最近のトラックバック

« てっぱん最終回(BS hi) | トップページ | 震災後の日常 »

2011年3月27日 (日)

佳カル・チャリティー・ライブ

 当初「松本兄弟」を含むViolinとPianoのコンサートをやる予定だったViolin Concert 2011。東日本大震災後に、そのコンサート自体は延期して、急きょチャリティー・ライブをやる事に決定。しかも弟の主宰する佳秋クァルテットでのライブ。

K4charity6  個人的には震災後、

Trio The なおていに次ぐ、

2つ目のライブとなりました。

そしてこの機会を逃したら何の意味も無いと、先日Trio The なおていで披露した、東日本大震災被災地の方々のために書いた曲「along with you」を、北海道から帰ってきた日と、本番当日にかけて、弦楽四重奏に編曲。本番直前のリハーサルのみで、弦楽四重奏版の初演となりました。

K4charity1  何しろ作曲したときも、

電車の中ですし、

編曲もそんなワケで賞味数時間。

成り立ちは即席な感じですが、私の思いは聞いて頂いた方達には伝わったかなと。

 「along with you」 震災後初めて作った曲ですが、これからも様々な形で演奏していきたいと思います。

« てっぱん最終回(BS hi) | トップページ | 震災後の日常 »

コメント

お忙しい毎日ですね。札幌も薄着のようでしたが、体調は大丈夫ですか?

新曲を2回ほど聞かせていただきましたけど、優しい気分になれる曲でした。私はとっても好きです。またどこかで聞かせてくださいね。

> ゆきうさぎさん
 まだ都内ではやっていませんからね。ぜひ演奏したいと思います。

あの曲を電車の中で作曲とは!
弦楽四重奏版も、これから編曲されるであろう様々なバージョンも聞いてみたいです。

私、耳で聞いて覚えていたタイトル間違ってましたね。失礼しました。
「along with you」覚えました!

ていほうさんこんにちは。
作曲も編曲も短い時間で完成させたわけですねぇ。
凄いなぁ、さすがていほうさん。
別バージョンを聴ける日を楽しみにしております。

> 北海道在住希望さん
 そうですね、これから他のバージョンも出来るでしょう。あとは、どうやってたくさんの人に聞いてもらうか...。特に被災地の方たちには聞いて欲しいです。

> こまこさん
 ジャンルにもよりますが、作曲は長い時間をかけてするものではありません。かつて小椋桂さんは「作詞に2時間、作曲に1時間」とおっしゃっていました。ポピュラー系のものはそんなものでしょう。

お疲れ様でした。流石に本番2時間前の合わせだけで演奏は難しいものがありましたな。along with youは大好評でした。これを機に様々な場所で演奏していきましょう。Winter Reveriesのリヴェンジも忘れずに・・・。

> ゴルゴさん
 お疲れ様でした。急いで編曲して良かった。映像に残せなかったのが残念だが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/51234287

この記事へのトラックバック一覧です: 佳カル・チャリティー・ライブ:

« てっぱん最終回(BS hi) | トップページ | 震災後の日常 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ