最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

ホームアンテナで復旧

 ワタシの周辺で唯一復旧していなかったのが、WILLCOMのPHS。一応WILLCOMには「アンテナ表示はされているがつながらない」という要望を出したものの、何の変化もナシ。震災以前も自宅は少々つながりにくかったのですが、震災後は殆どダメ。

 現状どういう感じだったかというと、試しに自宅固定電話からPHSにかけてみると、呼び出しはするものの、PHSは着信せず。つまりかけた人は「あれぇ、テーホーでねぇよ」ってな感じになるワケ。そりゃ鳴らないからね、でられるわきゃない。

Willcomhome  そこで試しに、

ホームアンテナなるものをオーダー。

これは窓際には電波がきているけど、

屋内では入りにくいといった人のためのもの。今回のワタシのケースとは若干違いますが、いざ電源をいれてみると...。

 やはりダメ。しかし数分してまた試してみると、「ウォ!つながったぁ」って事で、コレをご覧の仕事関係者各位、ようやく復旧しましたので、ワタシにどんどん仕事を!

 ...って、厳密に言えば「復旧」ではないんですがね。おっと、これを書いている16:16、また余震が。ちなみにこのホームアンテナ。WILLCOMあんしんサポートに加入していると、期間はあるものの、無料でレンタル出来ます。

Nttphome  ホームアンテナと言うとコレ。

かつてNTT Personal時代から使っていたものが、

まだありました。

電源を入れてみましたが、圏内ランプはつかず。トーゼンですが。もう一生使う事もありませんが、モノが捨てられない性癖のせいで、とっておいてありました(笑)。最後の話題提供のおツトメ!?

2011年3月30日 (水)

納豆ゲットォ!

 東日本大震災以来、様々な物不足がありましたが、ここ首都圏では徐々に解消。しかしその中で、未だに無いのが納豆。スーパーマーケットに行くと、納豆の棚だけ空っぽ!どうしてか?

 まぁ、フツーに考えれば工場が被災して作れなくなったとか、物流がスムーズでないとかでしょう。しかし納豆を作っているのは、何も茨城(しかも水戸と限定される事が多い)や東北だけではないし、もう物流もかなり復旧しました。そもそもこちらでは通常、スーパーに並ぶ納豆は、少ないところでも数種あり、製造会社も大手から個人商店まで、相当あるワケ。それらが全部被災し、ようやく作っても運べない、なんて理屈が自然だと思う人、いますかネ?

Cgcokame  そして今朝、

近所のスーパー開店直後に行くと、

あるじゃんか!

「1家族1パックまで」と断ってありましたし、普段よりも種類は少なかったですが、ちゃんとありました。しかもいつも買うような値段で。

 更に夕方、別のスーパーに行くと別の銘柄が、こちらは制限の断り無しに売っていました。

 そして今回の納豆不足(!?)、放射線対策による風評での買い占めが原因であるという情報もありました。まぁ、納豆好きならば、かつて某番組のせいで、同じように棚から納豆が消えた事を覚えている人もいるハズ。さもありなん。

 ところで納豆ついでに。よく「ああ茨城の納豆ね、水戸納豆とかさぁ」みたいに言われるのですが、まるで水戸の特産品みたいな言われ方。この単なる1ブランドの納豆を、どれだけの人が食べているのか、と考えると、歴史はありますが、「おかめ納豆」のタカノフーズ(写真のもの)には足下にも及ばないし、近年くめ納豆を買い取り、更に強化した「金のつぶ」でお馴染み、ミツカンの競争相手でもない...。

 かく言うワタシも、久しく水戸納豆は食べておりませぬ。

2011年3月28日 (月)

震災後の日常

 隣のグランドから元気な声が聞こえてきました。北海道に行っていたので、先週からやっていたのかも知れないのですが、野球部の練習開始。テレビでは選抜高校野球をやっていて、我が茨城の水城高校は残念な結果になりましたが、お隣は意気盛ん。

Tiugrand3  こうして彼らの元気なかけ声が聞こえてくると、

日常が戻ったんだなぁと感じますね。

個人的にはこの日レッスンも再開。

ライブもやったし、曲も作ったし、そしてレッスンもすれば、私にとっては全くの日常生活。更にこの日、2軒もOOSAKI病に遭ったので、何も言う事なし。ガソリンは待ち時間ゼロで給油。そう、震災以来初めての給油ですヨ。片隅で大行列していたのは洗車の列。平和だな。

 それにしても1つだけ復旧していないものが!? PHSです。元々自宅は入りにくく、WILLCOMのサイトで見ても、自宅周辺にはアンテナが建っていない!それでも何とか通話は出来ていましたが、震災後はゼンゼン。よくフリーランスは携帯電話が命綱って言いますが、急ぎの仕事など、連絡してつながらなかったら、別の人に頼むワケ。そう言う意味では死活問題...。

 せっかく「誰とでも定額」をやっていても、自宅に居てかけられないんじゃぁ。仕方無く、つながる近くの国道まで歩いていきますがね。

 尤も今はメールでの仕事依頼、連絡も多いので、まぁイイっちゃぁイイんですが。イヤ、よくない。

2011年3月27日 (日)

佳カル・チャリティー・ライブ

 当初「松本兄弟」を含むViolinとPianoのコンサートをやる予定だったViolin Concert 2011。東日本大震災後に、そのコンサート自体は延期して、急きょチャリティー・ライブをやる事に決定。しかも弟の主宰する佳秋クァルテットでのライブ。

K4charity6  個人的には震災後、

Trio The なおていに次ぐ、

2つ目のライブとなりました。

そしてこの機会を逃したら何の意味も無いと、先日Trio The なおていで披露した、東日本大震災被災地の方々のために書いた曲「along with you」を、北海道から帰ってきた日と、本番当日にかけて、弦楽四重奏に編曲。本番直前のリハーサルのみで、弦楽四重奏版の初演となりました。

K4charity1  何しろ作曲したときも、

電車の中ですし、

編曲もそんなワケで賞味数時間。

成り立ちは即席な感じですが、私の思いは聞いて頂いた方達には伝わったかなと。

 「along with you」 震災後初めて作った曲ですが、これからも様々な形で演奏していきたいと思います。

2011年3月26日 (土)

てっぱん最終回(BS hi)

 って、実は観られなかったんですわ。今日は北海道滞在最終日で、泊まっていたホテルが、BS hiが映らなかったのでね。一応ワタシのところには、既に最終回までの映像がNHKから届いていたのですが、仕事をさせて頂いたと同時にフリークでもあるワタシは、楽しみはリアルタイムにとっておこうと、DVDは敢えて観ていなかったのでした。

Dotonbori6  少し前に話題になった、

てっぱんの幟(2011年2月26日参照)。

ドラマが終わったら記念に欲しいくらいですよ。

実は帰郷した今日、夜お好み焼き屋さんに行ってみたのです。するとかなりの混雑。

Dotonbori1  ドラマのおかげか、

それとも単に皆さん、

お好み焼きが食べたかっただけか。

取り分け「お好み焼き」が地域にとって、何ら特別なものでない土浦でさえこの有様。大阪や広島のように、お好み焼きが生活から切り離せない地域は、更に...!?

 ところで今回のNHK連続テレビ小説「てっぱん」。決して悪い視聴率ではありませんでしたが、やはり地域格差があるもの。舞台になった場所は別として、仙台地区が良かったという話。

 ちなみによく「朝ドラは生活スタイルによって、観る観ないが...」なんて事を聞きます。全く否定はしませんが、たいした理由にはなっていませんな。当世若者の独り暮らしでテレビが無い、というならいざ知らず、テレビを所有していて録画出来る機器を持っていない、というのは殆ど聞きませぬ。観たい人はビデオに録画してまでも観ますからね。現に番組中でViolin Soloを聞かせてくれた今野均さんをはじめ、私のライブに来て下さる方とか、「今までは観てなかったんですが、今回は毎日録画して観ていますよ」と言って下さる方も少なくありませぬ。

 また思い出話はおいおいと。

2011年3月25日 (金)

祝:くう10周年!

 実に2009年の秋のツアー以来となるなおてい。Trioではありますが、昨年全く公演の機会がなかったので、我々も気持ちを新たに。尤も今回は札幌でいつもライブをさせて頂いているくうさんの、10周年記念という事で呼んで頂きました。...って事は、この招聘が無かったら!?
Coo10th1 今回は今までTrioでやった事の無かった曲も加え、
気合が入りました。
こうしてしかめっ面で練習しているのは、
NAOTO君の曲。
2日目も頑張らなくてはねぇ。

2011年3月24日 (木)

行く前からカレー

 震災後、初めてのライブをするため、北海道へ。前日入りだったのですが、夜移動だったので、まず羽田空港でNAOTO君に「何か食べていこう。何食べたい?」と聞かれ、「じゃ、カレー」と。
NAOTO「だって札幌でも食べるでしょ」
て「好きなものはどこで食べてもね」
 ってなワケで、空港内のカレー屋へ。
Coutlodgehaneda NAOTO君も初めての店。
尤もチェーン店なので、
他の店舗には行った事があるみたいですが。
本格的なスリランカ・カレーに、
2人とも満足して一路北海道へ。
そう言えばワタシ、
震災以来カレーはレトルトしか食べていなかったな。
 24日、25日と札幌のなおていではお馴染み、
10周年を迎えるくうでのライブ。
まだ両日とも若干お席がありますので、
「んならば!」という方、是非お越し下さいませ。お待ちしております。

2011年3月23日 (水)

ハイブリッドの効能

 この震災で製油所が被災し、また流通経路が断たれた事もあり、ガソリン不足に見舞われましたが、取り敢えず首都圏は解消方向に向かっているようです。しかし問題は被災地。普段よりも多くの量の燃料を必要とされる中、行き届いているか心配です。

Fithybrid  そんな中、

ハイブリッド車を運転する機会が。

実は助手席などに乗せてもらった事はあるものの、

自分で運転するのは初めて。

 カーナビの画面をエコ情報に切り替えると、運転している燃費情報が分かります。元々エコ運転ヲタクのワタシ。HR-Vで培った技術を駆使すると、普通の街乗りで20km/lオーバー。いやはや、HR-V(MT)では、高速巡航など条件が揃って、頑張って17km/lもいきませぬ(2007年9月25日参照)。それだってこの16.97km/lをはじき出したときは、小躍りして喜んだものですよ。ここまで凄いとは!

 そうなってくるとハイブリッド車、普段の生活でもそうですが、ガソリン不足となると、大いに助かります。この先また何のきっかけで、ガソリン不足の事態が起こるか分かりませんし。震災で発売延期になってしまった、HONDA FIT SHUTTLEもハイブリッド仕様があり、今後発売されれば大いに活躍する事と思います。

2011年3月21日 (月)

1年先に延期

 今回の震災で、自分のものも含めて、延期もしくは中止になったコンサートは数知れず。その中に楽しみにしていた恩師のコンサートがありました。

Shimizu321  高校時代に、

合唱の授業で教わった、

清水雅彦先生。

現在は都留文科大学の教授をされています。

もしかすると合唱に明るい方ならば、

「おぉ!」と思ったかも知れません。その分野のラジオ番組にも出演されていました。

 芸大附属高校は、オーケストラの楽器の専攻生が合奏、管弦楽の授業をしているときに、作曲科、Piano専攻は合唱の授業がありました。私が「合唱」というジャンルを、本格的に触れたときでした。

 一応ソルフェージュ(音楽の基礎能力)の訓練を受けているという事になっている(!?)我々なので、先生は最初からかなり難しい教材をバンバン持ってきて歌わせました。それが面白いのなんのって。「ほぅ、こんな世界があるんだなぁ」と思ったものです。

 コンスタントにリサイタルを開いている先生でしたが、今回はタイミング悪く延期。しかもそれが来年です。こういったホールは半年前、場合によっては1年前から予約しなくてはならないので、仕方がないですね。

 先生はスキーが堪能で、合宿だと山男の本領発揮!しかし臨海合宿で遠泳の素晴らしさを知ると、そちらも進出!? ワタシら海男のペースにもすぐに追いつき、一緒にはしゃいでいました。

 高校3年間で先生に受けた授業は、それは有意義なもので、未だに「あれは良かったなぁ」と思い出す1ページですね。

2011年3月19日 (土)

弦楽合奏団弓組公演に向けて

 なおていの面々と動画サイト投稿のための演奏を収録。久し振りに会った仲間の温かさに触れ、震災の心の傷が少し癒えたかと思った翌日。今度は弦楽合奏団弓組のメンバーとのリハーサル。

 この合奏団、結成したのは昨年のこと(2010年3月24日参照)。録音のために招集されたプロ・アマ混合チーム。そして録音だけではもったいないと、是非公演もやりたいという事になり、ずっと企画を練っていました。そして考えたのが、NHK連続テレビ小説「てっぱん」の音楽。あとデビュー・アルバムにもなったジブリ。

Yumig1st01  久し振りに再会したメンバー。

それぞれが普段、

別々のオーケストラ等で活動していますが、

こうしてまた1つの目的のために結集。この日が初めての練習だったのですが、なかなかイイ感じです。

Yumig1st06  前日のなおていに続き、

またもやメンバーとの交流で、

「やらにゃ!」と奮い立つワタシ。

普段からオトコとして一番大事な、根拠の無い自信を誰よりも持っていると自負していたのですが、今回の震災で同じ茨城県民の方々が、とても辛い思いをされている事を思うと、何かと凹んでいました。もはやそんな場合ぢゃない!

 弦楽合奏団弓組第1回公演は、5月8日(日) 南青山のアリストホール。詳細はまたサイトで発表いたします。

 そして前日収録したなおていの応援メッセージと演奏も、編集が終わりアップ致しました。是非とも多くの方に聞いて頂きたいと思います。なおていサイトで。

2011年3月18日 (金)

なおてい Unplugged

 東日本大震災があったのが一週間前。何もかも変わってしまいました。あれから楽器を弾く気にもなれず、かろうじてやっていたのは編曲の仕事。私の住む土浦なんぞは、東北地方太平洋側沿岸部の被害に比べれば、無いも等しいくらいなのに、気が重く、毎日が無気力でした。

Ntmes3  そんなときに、

NAOTO君からのお誘い。

「なおとくんとていほうくん」で、

今回の震災に何か出来る事はないかと。

 気持ちとしては、チャリティ・ライブをして、義援金を送りたいくらいの勢いですが、さすがに準備期間も無く、会場探しなども難しい。それでは個人で出来る社会貢献として「節電」がある。なおていアンプラグドでもって、演奏でのメッセージを送ろうではないかと!

 都内某スタジオに集まり、全くの生音で以って演奏し、其れを録画しました。近いうちに動画サイトにアップしたいと思います。

 実は震災以来、楽器を演奏したのはこの日が初めて。思えば茨城を出るのも初めてで、ようやく演奏仲間とも会えた訳です。それまで楽器を弾く気にもなれませんでしたが、メンバーといつものように和気藹々とやっていると、逆に演奏せずにはいられなくなりました。ホント会えて良かった...。

Ntmes4  そして物資の分け合い。

「一本君は1人暮らしだから、

料理しないっしょ。これはいらないネ」

「えっ、オレやりますよ」ってな感じで、

みんなそれぞれ持ち帰りました。

 人と人の触れ合いって、これほど大事なものかと思った、なおてい面々との再会でした。被災地の避難所で、「みんな一緒だから」とインタビューに答えた高校生の笑顔を思い出しました。

2011年3月17日 (木)

冷蔵庫が...。

 東日本大震災から6日目。実は今回、我が家の一番の被害はと言うと、冷蔵庫が壊れた事。倒れた訳では無いのですが、どうやら振動の衝撃でフロンガスが抜けた模様。電源は入るものの、冷凍室は全く機能せず、冷蔵室も少し温度が低いだけ。

Fujitsureizoko  400リットルクラスの大型で、

購入時の領収書を見ると、

2001年1月7日。

11年目に突入して今回の震災。

まぁ、よく働いてくれました。

 ガソリンに比べれば、食料は多少入手しやすい状況ですが、冷蔵保存が出来ないというのは、震災時でなくてもとても不便。今まで何とかしのいできましたが、今後絶対に買わなくてはならないものなので、取り敢えず地元家電量販店へ。3日後に配送してもらえる事になりました。

2011年3月16日 (水)

クレンペラーのベートーヴェン

 東北関東大震災から5日目。首都圏はガソリン不足が更に深刻。1台¥1,000までとか、10リットルまでとか、そういう制限もあると聞いています。こんなときに燃費のよく無い車は致命的。

 実は震災直後に届いたCDがありました。ネットショップのHMVで購入したもので、物流が寸断された中、どうやらギリギリ震災前に、集配局には届いていたようでした。

 自分が音楽家でありながら敢えて言いますが、こんなときは正直言って、音楽どころじゃありません。音楽を聞いたって腹は膨れんし、車が走るワケじゃない、部屋が暖かくなるワケじゃない...。気持ちが?心が?はぁ、そりゃね、物欲が最低限満たされているときですよ。今回の震災でよくよく身にしみました、自分の無力さを。

 と言いながら、トーゼン仕事はしているんですがね。昔は紙とペンがあれば作曲が出来るって言われていましたが(無くても出来る...)、今や電気も復旧したので、仕事環境自体は全く問題無し。地震でも締め切りはそのままだし、頑張らなくては...。

 話を戻しましょう。HMVで期間限定で、CDを¥10,000以上買うとポイント15倍などと言う文句に釣られ、じゃこの際ってな感じで、友人の評論家先生にBeethovenの全集でオススメは?と聞き、Klemperer=Philharmonia盤を購入。

Klempbeethoven こんなときに届くなんぞ、

何か運命かな。

早速聞き始めると、

センセの言った通り凄い!

 Beethovenは昔から普通に接していましたが、最近交響曲も全曲コンプリートした事で急に愛おしくなり、今回の全集大人買いになったのですが、こんなときに聞くからなのか、重厚で緻密な音作りには感服しました。そんなにたくさんのアーティストのBeethovenは聞いていませんが、間違いなくこれは名盤と呼ぶにふさわしいものでしょう。

 下手すればテキトーに買って「ふ~ん」で聞き流していたモノ。やはり耳の超えたエキスパートには聞いてみるものです。そしてセンセはもう1つ推薦していました。そっちは貯まったポイントで購入かな。

 音楽を聞いてどう受け取るかは人それぞれですが、今回のKlempererのBeethoven。癒し系ではありませんし、聞いて勇気づけられるとか、そんな単純なものでもありませぬ。Beethovenの書いた音符1つ1つから、Klempererはパワーを引き出していて、それがヒシヒシと、ジワジワと伝わってきます。何だか「オメェしっかりしろ!ちゃんとやるってのはこうだ!!」と戒められている感じかなぁ。

 こんなときで無かったら、また違った気持ちで聞いたのかもね。

2011年3月15日 (火)

幸せの象徴

 東北関東大震災から4日目。ニュースで知ったのですがここ茨城は、沿岸部でなくても意外と避難生活をされている方が多いと。土浦市でも100人。まだまだ余震もあり、それが結構な揺れだったりもします。

 そして深刻なのが物不足。食料もそうですが、どちらかというとガソリンの方が大変です。近隣のスタンドは長蛇の列か、完売して店終い。私自身は近々に車で遠出する用事はないし、取り敢えず半分くらいは入っているので、こんなときに「念のため」とかいって給油する事の方が迷惑千万。本当に必要な人達の事を思ったら、すぐに必要ないものは補給しない事です。

 なので今日はチャリンコで近くのホームセンターへ。目的はというと、毎朝夕のチビの保育所の送り迎えを、こうなったらチャリンコでしなくてはならんかなと、自転車用チャイルドシートを物色。しかしワタシのマウンテン・バイクに付けられるのは、まず無い...。すると2軒目にいったホームセンターでは、カップ麺が山積み。1人1箱まで...って、チャリじゃなかったら買ったのに...って、これも取り敢えずは備蓄があるし。

 諦めての帰途、そう言えば腹減ったなと、以前入った事のある店(2009年1月25日参照)の前を通ると、営業中。実はこのチャリ散策でも、大手ファースト・フード店やら、まずいもの探検隊でお馴染みの店など、軒並み店内は暗く、やっていませんでした。恐らく物流が寸断されているからでしょう。逆に個人経営の店ならば出来るのでしょうか。

Kanemasaset  そして日替わり定食の、

カツ丼とラーメンのセットを。

これには涙が出ました。

こんなときに食べるセット・メニューですよ。このときばかりは、「コレが世界で一番の幸せだ!」とも思いましたね。

 そこへ追い打ちをかけるように、仙台に住む友人から電話が。今まで共演したり、結婚式にも出たりでしたが、今では年賀状のやりとりくらいしか連絡をとっていませんでした。今回の震災で久し振りに電話してみると、案の定不通。それがようやく今になって。「いやぁテーホーさん、毎朝見てますよ。字幕が出たときは涙が出ました」ってアータ、んなこたぁどーでもイイ。キミが無事だった事の方が涙が出るぢゃないか!

 そう言えば随分前に共演した、石巻西高校はどうなっているだろう...。

2011年3月14日 (月)

カレーリゾット缶!?

 東北関東大震災から3日目。目を覆わんばかりの光景がニュースで流れ、死者行方不明者がどんどん増え続けています。幸い私の住む茨城県土浦市は内陸である事で、津波の心配はありませんでしたし、建物倒壊も他と比べれば少なくて済みましたが、余震は未だにあり、寝ていても其れで目が覚めたりします。これを書いている今も余震がありました。

 遠方の友人知人から「何か必要なものがあったら...」とお申し出を受けるのですが、何しろ電車、高速道路が不通で、つまり物流がNG。届けようにも無理な状態。近所のスーパーにも行ってみましたが、保存食系のものは閉店セールか、と思うくらいにからっぽ。御菓子や調味料はたくさんありました。野菜も多少ありましたが、何故か豚バラ肉が売れ残り...。

 うちはガスがプロパンなので、停電、断水のときでも、かろうじて火が使えました。お湯をわかしてカップラーメン、もしくはパスタ、うどん等の乾麺を茹でる事が出来たのは良かったですが、ふと「調理せずに食べられるもの」というのがどれくらいあったか。ガスも使えなかった場合は、果物、ソーセージくらいしか家には無かったですね。

Dydocurryrisotto  こんなときにナンですが、

最近買ってあった缶入りカレーリゾット!

ジュースやお茶、コーヒーなどの、

いわゆる飲料以外の缶モノと言えば、

ポタージュ(スープ)、おしるこ、

(アキバ名物!?)おでんがパッと浮かびますが、最近ではゼリーなどもありました(飲む前の振り方によって食感が変わるもの)。

 コレ、リゾットと名乗るからには、お米が入っているのですが、それがお米の形をしたコンニャク。ある意味ダイエット食品。味の方はというと、最初から缶入りというインスタント感が前提なので、全然OK。さすがにコレだけでは腹は膨れませんが、パンでもあれば立派な食事。

 今回の震災で、食品メーカーが被災地への支援を表明していますが、コレもそういった部類の食品として活躍出来るのではと思いました。

 ちなみに昔、缶入りコーン・ポタージュを飲むと、コーンの最後の1粒がなかなか落ちてこなくて、それを何とか食べようとしたものですが、コレは粒が小さいのと、コンニャクで出来ているせいか、最後まですんなりイケました。

2011年3月13日 (日)

本日のA.R.C.コンサートについて

 本日3月13日(日) ギター文化館で開催予定だった、A.R.C.のコンサートは延期となりました。ギター文化館周辺はまだ停電が続き、情報発信が困難なため、代わりに出演者である啼鵬のBlogにて、公式発表とさせて頂きます。

 尚、新たな日程、既にチケットを買われた方への対応など、後日発表がありますので、ギター文化館のサイト、出演者のサイト等でご確認下さい。

 よろしくお願い致します。

2011年3月12日 (土)

無事です

 皆様もご存知の通り、昨日14時46分、大きな地震がありました。私は自宅でA.R.C.のリハーサル中で、長い時間の揺れを感じました。メンバーと共に外に避難し、無事でした。現時点ではまだ電気、水道、(固定)電話が遮断され、所有するPHSも通じません。
 今この記事は、同じ土浦市内にある実家に来て書いています。ここは電気が復旧したので、ようやくネット接続も叶い、「大丈夫?」というたくさんのメールを確認しました。ご心配をおかけしましたが、大丈夫です。
 何しろPHSがつながらないので、唯一あったライフラインが家内の持つau携帯。それでNAOTO君と連絡をとり、彼がtwitterで語ってくれて、安否を多くの方にお知らせする事が出来たみたいです。まだ茨城県内は60万世帯が停電状態で、土浦市も塀や建物の倒壊が少々見られます。しかしながら、もっと被害の大きかった地域があるので、そちらの方が心配です。OTSのメンバーの牛渡克之さんの住む岩手県盛岡市や、Moire Saxophone Ensembleの福島市など、内陸ながら心配です。
Tehocdlack

 我が家はと言うと、
あの重いGrand Pianoが1m近くずれたり、
CDラックやら食器が大変な事に。
これから片付けをしますが、
明日のA.R.C.のコンサートは...。

2011年3月10日 (木)

金ピカのアメ車

 実はワタシ困った性癖があって、それが「収集癖」でございます。まぁ、性癖というのは、同じくもっている人でないと、なかなか理解が得られませぬ。例えば道ばたで配っている消費者金融のティッシュ。仕事先などでもらい、「○○支店が載っているのは珍しい」などと、なかなか使わず、箪笥の肥やしに! 後は今でこそ少なくなりましたが、レジ袋。「この店はもうつぶれてしまったから、このレジ袋は手に入らない」と、勝手にプレミアをつけています。

 なので今回のような飲食物の「オマケ」などは、全然カワイイもの。機関車トーマスのラムネとかね(2010年11月1日参照)。

Wondaamesha2 缶コーヒーWONDAの、

「金の微糖」や「ZERO MAX」に付いていたものです。

ワタシは基本、

コーヒーはブラックで飲みますが、コンビニでこのオマケを目にした途端、買ってしまいました。全10種類なので、次から次へと。

 ちなみにモノは新旧アメ車のチョロQタイプ。しかも金ピカ。パッと見「趣味わる~」とも思われがちですが、アメ車は日本自動車史において、一時幸せの象徴のような存在でした。それがこうして、チョロQというデフォルメ系のミニチュアとして蘇るのであれば、メッキ以外の色付け選択肢は無いでしょう。普通に赤や黒にしたって、かえってオモチャっぽく貧相に見えるだけ。...って、オモチャですケド。

 集めているうちに、この種のものにありがちな、「あと1個が...!?」という状態に。大半はJR駅に隣接するNEW DAYSで購入していたのですが、電車に乗らないときは、近くのコンビニで。そして3月に入ると、いつの間にか棚から消えていました。これには焦りました。どのコンビニでも手に入るものでは無く、そもそもWONDAが置いていなかったりするのですよ。

 そしてもしや!?と思い、隣町のコンビニへ。流通事情が異なるのでしょう。その店舗にはまだまだたくさんありました。しかも探していた車種が一番手前に陳列!これはヒジョーに有り難かったですよ。何しろ大の大人が缶コーヒーのオマケを、1個1個かき分け確認している姿なんぞ、恥ずかしいですからねぇ。

Wondaamesha1  そしてコンプリートした最後の1台がコレ。

クライスラーPTクルーザー2009。

ときどき街中で見かけますが、

少々レトロな佇まいながら、いかにもアメ車的な感じ。これも生産終了したみたいです。

 ところで「テーホーって、アメ車フリークだっけ?」と思われた方は、最近このBlogを知ったか、今日初めて読んだとかいう人でしょう。アタシャHONDA党。もしオマケが往年のHONDA車シリーズなんてったら、2巡も3巡も買いあさっていたでしょう。N360、1300シリーズ、S800、初代シティ、そして本気で所有したいとも思ったライフ・ステップ・バンなど、想像するだけでも楽しい。

 そう言えば今年も「土浦昭和のくるま大集合」の企画がある。会えるかなぁ、ステップバン。去年の模様は2010年4月25日参照。

2011年3月 9日 (水)

広い練習場所

 所属するオーケストラの先日の練習。いつもと違う場所へ行きました。私にとっては初めての場所。行ってみると、広い!

Chiyodakomin2_2  床がカーペットのようだったので、

響きが無くデッドかと思いきや、

これが意外と残響があり、

指揮者先生の声も少々聞き取りにくいほど。

 ここは合併して市になったのですが、この部屋は成人式などを行うのでは?と思うくらい広く、恐らく町(私が子どもの頃は村)で一番大きく、たくさんの人を収容出来る部屋なのでは? 私の実家近くの町(こちらもやはり村でした)と合併したので、何とも形容しがたい地形。土浦市よりも10万人ほど人口は少ないですが、面積はこちらの方が広いです。

 楽器を練習する環境は大事で、特に金管楽器の方は苦労しているかと。プロ、アマ問わず、自宅に防音設備を施す方も少なくありませぬ。この日も残響がよほど気持ち良かったのでしょう。指揮者先生に「100人で吹いているみたいだ」と言わしめました。実際には10人くらいでしたが。

 私はというと、いつもの所だと、楽器を構えて座ったまま、後ろに手を回すともう窓。そこに松脂やらチューナーやら、小物を置いていたのですが、この日はそれが出来ませぬ。

 それでも程よい残響のある部屋で練習すると、まるで自分が上手くなった気になれるのでいいですな。

2011年3月 8日 (火)

こだわりの電卓!?

 携帯電話1つあれば、かなり色々なコトが出来る今日この頃。更に最近ではスマートフォンとやらが、通話機能以外を拡大し、世を賑わせているようですが、我々モバイル・ヲタクにしてみれば、何を今更感たっぷり。まだ「Mobile PRESS」「Mobile World」などのモバイル専門誌が活発だった頃、Nokia製のパッと見おもちゃのようなスマートフォンに心躍らせたのも、もう10年も前の話。尤も10年前のテクノロジーで以て作られたスマートフォンと、今の其れを比べるのは酷ですがね。

 そんなワタシのMobileの原点をたどってみると、中学生の頃に手にした電卓。本来のMobileの定義を思えば、電卓は十分Mobile機器。そして愛用していたのはCASIO製のもの。日本における電卓の生い立ちはここでは割愛しますが、電卓は有名メーカーが参入していて、その中で何故CASIOかというと、加減乗除の状態が表示されるからです。メーカー側も其れをウリにしていた感があって、パッケージの袋に「見えるかな~、今何しているか」みたいなうたい文句がありました。

Casiodentaku  今となっては、

携帯電話に電卓機能が付いていますが、

ワタシのような人間にはモノ足らず、

やはり計算は専用機でないと!といった具合。はっきり言って、早打ちが出来ない電卓など、まどろっこしくて使っていられませぬ。なので事務仕事でのメイン機は写真左の大型のもの。最近では時間計算機能が付き、我々演奏家には非常に重宝。XX分くらいのプログラムで演奏会を、などというオーダーに、曲の長さを計算する必要がありますから。

 そして最近携帯するための電卓を購入。当然CASIOのと思っていましたが、いまいち触手が動かず、そんなときに「!?」だったのが、何とTOPVALUの電卓。ワタシなんぞは「TOPVALUって、食べ物以外もあったのかネ」くらいなレベルですわ。

 写真右上が其れですが、携帯用という事でカバーが付き、ソーラーパワーと電池、両方で動きます。つまり少々暗くても大丈夫。そして大金に縁が無いワタシには必要ありませんが、12桁対応。

Topvaludentaku 一番驚いたのが、

有名メーカーではCASIOしかやっていない、

前述の加減乗除が表示されるコト!

って事はCASIOからのOEM?...んなワケはない。もしそうならば、CASIOでも同等のものをラインナップに加えているハズ。

 何はともあれ、このワタシのニーズにぴったりの逸品が500円玉でお釣りがくるという安さ。AEON土浦店で¥348(恐らく全国のAEONでも同じ)!ワタシの電卓人生において、かなり評価の高いマシーンになりました。

2011年3月 7日 (月)

まずいもの探検記【其の参拾壱】

 有り難い事に、仕事は何となく途切れずにあるのですが、一応区切りみたいなときに、「こんなときでもないと...」と、例によって例の店に。しかも入店したのは午前零時半過ぎ。不健康極まりない!

Yamaokatontama  期間限定のメニューが目につき、

オーダーしてみると、

何だかラーメンとすき焼きのあいのこみたいな...。

この玉子は「お好きなように~」だそうで、ワタシはどんぶりにかけずに、麺を玉子につけながら食べました。生玉子がNGの人ならともかく、そうでなければ美味しいに決まってますよ。まっ、麺は相変わらずのダメダメですがね。

 食べていると段々「これでいいのかなぁ」と心配になってきました。要は「○○をXXしてみたら美味しかったです」といった、アイディア料理の域をでていない。かつて盛岡で食べたラーメンを思い出しました(2009年4月16日参照)。一緒に食べたOTSメンバーは「なんだ、ラーメンに納豆とキムチぶっ込んだだけじゃねぇか!」と憤りを。

 食べ物は割と値段でランクが決まると思われますが、この店のラーメンはワンコインでは食べられないけど、札でお釣りがくるといった、一般的なラーメンのフィールド。つまりは同じフィールドで、真っ向勝負のお店が星の数ほどあるワケ。これがワンコインでお釣りがくるといったランクだったら、アイディア料理の部分で勝負しても良いと思うんですが、長い行列の末に食べる逸品と、玉子くぐらせたら美味しかったといったものが、同じ土俵で勝負ってのはなぁ...。

 そう言えばいつの間にか都内に新店舗が!今度行ってみよ。

2011年3月 6日 (日)

銀座SWINGデビュー!

 昨年何回もセッションの機会があった、真部“首席”裕君。今年初めてのセッションは、銀座SWINGでした。

Yuswing01  ただすけ君とも、

かなり久し振り。

彼と私はSWINGは初めて。

Bassの佐藤慎一さん、Drumsの藤井摂さんとも初顔合わせで、どんな夜になるか、リハーサル前から楽しみでした。

Yuswing02そんな私は佐藤さんが、

フランス式の弓を使っている事に注目

(日本では多くがドイツ式)。

少し弾かせて頂きました。張ってある弦がevah pirazziという、普段私が使っているのよりも、少々高い弦。やはり弦は1セット張り替えると、結構なお値段ですから、こうした試奏の機会は嬉しいですよ。

Yuswing06  曲は3人が持ち寄ったもの。

オリジナルから、

スタンダード風(!?)まで、

色々でした。更にはお客さんのリクエストで、急遽NHK朝ドラ「てっぱん」のテーマ曲を。私が知る限り、この曲を演奏会、ライブで弾いたViolin奏者は、ご本人以外NAOTO君と首席君、あと我が弟。いや、もっと弾いているでしょうな、旬ですもの。

Yuswing10  Bassの佐藤さんが、

車を取りに行っている間のショット。

一緒に撮れなくて残念...。

彼がライブ中に我々3人(首席、ただすけ、ワタシ)に「よく喋りますネ」と。いやぁ、ワタシいつだったかのライブでも話しましたが、「ライブ」初体験がNAOTO君との「なおてい」だったので、ライブというのは「喋る」、いやもっと言うと「喋ってなんぼ」くらいに思っていたのですわ。昔なおていでもMCを少なくして曲を多くしたら、「もっと喋れ」みたいな事をアンケートに書かれた事もありましたし。

 1度全く喋らないライブとかやろうかしら...。

2011年3月 4日 (金)

andesで修行

 久し振りにFriday Night Session(!?)へ。2010年から2011年にかけてのカウントダウン・ライブをやらせて頂いたさはん治へ行ってきました。毎週金曜日の夜は、スタンダード工房によるライブが行われています。私も昨年は何度か、そのセッションに参加。最後に参加したのはいつだったかしら...。かなりご無沙汰しておりました。

Andessahanji  そして今回持参した楽器は、

そう、andes25F。

この楽器で以てセッションに参加し、

修行して参りました。

Bossa NovaからBlues、Jazz、日本の歌謡曲など、様々なジャンルの曲をメンバーの皆さんと演奏。私もまだこのandesでの演奏経験が少ないので、こうして経験を積み、「andesと言ったらテーホーでしょ」と言われるくらいに成長したいものです。

 いつか録音の仕事でコイツを使えたらなぁ。

2011年3月 3日 (木)

Pianoをppで弾きまくり!?

 もうこの季節です。私の勤務する専門学校の卒業式。

Tmu21th1  今回の卒業生は、

定員枠が大幅に広がった、

初めての学生諸君。

昨年の倍近くの卒業生を輩出しました。

んでワタシは今回、

その卒業証書授与の間、ずっとBGMとしてPianoを弾く事に。何しろ60名、1人ずつ手渡しなので、予定では45分かかると。そんなに長い時間、MCも無しで(トーゼンですが)弾きっぱなしなんて、経験ありませんわ。しかも極々小さな音で。

Tmu21th4 電子Pianoならば

音量をしぼれば良いですが、

生Pianoですからねぇ。

結局30分程で終わったのですが、

それでも「うわっ、弾いたなぁ」

って充実感がありました。でも前座では音大をPiano専攻で卒業していて、現在看護を学んでいる学生さんの演奏。ワタシよりはるかに上手い...。

 その後、在校生の「送辞」、卒業生の「答辞」でも1曲ずつ弾きました。「ゲゲゲの女房」と「てっぱん」からそれぞれ1曲ずつ。そう言えばその「ゲゲゲ~」に関わった某有名プロデューサーから、「オレとさぁ、『ゲゲゲのてっぱん』ってユニット組まない?」って言われたっけ。

Tmu21th2  そして夜はお約束の謝恩会。

しかもそちらでも1曲弾く事に!

まぁ、それよりもこの写真の、

「ぎんぎらぎん~」の方が盛り上がっていたかな。この後はマイケル・ジャクソンをリスペクトしたパフォーマンス。そちらもなかなかでした。

Tmu21th3  やはり60人!

謝恩会の最後を飾った、

全員合唱は壮観でしたねぇ。

彼らはこれから、看護士としての第一歩を踏み出します。就職難と言われている昨今、この医療現場では、看護士の手はいくらあっても足らないくらい。彼らに対する期待は大きい事でしょう。

 みんな、ガンバレ!

2011年3月 2日 (水)

土浦スープカレー!?

 最近カレーの話題が多いですが、こうなると毎日食べているのでは?と誤解を与えますな。いや、実は割と食べています。家で食べるカレーなんぞは、いちいちBlogに載せませんから、そう考えると毎日のように...!?

Gandhisoup  この店はつい最近も行った店。

インドのカツカレー(!?)を紹介しました。

(2011年2月23日参照)

 今回は初めてランチを。するとディナー・メニューには無かったと思われる、「スープカレー」が!早速頼んでみると、写真でも分かる通り、何とレンコンが入っているではないか!!

 つまりは「土浦カレー」を意識しているって事かしら。このBlogの熱心な読者ならお分かりかと思いますが、土浦はカレーで町おこしをしていて、土浦カレーの認定店があるのですが、その「土浦カレー」とは、何らかの形で特産品のレンコンを使う事。普通に中に入れるもよし、すり下ろして加工するもよし、単に揚げたチップをトッピングするもよし...。

 思えばこの店、スタンプカードがあって、来店時に押してくれます。割と貯まってきていて、密かにワタシ、リピーターになってるってコト。また行こ。

2011年3月 1日 (火)

楽勝!と思いきや...!?

 年に1度のセレモニー、もとい大事な仕事。確定申告ですよ。昨年は思わぬ落とし穴があり、かなり手こずりました(2010年3月4日参照)。

 んでもって今年は楽勝、楽勝!と思いきや...!?

Etax2010  公的個人認証パスワードを忘れ、

あわやまた市役所の窓口に...。

ご存じ電子申告(e-tax)では、

住民基本台帳ネットカードが必要で、これには公的個人認証パスワードを設定します。何しろ年に1度の確定申告以外、このカードは使いませんから(もちろん他にも用途はあるのですが)、そんなパスワードも覚えていなかったりするんですわ。しかも5回間違えるとロックがかかり、また市役所の窓口に行かないといけなくなるのです。

 ようやく思い出し、4回目でクリア!...ってゲームじゃあるまいし。何とか申告を済ませました。毎年書いているような気がしますが、もうちょっと簡単にならんかねぇ。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ