最近のトラックバック

« 納豆カレーのパッケージ | トップページ | ドラマの波及効果 »

2011年2月25日 (金)

3回も延期!

 とにかく待たされました。私の大好きなJazz Pianist、Brad Mehaldauの新譜。当初2011年1月11日発売でしたが、それが18日に延期。しばらくすると、2月8日に延期。更に22日に延期と、3度も発売日が延期になったのですよ。

Bmmarciac 私が中学生の頃より、

CDを買いあさり始めて、

新譜の発売延期、

というのはこれが初めての経験。

コレって珍しいものでは無いのでしょうか。

 そもそも「発売延期」って、何故起こるんだろ。しかも数日単位の話ですよ。制作が間に合わなかった、何てのは無いハズ。まぁ、私もこの仕事をしていて、発売日が意外と早いアルバムの制作も、今まで無かったワケではありませんが、それも数日ずらせば間に合う、なんてレベルなんだろうか。

 恐ろしくマニアックなジャンル(アーティスト)で、お煎餅みたいに、本人が1枚1枚手焼きで作っているCD-Rを買うワケじゃあるまいし。

 物流?地震などの天変地異で空輸が遅れるとか...!?

 ところでこのジャケット。今時にしては珍しく、ショボい写真。昔の35万画素くらいのデジカメで撮ったものをプリントしましたってな感じで、今や家庭の手作りだって、もっと鮮明なのでは? ただ、ジャケット内側の写真もそうなのですが、どうやらDVDからキャプチャした感がぬぐえず、Bradの写真、輪郭がギザギザ。日本の大手レコード会社では有り得ない出来映え。何だか家内制手工業の臭いがしてきた...。

 しかも外国盤とは言え、解説も無し。更にはぎこちないケース。今回CD2枚とDVDなんですが、ケースが紙の観音開きで、閉じると間隙が!? ここに何か挟んで販売するんじゃ?と思いたくなるような。

 もしや其れが原因で延期!? して、最終的にその挟み込まれるハズの冊子が没に!なんてことじゃ...。

 いや、要は内容だ!内容が素晴らしければ、ジャケットなどどうでもイイ。その逆よりは!

« 納豆カレーのパッケージ | トップページ | ドラマの波及効果 »

コメント

その逆よりは!←ウケた~

「発売延期」って多いですよ。特に洋楽。
1年くらい延期延期を繰り返している商品もあれば、延期の末「発売中止」や「延期未定」なんてことも。
新譜を楽しみに予約をしているのに・・・がっかりですよね。
ほとんどの理由は「制作上の都合により」です。
いつも思います。出すの完全に決定してから発表して!って。

あ、ごめんなさい。ただの仕事のグチになっちゃいました(笑)

> ほーほさん
 事実、昔は「ジャケ買い」という言葉があって、ジャケットが良いので買った、という話は珍しくありませなんだ。試聴が出来なかった時代ですが、それでもジャケットが良いと、内容も結構イケたもんです。

> 北海道在住希望さん
 やはりそうですか。実のところ私の畑であるTangoは、本当の意味での新譜は少なく、復刻やら組み合わせを変えるだけのコンピレーションが多いのです。なので、発売延期が無かったのかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/50968746

この記事へのトラックバック一覧です: 3回も延期!:

« 納豆カレーのパッケージ | トップページ | ドラマの波及効果 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ