最近のトラックバック

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

ビジネスマンのための!?

 この日は夕方出勤。仕事を済ませて食事は...。よし、あの立ち食いそば屋へ!って事で行ってみると、その店が無い...。あちゃーOOSAKI病ですわ。しかも、某Fそばと並び有名店(実際には規模が全然違いますが)。

 こういうときは、既に頭の中が「蕎麦」になっているので、他のものを食べる気にはならんのですよ。して通りの反対側を見ると、こんなところにそば屋が!? 早速入店。

 店構えは立ち食いそば系ですが、カウンター、テーブルにそれぞれ椅子が。また小ぎれいで、BGMも今風なので、雰囲気はかなり違う感じ。ここも生そばを茹でるようで、少し待たされました。しかも席にいると、店員が運んでくる!水もだしてくれる!! 更にはカレーうどんには紙エプロンまで付いてくる!?

Bentenset んで頼んだのが、

セットメニューでなく、

それぞれ単品。

たぬきそばと梅しらすご飯。単品で頼んでも、セットメニューくらいの値段でした。味も申し分無し。

 しかしこの手の店に意外と重要な要素が欠けているような...!? 基本ビジネスマン相手の店のハズなので、その種の活気というか、静か過ぎるんですわ。まぁ、日曜の夜だったって事もあるので、客は少なかったですが、それにしたってやはり「何か違う」感は否めず、ただでさえ入れ替わりの激しい地区、この店も大丈夫かなぁ、というのが本音。

 そもそも当初目当てだった店がなくなっているくらいですから。あと足らないと思ったのは量かなぁ。ボリューム的にセットメニューを食べたハズなのに、あまり満腹感が無く、正直あとラーメンでも食べようかなぁ、と思ったくらいですヨ(さすがに食べませんでしたが)。

 ちなみに行こうと思っていた店は、量が多い事でも有名。もしや私の頭が、量も含めてイメージが焼き付き、現実が其れに追いつかずに、通常の量でも満腹感が得られなかったのか...。

2011年2月26日 (土)

ドラマの波及効果

 NHK連続テレビ小説「てっぱん」もクランクアップし、あとは編集、そして最終回までのオンエア。

 そんな中、世のお好み焼き屋さんはと言うと、どうやら朝ドラのおかげで(!?)、盛り上がっている様子。

Teppanposter  先日入ったお好み焼き屋さんの

店先に貼ってあったポスター。

やはりドラマのテーマによって、

波及効果があるのでしょう。撮影終了記念パーティーで、お好み焼き指導された先生がおっしゃっていましたが、このドラマのお陰で、お好み焼き屋の売り上げ、また製粉業界の売り上げがアップしていると。私の地元でも、お好み焼き屋さんの外に、何本もの「てっぱん」の幟が立っていました。

 そう言えば放送開始直後、入ったお好み焼き屋さんでは、反応が無かったっけ(2010年10月19日参照)。あれからそのお店には行ってませんが、もしかするとポスター貼りまくりぃの、幟立てまくりぃの!だったりして。

2011年2月25日 (金)

3回も延期!

 とにかく待たされました。私の大好きなJazz Pianist、Brad Mehaldauの新譜。当初2011年1月11日発売でしたが、それが18日に延期。しばらくすると、2月8日に延期。更に22日に延期と、3度も発売日が延期になったのですよ。

Bmmarciac 私が中学生の頃より、

CDを買いあさり始めて、

新譜の発売延期、

というのはこれが初めての経験。

コレって珍しいものでは無いのでしょうか。

 そもそも「発売延期」って、何故起こるんだろ。しかも数日単位の話ですよ。制作が間に合わなかった、何てのは無いハズ。まぁ、私もこの仕事をしていて、発売日が意外と早いアルバムの制作も、今まで無かったワケではありませんが、それも数日ずらせば間に合う、なんてレベルなんだろうか。

 恐ろしくマニアックなジャンル(アーティスト)で、お煎餅みたいに、本人が1枚1枚手焼きで作っているCD-Rを買うワケじゃあるまいし。

 物流?地震などの天変地異で空輸が遅れるとか...!?

 ところでこのジャケット。今時にしては珍しく、ショボい写真。昔の35万画素くらいのデジカメで撮ったものをプリントしましたってな感じで、今や家庭の手作りだって、もっと鮮明なのでは? ただ、ジャケット内側の写真もそうなのですが、どうやらDVDからキャプチャした感がぬぐえず、Bradの写真、輪郭がギザギザ。日本の大手レコード会社では有り得ない出来映え。何だか家内制手工業の臭いがしてきた...。

 しかも外国盤とは言え、解説も無し。更にはぎこちないケース。今回CD2枚とDVDなんですが、ケースが紙の観音開きで、閉じると間隙が!? ここに何か挟んで販売するんじゃ?と思いたくなるような。

 もしや其れが原因で延期!? して、最終的にその挟み込まれるハズの冊子が没に!なんてことじゃ...。

 いや、要は内容だ!内容が素晴らしければ、ジャケットなどどうでもイイ。その逆よりは!

2011年2月24日 (木)

納豆カレーのパッケージ

 カレーの話題が続きます。常磐自動車道守谷SAで売っていた納豆カレー。納豆とカレーというのは、実は意外と相性も良く、某有名店でもトッピングメニューにありますし、またスープカレーでも入れたりします。

 しかしながら、レトルトではどうかというと、今のところ見たことはありませんでした。そこへもってきて、このカレー。

Darumanattocurry  いざ食べてみると、

結構凄いです。

挽き割り納豆がふんだんに入っていて、

最初、キーマカレーかと間違えたくらいです。

そして大粒の納豆、

いや、もしかすると納豆ではない豆か...。

 とにかく「ただ入ってマス」のレベルではない感じ。かと言って、味やら風味が納豆かというと、さすがにカレーですし、レトルトともなると、もうその部分はね。でも相当頑張っていると思いました。

 それにしてもこのパッケージ。アタシ的には損をしていると思うんですがね。お子様カレーならともかく、普通に売ろうってのに、これだと何か誤解を与えるような...。しかもこの胸のふくらみは!?

2011年2月23日 (水)

インドのカツカレー!?

 船橋にもある同じ名前のカレー屋さん(2011年2月11日参照)。今回は我が地元の店へ。それぞれの店で、「同じ名前の店があるんですヨ」と伝えました。恐らく日本中にはまだまだあるでしょう。何しろ偉大なる指導者の名を冠した店名なのですから。

Gandikatsu  その土浦のお店。

カツカレーなるメニューが!

早速頼むと、

キーマカレーにカツ(らしきモノ)がのっていました。

 明らかに日本向けアレンジという感じですが、それはそれで大変結構。美味しく頂きました。ちなみにこの店。私が2010年のカレー・フェスで、一口も食べる事が出来なかった(2010年11月20日参照)、その日の夜に行った店。カレーに慰めてもらったような気が!? スタンプカードもあるので、意外とリピーターになっているかも。

2011年2月22日 (火)

再会の代償!?

 Ensemble Flaviaの面々と運命の再会を果たし、共に杯を酌み交わして(私は酒じゃありませんが)、更に二次会。とくれば次は当然ラーメン三次会です。

 私は団員数名を無理矢理引き連れ、いざラーメン屋へ。ラーメンに精通した団員を頼りに、意気揚々と歩いて行くと!?

Flavia17th11_2  どうやら当初から選択肢になった店が、

開いている!

彼がこの店の前を通るのは、

平日の遅い時間なので、

そのときはいつも閉まっているのです。

なので今回は選択肢に数えていなかったようでした。

 人気店のようで、平日は来店者も多いので、スープ、材料等もすぐに終わってしまうのでしょう。今回は休日だったせいか、かなり遅い時間でしたが、まだ開いていました。つまりですヨ。逆OOSAKI病の症状ですわ。これは新しい!

 ナニ?OOSAKI病を持ち出す程の話題ではない!? ただ単にラーメン屋が開いていたってだけ!と思うでしょ。実は我々5人で最後の材料を使ったようで、後からきた数人組は、入店を諦めて帰ってしまいました。ここまで際どければ十分OOSAKI病の範疇ですぜ。

 んなワケで、日頃のOOSAKI病を、ここで全て取り返したような感じでした。これも運命。

2011年2月21日 (月)

運命の再会!

 とても忙しい週末でした。てっぱんクランクアップから、翌日はEnsemble Flaviaとのリハーサルに直行。無理を言って早く上がらせて頂き、加藤登紀子さんのライブに参加するため、六本木STBへ(2011年2月20日参照)。そして日曜日はそのFlaviaとの本番。昨年のGuitar Quartetに続く、委嘱作品の世界初演を行いました。

Flavia17th07  交響詩「運命の再会」

このバンドとも「再会」である事は、

度々触れてきました。

しかも話を聞くと、もっと早く再会を実現したかったという団内の意見もあったそうで。プログラム・ノートにも書きましたが、私は前回共演(2006年2月12日参照)の最後に、「忘れた頃にまた呼んで下さい」と言い残しましたが、団の皆さん、記憶喪失になろうとしても出来ず、忘れていないけど、呼びました!と、嬉しいコメント。

Flavia17th10  新作初演の他にも、

Bandoneonとバンドの共演。

「La Cumparsita」と「Spain」を演奏。

その他に、アンコールに前回も演奏した「情熱大陸」。今回はてっぱんバージョン!?

 いやぁ、指揮者のMorimoさんゴメン、打ち合わせに無いコトして。でもワタシ、結構ネタを本番にとっておいて、共演者をビックリさせる事するのよ。無論聞いているお客さんはビックリしませんが(笑)。かつてSONOR Clarinette Ensembleとやった「Rhapsody in Blue」でも、指揮者の先生とネタを仕込み、メンバーを惑わせました...。

 さて5年ぶりの再会、そして共演。前回参加されていた団員で、今回演奏には参加出来なかった方も、スタッフとして一緒にステージを作り上げていて、私も再会を喜び合いました。特にF先生の鋭い切り口による、拙作への絶賛はチョー嬉しかったなぁ。

 また忘れた頃に呼んでもらえるかしら...。

2011年2月20日 (日)

急遽再会!?

 直前に決まったので、サイトに載せる時間も無く、本番を迎えてしまいました。

Tokikostb09  加藤登紀子さんの、

STB公演に出演致しました。

私が出演する事を、

事前に知る事が出来た方は、

加藤登紀子さんのtwitterを読んだ方のみ!

 彼女のアルバムには2枚参加させて頂いているのですが、ライブに参加するのはこれが初めて。

Tokikostb13  その2枚目のアルバム録音から、

もう数年が経っています。

久し振りにお会いしました。

そして共演者はPianoの島健さんと、Bassの納浩一さん。ちなみに納さんは、我らが一本茂樹君のお師匠さん!

 私は後半、Piazzolla作品や、シャンソンの定番とも言える「愛の賛歌」「バラ色の人生」で共演。更にアンコールで「100万本のバラ」、そして新曲「パーマ屋ゆんた」も演奏。しかもこの「パーマ屋ゆんた」では、大御所加藤登紀子さんに対してChorus、もとい合いの手(!?)も担当。とても楽しませて頂きました。

Tokikostb14  実は加藤さんとは、

私の親の代からのお付き合い。

そう、私が代々木で生まれた頃の話。

その後茨城に引っ越してしまったので、何十年も疎遠でしたが、私がお仕事でご一緒するようになり再会。

 ちなみに加藤さんとご一緒するきっかけは、Pianoの島健さんからのお誘い。その島健さんの御尊父様、島昭彦さんは日本のTango Pianistの草分けの方で、私の大先輩なのですよ。

 縁は異なもの味なもの!

2011年2月18日 (金)

てっぱんクランクアップ!

 実は今、大阪に来ていて、この記事を書いているのは、正にリアルタイム。先ほどNHK連続テレビ小説「てっぱん」の撮影が終わり、そしてこれからその打ち上げパーティー。私はその間ホテルに戻り、この画像をアップしていますが、もしかするとたくさん来ていた報道陣よりも、早いかも知れませぬ。17時半くらいにこの記事を見た方は、この世で最も早く「てっぱん」クランクアップを知る事に!?
Teppancrankup_3  今まで単なるプレイヤーとしての録音から、

撮影における楽器演奏指導、

ダンス振り付け(!?)まで、

テレビや映画に結構関わってきましたが、

クランクアップに立ち会ったのは初めて。

 何しろ半年間やっているドラマなので、撮影も長丁場。皆さん、様々な思いがあるでしょう。音楽制作サイドですら、かなりのエピソードがあるくらいですからねぇ。

 さてこれから打ち上げパーティーへ。主演の瀧本美織さんに会えるかなぁ。

2011年2月17日 (木)

久し振りの夜はシゲキ的に!

 実に1年と1ヶ月半ぶりの哲啼的茂樹のライブ。昨年はせっかくカウントダウンで幕開けしたのに、1度もライブをやらず、思えば私が遠山のテツさんと会うのも、其れ以来かと。

Tetteitaiban04_2  NHK連続テレビ小説「てっぱん」では、

オープニング・テーマで、

葉加瀬太郎さんのバックでプレイしている

遠山のテツさんですが、本人は覚えていない...!? 無理もありませぬ。我々の稼業、特にプレイヤーの方は、録音、ライブ問わず、年間数え切れない程のセッションに参加していますからね。

Tetteitaiban03  それでもこの方とは、

「てっぱん」の録音でもご一緒しましたし、

何しろ前日夜には、

土浦までお越し頂き、あのデカいAEONで食事もしました。そのデカさに、彼もビックリ!

 今回は対バンという事で、PercussionグループFULの皆さんとのステージ。実はワタシ、対バンて殆ど経験無し。かなり前、Tangoの仕事でSexteto Surという人気若手バンドと対バンをした事がありました。私はLos Maestritos del TANGOを率いて。でも仕事だし、対バンと言えるのだろうか...。

Tetteitaiban13  MCを殆どはさまなかったFULに対して、

我々はいつも通りの、

ゆる~いぐだぐだな感じ。

FULのファンの方達はどう思われただろう...。数えてはいませんでしたが、曲数も我々の倍くらいやっていたのでは?

Tetteitaiban19  そして私はと言えば、

カウントダウンでも使用した、

SUZUKI andes 25Fで以てSoloを。

Star Pien's Cafeのスタッフの方も「おっ、アンデスですね」と、さすがご存じの様子。

Tetteitaiban15  それにしても今回、

久し振りとあって、

平日にも関わらず、

たくさんの、そして遠方よりもお越し頂きまして、本当にホントにほんっとに、有り難うございました。そういう方達の思いに応えるためにも、今年はもっとライブをしなきゃねぇ。ツアーもやりたいねぇ。まずは私のビジネス拠点のある土浦、名古屋、長野かなぁ。

 そう言えば帰り際、今回声をかけて頂いたブッキング・マネージャーの方から、「今度テーホーのワンマンやったら?トークだけとかさ」って、無理っしょ。

2011年2月15日 (火)

茂樹的にリハーサル

 初の対バン公演を控えた哲啼的茂樹。前夜になってリハーサルをしようと、一本君が土浦へ。

Tetteireh2011b  しかしながら、

バンマスの遠山のテツさんがいないので、

結局は曲を決めるくらいしか出来ず、

こうして譜面と睨めっこ。

 んなワケで明日は、どんな夜になるやら。予告ですが、哲啼的茂樹で初めて取り上げる曲もあるので、ご来場下さる方は、お楽しみに!

****哲啼的茂樹****

   2011年2月16日(水)

18:30/19:30 Star Pine's Cafe

  茂樹的な夜をアナタに

2011年2月14日 (月)

スープカレー浸透!?

 近所の¥100ショップで見つけたカレーモノ。

Soupwantan  「赤いきつね」で有名な会社の製品。

まぁ、ご存じの方も多かったとは思いますが、

¥100ショップで売られている、

というあたり、少々悲しいものが...。

 大体¥100ショップで売られている食品は、もともと其れ向けに作られたものか、あとは売れなかった商品の余生という感じですからね。もちろん地域によっては、バリバリ現役だと思いますが。

 んで、食べてみると、これまた想像通りのウマさ!? 私も貧しかった家庭環境から、こういったご馳走を食べて30年以上経ちますが、その間様々なインスタントの麺類を食べてきました。今回のは麺ではないですが、カテゴリは同じと考えて良いでしょう。

 カレー味のものも、昔は日清カップヌードルしかありませんでしたが、かなり増えました。それら「普通の」カレー味のものとは、一線を画すものです。インスタントの基本、「チープな美味しさ」がバッチリで、「世に出すからには~」といった意気込みが感じられますね。

 後に続く商品を期待したいものです。

****哲啼的茂樹****

   2011年2月16日(水)

18:30/19:30 Star Pine's Cafe

 空白の去年を埋めるライブ

2011年2月13日 (日)

新しい道路

 うちの近所の国道に接続する、新しい道路が開通しました。

Newroad1  この道路、

実はワタシのために?

と思いたいくらい、

実は切望していた道路で、橋脚だけは建っていたものの、なかなか道が出来ませんでした。ようやく昨年から工事が目に見えて進み、先日開通。

Newroad2 この道が出来るまでは、

マニアックな細道でもって、

回り道をする感じでした。

税金の使い道が、こうして便利なものとして返ってくるのは大歓迎!

****哲啼的茂樹****

   2011年2月16日(水)

18:30/19:30 Star Pine's Cafe

    これを逃すと...!?

2011年2月12日 (土)

今時の電子ピアノ

 OTSのリハーサルで弾いた電子ピアノ。私もKeyboard Magazineを購読しなくなって久しく、この手の電子楽器の日進月歩には、いささかご無沙汰。

Clavi1_2  まずこのカラー液晶画面。

カラーであれば、

それは何かの役にも立つのかも

知れませんが、

私のようなアナログ・シンセからの世代だと、

逆に安っぽく思えてしまいますわ。ちなみに鍵盤は「象牙調」だそうで、この「~調」というのが、いわゆる料理などで言う「~風」とでも言いましょうか。何となく手触りは其れっぽかったです。

Clavi2  しかし一番気になったのはコレ。

パネルが蓋の裏。

これなモバイル・ヲタクにとっては、

なかなかそそるものがあり、しかも開き方のギミックが、何とも往年のPSIONを思わせるもので、つい面白がって開閉を何度もやってしまいますぜ。

 ちなみにそのPSIONの流れをくむギミックとしては、一時期のCASIOの電子辞書があって、あれもモバイル・ヲタクの間では話題に(なっていたと思う)。

 それにしても、以前の電子ピアノの蓋と言えば、ショボいものばかりで、まだかつての(木枠の)エレクトーンのように、シャッターのようなものの方がカッコ良かったかな。

 そう言えば私の愛用しているRoland HP-550の蓋ってどこいったっけ!?

****哲啼的茂樹****

   2011年2月16日(水)

18:30/19:30 Star Pine's Cafe

  初の対バン。公演迫る!

2011年2月11日 (金)

偉大なる指導者

 OTSのリハーサルを船橋でやったのですが、そのときの昼食で入った店。何と土浦にも同じ名前の店がありました。

Funabashigandi  カレー屋さんで、

チェーン店では無いのですが、

味もほぼ同じ。

まぁ、これは同じインド・カレーなので当たり前と言えばそうなのですがね。

 店の名前の由来を聞いたのですが、何て事はない、インドの偉大なる指導者の名前。日本語で表記すると「ガンジー」と書かれる事が多いですが、どうやら「ガンディ」と書く方が良いらしいです。

 それにしても、日本にはあまり無いですな、そういった立場の人の名前を、店名にするというのは。

2011年2月10日 (木)

気が付くと9回目

 もう毎年恒例行事になっている、長野赤十字病院ふれあい広場での演奏。長らく指導している、長野バンドネオン倶楽部の生徒の皆さんと演奏してきました。

Nisseki9th1  昨年から新しい棟で、

行われるようになったのですが、

私は一昨年までの記憶で、

そちらの会場に行ってしまい、散々迷った挙げ句にたどり着きました。そうそう、前回はここの会場を、初めて演奏させて頂いたのが、我が倶楽部だったんですわ(2010年2月24日参照)。

 今回は新たな試みとして、アイルランド民謡をレパートリーに。日本でもお馴染みの「ロンドンデリーの歌」を演奏。聞きにいらした皆さんにも歌って頂きました。Bandoneonの音色は、ノスタルジーを感じさせるものなので、同じ郷愁をそそるアイリッシュは合うのではないかと。

 さて来年も頼まれましたが、次回こそは迷わずに行かなくては。

2011年2月 9日 (水)

OTS FJ'sの夜

 私自身で言うと5回目の出演になるFJ's。金子飛鳥さんとのDuo、哲啼的茂樹、555 Quartetのゲスト、Triangulo、そして今回はOut of The Standardで。

Otsfjs02  そして今回、

初めての試みで、

Percussionをゲストに迎えました。

お馴染み、齋藤たかし君。私とは「なおてい」の他、といぼっくすでも一緒にプレイをしています。個人的には以前からOTSにPercussionを入れてみたかったので、このライブ、内容としては成功だったのではと思っています。

Otsfjs11  尤も、

OTSの3人での演奏のときは、

こうして(飲んで!?)待っていてもらいましたが。

思い起こせば、牛渡~齋藤~啼鵬という共演の図は、10年以上も前に「ブラス・パフェ」という金管四重奏にたかし君と私が加わり、東北の某学校の音楽鑑賞教室をやって以来ですわ。

Otsfjs31  私も追悼記事を

書かせて頂きましたが(2010年11月28日参照)、

深町先生が亡くなってから、

初めて出演させて頂きました。リハーサルをいつも聞いて下さっていた先生が偲ばれます。しかしお店はオーナーが変わりますが、存続すると聞きました。またいつか演奏の機会もあるかも知れません。

Otsfjs32  昨年暮れに秋田公演をしたOTS。

正規メンバーである、

大和田雅洋さんが復帰するまでに、

灯を絶やすわけにはいきませぬ。今年はもっと演奏の機会を作りたいですね。

2011年2月 8日 (火)

¥660で!

 このところご無沙汰してしまい、久し振りに行ったらカードのポイント期限が切れていた、という体たらくのカレー屋さん。今回は別の店舗に行きました。ちなみにそこではポイント加算が無い(涙)!

Koshinqt  見るとここだけのメニューなのか、

スープカレーのセットが¥660!

たしか本店では¥1,000以上していたような。

まぁ、メニュー構成は似たような感じですが、量も少なかったり、サラダも違っていたりと。

 しかし逆に私はこれを評価します。この店舗があるのは、ショッピングセンターのフードコートなのですが、こういった場所でのメニュー、価格設定というのは、デーンと一軒家で構えている店舗とは、違ってくるハズ。コンパクトにまとめ、それでいてバラエティーに富み、更に気軽に手がでる価格。スバラシイではありませんか。

 今度は同じモノを本店で食べてみよう。

2011年2月 6日 (日)

Beethoven交響曲全曲制覇!

 第1回目の定期演奏会から参加している、東京プロムナードフィルハーモニカーの演奏会を終えました。

Tpp4th  今回で4回目。

私はViola~Contrabasss~Violoncello

と楽器を替え、

今回も前回同様Violoncelloで。

ちなみにこのチラシ、

前回の写真ですが、オーケストラの右端、文字通りVioloncelloの末席にいるのがワタシです。

Takanishisensei  今回は凄い再会がありました。

急遽、本番当日になって、

団員の欠員によってのることになった、

Contrabassの高西康夫先生。

ホント久しぶりで、先生は私の妹の通っていた学校のContrabass専攻の先生なのですが、最後に先生とご一緒したのは、私が初めて「題名のない音楽会」に出演したとき。司会は武田鉄矢さんと野村香苗アナウンサーのときで、もう10年以上前です。

Tpp4th1  更に今回は、

プログラムにBeethovenの

交響曲第1番が入っていて、

私はこれでBeethovenの交響曲を、

全曲制覇した事になりました!

高校2年生のときから始めたアマチュア・オーケストラ。足掛け20年で、ようやくBeethovenがコンプリートです。

 まぁ、基本的にレギュラーでのっているのは土浦交響楽団のみなので、年に2回しか定期公演はありません。結局全9曲を制覇するには、他のオーケストラにエキストラでいったり、という事で演奏の機会が増え、20年もかかってようやく制覇したワケです。ただこればかりは、オケの特色によって、レパートリーが偏るので、逆にBeethovenはあまりやった事がない、というオケマンもいます。

 前回のこのオケのコンサートでは、私は7番交響曲を弦楽器を全制覇した事になりましたが(2010年9月12日参照)、次に目指すはBeethovenの交響曲全曲弦楽器制覇!...ってのはさすがにねぇ。それでも既に5番「運命」はViolinとViola、3番「英雄」はViolaとContrabassをやりましたが。

 ちなみにBrahmsの4曲制覇は結構前に終わっていて、それはアマオケを普通にやっている人ならば、割と簡単にめぐってきます。あとはSchumannの4曲(うち2曲は済み)かしら。交響楽作家のものは、有名な曲は殆どやったのですが、其れを含む全曲となると、例えばTschaikovsky、Dvorak、Mendelssohn、Schubert、Sibelius、Brucknerなど、制覇出来そうな曲数ですが、なかなかそうもいきませぬ。またShostakovich、Mahlerのように規模の問題、ましてやMozartやHaydnなんて、曲数でもう無理って感じですしね。

 私と誕生日が同じElgarも2曲、他人が完成させたのも合わせると3曲交響曲があるのですが、それこそイギリスに住み、そこのアマオケにでも入らない限り、全曲制覇なんぞ無理だろうなぁ。

2011年2月 4日 (金)

HONDA FITがトップに

 周知のように月間新車販売台数、プリウスを抜いて、FITがトップに返り咲きました。実に2007年12月以来。

Fithybrid  ここ最近はプリウスがトップだった、

という事で分かる通り、

車業界の主戦場は、

ハイブリッド車、もしくは燃費の良い軽乗用車、小型車です。とは言え、HONDAが低価格をウリに、満を持して出したINSIGHTは、売れたのは最初だけで、結局は「やはり」FITが売れていた、というのも皮肉な話。

 そのFITもハイブリッド仕様をラインナップに加え、今回の首位奪取は、半分以上がハイブリッドだとか。つまるところFITは車としての完成度が高いという事か...。

 そのFITが世に出たとき、まだ「Fit」だった頃。当時最も売れていたカローラと、トップの座を争ってなんて図式がありましたが、カローラと名の付く車種、全てをひっくるめての数と、FitはARIAというセダンがあったものの、事実上単一車種と言っても良い車。方やアクシオ、フィールダー、ランクス、スパシオと、セダンからミニバンまで揃えたカローラとの勝負って、あーた。

 FITは来月、シャトルと名を打ったワゴンタイプを発売予定。しかもハイブリッド仕様も。更に秋には人気ミニバンFREEDのハイブリッド仕様もでると。昨年夏に大幅車種整理したのが、今年また充実してくるワケです。楽しみ、と言いたいところですが、私自身は取り敢えず愛車HR-Vは車検を通したので、向こう2年は乗らないと。

2011年2月 2日 (水)

弟子と仕事

 そう言えば去年のこの時期も、私は弟子のDaichi君と仕事をしていました。今回は録音の仕事。しかも2人だけで!?

Tehodaichirec03  何か不思議な音楽でしたが、

2人でユニゾンだったり、

ハモったり。

彼も今や、茨城での音楽教室の生徒さんも増え、なかなか忙しい様子。

 ところで今回、たまたまカメラマンの方がスタジオにいて、私のデジカメでも何枚か撮ってもらいましたが、さすがはプロ。アングルもちゃんとハマっていましたし、我々の邪魔になるような事もありませんでした。

Tehodaichirec07_2  それにしてワタシ、

演奏中は

おっかない顔してんなぁ。

2011年2月 1日 (火)

札幌と名古屋へ! from 茨城空港

 本日茨城空港からの、名古屋便と札幌便が始まりました。当初韓国便しかなく、いつ無くなるんだろう、と心配していた茨城県民も、私を含め少なくは無かったかと。その「無くなる前に一目」という事で(!?)、空港を訪れる人は数知れず、1月10日現在、空港来場者は約79万人、搭乗者は約15万人と発表されています。

Joyow1124  そろそろ1周年を迎えますが、

今ではソウル、上海、

神戸、名古屋、札幌と、

いい感じに増えてきています。

 私も早く、Blogのネタとして行ってみたいのですが、なかなかそんな時間も作れず。そうこうしているうちに、名古屋と札幌を就航するとなると、話は違ってきますよ。何しろ我が家から車で1時間とかからない茨城空港。しかも駐車場は無料。札幌行きは大いに選択肢に入ります。

 んで、今回は名古屋行きを検証してみたいと思います。何しろ私の数少ないビジネス拠点の1つですから。

 茨城空港~中部国際空港は、平日だと正規料金で片道¥8,800。ちなみに一番安い席は¥5,800! もちろん取れればの話ですが。そして中部国際空港から名古屋駅までは、名鉄で¥850。新幹線を使ったとすると、私がいつも利用する駅(JR常磐線荒川沖駅)から名古屋まで¥11,520。加えて駐車場代¥200。約¥2,000の差ですが、安いチケットを取れた場合など、相当な差になります。

 しかしながら喜んでもいられませぬ。問題はフライト時間。茨城~名古屋便は1日1便。17:15のフライト(到着は18:20)。そして名古屋~茨城は11:45発。つまりはですヨ、1泊するのはともかく、その翌日に何か仕事を済ませて、帰って来るという事が、事実上出来ませぬ。

 分析すると、夜に名古屋で打ち合わせやらをする、もしくは翌日ちょっと会社に顔を出すって事かしらねぇ。あとは私の場合、名古屋でのライブに、リハーサル無しで飛び入り参加でもして、翌日帰ってくるとか。コレって使えるのか?

 それに比べ、札幌便は現実的です。茨城発は13:15(14:40着)で、札幌発は15:15。これならば1泊2日で、札幌でのライブが全く以て可能。しかもこちらも大手航空会社よりも安い。何しろSKYMARKですから。更に私の場合、羽田までの往復運賃が浮きます(¥3,160+駐車場代)。

 今年あたり、利用する機会があるかネ。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ