最近のトラックバック

« まずいもの探検記【其の参拾壱】 | トップページ | 広い練習場所 »

2011年3月 8日 (火)

こだわりの電卓!?

 携帯電話1つあれば、かなり色々なコトが出来る今日この頃。更に最近ではスマートフォンとやらが、通話機能以外を拡大し、世を賑わせているようですが、我々モバイル・ヲタクにしてみれば、何を今更感たっぷり。まだ「Mobile PRESS」「Mobile World」などのモバイル専門誌が活発だった頃、Nokia製のパッと見おもちゃのようなスマートフォンに心躍らせたのも、もう10年も前の話。尤も10年前のテクノロジーで以て作られたスマートフォンと、今の其れを比べるのは酷ですがね。

 そんなワタシのMobileの原点をたどってみると、中学生の頃に手にした電卓。本来のMobileの定義を思えば、電卓は十分Mobile機器。そして愛用していたのはCASIO製のもの。日本における電卓の生い立ちはここでは割愛しますが、電卓は有名メーカーが参入していて、その中で何故CASIOかというと、加減乗除の状態が表示されるからです。メーカー側も其れをウリにしていた感があって、パッケージの袋に「見えるかな~、今何しているか」みたいなうたい文句がありました。

Casiodentaku  今となっては、

携帯電話に電卓機能が付いていますが、

ワタシのような人間にはモノ足らず、

やはり計算は専用機でないと!といった具合。はっきり言って、早打ちが出来ない電卓など、まどろっこしくて使っていられませぬ。なので事務仕事でのメイン機は写真左の大型のもの。最近では時間計算機能が付き、我々演奏家には非常に重宝。XX分くらいのプログラムで演奏会を、などというオーダーに、曲の長さを計算する必要がありますから。

 そして最近携帯するための電卓を購入。当然CASIOのと思っていましたが、いまいち触手が動かず、そんなときに「!?」だったのが、何とTOPVALUの電卓。ワタシなんぞは「TOPVALUって、食べ物以外もあったのかネ」くらいなレベルですわ。

 写真右上が其れですが、携帯用という事でカバーが付き、ソーラーパワーと電池、両方で動きます。つまり少々暗くても大丈夫。そして大金に縁が無いワタシには必要ありませんが、12桁対応。

Topvaludentaku 一番驚いたのが、

有名メーカーではCASIOしかやっていない、

前述の加減乗除が表示されるコト!

って事はCASIOからのOEM?...んなワケはない。もしそうならば、CASIOでも同等のものをラインナップに加えているハズ。

 何はともあれ、このワタシのニーズにぴったりの逸品が500円玉でお釣りがくるという安さ。AEON土浦店で¥348(恐らく全国のAEONでも同じ)!ワタシの電卓人生において、かなり評価の高いマシーンになりました。

« まずいもの探検記【其の参拾壱】 | トップページ | 広い練習場所 »

コメント

最近、計算もろくにしなくなったような…
でも家にはやはり大きな電卓はあります。会社ではソーラー式の小さいやつ。
携帯の電卓は支払いを割り勘にする時に使うくらいですね(笑)

学校で習ったそろばんの出番はないな。

> 北海道在住希望さん
 要はボタンです。PCのKeyboardに万札を出すワタシですからね。携帯のあのボタンで操作など、まどろっこしい事この上ありませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/51069122

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりの電卓!?:

« まずいもの探検記【其の参拾壱】 | トップページ | 広い練習場所 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ