最近のトラックバック

« 常総、決勝進出ならず【63回春期関東大会】 | トップページ | 牛渡克之ユーフォニアム・ミニ・リサイタル »

2011年5月19日 (木)

スペースカレー

 その名の通り、宇宙食のカレー。ハウス食品というロゴに、「まさか中身はククレカレーじゃ!?」と思ってしまったりもしますが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同開発によって生まれた、宇宙日本食としてちゃんと認定されたモノ。「宇宙日本食」というところに、「カレーは日本食」という文化も感じまする。

Spacecurry  いざ食べてみると、

なかなかイケまする。

「ウコン、カルシウムを多く含み、

無重力空間で食べる事を想定し、

味も濃いめに...」とありました。

 そうよね、宇宙で食べるんですもの。無重力空間で食べてこそ、このカレーの真価が分かるというもの。さすがに其れまでは検証出来ませぬ。そうかぁ、無重力空間だと、人の味覚って変わるんだ。

 とろで私は四半世紀ほど前、筑波科学万博で、テクノコスモスという大観覧車に乗る際に、乗車賃¥800を払い、そのオマケで付いてきた宇宙食を食べております。

Technomedal  さすがに宇宙食は

とっておいてないですが、

同じオマケだったメダルはこうして。

あ、1コは弟の。

 話を戻しましょう。その宇宙食。まぁ、例えるならばSNICKERSの出来損ないのような感じで、お世辞にもウマいもんとは言えず、それからすると、「宇宙食も美味くなったもんだなぁ」と、宇宙に行った事もないのに思うワケですよ。

 そのうち出てくるのかナ、宇宙日本食の寿司とか。

« 常総、決勝進出ならず【63回春期関東大会】 | トップページ | 牛渡克之ユーフォニアム・ミニ・リサイタル »

コメント

宇宙空間でもカレーって食べれるの!?
えっ!?普通に皿にご飯とカレーを盛って?それとも
ウィダーインゼリーみたいに吸っちゃうとか?

そうそう、味よりも無重力ですからな、どうやって食べるかの方が興味ありますな。ところで昭和60年の8月18日に乗ったようですな。宇宙食も食べた記憶はありますが乗車賃が\800もしたとは(しかも昭和60年で)覚えてなかったです。

昔、友人から海外のお土産で「宇宙食アイス」を貰った事があります。
落雁のようなカンジですが、食べてみると確かにバニラアイスのような舌触り。。
ま、冷たくはなかったですが(笑)

私は幼稚園時代にいきました。スニッカー●の出来損ないみたいなのとはまさにそのとおりの記憶です。ちなみに、私は啼鵬さんと小中学校同じですが、さすがに幼稚園は違いますかね。私は土浦のA川幼稚園でした。

> junkoさん
 どうやら温め方が独特のようで、その説明がちゃんと箱に書いてありました。さすがに鍋のお湯で温めるというワケにはね。

> ゴルゴさん
 おぉ、8月18日というのは何か記憶があるな。開催期間中はしょっちゅう行っていたが。しかし一番凄かったのは閉会日の1日前に行ったときだ。最大動員数の日で、たしか31万人が来場したと記憶している。

> 北海道在住希望さん
 実は其れ、うちにあります。このカレーを買うときに買いました。いつかBlogで紹介しましょう。

> tsoさん
 うちの小学校は、6年生のときに東京遠足ですが、ワタシの年は万博だったので、東京ではなく万博へ。うちらは「いつでも行けるのに」と不満が多かったです。
 幼稚園はK立幼稚園でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/51712012

この記事へのトラックバック一覧です: スペースカレー:

« 常総、決勝進出ならず【63回春期関東大会】 | トップページ | 牛渡克之ユーフォニアム・ミニ・リサイタル »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ