« 究極のKeyboard | トップページ | 第18回浴衣deコンサート »

2011年4月27日 (水)

Keyboard(があるの)にKeyboard

 「何故Keyboardをつなぐか?そこにPCがあるからだ」をモットーに、自分に合ったKeyboardで仕事をするワタシ。最初に究極を紹介してしまったので、後はオマケ要素が濃いのですが、その究極を首席とすると、次席はコレ。

Papillon  折りたたみKeyboardで、

写真は開いた様子。

二つ折り出来ます。

んで、写真に写っている端末は、このBlogでも何度か登場したWILLCOMのW-ZERO3[es]。そう、Keyboard付き端末ですが、このKeyboardをわざわざ好んで使う人は殆どいないハズ。何しろ打ちにくい。なのでこうして外付けKeyboardが活躍するワケ。

 Keyboard付き端末にKeyboard!...って、ご飯をオカズにご飯を食べるようなものと思う方、ちょっと待って下さいな。

Papillonbox  何しろメーカー側では、

「W-ZERO3[es]に最適」と、

名指しで推奨しているくらいですからね。

まぁ、ハッキリ言って打ち心地はダメダメで、方式は明記されていませんが、恐らくラバードームによるメンブレンスイッチ。一番安上がりに作るタイプです。尤もこの手の商品で打ち心地を追求していったら、万札が飛ぶ値段でないと実現は出来ません。

 それでもトーゼン端末のKeyboardよりは良いワケで、長文を打つときには欠かせないアイテムとなっております。

« 究極のKeyboard | トップページ | 第18回浴衣deコンサート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

キーボード付き端末をなぜチョイスしたのですか?すごい疑問。

> ゆきうさぎさん
 Keyboadフェチには、Keyboard付き端末は必須科目。iPhoneのようなタッチ式のものには全く興味はありませんが、BlackBerryのようなKeyboard付き端末は、大いに興味をそそるのです。
 折りたたみKeyboardは使える状況が限定されていますからね。つなげないときは、端末自体で入力するしかありませぬ。

「折り畳みキーボード」なるものがあるのですか!
さすが“突起物フェチ”ですね〜(笑)

会社で使っているキーボードはダメダメで、何かのキーがたまに引っ掛かってスムーズに押せない時があります。でも使えない程ではないので、予算の都合で新しいモノに替えてくれません…

でも実はその心境って結構わかる。私のもキーボード付きです。打ちやすいですよ。

昔palmを使っていたときに折りたたみキーボードを使おうかと思いました(手書き入力はタルかった・・・)が、PCとリンクさせて本体からの入力はあまりしなかったので見送りました。

> 北海道在住希望さん
 安価なものは¥1,000以下であったりしますよ。普通に使うならば其れでも十分です。
 それかワタシのように、少々値の張るKeyboardを自腹で買い、行った先の使うPCに接続。「アタシャ、コレじゃないと仕事できましぇん!」というのもカッチョイーですよ。

> ゆきうさぎさん
 基本メカ・ヲタクなので、やはりボタンが付いているものは、どんなジャンルでも興味がありますわ。

> ほーほさん
 そう、折りたたみKeyboardは、palm使い御用達でしたからね。でもワタシ、今palmを使っているから言いますが、あの簡略化した文字の入力方法、結構好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Keyboard(があるの)にKeyboard:

« 究極のKeyboard | トップページ | 第18回浴衣deコンサート »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ