが、よくあるレコード会社の、売らんがための大袈裟なキャッチフレーズとは全く違って、私なんぞはその一文の冒頭を読んだだけで、目柱が熱くなりました。恐らくこれは、団塊の世代が中島みゆきの「地上の星」を聴いて涙するのと同じ感覚でしょうな。長いキャリアの中で、もちろんイイ思いもしたでしょうけど、イヤな思いもたくさんした苦労人なのではと、それがにじみ出ているような一節。しかもジャケットの彼の穏やかな表情からは、温かい人間味が溢れています。

 奇しくも田鹿さんは、近々茨城で演奏する機会があるので、聞きに行ってみようと思います。アルバムの内容?スバラシイに決まってるじゃないですか。「生涯一作」ですヨ。

« それでもシメは | トップページ | 黄色い新幹線 »

コメント

日時をお知らせください。

そのうたい文句…
私は「JAZZ JAPAN」で拝見いたしました。
その”生命の証”を!…の大きな文字の下に書かれた3行に泣きました。(嘘でも大袈裟でもないです。)

ゴルゴさん、「Tahji」レコ発ツアー茨城公演は2月11(金)ですよ!
ツアーは吉祥寺SOMETIMEからスタートし、都内近郊では、御茶ノ水NARUや関内のBar Bar Barなどお馴染みのお店で行われますscissors
残念ながら私はどれも行けないのですが…
メンバーも筋金入りですね。

> ゴルゴさん
 田鹿さんのサイトにあるよ。このご時世、ネット環境があると、自分で調べられる事は、山ほどある。

> のりこ先輩さん
 ちなみに隣のページには...。
 私も同じような立場なので、その気持ち、よく分かるんですよ。もちろん、私も悔いはないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/50733715

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯一作:

« それでもシメは | トップページ | 黄色い新幹線 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ